デッドヒート (OVA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デッドヒート』 (DEAD HEAT) は、1987年7月21日日本ビクターから発売されたOVA。品番はV3D-1004。

概要[編集]

日本ビクターと日本サンライズによる、VHD専用の3Dアニメ。従来のセルアニメに立体効果を施した3D映像が収録されており、3D対応VHDプレイヤーと専用眼鏡を介して視聴するようになっている。また、3D映像再生時にのみ表示される「FX」の文字を発見した視聴者には、様々なプレゼントを用意したキャンペーンも行われていた。なお、3D非対応VHDプレイヤーでも従来のセルアニメと同等の2D映像は視聴できる[1]

1987年8月7日には、2D映像のみを収録したVHS(JHE-150)版とベータマックス(JBE-150)版がCICビクタービデオから発売された[1]

ソフトウェアはVHS/Beta/3-DVHDでCICビクタービデオ/日本ビクターより発売されたが、LD/DVD/BD等の光ディスク化は一切されていない作品の一つである。

あらすじ[編集]

21世紀の日本。そこでは、小型車両ロボット「FX」(エフェックス)によるチームレースが大人気となっていた。技量によってAからDまで区別されたランクのうち、最下層のDランクチーム「ビッグウェーブ」に所属するマコトカオリサブローヨシオの4人は、Aランクへの昇格と世界制覇を目指す。

登場人物[編集]

マコト
- 矢尾一樹
主人公。ビッグウェーブのFXライダー。現在はDランク。普段は窓清掃のアルバイトをしている。
カオリ
声 - 本多知恵子
ヒロイン。ビッグウェーブの紅一点。普段はハンバーガーショップでアルバイトをしている。
サブロー
声 - 大塚芳忠
ビッグウェーブのメカニック。
ヨシオ
声 - 桜井敏治
ビッグウェーブのメカニック。普段は実家の高根商店を手伝っている。
高利貸し
声 - 緒方賢一
ビッグウェーブにお金を貸している人物。期限を過ぎているのでFXを差し押さえようとするが、ゴーが口車に乗って賞金を当てにする。最後にはビッグウェーブの一員になっている。
ゴー
声 - 大林隆介
マリアの会社でエンジン開発をしていた技術者。開発したエンジンを欠陥品扱いされ、それが元で会社を辞めた。その後に改良して食費も注ぎ込み、エンジンを造り上げた。
マリア
声 - 勝生真沙子
ナツオのチームのメーカーの社長。ゴーは彼女の会社のエンジン開発者だった。
サワイ ナツオ
声 - 曽我部和恭
AランクのFXライダー。

登場メカ[編集]

FX(エフェックス)
従来のモータースポーツ格闘技の要素を導入した小型車両ロボット。
ライダーは機体の上半身に設置された操縦席へ搭乗し、下半身に装備された2本のタイヤによる高速走行を行う他、レース中には操縦席の左右に装備された2本の腕を振るい、並走機との格闘を行う。
以上のことを行うにもかかわらず、ライダーは従来のバイクと同様に機体から剥き出しであるため、バイクレース以上に危険と隣り合わせになっている。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b VHD版発売当時の各アニメ誌広告より。

関連項目[編集]

本作と同じく小型車両ロボットに主人公が搭乗する作品
VHD出身のOVA

外部リンク[編集]