DTエイトロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
DTエイトロン
ジャンル ロボットファンタジー
アニメ
原作 チームエイトロン
監督 アミノテツロー
シリーズ構成 柿沼秀樹
キャラクターデザイン 市田善(原案)、田中良
メカニックデザイン 石垣純哉、常木志伸
音楽 難波弘之
アニメーション制作 サンライズ
製作 フジテレビ、サンライズ
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1998年4月18日 - 11月6日
話数 全26話
漫画
作者 ひのきいでろう
出版社 富士見書房
掲載誌 月刊コミックドラゴン
発表期間 1999年7月 - 2000年1月
巻数 全1巻
漫画
作者 山吹ショウマ
出版社 富士見書房
掲載誌 月刊ドラゴンジュニア
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

DTエイトロン』(ディーティーエイトロン)は、1998年4月18日から11月6日までフジテレビ系で放送された日本テレビアニメ。全26話。ラジオドラマ『DTヴァンパイア』の設定に基づき製作された[1]

ストーリー[編集]

2187年、強い紫外線が降り注ぎ荒廃した地上。ドーム都市データニアでは、子供達が感情を制御され巨大建造物「パイル」での作業に従事させられていた。

そのうちの一人、主人公の少年シュウは海への憧れから脱走し、アンドロイド「エイトロン」をあやつる少年たちと出会う。彼らは、データニアの子供たちを解放しようとするレジスタンス、「リターナー」だった。シュウは彼らとともに、ユートピアといわれるもうひとつのドーム都市「アモーロート」を探して旅発つ。

一方、シュウたちが高い環境適応能力を持つ「DT(データトランスフォーム)保有者」であることを知ったデータニアは、捕獲のための部隊を送り出す。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

シュウ
- 保志総一朗
本作の主人公。データニアで生まれ育った、ぼうっとしたところのあるおとなしい少年。14歳[2]。DT保有者。海が見たいという感情が芽生え、データニアを脱走する。一度捕まり「リセット」されるが、抑制の呪縛が効かず再び脱走する。そしてメイ、ドリー、アイン、フィアと出会ったことにより、共にアモーロート向けて旅をする。性格的に抜けている部分があるが、旅をしていくうちに成長していく。
メイ
声 - 夏樹リオ
反データニア組織「リターナー」のメンバーで、DT保有者。15歳。インディアンの血を引いており、気が強い。シュウのことはかなりお気に入りで、お姉さんぶった態度を取る。
ドリー
声 - 矢島晶子
「リターナー」のメンバーで、DT保有者。8歳。幼いながら凄腕のアフリカ系ハッカー少年。エイトロンを呼び出すことができる。
アイン
声 - 諏訪部順一
「リターナー」のメンバーで、DT保有者。17歳。落ち着いた真面目な性格でみんなのまとめ役。
フィア
声 - 川澄綾子
シュウと一緒にデータニアから脱出したヨーロッパ系少女。14歳。初めはナインツに送り込まれたスパイであったが、シュウ達と行動を共する選択をし旅に同行することになる。しかし途中で病気にかかり、ヨゼフ達の所でシュウ達と別れることとなる。最終話ではヘリに乗ってシュウ達の所へと向かう。
エイトロン
人工衛星「LANDSAT III」からのビームで他の物質を分解・再構成して現れるアンドロイド。ビームにはDTプログラムが含まれている。組織の結合には水素を使うため、水素を吸収するパラジウムに弱い。DT狼を殺すのをやめるなど、人工生命体らしからぬ思考回路を持つ。

その他の人物[編集]

クラスター
声 - 有本欽隆
打ち捨てられた資源探査衛星「LANDSAT III」にいるコンピューターシステム。柔軟な思考回路でシュウたちに助言をしてくれる。しかし、しゃべり方が年寄りくさい。
ドラマ木曜の怪談『怪奇倶楽部』、『DTヴァンパイア』に続いて登場。『怪奇倶楽部』ではプログラムであったが、『DTヴァンパイア』では電子生命体を名乗っていた。
ユウヤ
声 - 山口勝平
データニアでのシュウの友人。一度、シュウや他の仲間達と共にデータニアを脱走しようとしたが、追跡部隊に捕まった後、リセットをかけられデータニア生活に戻ってしまう。
ロッソ
声 - 林延年
データニアから見捨てられた資源採掘ドーム「13」の生き残りで、DTを持つイタリア系少年。16歳。旅に同行することになる。だがその前は、核ミサイルが搭載されている原子力潜水艦に住んでいて、いずれ核ミサイルをデータニアに発射しようと考えていた。銃器の取り扱いが上手く、銃器を肌身離さず持っている。
ナインツ
声 - 辻谷耕史
データニア管理者だったが、度重なる失敗で降格される。その後DT保有者捕獲部隊の指揮をすることになる。歌を聞きたくて脱走し「リセット」された過去を持つ。途中まで自分にDTがあることを知らなかった。だがその事実を知った後、独自の判断で行動するようになる。
ディアナ
声 - 柳瀬なつみ
ナインツの副官。データニアのオペレーターを務めている。ナインツが独断行動をしたと同時に、自分も付いていった。しかしそのことにまったく自覚が無く、ナインツに聞かれても「分りません」と言うだけであった。
ベルク
声 - 遊佐浩二
ナインツにかわってデータニア管理者となる。彼には前から対抗意識を持っていた。
リョウ / クロノ
声 - 神谷浩史
シンシア
声 - 根谷美智子
ドーム「13」の生き残り。目が見えない。ロッソが旅をする前には死亡。彼に旅のきっかけを与えたのは彼女でもある。
エリス
声 - 中村千絵
ガーフィ
声 - 岩田光央
「リターナー」の現リーダー。本来ならアインがリーダーになるべきだったと思っている。
ファーナ
声 - 中山真奈美
ローディ
声 - 森川智之
「リターナー」の元リーダー。シュウ達より先にアモーロートを探して旅立ち、発見したと連絡してきた。出発した6人のうち、アモーロートに到着したのは彼だけだった。
局長
声 - 徳丸完
巨大なモニターを通じてデータニア管理者へ指示を与えている。
ゼロ
声 - 菅原正志
データニアの支配者。DTを欲している。後半はエイトロンと融合した。
Dr.ジェネシス
声 - 安原義人
データニアシステムの開発者。生命体のデータにDTを投与すればそのデータは生命を持つ、という理論を持つ。エイトロンを直す時、未知のDTを目撃する。
アッシュ
声 - 岡田貴之
ロロ
声 - うすいたかやす
リターナーのメンバー。ハッカーであり、ドリーを溺愛している。
ジェシカ
声 - 野上ゆかな
リターナーのメンバーの隻眼の女性。
ウォール
声 - 川津泰彦
リターナーのメンバー。ガーフィの護衛役をローディと約束している大男。
エドリー
声 - 橘ひかり
老隊長
声 - 八木光生
データニア防衛ラインにある高出力レーザー砲台の隊長。50年間データニアを守っていた。
マックス
声 - 大川透
老隊長の息子。
ヨゼフ
声 - 阪脩
プロミストランドを目指し西へと向かう人々のリーダー。無償でアイン達を助けたり、フィアを引き受けたりする好人物。
エライザ
声 - 紗ゆり
ヨゼフ一行にいる医者。フィアを診察する。
イーゼント
声 - 塩沢兼人
イーゼント博士に作られたアンドロイド。レプリカの14世紀に建てられた城に住み、旅人をもてなす。人間になりたがっており、人間の皮膚を奪おうとする。
キルト
声 - 小西寛子
イーゼント伯爵の娘。メイの皮膚を奪おうとするが、シュウの犠牲的精神に触れ考えを改める。
カイル
声 - 阪口大助
イーゼント伯爵の息子。シュウの皮膚を奪おうとする。
執事
声 - 稲田徹
イーゼント伯爵に仕える執事。エイトロンに分解された。
メイド
声 - 加藤優子
イーゼント伯爵に仕えるメイド。メッセージを残した人物の皮膚をつけている。
おおじい様
声 - 山内雅人
強酸性の湖のほとりで暮らす人々の長。スワンを育てている。アイン達が飛行機で湖を渡る際、スアンを連れて行って欲しいと頼んだ。
スアン
声 - 岡本奈美
旅の途中から同行することになる少女。DT保有者。カンフーが得意で戦闘では肉弾戦をする。最初はかなりの人見知りだった。口数も多い方ではない。
シーナ
声 - 岡本奈美
ドーム「13」と同タイプのドームで21世紀から凍結入院している少女。病気の治療法が確立されるまで凍結されているが、この先も治療法が発見される可能性は無い。
ジュディ
声 - 久川綾
アモーロート版リターナーのリーダー。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「陽はまたのぼりくりかえす
作詞・作曲 - 降谷建志 / 編曲・歌 - Dragon Ash
エンディングテーマ「おなじ星
作詞 - 高木郁乃 / 作曲・編曲 - 吉田ゐさお / 歌 - Jungle Smile

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 OUT OF DATANIA 柿沼秀樹 アミノテツロー 鈴木吉男 田中良 1998年
4月18日
2 RESET OFF 石山タカ明 横田和 谷口守泰 4月25日
3 LIFE SIDE'S WALL 西澤晋 本橋秀之 5月2日
4 KILL THE DATANIAN 今沢哲男 織田美浩 中井準 5月9日
5 DELETE KEY 石山タカ明 亀垣一 筏雅律 5月16日
6 ESCAPE FROM DATANIA 岡尾貴洋 谷口守泰 5月23日
7 RETURNERS 石山タカ明 元永慶太郎 田中良 6月6日
8 IN THE LIFE SIDE 姫野利充 今沢哲男 織田美浩 谷口守泰 6月13日
9 FANG OF THE TANK-CEMETERY 岡田麿里 西澤晋 本橋秀之 6月20日
10 THE GUNS AND OLDIES 柿沼秀樹 横田和 中井準 6月27日
11 ILLUSION DIVING 村上ヒロアキ 鈴木吉男 田中良 7月4日
12 SO LONG... 柿沼秀樹 石山タカ明 岡尾貴洋 谷口守泰 7月11日
13 NIGHT OF HUMANITY 川守田游 Nicola Hayes 元永慶太郎 田中良
中井準
7月25日
14 THE FOG ISLAND 柿沼秀樹 横田和 谷口守泰 8月1日
15 LOVE SONG 岡田麿里 西澤晋 本橋秀之 8月8日
16 GARDEN'S RULE 村上ヒロアキ 石山タカ明 織田美浩 中井準 8月15日
17 FISH'S KISS 岡田麿里 小林孝志 羽生尚靖 桜井木ノ実 8月22日
18 Dr. GENESIS 柿沼秀樹 岡尾貴洋 谷口守泰 8月29日
19 WIND OF DATANIA 姫野利充 横田和 田中良 9月5日
20 BOY MEETS GIRL 岡田麿里 石山タカ明 織田美浩 筏恵美子 9月12日
21 BROTHERS IN AMAUROTE 柿沼秀樹 櫻井美知代 西澤晋 本橋秀之 9月19日
22 JUDDY AND ROADY 岡田麿里 織田美浩 谷口守泰 9月26日
23 LONG GOOD-BYE 柿沼秀樹 小林孝志 羽生尚靖 桜井木ノ実 10月16日
24 RETURN TO DATANIA 村上ヒロアキ 横田和 谷口守泰 10月23日
25 SEVEN DAYS 柿沼秀樹 西澤晋 本橋秀之 10月30日
26 HEAVEN'S FRIENDS アミノテツロー 織田美浩 田中良 11月6日

VHS・LD・DVD[編集]

  • VHS
    • 1巻・2巻:1999年4月22日
    • 3巻・4巻:1999年5月27日
    • 5巻・6巻:1999年6月24日
    • 7巻・8巻:1999年7月23日
  • LD-BOX
    • 1999年4月22日
  • DVD-BOX
    • 2010年2月5日

CDアルバム[編集]

  • DTエイトロン オリジナル・サウンドトラック

漫画[編集]

月刊コミックドラゴン』連載のひのきいでろうによる漫画版がある。全1巻。アニメ版に準じたものではあるが、内容は大幅に削られており、結末が異なっている。

他に『月刊ドラゴンジュニア』連載の山吹ショウマによるものがあるが打ち切られている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DTエイトロン ダイジェスト”. 2011年6月19日閲覧。
  2. ^ 第1話より。しかし公式ホームページには16歳と書かれている。

関連項目[編集]

  • DT Lords of Genomes - 本作と同じくタイトルに「DT」を冠するゲームボーイカラー用カードゲーム。

外部リンク[編集]