小西寛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こにし ひろこ
小西 寛子
プロフィール
愛称 かんこ
性別 女性
出生地 日本の旗 日本埼玉県川越市
生年月日 1975年10月26日(39歳)
血液型 A型
職業 声優俳優ミュージシャン
事務所 Dimensionfree Limited (UK&IRELAND)/Office Squirrel
公式サイト リスと暮らす森の中のオフィス
声優・女優活動
活動期間 1994年 - 2001年2014年 -
ジャンル アニメゲームドラマCDラジオ
音楽活動
活動名義 LITTLE CURE2000年~)
活動期間 1995年 - 2000年(キャラクターソング)
1995年 - (個人名義)
ジャンル J-POPアニメソングキャラクターソング
職種 歌手シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
ドラム
ウインドシンセサイザー
レーベル Office Squirrel(2011年~)
共同作業者 Ryo Arshe(Ryo 朝川)(1998年~)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

小西 寛子(こにし ひろこ、1975年10月26日 - )は、日本声優歌手女優タレント埼玉県川越市出身、相模女子大学短期大学部生活造形学科卒業。後に中央大学法学部に編入・卒業(学士(法学))旧司。

来歴・人物[編集]

中学生の時に演劇の世界に関心を持ったのをきっかけに、高校時代より日本ナレーション演技研究所で演技を学んだ後、アーツビジョンに所属し、声優として活躍した。その後、田辺エージェンシーを経て、LMA Records Inc[1]に所属し、タレントや歌手としても活動。

デビューから2000年前後まで、主にテレビアニメを中心に活躍した。大地丙太郎佐藤順一の監督作品の常連として、多くのメインキャラクターの声を演じた。少女役を得意とする一方で、少年役や成人女性役などもこなしていた。声優業の傍らにも、自身が出演したアニメやゲーム関連のキャラクターソングやナレーションなどで幅広く活動した。代表作である『おじゃる丸』では第3シーズンまで主人公のおじゃる丸の声を担当した他、1999年度エンディング曲『プリンでおじゃる』も歌唱。また、小西の主演を前提に『十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密』が制作されるなど高い人気を集めていた。2000年以降は、アニメやゲームでの声優としての新規の活動はなく、日本での活動再開後も、過去に演じた役も他の声優が代役を務めている[2]

声優業と平行してキャラクターソングなどの音楽活動がはじまり、1999年にはEMIミュージック・ジャパンより小西寛子名義でシングル1枚、アルバム1枚をリリースしている[3]。2000年より、Ryo Arshe(Ryo 朝川)[4] 、NAOMIらと共に、音楽ユニット「LITTLE CURE」を結成し、コナミのリズムゲーム・pop`n music3にて、ユーロダンス風の「bit of love」などの楽曲を提供した。この「LITTLE CURE」前期はウィンドシンセを担当しており、渋谷Eggmanなどで日本コロムビア主催のライブなどに出演。更に、後期「LITTLE CURE」ではテクノユニットのVo担当、新宿ALTA前や、2000年カウントダウンJR名古屋駅前イベントなどでも活動し、生ライブも積極的に行っていた。その模様が、2000年1月1日NTV系やテレビ朝日系等各社夕方の全国テレビニュースで放送されたこともある[要出典]

タレントとしては、NHKや民放の番組へのゲスト出演を契機に、2001年1月から3ヶ月間、テレビ東京、テレビ九州などで放送されたバラエティ番組「イチオシキッス」で、リサ・ステッグマイヤー佐伯日菜子と三姉妹の末っ子という設定でレギュラー出演した。後番組の「イチオシ」ではナレーターを務めた。同時期に、104のイメージキャラクターに起用され、テレビコマーシャル「ケータイ刑事ヒロコ警部シリーズ」に出演するなど、2002年頃まで活動した。

その後は、学業、音楽活動、海外アーティスト活動[要出典]やその他音楽著作権ビジネスや作曲活動などに関わる。2012年には「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」のホームページにて、震災前の福島県いわき市での一日署長などのタレント活動でお世話になった一般市民や少年少女たちへの応援メッセージとして、Ryo Arsheと共にコメントを寄せている[5]

2013年3月に公式ブログ「リスと暮らす森の中のオフィス」を開設。12月12日には、Squirrel*レーベルより、13年ぶりの新曲『SAYONARA ARIGATO~森へ帰った魔法使い~』をデジタルシングルとしてiTunes StoreAmazonほかでリリースし、同月14日には、Amazon内で、新着ニューリリースロック1位、J-POP上位ランクを記録した。またタイアップ企画として、日刊スポーツ、afnポータルサイトでボイスメッセージと着信ボイスの配布サービスをおこなった。翌年2月14日に新曲を発表する予定であったが、インターネットの書き込みに対する法的手続きの準備などを理由に公式ブログで無期限延期を宣言するも、後に撤回し、2014年12月24日、『BUT SHE WAS IN LOVE』をデジタルストアで配信した。

芸能活動の他に、事務所の社長でもあるRyo朝川が代表を務める司法行政監視オンブズマン・CCASオンブズパーソンなどの補佐や企業法務なども兼任する。2013年より、自身の芸能活動について過去に言及していた個人ブログなどに対して「憶測を主張していた」として裁判を行い、いくつかのウェブサイトやブログ内の記事が自主的に削除されている。

後任・代役[編集]

小西が担当していた持ち役を引き継いだり、代演したりしている人物は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

OVA[編集]

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

  • 世にも恐ろしい日本昔話(女の子、娘、美女B)

劇場アニメ[編集]

1999年

2000年

ゲーム[編集]

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

ラジオ[編集]

ドラマCD[編集]

1994年

1995年

1999年

吹き替え[編集]

1997年

テレビ番組[編集]

TV-CM[編集]

  • 104(2001年 ケータイ刑事ヒロコ警部編シリーズ)

その他[編集]

1994年

  • 志摩スペイン村パルケスパーニャ「ミュージカル・ドンキホーテのフェリアマヒカ」(女優として出演)

2014年

  • デジタルシングル新年プレゼント企画・ミニドラマ (2014年1月配信)

「おっちょこちょいの巫女さん」(美樹),「僕のロボットおみくじマシン」(なぎさ少年) 「やる気のないお姉さん」(お姉さん),「のんびり小僧」(幼児) 「おみくじ落とした少女」(女の子児童),「猫のみーこ」(猫)

音楽活動[編集]

音楽CD[編集]

シングル[編集]

本人名義
1995年
  • あなたに会いにゆく (SRCL-3443)
1996年
  • Nobody Knows (TYDY-2067)
  • 背伸びをしてFollow You(TYDY-2065 『魔法使い隊』として、飯塚雅弓岩男潤子と共に)
  • 聞いてよダイヤリー (TYDY-2073)
  • 仔猫ネコ猫マーチ (BVCH-639)
  • The Magic Girls' Medley (TYCY-5534 『魔法使い隊』として)
  • 魔法使いTai!音頭(小西寛子他 TYCY-5534)
1997年
  • More Natural(CODC-1231)
  • More Natural(COCC-14337)
  • 魔法クラブの唄(小西寛子他TYCY-5558)
  • おはよう!ジェフくん (小西寛子 TYCY-5558)
  • きっときっと…(歌・作詞TYCY-5558)
  • More Natural (Super Remix Version)(COCC-14492)
1998年
  • MY ENERGY (VBCD-0010 浅田葉子の楽曲、コーラス参加)
  • 消えない勇気(VBCD-0010 同上)
  • 永遠じゃない(VBCD-0010 同上)
  • 季節はずれのひまわり(1998 KCIA-7858)
  • SWEET SWEET MEMORY-S (MGCD-1060)
1999年
  • JOKER (MUSES KICA-5043)
  • Don't Love (TYDY-2125)
  • Flower of the truth (TYDY-2125)
  • 晩秋のトルストイ (PCCG-00514)
  • Over the rainbow (TYDY-2124 『魔法使い隊』として)
2000年
  • Be All Right…~高石タケルのテーマ~(NECA-30010)
  • 見つけた奇跡(TINKER BELL内、小西寛子 SBIX-2000)
  • SILVER E・TUDE (LITTLE CURE COCA-15360)
  • Fall in with all TUDE (LITTLE CURE COCA-15360)
  • No,no,TENSIONTUDE (LITTLE CURE COCA-15360)
  • Dear,NataryTUDE (LITTLE CURE COCA-15360)
  • bit of love~full Ver.~ TUDE (LITTLE CURE COCA-15367)
  • Leo into the UniverseTUDE (LITTLE CURE COCA-15367)
2003年
  • にこにこ銀座でお買い物(FFAN-2003)
  • しあわせ一つ二つ…(劇中歌バージョン(FFAN-2003)
  • しあわせ一つ二つ…(New Take.2003)(FFAN-2003)
キャラクターソング
1996年
  • GIRLS SUNSHINE (NINJAGIRLSとして TYDY-2066)
1997年
  • あの日のままで (千恵・瀬名としてVICL-60080)
1998年
  • ▽のSTAIRWA(ミルキィとして KICA-7853)
  • 恋は突然 (ソフィア・ロベリンゲとして KICA-7870)
  • みつめて (ソフィア・ロベリンゲとして KICA-7870)
  • 明日を夢見て (ソフィア・ロベリンゲとして KICA-7870)
  • 歌を唱えば (ソフィア・ロベリンゲとして KICA-7881)
  • あかねちゃんの歌 (AMCM-4393)
  • 夢を信じて (ソフィア・ロベリンゲとしてKICA-7886)
  • キミと出会えて(ゲームsizever)(ソフィアとしてKICA-7925)
  • 夢の時間 (ソフィア・ロベリンゲとしてKICA-7926)
  • キミと出会えて (ソフィア・ロベリンゲとしてKICA-79261)
1999年
  • EN PRIVE (浜岡美帆としてTKCA-71561)
  • Love! On Time~夢見るストリート~(1999南山あおいFSCA-10079)
  • Love! On Time~夢見るストリート~(Special Mix) (1999 FSCA-10079)
  • PERFECT WORLD(萩原ななとして VICL-60233)
  • Stay With Me(萩原ななとして VICL-60233)
  • 転校生ラブリーズ (歌・作詞:転校生ラブリーズ VICL-60382)
  • 転校生ラブリーズ~学園祭バージョン (転校生ラブリーズVICL-60382)
  • プリンでおじゃる(おじゃる丸としてCRDA-1003)
  • まったり音頭(おじゃる丸としてCRDA-1003)

アルバム[編集]

1998年
  • ソフィア (ソフィア・ロベリンゲとしてKICA-7900)
1999年
  • NOVELETTE (1999 EMIミュージック・ジャパン TYCY-10025)

デジタル配信[編集]

シングル

2013年
  • SAYONARA ARIGATO~森へ帰った魔法使い~(Squirrel*DSQI-12011)
2014年
  • BUT SHE WAS IN LOVE

ライブ活動・その他[編集]

1999年

  • 「LITTLE CURE」(Vo,G,B,Dr,Winds)wind担当、渋谷Eggman日本コロムビア主催ライブ
  • 「LITTLE CURE」(Vo)、新宿ALTA前他、2000年カウントダウンJR名古屋駅前イベントライブ(終日)

その他[編集]

2012年

  • Day after day.(2012年6月、YouTube[6]

脚注[編集]

  1. ^ 後に海外進出に伴い、2011年頃Dimensionfree Limited, Ireland(イギリスアイルランド本社での社名)、Office Squirrel(日本営業所の社名)に改称、もしくは体制変更。
  2. ^ 2013年に発売されたゲーム版「デジモンアドベンチャー」の公式サイトにおいて、放映当時のシリーズディレクターであり、ゲーム版の演出も手掛けた角銅博之のコメント内では、(担当声優が物故していたケースも含めて)「ただ、いろんな事情でどうしても当時の人にお願いできない役もあり。」と言及されている。ただし角銅が同コメント内で延べているように、当時存命していたケースに限り、メインキャストで現役引退状態ないし休業中にあった人物に関してはゲームへの出演が実現している。[1]
  3. ^ 2003年に自身が過去に歌唱したキャラクターソングのリアレンジ版を発表して以降、2012年に「Day After Day」をYoutube2015年現在は非公開状態)・SoundCloudにて発表するまで新曲を発表しなかった。
  4. ^ コナミデジタルエンタテインメントPop'n music 3公式サイトでは『Ryo Arche 朝川』と誤植されている[2]
  5. ^ 脱原発世界会議 | 賛同者の声
  6. ^ Day after day. 詞・歌/小西寛子(DEMO)プリプロ - YouTube[リンク切れ]

外部リンク[編集]