賽は投げられた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルビコン川の位置。源流点からそのまま西へ延長線を引いたものがローマとガリア・キサルビナの境界

は投げられた(さいはなげられた)」(古典ラテン語alea iacta est、アーレア・ヤクタ・エスト)は、ガイウス・ユリウス・カエサル紀元前49年1月10日元老院に背いて軍を率いて南下し北イタリアのルビコン川を通過する際に言ったとして知られる言葉。当時のカエサルは一軍人だった。出典はスエトニウスの文章 (iacta alea est) である。現在は、“もう帰還不能限界点を越してしまったので、最後までやるしかない”という意味で使われている。

共和政ローマは当時、本土と属州ガリア・キサルピナをルビコン川で分けており、それ故にルビコン川は北の防衛線であったため、軍団を率いてルビコン川以南へ向かうことは法により禁じられていた。これに背くことはローマに対する反逆とみなされた。

なおカエサルはこのフレーズを喜劇作家のメナンドロスから借りたと言っており、スエトニウスも似たようなフレーズを言っている(詳細はこの記事の英語版を参照)。

スエトニウスによる記述[編集]

さあ進もう。神々の示現と卑劣な政敵が呼んでいる方へ。賽は投げられた。[1]

Caesar: 'eatur,' inquit, 'quo deorum ostenta et inimicorum iniquitas uocat. iacta alea est,' inquit.[2]

脚注[編集]

  1. ^ スエトニウス 『皇帝伝』 国原吉之助訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1986年、41頁。
  2. ^ Perseus Digital Library Suet. Jul. 32

関連項目[編集]

外部リンク[編集]