佐山善則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐山善則(さやま よしのり、1967年2月10日 - )は、日本メカニックデザイナー東京都府中市出身。

人物[編集]

アマチュアの高校生当時、コンピュータ仲間7人でスタジオ・ジャンドラを結成し、1984年エニックスのアドベンチャーゲーム『ザース 人工頭脳オリオンの奪還』を制作(佐山はメカグラフィック担当)。当時のパソコンゲームでは画期的なビジュアルが評判となった。

その後、仲間の中沢数宣に誘われ佐藤元のスタジオに参加。『機動戦士Ζガンダム』でメカデザイナーとしてプロデビューする。以降のガンダムシリーズや『機動警察パトレイバー』シリーズでサポート的な役割を務め、『宇宙の騎士テッカマンブレード』や『VS騎士ラムネ&40炎』でメインメカを担当する。出渕裕河森正治の関連作品に参加する機会が多い。

デザインの個性は細身のシルエットと鋭角的なパーツ類。テッカマンブレードにその特徴が見られる。また、コンピュータの知識を活かし、コクピットのCG画面を多く手がけている。この場合、「ディスプレイデザイン」「モニタグラフィックデザイン」「デジタルグラフィックデザイン」といった役職名を用いている。

エピソード[編集]

マクロスプラス』に登場するYF-21は脳波操縦のメカという設定であるが、第1話に出てくる脳波計のグラフは、佐山が頭に測定器をつけて記録したものである。「激しい山から平静になる」という波形を採るため、部屋の中で暴れまくってから瞑想に入るという作業を繰り返し、本人いわく「自分の意志でアルファ波ベータ波を自在に発信することができるようになった」という[1]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

  • ザース 人工頭脳オリオンの奪還(1984年) - メカグラフィック
  • プラジェーター(1989年) - ディレクション、アート

小説[編集]

漫画[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『アニメージュ 1995年2月号』 徳間書店、1995年、31頁

関連項目[編集]