機動戦士ガンダム 水星の魔女

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

機動戦士ガンダム 水星の魔女
ジャンル ロボット
アニメ
原作 矢立肇富野由悠季
監督 小林寛
シリーズ構成 大河内一楼
脚本 大河内一楼
キャラクターデザイン モグモ(原案)
田頭真理恵、戸井田珠里
高谷浩利
メカニックデザイン JNTHED海老川兼武
稲田航、形部一平
寺岡賢司柳瀬敬之
音楽 大間々昂
アニメーション制作 サンライズ
製作 バンダイナムコフィルムワークス
創通MBS
放送局 毎日放送・TBS系列ほか
放送期間 2022年10月2日 -
関連作品
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

機動戦士ガンダム 水星の魔女』(きどうせんしガンダム すいせいのまじょ、英題: Mobile Suit Gundam THE WITCH FROM MERCURY)は、サンライズ制作による日本テレビアニメ。「ガンダムシリーズ」に属するロボットアニメであり、TBS系列毎日放送製作日曜午後5時枠(『日5』枠)ほかにて『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(第2期)以来5年ぶりの新作アニメとして2022年10月2日より放送予定[1]

沿革

本作品は、2021年9月15日にバンダイナムコグループの横断プロジェクト「ガンダムプロジェクト」が開催した「第2回ガンダムカンファレンス」にて企画が明かされた。ガンダムシリーズとしては『鉄血のオルフェンズ』以来7年ぶりとなる新作テレビアニメーションとなり、バンダイナムコグループは「G-PARTNER」と称される外部パートナーとも協力しつつ全世界の10代を中心とした若年層ファン獲得を目標に大型展開を実施するとしている[2]

2022年3月29日には、ティザーPVやテレビシリーズ初となる女性主人公のほか、主役機を含むモビルスーツ (MS) の情報に加え、放送開始に先駆けて前日譚『PROLOGUE』を国内外で公開することが発表された[3]。同年6月17日には、基本的な世界観とあらすじ、主要人物、メインスタッフ、『PROLOGUE』の初公開されるイベント概要などが発表された[4]。プロデューサーの小形尚弘はオンライン会見にて女性主人公や学園を舞台とするストーリーに言及しつつ、宇宙世紀のシリーズではない新しいガンダムであること、新規ファン増加を意識した作品作りをする旨を語っている[5]。同年7月14日、『Prologue』の初公開イベントとなった「GUNDAM NEXT FUTURE -LINK THE UNIVERSE-」にて主要キャスト2名のキャストと『PROLOGUE』の情報が公開された[6]

作中設定・用語

A.S.(アド・ステラ)
本作品内で用いられている紀年法。宇宙進出を果たした企業によって巨大経済圏が構築されている時代であり、本編はA.S.122が舞台となる[4]
アスティカシア高等専門学園
MS産業最大手のベネリットグループが運営する教育機関[4]
GUNDフォーマット(ガンドフォーマッド)
義肢などの福祉工学に端を発する身体拡張機能技術「GUND」をMSに応用した機構[7]
ガンダム
本作におけるガンダムタイプは、「GUNDフォーマットの搭載により領域横断的な戦闘能力を獲得したMS」のことを指す。本来の呼称は「GUND-ARM(ガンドアーム)」であるが、世間一般では「GUNDAM(ガンダム)」の通称で呼ばれる[7]
GUNDビット(ガンビット)
GUNDフォーマットを利用した次世代群体遠隔操作兵器システム。スラスターやビーム砲を備えた小型端末「ビットステイヴ」を遠隔操作し、多彩な立体攻防を展開する。複数基が合体することで防御用のシールドになるほか、MS本体やほかの武装と合体することで性能を強化することも可能[7]
ノンキネティックポッド
無人機によるドローン戦争に終止符を打ったパーメット・電子対抗装備の進化系となる、非運動エフェクターを搭載した有線式の遠隔操作端末。射出後はロックオンした対象のGUNDフォーマットリンクを妨害する「アンチドート」を行なう[8]

登場人物

スレッタ・マーキュリー
声 - 市ノ瀬加那[6]
本作品の主人公。辺境の惑星である水星からアスティカシア高等専門学園のパイロット科2年に編入された少女[4]
ミオリネ・レンブラン
声 - Lynn[6]
経営戦略科2年。ベネリットグループの総裁で学園理事長デリング・レンブランを父にもつ[4]
グエル・ジェターク
声 - 阿座上洋平[1]
パイロット科3年。ベネリットグループ内御三家のひとつ「ジェターク・ヘビー・マシーナリー」の御曹司で、ジェターク寮のエースパイロット[4]
エラン・ケレス
声 - 花江夏樹[1]
パイロット科3年。ベネリット内御三家のひとつ「ペイル社」が擁立するパイロット[4]
シャディク・ゼネリ
声 - 古川慎[1]
パイロット科3年。ベネリット内御三家のひとつ「グラスレー・ディフェンス・システムズ」のCEOとは養子の関係にあたる[4]
ニカ・ナナウラ
声 - 宮本侑芽[1]
地球寮所属のメカニック科2年。チュチュ専用にデミトレーナーをカスタムするなど整備能力に秀でる[1]
チュアチュリー・パンランチ
声 - 富田美憂[1]
地球寮所属のパイロット科1年。愛称は「チュチュ」。地球出身者を差別する相手と喧嘩騒ぎを起こす[1]

登場兵器

諸元
ガンダム・エアリアル
GUNDAM AERIAL
搭乗者 スレッタ・マーキュリー
ガンダム・エアリアル
水星で開発されたMS。スレッタがパイロットを務める[4]
諸元
ディランザ グエル専用機
GUEL'S DILANZA
搭乗者 グエル・ジェターク
ディランザ グエル専用機
グエルが搭乗するMS[4]
諸元
ガンダム・ファラクト
GUNDAM PHARACT
搭乗者 エラン・ケレス
ガンダム・ファラクト
エランが搭乗するMS[4]
諸元
ミカエリス
MICHAELIS
搭乗者 ジャディク・ゼネリ
ミカエリス
シャディクが搭乗するMS[4]
諸元
デミトレーナー チュチュ専用機
CHUCHU'S DEMI TRAINER
搭乗者 チュアチュリー・パンランチ
デミトレーナー チュチュ専用機
チュアチュリーが搭乗するMS[1]

スタッフ

主題歌

「祝福」[10]
YOASOBIによるオープニングテーマ。
シリーズ構成・脚本の大河内による書き下ろし小説「ゆりかごの星」をもとに制作される。

放送局

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[1]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域・備考 [11]
2022年10月2日 - 日曜 17:00 - 17:30 毎日放送製作局)をはじめとする
TBS系列全28局
日本国内[注 1]
連動データ放送[12]
2022年10月11日 - 火曜 22:00 - 22:30 AT-X CS放送 / 字幕放送[13]
リピート放送あり[14]
2022年10月29日 - 土曜 20:00 - 20:30 アニマックス BS/CS放送[15]
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[1]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2022年10月2日 日曜 18:00 更新
2022年10月6日 木曜 12:00 更新

PROLOGUE

本放送に先駆けて制作されたアニメ作品[3]。2022年7月14日開催の「GUNDAM NEXT FUTURE -LINK THE UNIVERSE-」を皮切りに各種イベントで公開を開始[4]。同年9月には各配信サイトにて配信が行われ、本放送開始前週の9月25日に日5枠にて、10月4日にAT-Xにてそれぞれ放送予定[1][14]

登場人物(PROLOGUE)

エリクト・サマヤ
声 - 市ノ瀬加那[16]
小惑星フロント「フォールクヴァング」に暮らす4歳の少女[17]
エルノラ・サマヤ
声 - 能登麻美子[16]
エリクトの母。ヴァナディース機関でガンダム・ルブリスのテストパイロットを務める[18]
ナディム・サマヤ
声 - 土田大[16]
エリクトの父で、ルブリスの開発マネージャー[19]
カルド・ナボ
声 - 一城みゆ希[16]
ヴァナディース機関の代表[20]。ガンダムの核である「GUNDフォーマット理論」の提唱者でもある。
ナイラ・バートラン
声 - 小島幸子[16]
ヴァナディース機関の研究員[21]
ウェンディ・オレント
声 - 大地葉[16]
ヴァナディース機関の研究員で、エルノラの後輩[22]
デリング・レンブラン
声 - 内田直哉[16]
グラスレー・ディフェンス・システムズ幹部[23]
サリウス・ゼネリ
声 - 斧アツシ[16]
グラスレー・ディフェンス・システムズCEOで、MS開発評議会の一員[24]
ヴィム・ジェターク
声 - 金尾哲夫[16]
ジェターク・ヘビー・マシーナリーCEOの子息[25]
ケナンジ・アベリー
声 - 上田燿司[16]
MS開発評議会の特殊部隊「ドミニコス隊」に所属するパイロット[26]

登場兵器(PROLOGUE)

諸元
ガンダム・ルブリス
GUNDAM LFRITH[7]
型式番号 XGF-02[7]
全高 18.0m[7]
重量 49.3t[7]
武装 レシーバーガン(ビームブレイド×1)×1
ビームサーベル×2
コンポガンビットシールド(ビットステイヴ×7)×1
搭乗者 エルノラ・サマヤ
エリクト・サマヤ
ガンダム・ルブリス 量産試作モデル
GUNDAM LFRITH PRE-PRODUCTION MODEL
武装 大型ランチャー
ガンビット
搭乗者 ナディム・サマヤ
ウェンディ・オレント
XGF-02 ガンダム・ルブリス
オックス・アース・コーポレーションが開発した試作MS。テストパイロットはエルノラ・サマヤ[7]。「フォールクヴァング」脱出の際は、娘のエリクト・サマヤも同乗する。
武装は、銃口から巨大なビームブレイドを発振可能な速射型ビーム砲「レシーバーガン」、バックパック左右に装備されたビームサーベル2基、7基のビットステイヴに分離可能な盾「コンポガンビットシールド」。ビットステイヴをバックパックに装着することでMSの域を超えた加速・制動性能を発揮する「ビットオンフォーム」、2基をレシーバーガンの前後に装着することで高出力ビームの発射が可能となる「ガンビットライフル」へと強化される[7]
ガンダム・ルブリス 量産試作モデル
ルブリスの量産仕様。武装は大型ランチャーとその内部に格納されるガンビット[6]
諸元
べギルべウ
BEGUIR-BEU[8]
型式番号 CEK-040[8]
全高 18.3m[8]
重量 55.1t[8]
武装 ベイオネット×2
ノンキネティックポッド×2
フットユニット(鉤爪)×2
搭乗者 ケナンジ・アベリー
CEK-040 べギルべウ
グラスレー・ディフェンス・システムズが開発した高性能MS。パイロットはケナンジ・アベリー。ヴァナディース機関で試験運用中のガンダムを殲滅すべく投入される[8]
従来のMSの基本構造を踏襲しつつ、各所に最新技術が導入されている。背部には大型のマルチセンサーが組み込まれた宇宙航行用フライトユニットが装着され、機体の強制冷却時などに一部が展開される。両脚先端には格闘武器としても使用される折りたたみ式の鉤爪を備えている[8]
武装は、2連装のビームガンユニットと実体刃のソードユニットで構成される両腕の「ベイオネット」、フライトユニットの左右に装備された対ガンダム用の有線式遠隔操作端末「ノンキネティックポッド」[8]
諸元
ハイングラ
HEINGRA
武装 ビームライフル
ビームサーベル
ハイングラ
グラスレー社製の量産型MS。ベギルベウの随伴機として運用される[6]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ TBS系列局が所在しない秋田県福井県徳島県佐賀県を除く(遠距離受信および区域外再放送は含めず)。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』10月2日より放送開始!OPテーマはYOASOBI「祝福」&最新予告PVも公開!”. GUNDAM.INFO (2022年9月4日). 2022年9月4日閲覧。
  2. ^ “「第2回ガンダムカンファレンス」開催 ガンダムを通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUDA」よりガンダムエデュケーショナルプログラム始動” (プレスリリース), バンダイナムコエンターテインメント, (2021年9月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000358.000051316.html 2022年6月17日閲覧。 
  3. ^ a b ガンダムシリーズ TVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』ティザービジュアル&ティザーPV 解禁! 前日譚「PROLOGUE」が今夏公開予定!”. V-STORAGE. バンダイナムコフィルムワークス (2022年3月31日). 2022年6月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』ティザービジュアル第2弾&メインスタッフ公開!あらすじ・キャラ・新MSも到着!”. GUNDAM.INFO (2022年6月17日). 2022年6月17日閲覧。
  5. ^ a b “機動戦士ガンダム 水星の魔女:女性主人公 舞台は学園 「ガンダム」新作の“新しさ” MSも公開”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年6月18日). https://mantan-web.jp/article/20220617dog00m200077000c.html 2022年6月18日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』本編予告PV公開!本編と前日譚「PROLOGUE」のメインキャストや商品情報も到着!”. GUNDAM.INFO (2022年7月14日). 2022年7月14日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i プラモデル「ガンダムルブリス」解説書, 1/144スケールモデル HGWFM, BANDAI SPIRITS 
  8. ^ a b c d e f g h プラモデル「ベギルベウ」解説書, 1/144スケールモデル HGWFM, BANDAI SPIRITS 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z STAFF”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年6月17日閲覧。
  10. ^ MUSIC”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年9月3日閲覧。
  11. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  12. ^ 機動戦士ガンダム 水星の魔女”. 毎日放送. 2022年9月15日閲覧。
  13. ^ 週間番組表 (2022/10/10〜2022/10/16)”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2022年9月20日閲覧。
  14. ^ a b AT-Xで『機動戦士ガンダム 水星の魔女』&前日譚「PROLOGUE」の放送が決定!10月4日スタート!”. GUNDAM.INFO (2022年9月20日). 2022年9月20日閲覧。
  15. ^ 機動戦士ガンダム 水星の魔女”. アニマックス. アニマックスブロードキャスト・ジャパン. 2022年9月7日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j PROLOGUE”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  17. ^ エリクト・サマヤ”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  18. ^ エルノラ・サマヤ”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  19. ^ ナディム・サマヤ”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  20. ^ カルド・ナボ”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  21. ^ ナイラ・バートラン”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  22. ^ ウェンディ・オレント”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  23. ^ デリング・レンブラン”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  24. ^ サリウス・ゼネリ”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  25. ^ ヴィム・ジェターク”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。
  26. ^ ケナンジ・アベリー”. 機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト. 2022年7月14日閲覧。

外部リンク

毎日放送TBS系列 日5
前番組 番組名 次番組
呪術廻戦
(第1期・再放送)
機動戦士ガンダム 水星の魔女
-