マギ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マギ
ジャンル 少年漫画ファンタジー魔導冒険譚
漫画
作者 大高忍
出版社 小学館
掲載誌 週刊少年サンデー
レーベル 少年サンデーコミックス
発表号 2009年27号 -
発表期間 2009年6月3日 -
巻数 既刊31巻(2016年11月現在)
漫画:マギ シンドバッドの冒険
原作・原案など 大高忍(原作)
作画 大寺義史
出版社 小学館
掲載誌 週刊少年サンデー
裏サンデー
レーベル 裏少年サンデーコミックス
発表号 週刊:2013年23号 - 30号
発表期間 2013年5月8日 -
巻数 既刊11巻(2016年11月現在)
アニメ:マギ The labyrinth of magic(第1期)
マギ The kingdom of magic(第2期)
原作 大高忍
監督 舛成孝二
シリーズ構成 吉野弘幸
脚本 吉野弘幸、加藤陽一、柿村イサナ、
横谷昌宏、花田十輝
キャラクターデザイン 赤井俊文
音楽 鷺巣詩郎
アニメーション制作 A-1 Pictures
製作 マギ製作委員会、MBS
放送局 MBSTBS系列
放送期間 第1期:2012年10月7日 - 2013年3月31日
第2期:2013年10月6日 - 2014年3月30日
話数 第1期:全25話 / 第2期:全25話
アニメ:マギ シンドバッドの冒険
原作 大高忍、大寺義史
監督 宮尾佳和
シリーズ構成 岸本卓
脚本 岸本卓
キャラクターデザイン 佐古宗一郎
音楽 大久保友裕
アニメーション制作 Lay-duce
製作 AOS PROJECT、MBS
放送局 MBSほか
放送期間 2016年4月 - 7月
話数 全13話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

マギ』(Magi: The Labyrinth of Magic)は、大高忍による日本少年漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館2009年27号から連載中。2016年4月1日現在、累計発行部数2300万部突破[1]

概要[編集]

ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)から移籍してきた大高の移籍後初の作品。『千夜一夜物語』をモチーフにした冒険活劇で、登場人物の名前の一部も『千夜一夜物語』から採られている。話数カウントは「第○夜」。第59回(平成25年度)小学館漫画賞少年向け部門受賞。

テレビアニメ第1期が2012年10月から2013年3月に、第2期が2013年10月より2014年3月に放送(詳細は後述)。

また、『週刊少年サンデー』(小学館2013年23号より、登場人物の一人・シンドバッドを主人公とした外伝『マギ シンドバッドの冒険(マギ シンドバッドのぼうけん)』の連載を開始し、現在は『裏サンデー』に移籍し連載中である。大高自身が原作を、漫画は大寺義史がそれぞれ担当している。

あらすじ[編集]

迷宮編(1巻 - 2巻)
第7迷宮「アモン」の周囲に広がる町・チーシャンに住む若者・アリババは、御者のアルバイトをしながら「アモン」を攻略し大富豪になることを夢見ていたが、あと一歩を踏み出せずにいた。そんなある日、彼は「ジンの金属器」を探して旅をしているという、謎の少年・アラジンと出会う。彼の持つ笛に潜むウーゴくんの力を目の当たりにしたアリババは、アラジンに共同での迷宮攻略を持ち掛ける。
草原編(3巻)
アリババと共に「アモン」を攻略したアラジンだったが、「アモン」から送り出された彼が姿を現したのは遠い異国の地に広がる草原だった。そこに暮らす騎馬民族・黄牙一族の集落に拾われた彼は、ルフを見ることが出来る老婆に出会う。そして同じ頃、黄牙一族と接触を試みようとする一団があった。
盗賊砦編(3巻 - 4巻)
アリババによって奴隷の身から解放された少女・モルジアナは、故郷暗黒大陸に帰るためライラとサアサの所属する隊商と共にカタルゴ行きの船が出航する沿岸の国バルバッドを目指していた。しかしバルバッドへ向かう道の途中に盗賊が居座っているために隊商は道程の変更を余儀なくされ、バルバッドへの道は閉ざされてしまう。そこでモルジアナは単身、盗賊団を退治して本来の予定通りバルバッドへと向かうため、彼らの本拠地に乗り込む。
バルバッド編(4巻 - 8巻)
偶然の出来事から再会したアラジンとモルジアナは共に旅を続けてきた隊商と別れ、それぞれの目的のため2人でバルバッドを目指す。旅の途中、彼らは商売のためにバルバッドへ向かう途上で盗賊に着る物まで奪われ困窮しているという男・シンに出会い、助けられた礼にと彼の宿泊するホテルへ案内される。そこで何気なくアリババのことを尋ねたアラジンは、「怪傑アリババ」と名乗る盗賊が一味を率いてバルバッドを荒らし回っているという話を聞く。
シンドリア編(8巻 - 13巻)
実はシンは七海の覇王・シンドバッドだった。彼の治める国・シンドリアに招かれたアラジン達3人は、世界を「堕転」させようとする組織アル・サーメンの話を聞く。来るべきアル・サーメンとの戦いに備えて修行を始め、着実に力をつけていくアラジン達。そこに皇子の留学のために、煌帝国の一団がシンドリアへとやってくる。その第四皇子・練白龍は、かつてアラジンが命を救った女性の実弟であった。彼は己のある重大な目的を胸に秘め、シンドリアへとやってきたのだった。そんな折、アラジン達の師匠を務める八人将から修業の成果を聞いたシンドバッドは、実戦も兼ねて「シンドリアの近海に出現した迷宮をアル・サーメンの勢力に発見・攻略される前に攻略してほしい」という指令を3人に下した。アラジン・アリババ・モルジアナは同行を申し出た白龍と共に第61迷宮「ザガン」の攻略に向かう。
海賊討伐編(13巻 - 14巻)
見事「ザガン」を攻略したアラジン達。しかし、快挙の喜びも冷めやらぬ彼らの前に遂にアル・サーメンが立ちはだかる。同時期、シンドリアにはジュダルが現れ、シンドバッドへ敵対を宣言する。アル・サーメンの強力でおぞましい力の前に自分達の無力さを知ったアラジン達は、自分のすべきこと、目指すもののためにはこのままでいいのか、マギの言う「」となるには何が必要なのかを考え始める。シンドリアでの滞在の間に起きた彼らの中での変化、そして国へ帰ることを迷い続けていた練紅玉の決意。彼らが選んだのは、道は違えど、己の目的のために新たな旅立ちへ出ることだった。アラジン・アリババ・モルジアナ・白龍の4人はそれぞれ別々の目的のためにシンドリアを離れる。目的地であるアクティア王国に向かう途中、海賊・大聖母の襲撃を受け積み荷を奪われてしまう。さらに、アクティアの港町も襲撃を受け、子供達が連れ去られていた。子供達を救うため、「ザガン」攻略メンバーの4人は沖合にある大聖母の砦に乗り込む。
マグノシュタット編(14巻 - 20巻)
マグノシュタット学院とアル・サーメンの関係を探るためマグノシュタットに留学したアラジンは、1年間で実力を伸ばし優秀特待生になっていた。その中で、レーム帝国のマギ・シェヘラザードの部下である天才魔導士ティトスと出会う。そんなある日、ティトスとルームメイトのスフィントスと共に5等許可区の国民がマグノシュタットの地下で魔力を吸い上げられていることを知る。そのことを学長であるモガメットに抗議するも想いは通じず、さらにティトスの「死にたくない」という気持ちが原因でマグノシュタットとレーム帝国、そして煌帝国を交えた三つ巴の戦争が始まってしまう。また、この開戦時には第1夜から少なくとも2年以上の月日が流れている。
アルマトラン編(21巻 - 24巻)
2年ぶりにシンドリアに帰還したアラジン・アリババの下に練紅炎からの召喚状が届く。アリババは、モルジアナ・トト・オルバ達と共に故郷・バルバッドに向かうが、そこには過去の面影がなく煌帝国に占領されたバルバッドの姿があった。紅炎からの煌帝国への忠誠に困惑する中、世界の命運をかけたシンドリアと煌帝国の会談が始まる。緊迫した状況でアラジンは生まれ故郷であるアルマトランについて語り始める。
煌帝国編(25巻 - 29巻)
アルマトランで起きたことを話したアラジンは、再び「黒の神」が出現することを防ぐためにシンドリアと煌帝国、レームの三国に停戦協定を結ぶよう提案するが、会談の最中にジュダルが現れると同時に煌帝国の第三代皇帝にしてアル・サーメン首領である練玉艶が息子の白龍に謀殺されたという報告が入る。白龍は次に事実上玉艶に組していた紅炎を殺し煌帝国を取り戻そうと考え、彼が居城を置くバルバッドを攻めようとする。アラジンとアリババはバルバッドを守るため、そして白龍を取り戻すために彼と戦う決意をし煌帝国の帝都・洛昌に向かうが、その戦いでアラジンはアリババを、白龍はジュダルを失ってしまう。その後、白龍率いる東軍と紅炎率いる西軍が第四代皇帝の座をかけ煌帝国が幾度も戦を繰り広げた華安平原を舞台に、煌帝国のみならず世界の命運を大きく変える皇位争奪戦争「華安平原の戦い」が始まろうとしていた。
最終章(29巻 - )
華南平原の戦いから3年が経った。暗黒大陸から帰還したアリババは大渓谷にあるユナンの家で目覚め、彼から「世界が平和になった」「世界経済が非常に発展した」 「シンドバッドがシンドリア国王を引退した」「アラジン達が現在失踪してる」ことを聞かされる。世界のあまりの変容に驚きを隠せないまま、アリババは行方をくらましたアラジン達を捜索するため彼らが最後に目撃されたという煌帝国へと向かう。

登場人物[編集]

ここでは主要人物のみ概要を記載する。

アラジン
- 石原夏織
本作の主人公。巨大なジン・ウーゴくんが宿る笛を持つ。創世の魔法使い「マギ」の一人。
アリババ・サルージャ
声 - 梶裕貴田村睦心(幼少期)
元バルバッド第三王子。アラジンに導かれる形で第7迷宮「アモン」を攻略する。
モルジアナ
声 - 戸松遥
狩猟民族・ファナリス出身。元は奴隷だったがアリババによって救われ、彼の眷族となる。
シンドバッド
声 - 小野大輔高本めぐみ(幼少)
シンドリア王国国王。七体のジンを携えた複数迷宮攻略者。
練白龍(れん はくりゅう)
声 - 小野賢章
煌帝国第四皇子。自国を取り戻すためシンドバッドに協力を要請し、その中で第61迷宮「ザガン」を攻略する。
練紅玉(れん こうぎょく)
声 - 花澤香菜
煌帝国第八皇女。ジン・ヴィネアの主である迷宮攻略者。シンドバッドに好意を寄せる。
ジュダル
声 - 木村良平
煌帝国神官。アラジンと同じ「マギ」の一人。

用語[編集]

ジン・金属器・迷宮関係[編集]

ジン
ジンの金属器に封印されている「魔神」とも呼ばれる神話に登場する精霊。迷宮の支配者としてその奥深くに眠っており、持ち主である迷宮攻略者の呼び出しに応じ強大な力を与える。
実体の無い存在のため、身体の大きさは自由に変えられる(額の第3の目と体色が青いのが共通)。自分達を作り出したソロモンの移し身であるマギに指図することは許されていないため、アラジンに必要以上のことを教えることは出来ない。また、契約する「王」を含めた人間に対してアルマトランに関する情報を与えることを禁じられている。
彼らは攻略者を見た瞬間にジンを使役するのに必要な器である人間の魔力の内容量が分かる。また、彼らは迷宮内で死ぬことはないとされ、迷宮のゴールである「宝物庫」から出ることはできず、八芳星が刻まれた石器に何者かが触れることで初めて出現する。
地上の「王」が使う純粋な「力」として、ソロモンによりルフから作り出された人工生命体(故に地上で実体化すべきではないとされる)。実体化するにはマギが持つのと同等の魔力を得なければならない。本来はルフに愛される魔法使いのみが作ることができるが、12年前イスナーンとモガメットが協力し、黒ルフによって黒いジンを練成する技術を編み出した。
元々はアルマトランに存在していた72名の異種族の長達が、アル・サーメンとの最終決戦でウーゴくんとシバが神杖のシステムを元に製作した金属器の力とソロモンの魔法によって変化した存在。この影響でアルマトランの悲劇の記憶を有したまま悠久の命を得たことで、力が均質となる新世界に生まれる王の卵の力となってほしいとウーゴくんに要請され、金属器の守護神となった。
モデルはソロモン72柱の悪魔。
黒いジン
黒ルフから生み出される人工生命体。イスナーンによる情報提供の結果マグノシュタット学院で作り出された。個体差はあるが、基本的に鋭角的な黒い装甲を身につけた巨人の姿をしている。また、斬撃に耐性を持ち、細切れにでもしない限り再生してしまう。
アルマトランの黒いジン
通常の黒いジンよりもさらに悪意に満ちた存在。この世の白いルフを食らいつくそうとする意志を持つ。生成には莫大な量の黒ルフを生み出す魔力、そして「堕転」した人間の強力な意志が必要となる。頭部がなく、胴体に目があり全体的に丸みを帯びており、初めは不安定な形をしているが、錬成が続けられる内に筋肉質で精密な肉体を持ち始め、目も3つから5つになるなど変化する。特殊な攻撃はしないがとにかく大量に出現し、物理的に敵を殲滅する。その攻撃はマギの防壁魔法をもってしても完全に防ぎきれない。アルマトランではアル・サーメンによって大量に作り出され、ソロモンや眷族達と激しく戦った。作中ではモガメットによりマグノシュタットの魔力炉から生み出された。魔力炉の制御には相応の力が必要なようで、ユナンはモガメットを「マグノシュタットの魔力炉を司るほどの人物」と表現している。
金属器
迷宮攻略者が手に入れるジンが宿る道具。最強の魔法道具であり他の魔法道具とは次元の異なる強力な力を持つ。別名「ソロモンの金属器」。金属器の所持者は「金属器使い」とも呼ばれる。所持者はジンの持つ強大な力を行使することが可能だが、人間の持つ魔力の総量では限りがあるため、通常は魔装で扱う。どこかに八芳星が刻まれており、魔装中にその部分を破壊されると金属器による超常の力を使えなくなる。仮にマギの莫大な魔力で使用した場合は、ジンそのものの顕現が可能である。
普段は所持者が身に着けることで、次第に魔力が蓄積されるが、それを使い切ると無力になってしまう。ただし、ジンが巻き起こす能力と同質の現象を利用して一瞬だけ力を使うことができる(例えば、炎熱を司るアモンであれば炎を取り込む)。極大魔法をそれぞれにつき一つだけ発揮できる増幅装置の機能を持つ。
主と一体化して力を発揮するという特性上、金属器とする金属は主によく馴染んだものが好ましいとされる。また、あくまでジンは王についているのであって金属器が破損した場合でも時間はかかるが移し替えは可能である。
金属器の登場により、いかにそれを手に入れ活用するかが戦争の要に変わっていたが、最終章では国際同盟の厳しい管理下に置かれており、金属器を所持したまま行方をくらました白龍・健彦・ネルヴァは「世界指名手配犯」として追われている。
元はシバとウーゴくんによって神杖を元に特定の魔法式を込めて魔力を送ることで72の強力な魔法を引き出せる魔法道具を開発し、それぞれが金属製の神器に収められ異種族の長に配られたものである。
魔装
金属器に宿るジンの力で体を薄く覆って自己と同化させることで、実体化したジンに近い力を得ること。ジンの使用法の本質。魔装した所持者の姿は、それがより強くなり全身に広がるほどジン本来の姿に近くなる。空中を自在に飛ぶことも可能。また、全身魔装時にはアルマトランのジンの名残からか第3の目(の模様)が発現する。
武器化魔装
ジンに最も近い、核となる金属器から肉体(主に武器を持つ手)にかけて魔装すること。全身の魔装に比べて容易。金属器はジン本体が持つ武器そのものの姿になる。
半身魔装
金属器から体の片側半身までを魔装した状態。作中では白龍とバルバロッサがこの姿を披露している。全身魔装には及ばないものの、武器化魔装より遥かに強力な力を発揮できる。
極大魔法
全身魔装になることで使用できる防御不可能な巨大な魔法。発動時には巨大な八芳星が現れる。自然現象を取り込むことで少ない魔力でも凄まじい威力を発揮する。
眷属器
金属器から力を分け与えられた魔法道具。名の通り、主の金属器と共闘する内にジンに認められた者・眷族がその能力を得る。眷属器の所持者は「眷属器使い」とも呼ばれる。金属器と同じく、蓄えられた魔力には限りがあり、眷属器にする物は使用者に馴染んでいる物が望ましい。金属器とジンの恩恵による強力な力を持ち、一般にある魔法道具とは一線を画する魔力を持つが、眷属器使い本人が十分な魔力を保有していても主が金属器を遠くに離してしまうとその力を行使できなくなる。
眷族同化」という眷族自身が「我が身を捧げる」ことで魔装に匹敵する力を得る奥の手が存在する。この技術は、かつてアルマトランでソロモンの72人の眷族達が使用した最終手段で、使用時には眷族の体が巨大化し各々の主たる精霊が持つ能力の一部を使うことができるようになるなど非常に強力である反面、一度果たすと二度と人間の姿には戻れなくなる、度重なる発動で同化が進行すると精神すら精霊と一体化していく危険性がある、肉体への負担が大きく急激に眷族化を進めると命を落としかねないといった様々なデメリットがある。
闇の金属器
アル・サーメンによって黒いルフを糧に作られた金属器。「ソロモンの金属器」と同様の全身魔装をすることができる他、使用者が自分の体を貫くことで自らを黒いジンへと変えることもできる。ジンの状態では黒いルフの供給があれば無限に再生することができるが、黒ルフがない所では理性を失っているが故に大威力の攻撃を繰り返して次第に弱体化していく。極大魔法の威力は「ソロモンの金属器」に劣る。モガメット達と共に創られたものであるため、内部にマグノシュタットで魔法道具を精製する際に刻まれる「魔力痕」が刻まれている。また、使用者は使用後に生き残っていたとしても後遺症によって次第に衰弱していき、最終的に肉体が干からびた黒炭のようになり死亡する(治療法はまだ見つかっていない)。同様に「闇の眷属器」も製造されている。
迷宮(ダンジョン)
およそ14年ほど前[注 1]から世界各地に出現した古代王朝の遺跡群。内部には貴金属製品や宝石類など通常の財宝の他、魔法道具などが共に眠っており、その頂点に立つのが「ジンの金属器」である。最奥部の宝物庫においてジンと契約を完了することで攻略とみなされ、また一度でも誰かが攻略すると消滅してしまう。マギの力で出現する。
一度入り口である「迷宮の聖門」をくぐると完全攻略するまでは外に出ることができない。攻略者の強さに応じて姿を変える。迷宮内部はルフの濃度が高いため、地上よりも少ない魔力でジン達が実体化することができる。
迷宮を攻略した人物のことを「迷宮攻略者」と呼ぶ。二箇所以上の迷宮を攻略したのは、世界でもシンドバッドと練紅炎、練白龍の3人のみで、彼らは「複数迷宮攻略者」とされるが、ジンの中にはそういった攻略者を「浮気者」と言って嫌うものもいる。また、迷宮攻略者そのものがジンの主となるため、「王の器」の持ち主ということにもなる。
シンドバッドは自身の経験から、力を得すぎた迷宮攻略者およびその眷族は「十分な力を得た」と判断されるために、迷宮に入ることが出来なくなるのではないかと推測していた。
元は滅んだアルマトランで異種族の各自治区の地中で作られた地下都市である。
第1迷宮「バアル
14年前、ユナンの手によりレームとパルテビアとの国境線上に出現した迷宮。序盤の部屋は至る所に間欠泉が吹き出ており、唯一ある大扉を巨竜が守っている(実際はその扉はダミーであり、そばに地下に続く階段がある)。シンドバッドによって攻略された。生還者は彼とドラコーンの2人。総死者数約12000人。
第6迷宮「ブァレフォール
イムチャックに出現した迷宮。内部は水場が多い作りになっている。シンドバッドによって攻略された。生還者は彼とジャーファルとドラコーンとヒナホホとヴィッテルとマハドの6人。
第7迷宮「アモン
チーシャンに存在した迷宮。出現から10年以上攻略されていなかったが、アリババによって攻略された。生還者は彼とアラジンとモルジアナの3人。総死者数約10000人。
第14迷宮「レラージュ
マグノシュタットの戦争から3年前、練紅覇によって攻略された。
第16迷宮「ゼパル
エリオハプト王国内にある「王家の墓」の真上に出現した迷宮。
第61迷宮「ザガン
シンドリア南西沖のトラン族の島に現れた迷宮。約2年前に出現した。近づくだけで村人は引きずり込まれていた。実はそれらの村人はザガンに似せて作られた迷宮植物が魔法で木にし、魔力を吸い取って迷宮生物を生み出していた。「アモン」に比べ迷宮生物達には人間味があるが、迷宮植物の歌声で凶暴化する。練白龍によって攻略され消失、捕らわれの身となった人々も元の姿に戻され解放された。
第68迷宮「ベリアル
ジュダルが白龍のために出現させた迷宮。内部はベリアルの能力により個人が頭の片隅で考えている人・風景がそれぞれ映し出され、自分の信念に嘘をつき続ければ肉体が傷つき死に至る。練白龍によって攻略された。生還者は彼とジュダルの2人。

魔法関係[編集]

魔法
ルフに命令式を与え、それが生み出す魔力によって熱・氷・雷・重力など様々な現象を引き起こすことができる。どのような命令をルフに与えれば何が起こるかは見えない真理として定まっており、それらを解き明かし組み合わせる。魔力の総量が多い者ほど、良く複雑で難解な式を組み続けられるので、より高度な魔法を解くことが出来る。使用する際には体に負荷が掛かるため、肉体が弱いと無意識の内にリミッターが掛かって出力が低下するが、体を鍛えることでそのリミッターは解除されていく。
ルフの性質と同様に8つに分類されることから、西洋では「8属性」、東方では「八卦」と呼ばれる[注 2]。マグノシュタット学院においては1から順に8角形の頂点に配置した時、自分の最も得意とする魔法の対角線上にある魔法が次に素質があるとされ、全ての種類の魔法をまんべんなく学ぶことで得意な魔法の出力も上昇する。同系統の魔法を複数名で同時に使用すると、魔法式が乗算されるためにその威力は増強される。
防壁魔法(ボルグ)
魔力で自分の周囲を覆い、外部からの悪意ある攻撃(殆どの物理攻撃とある程度の魔法攻撃)を防ぐ。魔法使いなら誰でも生まれつき素質が備わっている。基本的には球状だが、意識して形状を変化させられる。魔力量によって強度に個人差があり、強固なものは岩盤や鋼をも上回る強度を持ち、マギのものならば金属器や眷属器でなければ破壊できない。
透視魔法
血液などに宿るルフを介してその者が持つ記憶を写し出す魔法。
浮遊魔法
重力を操る7型魔法により空を飛ぶ魔法。ジュダル曰く「習得は難しくないが、ちょっとしたコツがいる」とのこと。大抵の魔導士は杖に乗って浮遊する場合が多い。
転送魔法
物体や人を別の場所に移動させる魔法。これは本来幻の魔法といわれるほど修得困難なものらしく、作中で最初にこれを使えていたのはヤムライハ・紅明のダンダリオン・シェヘラザードだけだったが、後にジュダルもモガメットの大量の黒ルフから知識を得たことで使用を可能にした。
超律魔法
ごく希少な条件下でしか起こりえない天災をルフに命じて強制的に引き起こさせる魔法。「災厄」とされる。
魔法使い
道具を使わず、自分の魔力を別のものに変換できる人間。生まれつきルフと語らうことができ、ルフに特別な伝令を送り、様々な自然現象を引き起こすことができる。幾つかの階級に分かれており、頂点に「マギ」、次いで「魔導士」、そしてその下に「占い師」や「まじない師」などが存在する。
肉体が魔力を魔法に使うことに特化しているため常人よりやや脆弱。それをカバーするため、魔法使いであれば防壁魔法を使う能力が元々備わっている。攻撃力に関しては金属器使いには及ばないものの、様々な魔法を使い分けることで金属器使いや眷属器使いのサポートを行う。ジン自体が魔法使いのような存在である影響で、お互いの魔法が混線して何が起こるか分からず危険であるため、眷属器の使用はできない。ルフと同様個性があり、引かれ合うルフの種類により得意な魔法も変わる。
魔法を行使する際、多くの魔法使いは杖を媒体に使うが、これはある程度長さのあるものを使わないとルフに命令を贈る方向が分散してしまい、魔法が不安定になるためである。
魔法に関する知識が未成熟な国は数多く、現在もその能力を気味悪がられ迫害を受けている。
マギ
王となる者を選び、導く役目を持つ魔法使い。「創世の魔法使い」とも呼ばれる。その具体的な意味や役割は不明だが、黄牙民族にはかつての大黄牙帝国の建国に関わったマギの神話が語り継がれている。
歴史の節目に現れ、それぞれの時代に3人しか現れない。作中の時代のマギはジュダル・ユナン・シェヘラザードだけのはずだったが、それとは別にアルマトランのマギであるアラジンと練玉艶(アルバ)が存在している。
魔法使いの階級の一つであり、その頂点に君臨する存在。そのため下記の魔導士であるヤムライハはマギであるアラジンとの初対面の際、かなり敬意を払っていた。関係性は不明だが、アルマトランのマギも含め皆三つ編みの髪型が特徴。
普通の人間は自分の中のルフが生む一定量のエネルギーしか使えないが、マギは自分以外のルフを使役し、その魔力を体力が続く限りほぼ無限に使うことが可能。そのため、大量の魔力を必要とするので通常の人間にはできないジンの実体化も可能である。ルフの加護を受けているため、魔力弾は打ち消され効果がない。ただし、魔力こそ無限であるが体力は有限であるため強力な魔法を使えば確実に消耗していく。また、魔導士としての技量もマギであるからといって特別秀でているものではない。
王の選定者の能力として迷宮を出現させ、そこに王の器と見込んだ人間を導くことができると同時にすでに出現している迷宮を外部から消滅させることもできる。さらに、金属器の所有者を探知する能力も有する。「堕転」し逆流する運命を変える「奇跡」を起こすことが使命の一つであるが、ルフ同様ジュダルのように「堕転」したものは黒く染まっていく。
マギが死んだ場合そのルフは「大いなる流れ」ではなく聖宮に戻り、来たるべき時代に新たな命のマギとして生まれ変わるが、例外的に生前の意識を持ったまま生まれ変わることもあり、作中ではシェヘラザードが死んだ際にその分身であるティトスが新たなマギとして生まれ変わった。
アルマトランにおいては、ソロモンと共に「神」と接触したシバ・ウーゴくん・アルバ(玉艶)の3名を指し、ルフの分配で他の魔導士達が自分の中にあるわずかな魔力しか使えなくなった中、新世界のマギと同様自分のルフ以外の魔力を受け取る能力が残されていた。
魔導士
魔法使いの階級の一つ。自分の体内の魔力の量が多く、様々な魔法が使える。マギからは一段階下の階級となる。逆に魔導士ではない者は「非魔導士(ゴイ)」と呼ばれる。
マグノシュタット学院の上級魔導士は研究の結果として、最も効率の良い命令式を最短で組み上げることができるため、一人で一個中隊に匹敵する力を有している。命令式の体系化により効率的に魔力を変換できるようになったのはここ一世紀の間のことであり、現在も多くの国では戦う力を持たない非力な存在と認識されている。特に騎馬と剣が戦の主流であった東方では呪術や奇跡として軽んじられてきたため、煌帝国を除けばその認識がかなり未熟だった。
1型魔導士
炎を操る1型のルフと特に引かれ合う魔導士で、自然現象を起こす際にルフが赤く輝くため「赤魔導士」ともいう。「熱魔法(ハルハール)」を得意とする。
2型魔導士
水を操る2型のルフと特に引かれ合う魔導士で、自然現象を起こす際にルフが青く輝くため「青魔導士」ともいう。「水魔法(シャラール)」を得意とする。
3型魔導士
光を操る3型のルフと特に引かれ合う魔導士。「光魔法(フラーシュ)」を得意とする。
4型魔導士
雷を操る4型のルフと特に引かれ合う魔導士で、自然現象を起こす際にルフが黄色く輝くため「黄魔導士」ともいう。「雷魔法(ラムズ)」を得意とする。
5型魔導士
風を操る5型のルフと特に引かれ合う魔導士で、自然現象を起こす際にルフが白く輝くため「白魔導士」ともいう。「風魔法(アスファル)」を得意とする。
6型魔導士
音を操る6型のルフと特に引かれ合う魔導士。
7型魔導士
力を操る7型のルフと特に引かれ合う魔導士。自然現象を起こす際、ルフは黒く輝く。物体や空間自体に働きかける「力魔法(ゾルフ)」を得意とする。
8型魔導士
命を操る8型のルフと特に引かれ合う魔導士。自然現象を起こす際、ルフは紫に輝く。
魔法道具
使用者の魔力を与えることにより様々な魔法を行使できる道具。眷属器とは違い、魔導士でも使用できる。
本来ならば迷宮内にしか存在しないはずだが、アル・サーメンからマグノシュタットに本物が提供され、その研究の結果近年魔導士によって人工的にも作り出されるようになった。そこで、黒い金属器も作られている。マグノシュタットでは高品質なものが大量生産され街の設備となっている他、非魔導士の兵士達の武器としても配備される。複雑な命令式を持つ大魔法ほど魔法道具にするのは困難となる。
最終章ではシンドバッドがダビデのルフから得た情報を元に魔法技術の革新が起こり、わずか3年の間にそれまで実用化されてきたものよりもはるかに進歩した魔法道具が開発され、奴隷制と兵役制の廃止によって不足した労働力の穴を埋めるように一般にも普及し、各国から浮いた軍事費を革新に突っ込んだ。
各個人が所有する魔法道具についてはマギの登場人物を参照。
八色魔選晶(はっしきませんしょう)
マグノシュタットにある魔導士を8種に分類するための綺麗な女性の石像のような形をした魔法道具。軽く魔力を込めることで石の中のルフ達がその魔導士のルフの個性に応じた自然現象を起こす。
愚々塔(グヌード)
詳細はアルマトラン関係を参照。
魔法のじゅうたん
アラジンが所有する魔法のターバンと同種の魔法道具で、大きさにもよるが多数の人間を乗せて飛行できるというもの。
かつては迷宮産が主流で攻略者を有する国家の貴人が使うものだったが、最終章では技術革新により民間にも普及している。なお、個人用の「魔法のホウキ」も存在しているが最終章では時代遅れの産物となっている。
通信器(つうしんき)
シンドリア商会がマグノシュタットの高度な魔法技術で独占的に開発した魔法道具の一つで、遠方の人間と会話するための道具。手ほどの大きさの巻き貝の形をしており、9000里の距離までなら交信が可能。また音声だけでなく映像を送受信するタイプの物も開発されている。
飛空艇(ひくうてい)
シンドリア商会がマグノシュタットの高度な魔法技術で独占的に開発した魔法道具の一つで、高速で空を飛ぶ巨大な船。これにより輸送に革命が起こり、少々料金が嵩むが上流階級にとっては一般的な旅客輸送手段として浸透している。一方で船舶による海運は衰退し、最終章時点では貨物の輸送にしか用いられないようになっている。
八卦札(はっけふだ)
煌帝国の魔導研究施設で開発された魔法道具の一つ。魔法使いでなくても魔法の8属性を引き出すための札。後に製造法が公開されたことで、中小の商会の間で八卦札を利用した新たな発明品が次々開発されるようになった。
乾卦札(ケンけふだ)
肉体の腐敗を止める効果を持った紫の札。紅覇の従者達が身につけている他、レーム帝国での本土決戦において使用される予定だった死者の軍団にも使われていた。
離卦札(りけふだ)
素手で触ると誰でも炎魔法を発動できる赤い札。
転送魔法陣(てんそうまほうじん)
紅明のダンダリオンの金属器を基に研究された技術。建築資材や燃料、人員などを一気に現地へ飛ばし、煌帝国が占領下の国を煌帝国風の建築物に変えることができた要因でもあった。使用には起点と終点の基地となる魔法陣をそれぞれの場所に置く必要があるが、魔力を送るだけで魔導士でなくとも誰にでも転送ができる。

その他[編集]

ルフ
人の肉体が土に還るように魂が還る所。世界の魂を繋ぐ「世界の血潮」。またルフが生み出す世界の「流れ」、生命があるがままに生き、前に進み続けることを示す「ルフの導き」が存在しており、それこそが「運命」と呼ばれる。ウーゴくん曰く「全ての生物が平等に共有するもの」で魂の記録媒体。
無数の白い小さな鳥の姿をしており、「堕転」する時に黒く染まる。引き起こす現象が個性によって異なり、その違いによりマグノシュタット学院では大きく8つに分類されている。本来なら魔法使いでなければその形を認識することはできないが、マギがルフを大量に集めた場合や迷宮内部のようにルフの濃度が高い場所では非魔導士であっても視認することが可能。
アルマトランにおいてウーゴくんが、研究から現実世界の上位に存在する見えない魂のある「精神世界」に「神」の力が注がれていると考えて、その魂の最小単位を魔法式で形成したことで発見された。名前もウーゴくんによって命名された(由来は800年前に天から舞い降りた「神」を鳥と同一視した種族が「生命の鳥」と呼んだことから)。「神」の元にあった頃は黒かったが、「神」から引き剥がされソロモンの意思を宿したことで白い輝きを放つようになった。ソロモンの意思から脱却、つまり「堕転」することで元の黒い姿へと戻る。
魔力(マゴイ)
ルフが生み出すエネルギーで、生命に至るまであらゆる自然現象を引き起こす。ヤンバラの民や東方の人々はこれを「」と呼ぶ。人間の場合、魔法道具などの過度の使用で大量に魔力を消耗すると自力では回復できなくなり、非常に危険な状態になる(この状態を「マクバラー(魔力切れ間近)」という)。それを集めてそのまま打ち出したものを「魔力弾(マゴイだん)」といい、威力が低くせいぜい壁や床に小さな穴を開ける程度だが、相手を拘束する時に役立つ。
魔力操作(マゴイそうさ)
ヤンバラの民が得意とする、自らの体内の魔力を操作し相手の力を相殺する技術。魔法道具だけでなく魔装すら解除することができる。また、その一部を武器に宿して強化することや生物に直接使うことで相手を失神させることもできる。特殊な修行が必要であるため、使用できる者はそう多くない。自らの命を削るため、使いすぎると寿命が縮んでしまう。応用として、他人の魔力の流れを感知することでその怪我の状態などを診察することが可能(ただし、治療することはできない)。
堕転
運命」に逆らい、進化を退化に、有を無にというように全てを陰なるものに逆流させること。その時、ルフやマギはその身を黒く染める。人間が自らの運命を恨んだ時にも起こる。モガメットは8型魔法を応用し、人の心を絶望で染め上げることで人を強制的に「堕転」させる魔法を生み出している。
逆流する運命を変えるためには、闇を打ち晴らす「奇跡」が必要であり、それを起こすのがマギの使命でもある。「堕転」したまま死亡した者のルフは「大いなる流れ」へと戻ることはできず、怨念のままに彷徨うしかなくなる。
ソロモンの知恵
運命の逆流を超える「奇跡」の力。「ルフの意志を聞かせる力」「預言の力」ともされる。他者のルフと語らい、さらに「大いなるルフの流れ」の源へアクセスしあらゆる人々のルフを呼び出すことができる。また銀行屋の台詞によればジンの錬成術などの知識も含まれているらしい。ただし、何らかの理由で大いなる流れに含まれていない記録(ソロモンが「神」から力を奪う前に死んだ者たちの記憶など)についてはその内容を知ることができない。
聖宮の先にある「莫大な知識が集荷されている空間」において、アラジンが手に入れた。ルフを集めることで発動し、この時は額に八芳星が現れる。連続使用後は立っているのがやっとなほどに体力を消耗してしまう。なお、その本質である「全知」をアル・サーメンも手に入れようと画策している。全てのルフを制御する聖宮と接続してアルマトランの人々のルフから彼らが扱っていた魔法も知って使うことができるが、あまりにも膨大な情報が頭の中を流れるため一歩間違えば死ぬほどの負担になる。しかし、マグノシュタットで魔法の基礎を学んだことでアラジンはある程度情報を読み取ることに成功している。
黒の神(イル・イラー)
全く別次元の高位な存在である。かつてアルマトランの悲劇を引き起こした存在であり、アルマトランにおいては単に「」と書いてイラーあるいはイル・イラーと呼んでいた。アル・サーメンからは「我らが父」と呼ばれる。手に触れたあらゆるものから白いルフを奪う力を持ち、これが現れた世界ではあらゆる生命のみならず光や音すらも死に絶えてしまうといわれる。
元々はアルマトランの創造主である存在。自分が作った世界に直接干渉はしないが、アルマトランで最弱の種族であった人間に魔法を与え、「世界を一つにする」ことを説いた。原始竜によると神杖を通して魔力を人間に与えてきたことで徐々にその魔力が弱まってきており、次第に黒く染まり完全に力を失い抜け殻になった時、アルマトランを動かす動力がなくなってその寿命が尽きてしまうとのこと。そのような自殺行為に等しいことをする理由についてソロモンは「『神』は意思のない力の塊に過ぎず、それを最初に目を付けた者が『人間の崇高な使命』と勝手にこじつけた」と推測している。後にウーゴくんは研究でルフが存在する「精神世界」に「神」の力が注がれていることを発見した。
アルマトランを何かに進めるための「計画書(アジェンダ)」というものがあり、偶然に見える全ての事象が神のために決まっていたことである「運命」の元で起こっていた。しかし、自らの生き方で未来を変えられる可能性がある世界を作るために、ソロモンの手で自らを構成する殆どの黒いルフを引きはがされて異空間に封印される。その後、アル・サーメンの手で地上に降臨、ソロモンの防御魔法に守られた兵士と地下都市の避難民を除く地上の殆どの生命を奪い去るが、ソロモンの最後の力を以てアル・サーメン共々再び異空間に封印される。
そして、マグノシュタットの暗黒点にわずかに流れ込んでいた力を元にして不完全ながらも顕現。依り代の核となった強大な意志を持ち「堕転」した人物の影響が濃く出ており、作中ではモガメットの肉体に頭部に当たる部分から無数の細い腕が生えた不気味な姿をしている。その掌からは暗黒点が使うものと同じ「防壁」を張ることができ、周囲から奪ったルフを糧に成長を続ける。そのため手に触れられた生物は死亡し、海水や溶岩といったものからもルフを奪うことができる。魔装していれば触れられただけで死ぬことはないが、触れた場所の皮膚ごと魔装を剥ぎ取られてしまう。煌帝国軍・七海連合・レーム帝国軍の金属器使い総勢13名が協力して迎撃にあたり、ソロモンの知恵を使ったアラジンが依り代の核であるモガメットと対話し、モガメットが黒ルフと共に消滅することを選んだため依り代も共に崩壊、この世界から完全に接触を断ち切られた。
しかし、後の原始竜曰く「『黒の神』には元々複雑な自我は無く、下位世界の生命を『運命』によって営ませ、それを養分に成長するという生態の巨大な力の集合体」だった。しかし、アルマトランでソロモンとの戦いで死んだダビデ老の人格に取り憑かれ、新世界の星に降り立ちたいという意志を持つようになる。半分「堕転」していたシンドバッドの黒ルフと世界会談の直後に共鳴したことで完全にこの世界と繋がり、以降はダビデの意のままに都合のいい世界を作り変えられると推測している。
暗黒点(あんこくてん)
依り代」ともいわれる大量の魔力と黒いルフを糧に作られる世界の穴で、アル・サーメンが世界を無秩序なものに変えるために必要としている力。巨大かつ漆黒の球体。「黒の神」をこの世界に引き下ろすための「力点」となる。「生き物」ともいえる存在であり、魔法を操ってマギの防壁魔法の数十倍の強度を持つ「防壁」を自衛のために張る力や黒いジンを10000体近く生み出し続ける力を持つ。
レーム帝国とマグノシュタットの間で戦争が勃発した際に、モガメットがマグノシュタット学院上空に召喚してしまう。練紅炎とアリババの手で破壊されたが不完全な「黒の神」を呼び寄せる。「黒の神」消滅後、そこに蓄えられていた膨大な黒いルフはジュダルが手中に収めた。
七海連合
シンドバッドが作った7ヵ国同盟。どの加盟国も小国ながら強大な力を秘めており、「不侵略不可侵略(しんりゃくせずしんりゃくさせず)」を理念とする。連合に加盟しているのが分かっているのは、エリオハプト王国・アルテミュラ王国・イムチャック国・ササン王国。後にレーム帝国や鬼倭王国、煌帝国も加盟する。
最終章では新たに「国際同盟」が結成されており、加盟国の前国家元首たちが理事を務めている。
謝肉宴(マハラガーン)
イムチャックおよびシンドリア王国で行われる祭り。イムチャックにおいてはアバレイッカクを打ち取り一人前の戦士となった者を祝福する行事で、シンドリアでは南海生物の撃退を八人将がパフォーマンス化することで国民達の恐怖心を和らげ、国外からの客人を楽しませている。
シンドバッドの冒険書
作者はシンドバッド。アリババが迷宮攻略の際に参考にした。元はレーム帝国での劇場公演で財を成したシンドバッドがラシッドの勧めで書き始めたものである。巻を追うごとに脚色が酷くなり、八人将の活躍を描いた「その22」ではジャーファルが7本の角を生やして火を吹き、マスルールは巨大化している。

地理・国家[編集]

物語の舞台となる世界では、人間がただ一種の知的生命体として存在しており、ごく一部の例外を除くほぼ全ての人間は共通の言語を使用している。元々は知的生命体のいない豊かな惑星だったが、アルマトランと呼ばれる異世界の住民が時空のトンネルを利用して移住してきたことで生まれた、ソロモンのルフに満たされる新世界である。アルマトランでは異種族と呼ばれる様々な種類の知的生命体が存在していたが、異世界では個々人の差が小さくなったことで人間の姿に変化し今では人種の違い程度しか存在していない。指導者を失って滅んだアルマトランを教訓に「王」と「マギ」のシステムが残されている。

最終章では七海連合が世界の覇権を握ったことで国際同盟が置かれ、「奴隷制度の廃止」「兵役制の廃止」「国家間の移住の自由」「世界統一貨幣の制定」という4つの法律を作り宣布されたことによって、王侯貴族の影響力が低下、平和で豊かだが同時に商業での熾烈な競争がある厳しい世界となった。

ウータン
アラジンがライラ達と出会ったオアシス都市。
チーシャン
「中央砂漠」に存在するオアシス都市。第7迷宮「アモン」の出現以降、その攻略を目指す冒険者が集まり発展した。領主のジャミルが迷宮内で死亡したため、領主の交代が行われた。
デリンマー
バルバッドとチーシャンの間に位置するオアシス都市。バルバッドの政情不安並びに採掘砦の盗賊団の影響で、市場は閑散とするようになってしまい奴隷商人がのさばることとなった。
バルバッド[注 3]
東南にある海洋国家。中央砂漠南方の半島南端に位置する。本土は街ほどの大きさだが、数百に及ぶ島々を支配し、各地方との交易の中心地として栄えている。大陸と海、各地の人種・文化が融合した独特の雰囲気を持っている。サルージャ王家が代々治めており、王はラシッド→アブマド(後にアリババによって王政は廃止された)。
煌帝国の圧力や組織の暗躍によって国力が衰退、王侯貴族が豊かな暮らしを続ける中、貧困層は重税で苦しむこととなっていた。アリババによる無血革命がなされ23代続いた王政に終止符が打たれたが、アルサーメンの関与により革命直後にクーデターが発生してしまう。内乱鎮圧後は煌帝国の傘下で共和国として自治を行っているとされるが、実際は政府より上の煌帝国の総督府に自治権を奪われ全てを煌帝国に管理されるがままの状態である。
王政時代は存在していなかった奴隷制度が共和国になってから採用され、元々のバルバッド国民は基本的に単純労働にしか就労できず、人の上に立つ人間は全て煌帝国の国民である。階級により服装が厳しく定められており、バルバッド国民は全員が緑色、北方の異民族出身の奴隷は茶色、高貴とされる白は煌帝国の人間しか着ることが許されない。
最終章の2年前に起きた独立運動の際に帝国の支配下から脱する。その後は共和制を敷いて市民の中から国の代表を選出し、政策は市民に開かれた形で合議制で決めるという方針を取っている。
バルバッド城
王族達が住んでいる城。煌帝国の傘下に入った後は煌帝国と同じような建築になっている。
スラム
アリババが王宮入りする前に母・アニスやカシムと共に暮らしていた場所。一度は隔離政策により一掃されたが、数年の時を経て再び形成された。共和国となった後はその面影は残っていない。
シンドリア王国
シンドバッドが作った国家。南海の島国で「未開」と呼ばれる極南地帯にある。かつて、人を寄せつけない絶海の孤島をシンドバッドが開拓し、国を興した。「迷宮攻略伝説」の末に作り上げられた「夢の都」として広く知れ渡っている。北大陸には見られない地形・気候・動植物と共に人々は暮らし、国は貿易と観光で栄えている。身につけている服や装飾品、髪や肌の色も異なった人々が対立も無く、支えあって暮らしている多民族国家であり、アラジンは「小さい島だが大きな国」だと称している。
また、国の海域には超巨大な南海生物が生息しており、年に数度は島を襲ってくるが、シンドバッドの配下の八人将が撃退し、それをパフォーマンス化して国民の不安を緩和している。仕留めた南海生物は国中で食べ、その収穫祭を「謝肉宴」という。
シンドバッドとヤムライハによって作り上げられた敵を判別し侵入を拒む「防御結界」と、敵の居場所を追跡し50里以内ならそこへ瞬間移動できる「転送魔法陣」で守られている。
シンドリア王宮
シンドリアの一番奥に位置する。内部にはシンドバッドやそれに親しい官達の私的住居空間(出入りできる者は限られている)である「紫獅塔(シシトウ)」、軍事設備が集まり武器具・軍事訓練場・兵舎などがある「赤蟹塔(セッカイトウ)」、国軍兵士の他に食客達も利用できる武術の鍛錬場である「銀蠍塔(ギンカツトウ)」、知識交流の場で図書館や学校がある「黒秤塔(コクショウトウ)」、食客達の住居施設である「緑射塔(リョクシャトウ)」、文官達が執務を執り行う国政の場である「白羊塔(ハクヨウトウ)」[注 4]といった施設がある。
市街地
民家や商店が立ち並んでいる。人口が増える度に家の上に家を重ねるようにして増築していったため、箱型の狭い建物が密集した複雑な街並みになっている。
中央市(バザール)
朝と夕方に開く。地元民と旅人達が様々な商売をするために集まり、大勢の人々で大変に賑わう。
果樹園
パパゴレッヤといった南海の珍しい果物が特産。収穫量はごく少ないが、大陸の商人との間で非常に高額で取引される。
国営商館
島外からやってきた人々をもてなすための特別な区画で、夜でもずっと賑やかな場所。豪華な宿・酒場や大規模な賭場・劇場・闘技場などの娯楽施設がある。
南海の変わった動植物であふれかえっている。また、モルジアナがマスルールとの修行でこの場所を使っている。
煌帝国(こうていこく)
極東を制し、急に拡大している軍事国家。帝政時代の中国風の国。少し前までは極東の小国に過ぎず名前も「煌国」だったが、ジュダルの力を借り吾国や凱国といった大国と渡り合って数年で広大な「中原」を平定し、号も「煌帝国」に改められた。5名(後に6名)もの迷宮攻略者を抱え、北方および西方々の周辺小国に攻略者を送り込み、侵略している。後に白龍によって七海連合に加盟する。練家が治めており、皇帝は白徳→紅徳→玉艶→白龍→紅玉。
最近では迷宮怪物軍団もできている。通貨は「煌(ファン)」。侵略した国家を「煌帝国そのもの」にするという政策をとっているため、属国は皆一様に煌帝国風の建築物や服装が見られるようになる。食料・仕事は配給制。侵略国家であるためか他国とは倫理観も異なっており、兵士の死体で作った軍を運用するという作戦についても、「死体を弄ぶ」という意識はなく「この上ない名誉」だと考える者が多い。極東の国々が奪い合った肥沃な土地を手中に置いているため、農業生産力についても優れている。
第二代皇帝の紅徳の死後、玉艶が大陸の平定までの臨時という名目で第三代皇帝の座に就くが、白龍によって玉艶は謀殺され彼が率いる東軍と紅炎率いる西軍による次の皇帝の座を巡った内戦が始まってしまう。当初は西軍がその圧倒的な兵力差から東軍を追い詰めていくが、白龍の要請を受けた七海連合が介入、西軍は黄海から攻め込む鬼倭王国軍と天山山脈を越えたササン騎士団に包囲されたことによって戦況が一変し、「首謀者以外は反逆罪に問われない」という条件を受けた紅炎が自ら降伏して東軍の勝利という形で終結した。紅炎をはじめとする皇子達は流刑の身となり、白龍は第四代皇帝になった。
最終章では奴隷制と兵役制が廃止されたことで失業者が続出し、知識を持っていたのも上流階級に限られていたせいで国内から画期的な商会が出現することもなく[注 5]、紅炎の元で文化の画一化をした影響で目玉となるような観光資源も存在せず、さらには国家間の移住が自由化されたことで才能のある人材が国外へ流失したことにより急激に過疎化が進行、王政末期のバルバッドのような有様にまで衰退してしまった。軍を持てなくなった影響で治安も悪化し、それどころか元軍人の一部が飛空艇を襲撃する空賊となるなどの事態になっており、領内で起きた独立紛争を国際同盟によって終結させられ、白龍はその責任を取って皇帝職を辞退した。西方の国家群が中心となる世界では国土が僻地といわざるを得ない土地で天山高原越えの陸路はリスクが高い上、海運の中心となりうるバルバッドの独立を許してしまったこともあり立地の悪さが祟って製造物の輸出業も上手くいっていなかった。その後は紅玉が第五代皇帝の座に就いているが、試行錯誤して様々な政策を出しては空回りしており、国を立て直すための借金も返せないことでいずれ国際同盟に飲み込まれるとされていたが、復活したアリババがシンドバッドと交渉したことで「借金返済期限の1年延期」「利息の凍結」「紅明の流刑撤廃」が為され、失業していた元帝国軍人達を「商会の従業員」という形で再雇用、魔導研究施設で開発された魔法道具を利用する農業大国として兵農一体政策を進めることとなる。
洛昌(らくしょう)
煌帝国の帝都。アリババ曰くバルバッドよりも立派な街だが、最終章では街並み事態は変わってないものの人の往来が遥かに減っている。皇族達が住んでいる城「禁城(きんじょう)」がある。
魔導研究施設
洛昌はずれの山岳地帯の地下をくりぬいて作られた、紅明が迷宮時代到来以前に設立した「気」の研究施設を前身とする魔法と迷宮の研究所。「遠隔透視魔法」「迷宮生物」「眷族同化」「八卦札」などについての研究が行われており、紅明が流刑に処されてからも国際同盟に存在を隠匿したまま白龍の命で維持され続けていた。侵略国家の研究施設ということもあってかなり危険性の高い研究内容も数多く行われている。
煌帝国商会
煌帝国が新たな時代の流れに対応するために作り上げた商会。代表はアリババ。転送魔方陣を利用した食品の大量輸送を画策していたが、シンドバッドが「煌帝国が再軍備しようとしている」という噂を流したことにより、風評被害で計画は頓挫する。その後煌々商会(FANFANしょうかい)と名前を改め、冷蔵した農作物の輸出と並行して八卦札を利用した製品の通信販売を行っている。
華安平原(かなんへいげん)
中原随一の大平原で、極東の地と西の世界を隔てる土と砂の大海原。かつての煌国が吾国・凱国を相手に幾度も戦を繰り広げ、「華安を制する者は天華を制す」とも言われている。洛昌に繋がる唯一の道である「華安渓谷」がある。煌帝国の内戦ではここが戦いの舞台となった。
天山山脈(てんざんさんみゃく)
華安平原の西にある山脈。支配外の中央砂漠を囲むように北から南にかけて広がっている。
黄海沿岸(こうかいえんがん)
煌帝国の南にある支配地域。
陽州(ようしゅう)
煌帝国の南にある支配地域。
悠州(ゆうしゅう)
煌帝国の北にある支配地域。
沙門島(さもんとう)
煌帝国南東沖に位置する離島。流刑地として使用されている。
レーム帝国
西方にあり、暗黒大陸にも属州を持つ大国。700年以上昔に建国され、有史以来最も強大な国家であり続けている。最高司祭にはシェヘラザードが就いており、彼女によって過去最大の繁栄と何人もの迷宮攻略者がもたらされている。現在国内に抱える金属器使いは3名。
「個」の集積、「人」の力を重んじる。政策の一つとして市民に剣闘場・賭博場・浴場・劇場などの「娯楽」が提供されており、賭け事が盛んで剣闘や演劇が市民の関心が最も高い。科学技術も進歩しており、火薬兵器も実用化されている。街は道路・水道が整備され、国が市民の生活を保障するため、飢えることはない。一方で大勢の奴隷が市民の豊かな生活を支えるために過酷な労働を強要されており、市民の娯楽のための剣奴として殺戮の見世物に使われることもあるなど、厳しい生活を強いられている国でもある。そのため、「市民にとってはいい国」とも称される。商行為の全ては「レーム商人組合」が管理・統制しており、組合の許可を受けた商会だけがレームでの商いを許される。
東大陸進出の足掛かりとして高い魔法技術を持つマグノシュタットを狙っており、ティトスを取り戻すという口実を使いマグノシュタットに侵略戦争を仕掛けたが、アラジンの仲裁により休戦する。シェヘラザードの遺言で七海連合と同盟を結ぶこととなり、マグノシュタットとは同じ立場となった。大国とはいえ七海連合や煌帝国に比べて見劣りする立場となったことで、どちらかの陣営によりかかってしまえば戦争の引き金になりかねない危うい状態となり細心の立ち回りをする必要性が生じてしまっている。
謝意終章でも国際同盟には加盟しておらず、独自の立ち位置を守っている。同時に奴隷制度も廃止された。
レマーノ
レーム帝国の帝都。各国の王が一堂に会す主要会議が開かれる。マグノシュタットとの戦争では、ここでシェヘラザードがレーム帝国軍の指揮を執っていた。
闘技場(コロッセオ)
レーム中心にある巨大な闘技場。剣闘士が日夜戦いに明け暮れ、修練を積んでいる。純粋に修行を目的とする者達もいるが、剣闘士の半数以上は市民の享楽のための見せ物として戦闘を強いられている剣奴である。剣闘士は人間だけでなく、マウレニアヒヒなど常人では到底太刀打ちできない猛獣などとも対峙することとなる。審判はいるが、どちらかが死傷するまで止めることはない。残酷な見せ物だが、市民には大盛況で闘技場は常に満員。剣奴が受け取れるのかは不明だが、アリババは勝利と引き換えに巨額の報奨金を受け取っている。
マウレニア
レーム帝国の属州。港町「ヴォルギス」があり、最終章では飛空艇の発着場が出来ている。
ナーポリア
外伝に登場した港湾都市。レマーノに次ぐ主要都市で、レーム最大の経済中心地。その経済効果はバルバッドを凌ぎ、世界経済の中核を担っている。劇場公演を行うための「円形劇場」などの施設がある。
リア・ヴェニス島
外伝に登場。レーム領内にあるマリアデル商会が管理する貿易拠点の一つで特別行政区(レームの法ではなくこの町独自の法律が適用されている自治地域)。各地から集まる商人のために私的に開放した賭博場や闘技場が評判になり、多くの観光客が行き来する商業施設。島のどこからも見える二塔の巨大建造物がマリアデル商会の本部。賭博場は町の至る所にあり「一発逆転の都」といわれるほどギャンブルが盛んで、闘技場は通常の何倍ものレートで賭けが出来る剣闘試合がある。島の中は川が流れ観光客を乗せたゴンドラが行き交い、至る所に噴水が併設してあり人々の休憩所になっている。
パルテビア帝国
レーム帝国と同じ大陸に属する西方の国家。バルバッドと貿易をしていた大国だが、近年衰退してきている。地形的には平地が多い。ドラコーンが軍人をしていた。シンドバッド・ズルムッド・マイヤーズの出身地。王はダバシャディール4世→セイラン。
外伝にも登場。元は王政国家「パルテビア王国」だったが、本編より30年程前に起きた戦争で歴史的な勝利を収めたことを機に帝政に改められた。戦争強国とされたが、レームとの戦争で劣勢に立たされ厳しい税制度を敷くことになる。後に皇帝を暗殺したバルバロッサに国事が一任され、レームとの停戦条約を結んだ。代わりに国内で新たな政策を展開し、それが国民から高い支持を受けたことで旧体制の軍拡主義から脱却、経済的にも持ち直し、回復の兆しを見せている。
本編最終章ではシンドリア商会の拠点となったことから急激な発展を遂げた大都会となっている。
クシテフォン
パルテビア帝国の帝都。元々賑わいを見せていた城下町だったが、軍の圧政が進んだことでドラコーンに「死者の都」と称されるほど寂れた町並みになった。
本編最終章ではシンドリア商会本部が設置され、高層ビルが立ち並び魔法道具の照明で夜でも明るい未来都市と化している。
ティソン村
シンドバッドの家がある漁村。パルテビア郊外に位置する。
コンタスティア港
シンドバッドがよく訪れていた港。彼がパルテビアから旅立つ際にも使われた。シンドバッドが迷宮で手に入れた財宝を売って船を挙げるまでは凍結された状態だった。
エリオハプト王国
七海連合の加盟国。シャルルカンとスフィントスの出身地。広大な砂漠を超えた先にある暗黒大陸に近い南方の国家。独自の巨石文化による高度な建築技術を持ち、古代エジプトを思わせる巨大遺跡群で築かれた都市が特徴で、何百年と続く王家が統治する「神秘の国」とも呼ばれる。民族は銀髪と褐色肌の風貌をしている。王はアールマカン→シャルルカン。
女性は胸を隠さない風習があり[注 6]、身分の高い者は体に蛇を巻きつける。魔除けのために鳥獣を模した仮面を身につける者もいる。暗黒大陸の特殊かつ豊富な動植物を古来より研究し、それらを煎じて調合する技術・知識による高い薬学を持ち、国外からも求められるほどの薬物が特産となっている。王が譲位する前に崩御した場合、「王家の墓」に安置された棺に刻まれる遺言に従い次代の王位が決定される。
外伝にも登場。元々砂漠に囲まれたこともあって先王は対外政策は行わず、諸外国との関係を長らく閉ざしていた。シンドバッドが訪れる数ヶ月前に先王が崩御され、その王子であるアールマカンが即位し現王となり外交政策に切り替えた。若い世代はその政策を賛同・支持したが、保守的な年寄り達は反対し、国内は「現王派」と「先王派」の2つに分かれている。さらには現王派の若者達が「呪い」として毒殺される事件が多発していた。
エリオハプト王宮
エリオハプト最大の建築物であるピラミッド状の王宮。両脇には比較的小さなピラミッドの建物がある。この場所でエリオハプトの外交を取り仕切る。
喜びの門
エリオハプトの名所である門。
護神像
スフィンクスを模したエリオハプトを守護する像。
王家の墓
代々の王が眠る墓所であり、国王の叙任式が行われる聖なる場所。十数年前第35代国王アテンクメンの崩御から数ヶ月後、新王の叙任式が行われる前に迷宮「ゼパル」の取り込まれ、王位の正当性が揺らぐ事態が起きた。
アルテミュラ王国
七海連合の加盟国。ピスティの出身地。大陸の南東に位置する女系民族国家(一応男性も暮らしている)。暗黒大陸を除く世界最大の谷間を国土にし、民達は絶壁に町を作って暮らしていることから「天空都市」とも呼ばれる。熱帯気候に位置するが常に風が吹いており、快適な環境になっている(谷底は風が届かないため湿度が高く、独特な群生の植物がある)。動物と心を通わせ空を舞って戦う戦姫達が住む。王はミラ→ピスティ。
ササンと並ぶ有力な少数民族国家。女性は生まれながらに動物と心を通わし操ることができ(その能力解明の研究でマギの存在を知っている)、人や物の運送などの主要な仕事は全て女性が担っているため女性の方が社会的地位が高く、一妻多夫制で子供が7人ほどいるのが普通とのこと。成人女性は証として顔に模様があり、身分の高い者や公務員、官職に就いている者は衣服の肩口に羽根がある。一方男性は動物を操る能力がないため家事・育児・内職などの家庭内の仕事全般を担当している(給料も女房が持ってくるもの)。毎日の井戸端会議のおかげ(せい)でお喋りであり、何故か体毛が濃くオネエ言葉で喋る者が多い。他民族の肉体研究にも熱心で、作中では(何をされたかは不明だが)ヒナホホがその被害に遭っている。
外伝にも登場。当初シンドリア商会は相手にすらされなかったが、シンドバッドがミラとの決闘の末勝利し、シンドリア商会と3番目に同盟を結んだ。
王宮
谷の最奥に位置する女王の王宮。建物を囲む半円形状のリングがあり、有事の際鳥達の発着場になる。
死者の谷
多数の鋭い岩棘が生えたアルテミュラで最も深く暗い谷。罪人を収容できる土地がないため、犯罪者はここに落とす決まりになっている。四方を苔に覆われた岩に囲まれているため脱出は困難で場所によっては大量のヘビが生息している他、天然の宝石が落ちており男性は上から生肉を落としてそれに絡まった宝石をロック鳥に拾わせて回収する仕事に就いている。
鳥たちの巣箱
国土の三分の一を占める巣穴を持つロック鳥専用の巨大な巣箱。
色街の高級娼館
国民は性に大らかなので発展しており色街でしか泊まれない。ただし、忙しい女を癒す役割のため来客をもてなすのは屈強なホスト(男)達で客の性別が何であろうとサービスには手を抜かないことで評判。余談だが、噂ではそこで働く3人には生き別れの妹がいるらしい。
渓谷
海からの唯一の玄関口。急勾配の山道が続く国一番の難所で、人の往来が極端に少ないのでそれでアルテミュラの実態の殆どが知られていなかった。
イムチャック
七海連合の加盟国。ヒナホホの出身地。中央砂漠の北西に位置し、雪と氷に包まれた極北の秘境にある連合国家。他国で国王に相当する「首長」を頂点に、法や掟の異なる5つの部族をそれぞれの「部族長」が自治し、さらにその下に各村の「族長」が存在する特徴的な国家体制を持つ。身丈が非常に大きく、泳ぎが得意なイムチャック人が住む。王(首長)はラメトト→ヒナホホ。
かつては諸外国の船や海上を荒らす略奪民族を生業としていたが、苛烈な部族間抗争を収めるために現行の国家体制が敷かれた。しかし、諸外国からはいまだに蛮族であると認識されている。習わしとして、生まれた時に親から頭飾りの2本の角[注 7]を貰い片方は結婚するまでは親に預けて結婚後は婚約者に渡したり、男性は成人する年齢に達するとアバレイッカクを狩って「成人名」を貰うといったものがあり、後者は成し遂げられない者は幼名を名乗ることが許されないため「名無し」扱いされる。また、現在シンドリアで行われている謝肉祭も、元々は戦士の成人を祝うためのこの国の伝統的な儀式である。
外伝にも登場。シンドバッドの交渉により、シンドリア商会の最初の貿易相手国となる。
中央都
首長であるラメトトの屋敷がある都。
カシュガン
中央砂漠の都市国家。人種・家柄・所得に拘らず誰もが平等に政治に携わることのできる徹底民主政治に移行した。アリババがバルバッド共和国の政治形態の参考にしようとしていた。
ササン王国
七海連合の加盟国。スパルトスの出身地。バルバッド北方、半島の付け根部分の山奥に位置する。中央砂漠内の国家なので気候は乾燥している。馬では通れず徒歩でしか辿り着けない標高高い山麓の中に建造された小国で、厳格な教義を持つ国として知られるが、国を出ると教義を厳守する必要は無くなる。騎士によって統治され、国主は「騎士王」と呼称される。王はダリオス→スパルトス。
異世界であるアルマトランの王・ソロモン(名前は昔に失われている)の伝承が神話として残っており、ササンの民の祖先は遠い故郷から持ち帰った彼の「神の力」を使い不浄を晴らしたといわれている。そのソロモンを旧き神として信仰する敬虔な宗教国であり、外界を穢れと称し交流を断絶させていたため「清浄の地」とも呼ばれていた。山岳に囲まれている天然の鉱山都市でもあり、ササン産の金属は世界一の純度と質の高さが注目されている。この国の信仰を享受し「同志」となったレーム皇帝への友好の証として近年レーム帝国に鉄や鉱物資源を納めているが、例え同じレームの商会でも「心正しき人間」と認めなければ「異教徒」として扱われ取引にすら応じない。年に一度には伝説の「王」になぞらえて国の最下層から頂上までを行進する「巡礼祭」があり、この日だけは教義で禁止されている酒とタバコが解禁されるため国民には大きな娯楽となっている。食べ物は清貧が基本で菓子以外は薄味。主要家畜はヤギや羊で、ササンの民は小さい頃からヤギの乳を飲んで育つ。また、高低差のある国ゆえ国民の足腰はかなり強い。
ササンの住民には国を守護する騎士が多く所属する「ササン騎士団」、戦闘は行わない聖職者で従士として騎士団に住み込み騎士の世話をする者もいる「修道士」、武器・貴金属の鋳造技術に長けた職人が多い「職人・鉱山夫・農家・商人」[注 8]などがいる。服装は騎士はターバン[注 9]と鎧にマント、騎士以外の男性は長スカート、女性がズボンを穿く習慣がある。また、ササンでは金属は魔を祓うと信じられているため、国民は貴金属を身に纏っている(最近の流行は銀加工のネックレス)。
外伝にも登場。当時はレームの限られた商会としか交易をしていなかった。シンドバッドが王であるダリオスとの勝負で魔装による圧倒的な力で勝利し、シンドバッドの頼みで彼を神に選ばれた新たなササンの使徒として迎え入れる形でシンドリア商会と2番目に同盟を結んだ。
ヴァベル
巨大な塔の形をした首都。上の階層に行くほど身分の高い者が暮らしている。頂上から最下層までの往復は非常に大変なので馬での移動が欠かせない(必然的に身分の高い者ほど馬を所有する)。国の最上階にはササンの守護者である騎士団の城があり、国全体を一望できる。騎士は城に住み、その家族も同居しているため、居住区はかなり広い。
国営外国人滞在施設
外国客がササンに滞在するための専用施設。夜8時になると外出不可になる。食堂と宿泊場が充実している。
霊峰ダーマ山
国のシンボルである霊峰。シンドバッドがダリオスとの勝負の際「雷光剣」で穴を開けてしまったが、神の使徒降臨の証として逆に崇拝されている。
ムスタシム王国
花と泉の楽園」と呼ばれた西方の割合が大きかった国。ヤムライハの出身地。魔法の真理に迫るため国を挙げて努めてきた魔導国家で、70年以上前から当時では珍しく王家に魔導士が使えていた。しかし魔導士自体は差別されており、40年前に起こったパルテビアとの戦争では最前線に送られ楯の代わりにされるなど不当な扱いを受けていた。以来徐々に力を高めていたマグノシュタット校の反乱によりドゥニヤを除く王族・貴族が皆殺しにされ、10年ほど前に滅んだ。
マグノシュタット
ムスタシム王国滅亡後に新たに建てられた魔導国家。レームと煌帝国に挟まれているため、籠城に適した都市となっており、外縁部は三層の防壁魔法による防御結界で覆われ、内部では完全に自給自足の体制が整っている。元はムスタシム王国にあった一学問機関だったが、シンドリア編の10年前に軍隊級の力を持ち国軍や一部の貴族官僚を取り込み、祖国に対して反乱を起こすことで誕生した。魔法道具の開発が盛んに行われており、首都は迷宮にしかない筈の魔法道具に溢れている。型落ちした魔法道具を国境周辺に現れる盗賊が大量に所有しているため近隣諸国の脅威となっている。様々な魔法道具を使った食料生産が行われ、自給が十分に可能。王(学院長)はモガメット→ヤムライハ。
総人口は30万人。国民等級制度により全ての国民は5階級に分けられ、1から3等級には様々な特権が与えられている。学長および上級魔導士は1等(約500名)、学院2学年以上および魔導士が2等(3千人)、魔導士を両親に持つ非魔導士および特殊技能や官職に就く非魔導士は3等(2万人)、通常の非魔導士が4等(8万人)、納税を果たせない非魔導士が5等(20万人)になっている。
魔法使い以外の人間の入国を原則として禁じており、国内の人間の数を制限し、魔導士と普通の人間とで差別するという国家体制を敷いている。シンドバッドからはアル・サーメンとも繋がりがあるという疑惑が持たれており、実際数年前まで黒いジンに関する共同研究を行っていたが現在は袂を分かっている。煌帝国の皇族からも急速な発展・迷宮道具の量産などから同じく「組織」の関与を疑われていたが、交渉においてそれがない可能性も浮上。魔導士のみによる発展は紅炎に「恐ろしい国」と言わしめた。入国の際は防壁魔法のテストをしている他、生徒達を成績別にコドル1〜6に振り分けて学ばせている。
レームとの戦争後に中立国となり、指導者であるモガメットがヤムライハの養父であることから、現在は七海連合とレームの協力で再興されている。同時に国民等級制度も廃止され、魔法に頼りきりにせず復興を目指している。最終章では研究機関として様々な商会から資金援助を受けて魔法の開発研究を進めている。国民の生活は不便になったものの国土を搾り計画都市にすることで補い、自由に職業を選べるなど以前よりも活気あふれる国になっている。
1等許可区
資料室といった学院の中枢施設や上級魔導士の居住区画がある。入り口には結界が張ってあり、上級魔導士が身につけている銀の装身具である「1型結界手形」がないと通れない。
5等許可区
人口の3分の2に当たる20万人の5等国民が生活している地下に造られた街。その多くが魔法道具に仕事を奪われた元農民たちである。落伍者の掃き溜めと蔑まれており、地上で使用される魔法道具の動力源として恒常的に魔力を吸い取られている。5等の人々の扱いに関しては賛否両論があるが、そこの人々に労働の義務はなく、食糧や家屋は用意されており飢えや寒さの心配がない。また、病気の治療も先天性の重病でもなければ魔導士が治療してくれるため、ムスタシム王国の頃より死亡率は低下しており、大半の5等区民は現状を受け入れている。
アクティア王国
東西の大陸を繋ぐ重要な窓口となる国家。マグノシュタット南部に位置し、貿易が盛ん。北方のマグノシュタットとの国境線に兵力を集中しているため、南方の港が手薄になり海賊・大聖母が横行することとなった。
暗黒大陸
ファナリスの故郷。大陸の北端以外は「レーム帝国南方属州以南は未開発」という意味で外部の人間によって付けられた地の蔑称。カタルゴ以外にも国々が存在する。北部では砂漠地帯が広がり、南部に下るにつれて熱帯化して低木の広大な草原地帯が広がるが、大峡谷の先には一度進むと戻ってこられない場所があるとされている。
その奥である暗黒大陸の南端は、アルマトランの時代に強すぎる力故に魔法を受け付けなかった赤獅子と原始竜が住んでいた大陸ごと連れてこられ当時の姿のまま暮らしている。その名残か一切の光が無い真っ暗闇の世界であり、浮遊魔法で高度を上げて飛ぶと地面も何も見えなくなり、見たことのないような生物や植物が生息している。この世界だけは聖宮の力やソロモンの世界の理が及んでいないためルフが黒く、「マギ」という概念もないことからルフもマギに対して魔力を供給しない。南北縦断するのに人間の足では40年はかかるとされており、北大陸に比べても非常に広大。
カタルゴ
北端部に開けているレーム帝国の属州の一つ。暗黒大陸はここを通ることで直行便で誰でも渡ることができるが、この場所以外は旅人を狙う盗賊がひしめく無法地帯になっている。
大峡谷
レーム帝国属州最南端に広がる巨大な峡谷。まるで世界がそこで終わっているかのように深く広大で、渡れば二度と帰って来られないと言われており、太陽を遮るものは何もないはずだが底に行くほど暗くなっていく。現在はマギ・ユナンがここの「守り人」をしており、出口のない暗闇の迷路と化している。
鬼倭王国(きなおうこく)
七海連合の加盟国。煌帝国のさらに東に位置するごく小さな島「鬼倭島」に建てられた国家。その国土はアルマトラン時代の魔力が蓄積してできた地層でできた、暗黒大陸と同質の「遺跡島」となっている。「」という言葉などからも古代から中世の日本を思わせる国。国民の多くは額から鼻にかけてを仮面で隠している。王は健彦。
古くから煌・吾・凱の極東三大国とは朝貢関係にあったが、前王がシンドバッドびいきだったことから七海連合に加盟、健彦に代替わりして金属器の力を手に入れてからは島ごと姿を海上からくらまし国交が途絶えていた。その後、七海連合に加盟してシンドバッドが白龍と交わした誓いで七海を使節として派遣し、煌帝国の内戦時には「盟友の内紛を納める」という名目で黄海に現れ、他の加盟国と共に介入した。
最終章でも島ごと所在が分からないままで、健彦が世界指名手配犯として追われる身となっている。実は秘密裏に島そのものが遺跡の力とアラジンの魔法によって浮遊島へと改造されていた。現在はアラジン・モルジアナ・白龍をかくまったうえで暗黒大陸南部に移っている。
鬼哮砲(きこうほう)
要塞化した鬼倭島に取り付けられた巨大な砲。
ミスタニア共和国
マグノシュタットの北に位置する中規模国。イレーヌの出身地。
大黄牙帝国(だいこうがていこく)
黄牙一族の初代大王チャガン・ハーンが築いた歴史上最大の勢力を誇った帝国。チャガン・ハーンはマギにいざなわれ迷宮攻略をし、強大な力を得たという言い伝えがある。
吾国(ごこく)
煌帝国が中原統一前に争った大国の一つ。閻体の出身地。過去に自国を踏みにじった凱国を恨み、その支配権を奪うことを考えていた。
凱国(がいこく)
煌帝国が中原統一前に争った大国の一つ。閻技の出身地。長きに渡り王府と摂政王府が二人の王を立てたために派閥同士で憎み合い、それぞれが優位に立つことを考えていた。
聖宮
アラジンが匿われていた場所。番人はウーゴくん。アラジンは「頑丈な部屋」と呼んでおり、内部には様々な文献がある。ある時期が来るまでアラジンは絶対に外に出られない仕組みになっていた。外には「死者達の街(ネクロポリス)」が広がっている。
マギが死んだ場合そのルフはここに戻り、新たなマギとして生まれ変わる。その際、普通の赤ん坊のままに産み落とされることが殆どだが、前世の記憶を維持した状態で転生させることもできる。ルフの全てを司る特別な空間であり、死んだソロモンの意思はこの場所に宿っている。ウーゴくんはこの力を利用してアルマトランで生き残った民達を作中の舞台となる世界へ移動させた。
「黒の神」(=ダビデ老)と繋がったシンドバッドですら此処の力無くしては世界を自由にいじることが不可能であるため、その知識を持つアラジンの行方を追っている。

民族[編集]

ファナリス
暗黒大陸で伝説と語られる戦闘民族。地上最強と称される驚異的な身体能力を持つ。目元が特徴的で赤髪と強靱な脚力を有し、その脚力は獅子の胴を一撃で蹴り貫き、成人男性ともなればその身に幾重にも巻かれた鎖を引きちぎるほどの強大な力を発揮する者も存在する。生命力が強く毒の回りも遅いが、その一方で純血・混血を問わず身体能力に反比例するかのように体内の魔力の量は他の民族より少ない。そういった性質から奴隷狩りの被害に遭うことが多く、黄牙の民と同様高値で売買される。
奴隷狩りにあったかさらに奥地へと移ったかは不明だが、現在の暗黒大陸には一人も残っていないという。ユナンによると大峡谷の「向こう岸」にはまだ残っているらしいが、その正体はアルマトランで魔導士でも手に負えなかった種族・赤獅子であり、その本来の姿も「鋼の皮膚と真紅の鬣を持つ奇妙な獣」である。
黄牙一族(こうがいちぞく)
モンゴル風の国に住む一族で、かつては最も栄えた騎馬民族。現在は衰退し、民衆は遊牧などを日々の生業として生活しているが、戦士はの機動力を活かした高い戦闘能力を持ち、また独特な剣を携えている。ババ曰く「草原で我々から逃れられる者はいない」という。「ゴルタス」や「ドルジ」という名前が多い。上記の戦士だけでなく一族の人間は剣で斬られても中々死なないなど総じて身体的に頑丈であり、そのため女子供を中心に何度も奴隷狩りの対象にされている。
当初は北天山に村を作り暮らしていたが、白瑛とババの尽力で平和的に煌帝国の傘下に入り、白瑛の志に納得したことで騎馬兵百余名が白瑛の眷族となっている。
トランの民
現在の世界共通言語と全く違う言語「トラン語」を話す世界中に広く分布する少数民族(トラン語は会話では横書きで表現される)。なお、このトラン語は世界各地の太古の石版や迷宮内部に記されている謎の言語である。遅れた部族として迫害され、南へ追いやられている。作中確認されているのは暗黒大陸やシンドリア近くの島に住む部族で、シンドリアの駐屯地のおかげで安全な航海と商売ができるので市場が賑わっている。識字率がそれほど高くないこの世界でこの言葉を理解し読むことができるのは、トランの民と交流のある者以外では王族や領主のように十分な教育を受けられる上流階級だけである。
その正体はアルマトランでソロモンに謀反を起こさなかった魔導士の末裔。魔法への抵抗力が強かったため、アルマトランの記憶がなかなか消えず、現在もアルマトランの言語を使い続けている。
ヤンバラ
魔力操作を得意とする東方の少数民族。「魔力操作の村」と呼ばれる場所に住むが、彼らが流浪の民で住処を転々とするためその場所は誰にも分からない。レームの闘技場をはじめ、世界各地で武者修行をしている。
イムチャック人
極北の秘境・イムチャックに住む人種。男女ともに大柄で、男性では身長2mを超え中には3mを超える者もおり、女性でも他種族の成人男性に匹敵するかそれを上回り、子供も他地域の成人男性に並ぶ身長を持つ。その体格故に屈強で、力も強い。戦士達は「一番銛」という原始的な魔力操作を使うことができる。青い髪を持つのも特徴の一つである。
また、氷をも掴む手、水の抵抗が低く気泡を作って推進力を得る体毛を備えたクジラに近い皮膚、酸素を蓄えられるタンパク質を他人種の80倍もの量で筋肉に保有しており、水中での活動に特化した身体構造を持つ。これらの性質により、まるで水を蹴るかのように高速で泳ぎ1時間以上の潜水を可能とするため、水中戦ではほぼ無敵の強さを誇る。過酷な環境に適応するためか、女性の場合妊娠すると身籠った子供は母体の体内で急速に育つため僅か数ヶ月で出産でき、妊娠期間が他人種よりも短いという特徴も持つ。
寒冷地に適応した一方で高温多湿な気候にはめっぽう弱い。
アルテミュラ人
天空都市・アルテミュラに住む人種。この民族の女性は外見が年齢より幼く可愛らしく見える者達が多い。女性に限定される能力として生まれつき動物と心を通わせることができる。

異生物・食べ物[編集]

砂漠ヒヤシンス
作中に登場する、砂漠・ユリ科の巨大な肉食植物。捕食部に酒を浴びることで酔い、活動が鈍くなる。
スライム
第7迷宮「アモン」に棲む半流体状の怪物。普段はアリの姿をしているが、自分より強い相手がいる時は変形して相手の特徴をコピーする。また相手がさらに強敵であれば、複数の個体が寄り集まって巨大な集合体となり、戦う。人間の言葉をまねて話すことができる。
砂漠カラス
爪から大牛をも眠らせる即効性の強毒を出す。ファティマーに飼われている。
砂漠ハイエナ
ファティマーが飼育しており、病気などで弱った奴隷の処分に使われていた。
マウレニアサーベルタイガー
暗黒大陸に生息する肉食動物。牙にかすっただけで人間なら一瞬で死ぬほどの猛毒を持つ。競売用にファティマーが飼っていた。
ナミディアコンドル
暗黒大陸に生息する肉食動物。爪にかすっただけで人間なら一瞬で死ぬほどの猛毒を持つ。競売用にファティマーが飼っていた。
エウメラ鯛
バルバッド近海にしか生息しない珍魚。鯛であるが、骨まで軟らかい。これのバター焼きはモルジアナの好物。
ロック鳥
本編および外伝に登場(名称は外伝より)。アルテミュラの象徴である巨鳥。小型のものは自家用、大型のものは運送などに用いられ複数の人間を軽々と乗せて飛ぶことができる。大地の少ないアルテミュラにおいて人の移動と生活には欠かせず、大切に扱われている。肉が好物。強靭な顎を持ち、肉に付いたダイヤモンドごと噛み砕いてしまう。
マグノシュタットの戦争や煌帝国の内戦では七海連合の面々を輸送するために多数のロック鳥が動員された。
パパゴラス
アリババの好物の鳥。珍味として好む者もいるが、岩をも砕く嘴と自分より大きな相手にも挑むという攻撃的な性格のため捕獲は困難。群れで生息し、一番強い個体をボスとする習性を持ち、パパゴラス以外の強い動物の庇護下に入りつき従うこともあるため、現在のボスはマスルールとなっている[2]
南海生物
南海に住む超巨大な海洋獣で、凶暴な種類が多い。シンドリア国民が勝手につけた呼称であり、大陸のどの国でも研究はあまり進んでいない。上陸できる形態のものもいる。「アバレ〜」という名前が付けられている。食用になる種も多い。
アバレウツボ
樹木よりも巨大なウツボ。棘のついた胸鰭を手のように使って岸壁をよじ登ることができる。
アバレオトシゴ
タツノオトシゴの形をした生物。アバレウツボほど巨大ではないものの、海中から帆船の甲板まで届くほどの大きさはある。
アバレウミガメ
ウミガメと呼ばれてはいるが、鰭ではなくリクガメのようにしっかりした手足がついている。
アバレウミウシ
擬態能力を持つ大きなウミウシ。陸上で長時間活動することはできず、死亡すると擬態は解ける。
アバレイッカク
外伝に登場。身体を硬い珊瑚に覆われ、頭部に赤い角を持つイッカクのような魚。原クジラ類のような胴体と長い首を有する。定期的に回遊する習性を持ち、極北の地まで移動することもある。イムチャックの男はこれを討ち取ることで成人として認められ、成人名が与えられる。鋭い牙や角は加工されてイムチャックの戦士が持つ棍棒になり、他の部位も様々な資源として使える。
パパゴレッヤ
シンドリア特産の果物。大陸の商人との間で高額で取引される。
オラミー
リスに似ている。人懐っこく市街地に出没し、食べ物をくすねる。母親の尾の中で守られて子供が育つ。
バオバロブ
シンドリア近海全域に群生する植物。特徴は太陽を目指してウネウネと伸びた幹。
「ザガン」の迷宮植物
ジン・ザガンが自身に似せて作りだした迷宮植物。地上に現れている「花」の部分はザガンが仮面をつけたような姿をしている。ザガンの手を離れ、第61迷宮「ザガン」に近づいたトランの民達を迷宮に引きずり込み、迷宮生物を生み出す養分へと変えていた。ザガンのフリをしてアラジン達の前に現れる。歌声で他の迷宮生物を狂暴化させる能力を持つ。「花」の部分を攻撃されてもすぐに回復する。
アラジン達を追い詰めるも、地下にあった本体をモルジアナの「炎翼鉄鎖」に焼き払われ、小さな子供の姿をした最後の「花」を一つ残すだけとなってしまった。命を助けてもらう代わりに宝物庫へと向かう道を教えたが、直後にドゥニヤによって殺される。
ゴーレム
ザガンによって非常に硬い鉱物から作り出された岩の巨人。モルジアナの蹴りが通じないほどの強度を誇るが、互いにぶつかり合うと砕けてしまう。
ネツメグサ
香草としても使われるマメ科の根の長い植物。
マウレニアウサギ
折れ曲がった耳と出っ歯、渦巻状の目が特徴の兎。カタルゴに生息している。マグノシュタットではコドル6の授業に「マウレニアうさぎ跳び」が組まれている。
マウレニアヒヒ
カタルゴに生息する凶暴な大猿。雌でも顔に大きなフランジを持つのが特徴で、周囲の物を利用して身を守るそれなりの知能を持つ。雌の場合、自分がボスと認めた相手には人間であろうと積極的な求愛行動をとり、かなり嫉妬深い。作中ではレームの剣闘獣だったガルダがこの種。また、エリオハプトでは牙や尿が生薬の原料として利用される。
「バアル」の迷宮植物
外伝に登場。第1迷宮「バアル」に生息する竜(ドラゴン)の姿をした迷宮生物。無数の「子竜」と、口から光線を吐いて気に入らない者は同種でも食い殺す残忍な竜の王である「巨竜」の2種類の個体がいる。
ドラコーン率いる約50人の迷宮攻略部隊を子竜が全滅させた。巨竜はダミーである大扉を守っていたが、間欠泉が吹き出るタイミングを予測したシンドバッドによって光線を巨大な間欠泉で跳ね返されて倒された。
ゴーカイウナギ
外伝に登場。イムチャックで捕れる魚。
人喰い蝶
外伝に登場。第6迷宮「ブァレフォール」に生息する青い模様がある桃色の蝶。相手が呼吸できないほど大多数で襲い掛かり、体の至る所を喰らっていく。
オオドモイソギンチャク
外伝に登場。第6迷宮「ブァレフォール」に生息する肉食性の水棲迷宮生物。再生する無数の触手を持ち、人一人丸呑みにできるほど巨大。
ミニフォール
外伝に登場。ジン・ブァレフォールが自身に辿り着いたシンドバッド達への最後の試練として魔力で作った分身。鼻水を垂らした黒い子猫の姿をしている。見た目とは裏腹に脚力に力を集中させているため、かなりの速度で走ることが出来る。
魔獣
外伝に登場。黒ルフによる闇の魔法で人を取り込んで作られる怪物で、素体となった人間の能力でその強さを大きく変動させる。人間を生きたまま核に繋ぎ、その魔力を吸い取って動く。仮に核を破壊されても動力源の人間を新たに核として作り直すことで復活する。
作中ではジャーファル・ヴィッテル・マハドの3人を取り込み、背中から長い手が生えたミノタウロスのような姿で現れた。豪腕による強力な打撃と全てを切り裂く手刀を使うことが出来る。
ササムスカ
外伝に登場。ササン産の食べ物。トマトソースの肉団子で、食べ飽きない歯ごたえが特徴。
ペタンチーズ
外伝に登場。ササン産の食べ物。ヤギの乳で作ったさっぱりした味のチーズ。
ペタペタン
外伝に登場。ササン産の食べ物。パンやバタークッキーに蜂蜜をかけた甘いお菓子。
パパナップル
外伝に登場。南海の珍しい果物で、リア・ヴェニス島では串売りで売られている。
マンドルル
外伝に登場。エリオハプトの地域だけに群生する植物。見た目は顔があり胸と側面に毛が生えた二股の人参で、生きたまま煎じると頭痛によく効く薬になる他、マウレニアヒヒの小便と共に100日間漬け込むと疲労を瞬時に回復させる丸薬にもなる。胸毛をむしるとこの世のものとは思えない断末魔の叫び声を上げる。植物にも拘わらず動き、満月の夜に砂漠を歩く姿が目撃されている。
トリリカブト
外伝に登場。エリオハプト原産の植物。目に効く樹液を出す縞模様の蕾を持つ。
ガンメンヒノキ
外伝に登場。エリオハプト原産の植物。頭痛薬になる顔の模様がある樹木。
ギプロス草
外伝に登場。寒冷地に群生する棘状の植物。これと背中に多数の棘が生えたオオフキガエルの体液を混ぜて煎じると死の直前まで症状が現れず体内に痕跡を残さない心臓毒が出来る。

アルマトラン[編集]

理想郷(アルマトラン)
「黒の神」によって作られ滅びた世界。ジンやアル・サーメン、そしてアラジンの故郷。ソロモンとアル・サーメンの対立はこの頃から始まっている。
作中の世界とは歴史的・空間的な繋がりを持たない別次元であり、この世界の情報はジンすら語ることを許されない。
作中の世界とは違い、多数の知的生命体がバラバラに暮らしていたが、食べ物や住む土地を巡って次第に異種族間の争いが起こった。魔法使いとなった人間が異種族間の争いを治めるものの、価値観・言葉・生態がバラバラの種族が納得する法律を作れず、混乱は800年続いた。ソロモンによってアルマトランは一つになった。
マギの一人であるアルバ(練玉艶)が魔導士を率いて反乱を起こし、ソロモンおよびジンと同化した72人の眷属が迎え撃った。「黒の神」が降臨し全てのルフが失われたことで、生態系が完全に破壊されて水も作物も1000年は育たない事態に陥った。地下都市や結界内に隠れていた生き残り、をウーゴくんが作中の世界(別次元にある豊かな惑星)へ送り出した。
現在は黒い空と赤い大地だけが残り、作中の世界の人々が目にするのは迷宮に出入りする時か、大峡谷を越えた時のみである。
大陸の裂け目
大陸の間にある黒い空間。ウーゴくん曰く「世界として未完成」な場所で既存の物理法則が通用しないため、物理法則を操ることができるソロモン以外は自由に行動することができない。ここに原始竜が住んでいる。
イステカ大陸
赤獅子が住んでいる。
ゾハル大陸
ここの「シャーマル区画」にある第2絶縁結界で豹頭族と馬人族が暮らしていたが、互いに抵抗軍の魔導士達に唆されて争いになってしまった。
大聖堂府(だいせいどうふ)
魔導士聖教連の本拠地。
神(イラー)
アルマトランの創造主。外見は白いことを除けば「黒の神」と酷似している。詳細はその他を参照。
アルマトランの種族
多数の知的生命体が存在し、その外見は眷族と似ている。
人間
アルマトランで最弱だった種族。他種族より小柄で強力な武器も持たず800年前の時点で絶滅寸前で500人しかいなかったが、「神」に魔法を与えられたことで魔法使いとなり、世界を一つにするために理想郷を作ることを誓う。しかし、永きに渡る時間からその志を忘れて計画は頓挫し、800年後には魔導士聖教連を組織し魔法の力を武器に他の異種族を隷属させ圧政を敷いていた。
額には各自が描いた第3の目のペイントがある。魔法によって老化を抑制しているため寿命が延びており、その影響で若々しい外見を保っている(実力のある魔導士ならば何百年も死なず、老人が少ない)。無理に子孫を残す必要もなく繁殖力は低下しているため、子供は少ない。
ソロモンが「神」のルフを分配したことにより「神」からの魔力を受けられず、作中の世界の魔導士のようにルフしか使うことができなくなり強力な魔法を失う。
一部の者は第3の目を介して「神」の「計画書」の真実を知り、運命に絶望して「八芒星の共同体(アル・サーメン)」の反乱を引き起した。アル・サーメンは黒いルフから魔力を得る方法から強力な魔法を取り戻すが、ソロモンに「黒の神」と封印される。
オーク
頭がなく、胴体に4つの目と腕を持つ種族。800年前には人間を食糧にしていた。
鱗狼族(マンティコアぞく)
不屈と創造の民。名前の通り、二対の耳と鱗を持つ狼のような種族。鋭い爪を使って大地を掘り進み、地中に里を作って生活している。800年後の世界では愚々塔の支配下にあったが、ソロモン達によって助けられ仙老族・蛇人族と共に3本の神杖を与えられた。作中では紅炎のジンであり鱗狼族の長でもあるアガレスと子供のモモがこの種族。
仙老族(せんろうぞく)
頭部の長い老人の姿をした種族。鱗狼や蛇人に比べれば小柄。作中ではアリババのジンであるアモンがこの種族。
蛇人族(じゃじんぞく)
蛇のような髪と鱗を持つ巨人の姿をした種族。作中では紅炎のジンであるアシュタロスがこの種族。
鳥人族(ガルーダ
鳥の翼を持った女性の種族。17歳になったシバによって愚々塔から解放され、馬人族・黒翼族と共同で絶縁結界を張っている。作中では紅炎のジンであるフェニクスがこの種族。
黒翼族(グリフォン
鳥人族・馬人族と共同で絶縁結界を張っている種族。
馬人族(ケンタウロス
シマウマを人型にしたような種族。頭が良く、商売を生業とする。
豹頭族(ベルセルク
豹の頭と尻尾を持つ人型の種族。肉食を行っていた。
赤獅子(あかじし)
鋼の皮膚と真紅の鬣を持つ獣の姿をしている。イステカ大陸に住む種族。精神破壊魔法を跳ね返す強靭な生命力を持つ。
強すぎるためウーゴくんの魔法理論でも作中の世界のルールにあてはめきれず、住んでいる大陸ごと作中の世界の南の果て(暗黒大陸)に移動した。北大陸へ移住した者はファナリスとなった。現在でもアルマトランの姿を保ったまま暗黒大陸で集団生活を送っており、ファナリスとは比べ物にならないほど体に魔力が漲っている。
原始竜族(マザードラゴンぞく)
白い竜のような種族。大陸の裂け目に住む(一体のメスしか生き残っていない)。八千年も生きているアルマトランで最も長寿な種族。博識で様々な言語を知っている。
ソロモンを「小さき者」と呼ぶ。かつて魔導士聖教連の命を受けて大陸の裂け目を訪れたソロモンの命を救った。ソロモンに世界の寿命が尽きかけていることを告げる。
強すぎるためウーゴくんの魔法理論でも作中の世界のルールにあてはめきれず、住んでいる大陸ごと作中の世界の南の果て(暗黒大陸)に移動した。現在は、暗黒大陸の裂け目にアルマトランの記憶を失いながらも一匹だけで暮らしている。
「黒の神」にダビデ老の人格が取り憑いて「異変」を起こしていることに気付いていた。暗黒大陸に飛ばされたアリババとジュダルから仲間の元へ戻るために力を貸してほしいと頼まれるが拒否する。しかし、アリババに「自分達には短くても自由に幸せに生きられることが大切」だとして、仲間に対する「想い」を忘れていたことに気付き、アリババの頼みを聞き彼らを背に乗せて暗黒大陸からアラジンのいる世界へと2年で送り届けた。
神杖(しんじょう)
「神」から送られてくる魔力を大量に受信できる特別な杖。800年前に「神」が世界平和のために人間達に配り、全部で72本ある。現在は魔導士聖教連の長老会が独占しており、主に愚々塔の動力源として使われている。魔力を「神」から受け取りすぎるために杖の主の命を削りとってしまう。使い手の額には「神」から送られてくる魔力を受け取る「第3の目」が現れる。愚々塔の制御装置なしでも使うことができるが、その場合数分間しか力を維持できない。
ウーゴくんの考案で改造された神杖は第3の目と同じ役割を持つ装置が埋め込まれており、これで異種族も魔法が使えるようになった。後にシバとウーゴくんによって金属器作成のモデルとなっている。
愚々塔(グヌード)
500年前にダビテ老と仲間の魔導士達が異種族の領土に建造した巨大な魔法装置。神杖を動力源とする。思考能力を奪う精神感応系魔法を発し、人間以外の知的生命体から知能を奪い意のままに従わせ搾取している。ウーゴくん曰く「とてつもなく高度で巨大な魔法道具で、少なくとも478900種の魔法構築式が含まれている」らしい。
浮遊戦艦
魔導士聖教連が所有する空中を浮く巨大な戦艦。愚々塔と同じく精神破壊魔法を飛ばし、異種族を操ることができる。
絶縁結界(ぜつえんけっかい)
魔導士に魔法を使えなくする結界。魔導士が「道連れ」として自殺によく使うが、ソロモン達は3本の神杖を使って広大な絶縁結界を張ることで異種族に精神破壊魔法をかけられなくした。あらかじめ60カ所の動力点を用意する必要があり、一つでも破壊されると展開できなくなる。
モガメットが禁術として研究しており、作中では依り代の核となった彼の黒ルフをジュダルが利用することで使用を可能にした。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

公式ガイドブック[編集]

公認アンソロジー[編集]

単行本未発売[編集]

  • 『マギ まじかるギャグ学園』
    • 月刊コロコロコミック』(小学館)2012年11月号から2013年1月号まで連載された。作者は河本けもん。4コマ漫画を中心とした短編ギャグ漫画。

マギ シンドバッドの冒険[編集]

登場人物の一人・シンドバッドを主人公とし、本編に至るまでの彼の半生を描いた外伝作品。『MAGI シンドバッドの冒険』、『マギ〜シンドバッドの冒険〜』、あるいは単に『シンドバッドの冒険』と表記される場合もある[5]。『週刊少年サンデー』2013年23号 - 30号まで短期連載した後、『裏サンデー』に移籍し同年9月18日より連載が開始、当初は隔週水曜日の更新だったが、11月20日から前後編構成にすることで毎週連載される形になった。2014年12月より小学館のコミックアプリ、MangaONE(マンガワン)でも連載されることとなった。漫画は大寺義史が担当している。

また、テレビアニメ第1期のBlu-ray Disc / DVD 第1巻の完全生産限定版には、本作のプロトタイプとなる、70ページの描き下ろし漫画が特典として付属していた。

特別版にはOVAが付属している。

公式ファンブック[編集]

アニメ[編集]

本編[編集]

第1期の放送開始1週間前の2012年9月30日、特別番組話題沸騰!! マンガ『マギ』に魅せられた人、大集合SP』が放送された[6]。出演は山里亮太南海キャンディーズ)、松井玲奈SKE48)、ヒデペナルティ)、鈴木奈々金子貴俊喜屋武ちあき。進行は山本匠晃(TBSアナウンサー)。この特別番組でメインキャストが初めて発表された。

第1期は2012年10月7日から2013年3月31日までMBSTBS系列日曜17:00枠にて原作の「シンドリア編」までが放送された。全25話。副題は『The labyrinth of magic』。

MBS製作アニメでは『おそ松くん(第1作)』[注 10]以来実に45年ぶり、TBS系列としても『ウメ星デンカ[注 11]以来43年ぶりの『週刊少年サンデー』連載漫画原作のアニメ作品となり、日5枠では初の週刊連載漫画原作のアニメ作品となる。なお、作品には「小学館創業90周年記念企画」と銘打たれている。

連動データ放送において、全国同時ネットのテレビアニメ作品では史上初となるTwitter連動を実施。ハッシュタグ“ #magi ”を用いたツイートの一部が(若干フィルタリングされて)随時表示される。

第1期最終回で続編「マグノシュタット編」の制作が発表。当初、媒体は未定で2013年秋にリリース予定とされていたが、後にTVシリーズ第2期としての放送が決定し、第1期同様にMBS・TBS系列日曜17:00枠にて2013年10月6日から2014年3月30日まで放送された[7]。また、副題が『The kingdom of magic』に変更された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニング映像およびエンディング映像の下部には歌詞字幕が表示される。

第1期
オープニングテーマ
V.I.P」(第1話 - 第12話)
作詞 - マオ / 作曲 - 御恵明希 / 編曲・歌 - シド
瞬く星の下で」(第13話 - 第24話)
作詞・作曲 - 新藤晴一 / 編曲 - 田中ユウスケ、立崎優介、Porno Graffitti / 歌 - ポルノグラフィティ
第25話ではエンディングテーマとして使用。
エンディングテーマ
指望遠鏡」(第1話 - 第12話)
作詞 - 秋元康 / 作曲 - 北室龍馬 / 編曲 - 木村有希 / 歌 - 乃木坂46
The Bravery」(第13話 - 第24話)
作詞・作曲・編曲 - ryo / 歌 - supercell
第2期
オープニングテーマ
ANNIVERSARY」(第1話 - 第13話)
作詞 - マオ / 作曲 - 御恵明希 / 編曲・歌 - シド
「光-HIKARI-」(第14話 - 第24話)
作詞 - SHIN / 作曲 - RENO / 編曲 - 岸利至ViViD / 歌 - ViViD
エンディングテーマ
エデン」(第1話 - 第13話)
作詞・作曲 - 太志 / 歌 - Aqua Timez
With You/With Me」(第14話 - 第25話)
作詞・作曲 - OZO / 編曲 - tasuku tohyama / 歌 - 9nine

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 原作 夜数 放送日
第1期
第1夜 アラジンとアリババ 吉野弘幸 舛成孝二 林直孝 赤井俊文 赤井俊文 迷宮編 第2夜 - 第5夜 2012年
10月7日
第2夜 迷宮組曲 林直孝 間島崇寛
高橋英俊
酒井智史、近岡直
吉田尚人、南伸一郎
倉田綾子
第5夜 - 第11夜 10月14日
第3夜 創世の魔法使い 中山奈緒美
関谷真実子
近藤一英 宇佐美皓一、佐藤篤志
藤原利恵
第11夜 - 第17夜 10月21日
第4夜 草原の民 加藤陽一 小寺勝之 清水一伸 田中紀衣 草原編 第16夜 - 第21夜 10月28日
第5夜 迷宮攻略者 柿村イサナ 林直孝 服部憲知 第22夜 - 第26夜 11月4日
第6夜 戦闘民族ファナリス 横谷昌宏 小島正幸 高島大輔 濱口頌平、中島美子 盗賊砦編 第26夜 - 第31夜 11月11日
第7夜 その名はシンドバッド 吉野弘幸 神戸守 柳屋圭宏 小松麻美、酒井智史 バルバッド編 第32夜 - 第35夜 11月18日
第8夜 守れない約束 横谷昌宏 山本寛 高橋英俊 藤原利恵、河野真貴 第35夜 - 第39夜 11月25日
第9夜 王子の責任 吉野弘幸 豊増隆寛 かわこしたかひろ 清山滋崇、鈴木信一
林恰君
第40夜 - 第44夜 12月2日
第10夜 その名はジュダル 加藤陽一 こでらかつゆき 長町英樹 宇佐美皓一、坂本龍典
崎本さゆり
第43夜 - 第48夜 12月9日
第11夜 新たなる来訪者 柿村イサナ 村山靖 清水恵蔵、島田英明 第49夜 - 第53夜 12月16日
第12夜 決意と決別 吉野弘幸 倉田綾子 佐藤篤志、黒木美幸 第53夜 - 第56夜 12月23日
第13夜 反逆の王子 岡村天斎 間島崇寛 井嶋けい子、酒井智史
関口雅浩
第57夜 - 第60夜 2013年
1月6日
第14夜 アリババの答え 横谷昌宏 沢村塁 若野哲也 田中紀衣 第60夜 - 第64夜 1月13日
第15夜 カシムの答え 加藤陽一 竹内浩志 西澤千恵、宇佐美皓一 第64夜 - 第68夜 1月20日
第16夜 ソロモンの知恵 柿村イサナ 柳瀬雄之 関口雅浩 第69夜 - 第72夜 1月27日
第17夜 笑顔 吉野弘幸 倉田綾子 藤澤俊幸、落合瞳 第73夜 - 第76夜 2月3日
第18夜 シンドリア王国 林直孝 西澤千恵、酒井智史
熊谷勝弘、宇佐美皓一
シンドリア編 第77夜 - 第82夜 2月10日
第19夜 ホシの名はシンドバッド 加藤陽一 小寺勝之 長町英樹 栗原優、海堂ヒロユキ
石井ゆみ子
第79夜 - 第86夜 2月17日
第20夜 王子と皇子 横谷昌宏 稲垣隆行 中杉徹 熊膳貴志 第87夜 - 第90夜 2月24日
第21夜 迷宮ザガン 柿村イサナ 福田道生 間島崇寛 村田俊治、黒木美幸 第90夜 - 第95夜
第110夜
3月3日
第22夜 炎の眷属 吉野弘幸 小寺勝之 若野哲也 田中紀衣、熊谷勝弘 第95夜 - 第98夜
第110夜
3月10日
第23夜 鬨の声 玉川真人 高橋英俊 井嶋けい子、酒井智史
海堂ひろゆき
第98夜 - 第102夜 3月17日
第24夜 堕転 竹内浩志
増井壮一
竹内浩志
春藤佳奈
宇佐美皓一、折井一雅
西澤千恵、大河内忍
栗原優、石井ゆみ子
藤部生馬
第102夜 - 第116夜 3月24日
第25夜 アリババとアラジン 倉田綾子
舛成孝二
倉田綾子
長町英樹
赤井俊文 3月31日
第2期
第1話 旅立ちの予感 吉野弘幸 倉田綾子 倉田綾子
岩月甚
赤井俊文 落合瞳
小松麻美
シンドリア編 第111夜 - 第121夜 2013年
10月6日
第2話 旅立ち 福田道生 高橋英俊 栗原優、折井一雅 10月13日
第3話 出航 柿村イサナ
吉野弘幸
長町英樹 西澤千恵、黒木美幸 海賊討伐編 第121夜 - 第129夜 10月20日
第4話 海賊 柿村イサナ 黒沢守 間島崇寛 宇佐美皓一 10月27日
第5話 加藤陽一 林直孝 河合拓也 赤井俊文 11月3日
第6話 優しい人 花田十輝 宮尾佳和 赤城博昭 関根昌之 小松麻美 第130夜 - 第133夜 11月10日
第7話 練紅覇登場 横谷昌宏 平池芳正 岩月甚 折井一雅、黒木美幸 落合瞳 マグノシュタット編 第134夜 - 第136夜 11月17日
第8話 特訓の日々 柿村イサナ 神戸守 高橋英俊 髙田晃、伊藤智子 小松麻美 第137夜・第138夜 11月24日
第9話 レーム帝国 吉野弘幸 中山奈緒美 間島崇寛 三木俊明、村上真紀 赤井俊文 第139夜・第140夜 12月1日
第10話 最高司祭 古川順康 政木伸一 鈴木奈都子 落合瞳 第141夜 - 第143夜 12月8日
第11話 大峡谷 加藤陽一 竹内浩志 渡部周 海保仁美、板倉喜代美 小松麻美 第144夜・第145夜 12月15日
第12話 新たなる皇帝 倉田綾子 長町英樹 宇佐美皓一、栗原優 赤井俊文 第146夜 - 第148夜
第16巻おまけ漫画
12月22日
第13話 ティトス・アレキウス 吉野弘幸 黒沢守 林直孝 河合拓也、濱口明
末澤慧
落合瞳 第149夜 - 第152夜 2014年
1月5日
第14話 隠された民 春藤佳奈 野々下いおり、西澤千恵
広尾佳奈子
赤井俊文 第153夜 - 第156夜 1月12日
第15話 魔導士の国 横谷昌宏 神戸守 川越嵩弘 黒木美幸、折井一雅 小松麻美 第157夜 - 第160夜 1月19日
第16話 残された命 加藤陽一 坂田純一 渡辺周 海保仁美、山崎輝彦
板倉喜代美、西川雅史
大森理恵、落合麻衣子
落合瞳 第161夜 - 第164夜 1月26日[注 12]
第17話 宣戦布告 柿村イサナ 倉田綾子 岩月甚 伊藤智子、熊田明子 小松麻美 第165夜 - 第167夜
第18話 レームの脅威 吉野弘幸 福田道生 高橋英俊 宇佐美皓一、小谷杏子 落合瞳 第168夜 - 第171夜 2月2日
第19話 本物のマギ 横谷昌宏 阿部記之 鈴木行 廣瀬智仁、成川多加志
相坂ナオキ、徳田夢之介
李少雷
赤井俊文 第172夜 - 第175夜 2月9日
第20話 再会 柿村イサナ 黒沢守 間島崇寛 野々下いおり、西澤千恵 小松麻美 第176夜 - 第178夜 2月23日
第21話 王の器 加藤陽一 関谷真実子
中山奈緒美
川越崇弘 小田多恵子、武内啓
福士真由美
落合瞳 第179夜 - 第182夜 3月2日
第22話 守りたいもの 横谷昌宏 小島正幸 岩月甚 伊藤智子、折井一雅
広尾佳奈子
小松麻美 第183夜 - 第186夜 3月9日
第23話 魔装戦士たち 柿村イサナ 福田道生 渡辺周 板倉喜代美、西川雅史
池田竜也、海保仁美
山崎輝彦
落合瞳 第186夜 - 第190夜 3月16日
第24話 滅亡の時 吉野弘幸 京田知己 林直孝 宇佐美皓一、髙田晃
栗原優、三木俊明
濱口明
小松麻美 第191夜 - 第195夜 3月23日
第25話 おかえりなさい 倉田綾子 長町英樹
高橋英俊
間島崇寛
赤井俊文 第195夜 - 第198夜 3月30日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 第1期 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2012年10月7日 - 2013年3月31日 日曜 17:00 - 17:30 毎日放送製作局)ほかTBS系列全28局 日本国内 字幕放送 / 連動データ放送
2013年2月25日 - 4月29日
2013年5月10日 - 8月23日
月曜 19:00 - 19:30
金曜 19:00 - 19:30
アニマックス 日本全域 BS/CS放送 / 字幕放送 / リピート放送あり
2014年10月3日 - 金曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都 実質再放送
日本国内 インターネット / 第1期 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 配信元 備考
2012年10月14日 - 2013年4月7日 日曜 16:30 - 17:00 みんなでストリーム
2012年10月28日 - 2013年4月21日 日曜 0:00 更新 GyaO!
2012年10月28日 - 2013年4月21日 日曜 12:00 更新 バンダイチャンネル
2016年9月26日 - 9月29日 毎日 23:00 - AbemaTV 一挙配信 / リピート配信あり
日本国外 テレビ / 第1期 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 備考
2012年10月9日 - 2013年4月2日 火曜 23:00 - 23:30 ANIPLUS 韓国全域 CS/IP/ケーブル放送 / ネット配信
15歳以上視聴可で放送 / 韓国語字幕あり
2012年11月 - 2013年5月 木曜 22:00 - 22:30(UTC+8 J2 香港 広東語日本語二ヶ国語放送
リピート放送あり / 繁体字字幕あり
日本国内 テレビ / 第2期 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2013年10月6日 - 2014年3月30日 日曜 17:00 - 17:30 毎日放送(製作局)ほかTBS系列全28局 日本国内 字幕放送 / 連動データ放送
2013年11月19日 - 2014年5月27日 火曜 19:30 - 20:00 アニマックス 日本全域 BS/CS放送 / 字幕放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 第2期 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 配信元 備考
2013年10月20日 - 2014年4月13日 日曜 更新 GyaO!
2013年10月27日 - 2014年4月20日 日曜 12:00 更新 バンダイチャンネル
日本国外 テレビ / 第2期 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 備考
2013年10月8日 - 2014年4月1日 火曜 22:30 - 23:00 ANIPLUS 韓国全域 CS/IP/ケーブル放送 / ネット配信
15歳以上視聴可で放送 / 韓国語字幕あり

Blu-ray / DVD[編集]

第1期のBlu-ray、およびDVDが2013年1月30日から9月25日まで順次発売された。全10巻。各巻Blu-ray Disc完全生産限定版、DVD完全生産限定版、DVD通常版の3種リリースである。完全生産限定版の映像特典として、アニメの声優陣によるオーディオコメンタリー、ノンクレジットオープニングおよびノンクレジットエンディング(第1巻)を収録。各巻完全生産限定版にはマギシール3枚、8Pブックレット、描き下ろし漫画(第1巻、70P)を同梱。

巻数 発売日 収録話 オーディオコメンタリー 規格品番
BD限定版 DVD限定版 DVD通常版
第1期『マギ』
1 2013年1月30日 第1話 - 第2話 石原夏織、梶裕貴、戸松遥 ANZX-6911/12 ANZB-6911/12 ANSB-6911
2 2013年2月6日 第3話 - 第4話 石原夏織、水樹奈々、瀬戸麻沙美 ANZX-6913/14 ANZB-6913/14 ANSB-6913
3 2013年2月27日 第5話 - 第7話 小野大輔、櫻井孝宏、細谷佳正 ANZX-6915/16 ANZB-6915/16 ANSB-6915
4 2013年3月27日 第8話 - 第10話 石原夏織、梶裕貴、木村良平 ANZX-6917/18 ANZB-6917/18 ANSB-6917
5 2013年4月24日 第11話 - 第13話 小野大輔、花澤香菜、鈴村健一 ANZX-6919/20 ANZB-6919/20 ANSB-6919
6 2013年5月22日 第14話 - 第15話 石原夏織、森川智之、三木眞一郎 ANZX-6921/22 ANZB-6921/22 ANSB-6921
7 2013年6月26日 第16話 - 第17話 梶裕貴、福山潤、木村良平 ANZX-6923/24 ANZB-6923/24 ANSB-6923
8 2013年7月24日 第18話 - 第20話 小野大輔、森久保祥太郎、堀江由衣 ANZX-6925/26 ANZB-6925/26 ANSB-6925
9 2013年8月21日 第21話 - 第23話 石原夏織、梶裕貴、戸松遥 ANZX-6927/28 ANZB-6927/28 ANSB-6927
10 2013年9月25日 第24話 - 第25話 石原夏織、梶裕貴、戸松遥、小野賢章 ANZX-6929/30 ANZB-6929/30 ANSB-6929
第2期『マギ The kingdom of magic』
1 2014年1月22日 第1話 - 第2話 石原夏織、梶裕貴、戸松遥 ANZX-9251/52 ANZB-9251/52 ANSB-9251
2 2014年2月26日 第3話 - 第4話 石原夏織、小野賢章、久川綾 ANZX-9253/54 ANZB-9253/54 ANSB-9253
3 2014年3月26日 第5話 - 第7話 石原夏織、梶裕貴、柿原徹也 ANZX-9255/56 ANZB-9255/56 ANSB-9255
4 2014年4月23日 第8話 - 第10話 石原夏織、逢坂良太、井上喜久子 ANZX-9257/58 ANZB-9257/58 ANSB-9257
5 2014年5月28日 第11話 - 第13話 石原夏織、中村悠一、伊藤美紀 ANZX-9259/60 ANZB-9259/60 ANSB-9259
6 2014年6月25日 第14話 - 第15話 石原夏織、松岡禎丞、チョー ANZX-9261/62 ANZB-9261/62 ANSB-9261
7 2014年7月23日 第16話 - 第17話 石原夏織、坂本真綾、チョー ANZX-9263/64 ANZB-9263/64 ANSB-9263
8 2014年8月27日 第18話 - 第19話 石原夏織、宮野真守、谷山紀章 ANZX-9265/66 ANZB-9265/66 ANSB-9265
9 2014年9月24日 第20話 - 第21話 石原夏織、松岡禎丞、柿原徹也 ANZX-9267/68 ANZB-9267/68 ANSB-9267
10 2014年10月22日 第22話 - 第23話 石原夏織、中村悠一、伊藤美紀 ANZX-9269/70 ANZB-9269/70 ANSB-9269
11 2014年11月26日 第24話 - 第25話 ANZX-9271/72 ANZB-9271/72 ANSB-9271

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2012年12月26日 マギ キャラクターソング01 SVWC-7916
2013年3月27日 MAGI SOUNDTRACK 〜Up to the volume on Balbad〜 SVWC-7939
2014年1月22日 MAGI SOUNDTRACK 〜To the kingdom of magic〜 SVWC-7984
2014年6月4日 THE BEST OF MAGI SVWC-7995〜7

原作からの主な変更点[編集]

第1期
  • アニメ第1夜の時点からチーシャンでの物語が始まっており、原作第1話の内容がカットされている。そのため、ライラとサアサの登場は第6夜となっているが、2人とアラジンの過去の接点については僅かに語られている。
  • 迷宮「アモン」が巨塔となっている他、内部構造やトラップも炎を基調としたものに変更されている。
  • 白瑛の全身魔装が登場している。
  • 武器商人が原作に登場する「イスナーン」の姿になっており、シンドバッドの攻撃を受けた際もマルッキオのみ人形に戻っている。またジャミルの先生がイスナーンだったことになっており、全話を通してイスナーンの活躍が非常に多くなっている。
  • シンドリア編の構成が変更され、原作よりも展開が派手になっている。シンドリアに攻め込んできたアル・サーメン軍とシンドリア八人将の全面対決が描かれたり、アリババが一度完全に堕転してからアラジンに元に戻されるなど。なおアル・サーメン軍はヤムライハがアポロニウスの極大魔法を跳ね返した際半分が死滅し、練紅玉の極大魔法により残りも殲滅。アポロニウスはスパルトスに刺殺された。
第2期
  • 原作では回想として描写されたドゥニヤの死を明確に描いている。
  • ドゥニアの火葬にアラジン、アリババ、モルジアナ、ヤムライハ、練白龍の他にシンドバッドや練紅玉、そして他の八人将も参列している。また、アラジンに闇の金属器について問うのは原作ではアリババだったのが、アニメではモルジアナに変更されたり、ヤムライハが焼かれていく棺の前で自身の無能さを嘆き謝罪する台詞が追加された。
  • 海賊討伐編では、アラジンが誘拐される、海賊(子供)たちの食事の様子などが描かれているなど原作から少し構成を変えている。
  • 第11話では、原作には登場しないアブマドとサブマドが登場している。

WEBラジオ[編集]

マギラジ 〜キャラバン〜』のタイトルで、2012年10月7日から2013年4月21日まで、アニメイトTVにて配信された。日曜のアニメ本放送終了後に更新される。開始1週間前の9月30日には第0夜がプレ配信された。

パーソナリティは毎回アニメのキャストの交代制で行われる。

パーソナリティ
回数 パーソナリティ
第0夜 石原夏織(アラジン 役)、梶裕貴(アリババ・サルージャ 役)
第1夜
第2夜 梶裕貴、木村良平(ジュダル 役)
第3夜
第4夜 森川智之(ウーゴくん 役)、近藤孝行(ドルジ 役)
第5夜
第6夜 石原夏織、小野大輔(シンドバッド 役)
第7夜 小野大輔、赤羽根健治(Mナンド 役)
第8夜 志村知幸(Sナンド 役)、福原耕平(Lナンド 役)、赤羽根健治
第9夜 戸松遥(モルジアナ 役)、渡辺明乃(ザイナブ 役)
第10夜 石原夏織、木村良平
第11夜
第12夜 野島裕史(サブマド 役)、松本保典(バルカーク 役)
第13夜
第14夜 櫻井孝宏(ジャーファル 役)、細谷佳正(マスルール 役)
第15夜
第16夜 梶裕貴、福山潤(カシム 役)
第17夜
第18夜 森久保祥太郎(シャルルカン 役)、堀江由衣(ヤムライハ 役)
第19夜 小野大輔、森久保祥太郎
第20夜 梶裕貴、小野賢章(練白龍 役)
第21夜 小野賢章、高橋広樹(ザガン 役)
第22夜 石原夏織、三木眞一郎(イスナーン 役)
第23夜
第24夜 石原夏織、梶裕貴、戸松遥
第25夜
第26夜 石原夏織、梶裕貴

マギ シンドバッドの冒険(アニメ)[編集]

大寺義史による外伝漫画のアニメ化作品。OVAは単行本『マギ シンドバッドの冒険』第3巻 - 第7巻特別版付属DVDに収録された。ナレーションは中井和哉が担当。

2015年9月30日にテレビアニメ化が発表され、2016年4月より7月までMBS他『アニメイズム』B2枠にて放送された。放送局はBS-TBSでの放送が追加された一方で、地上波は本編よりも大幅に縮小された。

スタッフ(シンドバッド)[編集]

  • 原作 - 大高忍、大寺義史(小学館「裏サンデー」連載中)
  • 監督 - 宮尾佳和
  • シリーズ構成・脚本 - 岸本卓
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 佐古宗一郎
  • コンセプトデザイン - 田中俊成、枝松聖、大山裕之
  • ジン・クリーチャーデザイン - 富岡隆司
  • プロップデザイン - 福永純一
  • 美術監督 - 青井孝
  • 美術設定 - 藤井一志、青井孝
  • 色彩設計 - 岩沢れい子
  • 撮影監督 - 宋賢大
  • 編集 - 定松剛
  • 音響監督 - 飯田里樹
  • 音楽 - 大久保友裕
  • 音楽プロデューサー - 相馬一博、外村敬一
  • プロデューサー - 岡本順哉、斎藤俊輔、米内則智、前田俊博
  • アニメーション制作 - Lay-duce
  • 製作 - AOS PROJECT(小学館、アニプレックス)、MBS

主題歌(シンドバッド)[編集]

オープニングテーマ「スポットライト」(TV)
作詞・作曲 - 堀江晶太 / 編曲 - 堀江晶太、PENGUIN RESEARCH / 歌 - PENGUIN RESEARCH
エンディングテーマ「ポラリス」(TV)
作詞・作曲 - 金澤ダイスケ / 編曲・歌 - フジファブリック

放送局(シンドバッド)[編集]

TBS系列 / 放送期間および放送時間[9]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2016年4月17日 - 7月3日 日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜) BS-TBS 日本全域
2016年4月23日 [注 13]-7月2日 土曜 2:25 - 2:55(金曜深夜) TBSテレビ 関東広域圏
土曜 2:40 - 3:10(金曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 製作局
土曜 3:19 - 3:49(金曜深夜) CBCテレビ 中京広域圏
2016年7月4日 - 9月26日 月曜 22:00 - 22:30 アニマックス 日本全域 リピート放送あり

各話リスト(シンドバッド)[編集]

OVA
話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 収録巻
第1話 迷宮(ダンジョン)バアル攻略篇・前篇 宮尾佳和 佐古宗一郎 第3巻
第2話 迷宮(ダンジョン)バアル攻略篇・後篇 坂上五郎 宮尾佳和
夕澄慶英
西野文那 第4巻
第3話 迷宮ブァレフォール攻略篇・前篇 宮尾佳和 平林拓真 坪山圭一、佐古宗一郎 第5巻
第4話 迷宮ブァレフォール攻略篇・中篇 安斎剛文 坪山圭一、熊膳貴志
富岡隆司(アクション)
第6巻
第5話 迷宮ブァレフォール攻略篇・後篇 大西景介 坪山圭一、白井英介 第7巻
TV
話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督
第1話 運命の子 宮尾佳和 藤井康晶 井上和俊
第2話 船乗りシンドバッド 宮尾佳和 佐古宗一郎
第3話 迷宮バアル 宮尾佳和
坂上五郎
夕澄慶英 西野文那
第4話 ひとつめの海 宮尾佳和 平林拓真 坪山圭一、佐古宗一郎
第5話 王の資質 安斎剛文 坪山圭一、熊膳貴志
富岡隆司(アクション)
第6話 居場所 大西景介 坪山圭一、白井英介
第7話 商人シンドバッド 政木伸一 白井英介
第8話 眷属器 山岸大悟 坪山圭一
第9話 清浄の地ササン 神保洋介 米澤彩織、小野田貴之
第10話 世界を変える力 安部元宏 小澤円
第11話 天空都市アルテミュラ 宮尾佳和
飯田崇
熊膳貴志 中野ゆうき、白井英介
第12話 魔装vs魔装 宮尾佳和 藤井康晶 井上和俊、富岡隆司
第13話 マギ 安部元宏 坪山圭一

ゲーム[編集]

コンシューマーゲーム[編集]

マギ はじまりの迷宮
ニンテンドー3DS用ソフトとして、2013年2月21日にバンダイナムコゲームスから発売。ジャンルはアクションRPG
マギ 新たなる世界
ニンテンドー3DS用ソフトとして、2014年2月13日にバンダイナムコゲームスから発売。ジャンルはアクションRPG。

モバイルゲーム[編集]

マギ 運命の迷宮
MobageDeNA)において、2012年11月21日よりネクソンからフィーチャーフォンスマートフォン向けに配信され、2015年1月30日にサービス終了した。ジャンルはソーシャルゲームのカードバトルゲーム。
マギ Dungeon & Magic
2014年2月20日よりネクソンからスマートフォン向けに配信され、2015年9月17日に終了した。ジャンルはRPG。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第2夜時点から。ただし数百年前の人物が金属器を所持している描写があり、一般に知られたのが14年前。
  2. ^ 8属性では1から順に火(赤)・水(青)・光・雷(黄)・風(白)・音・力(黒)・命(紫)、八卦では水(坎)・山(艮)・雷(震)・風(巽)・火(離)・地(坤)・沢(兌)・天(乾)となっており、若干の相違がある。
  3. ^ サンデー掲載時は「バルバット」だったが、単行本掲載時より現名称に変更された。
  4. ^ 一階の大広間ではシンドバッドとの謁見や彼と官達の毎朝の衆議が行われる。
  5. ^ 軍人や文官が商人を下に見るという無自覚な選民意識のせいで世の中の流れに乗りきれなかったというのも大きな問題だった。
  6. ^ そのためエリオハプト人は、性的な魅力を胸ではなく臍に感じるらしい。
  7. ^ 作者曰くトナカイ系の生物の角。
  8. ^ 鉱山は国の大事な産業のため名誉ある仕事と考えられている。
  9. ^ いざという時のために中に非常食を仕込んでいる。
  10. ^ ただし当時はNET系列(近畿のTBS系列はABC)だった。なお、当時はNET系列局が少なかったため、TBS系列局で放送された地域もある。
  11. ^ 当時、近畿ではABCで放送。
  12. ^ 「スペシャル 拡大オンエア」と題し、17:00 - 17:56に2話連続放送。
  13. ^ 2016年4月16日放送開始予定であったが、熊本地震に伴う報道特別番組より放送延期となり、初回は2話連続放送となり、事実上BS-TBSが1週先行放送される形となった(公式サイト1公式サイト2)。

出典[編集]

  1. ^ http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/a0214/
  2. ^ 作者の手書きブログより。
  3. ^ 『マギ』コミックアンソロジーのご案内”. ふゅーじょんぷろだくと. 2013年6月21日閲覧。
  4. ^ 12月に入りました”. COMIC Be狂騒曲 (2011年12月10日). 2013年6月21日閲覧。
  5. ^ MAGI シンドバッドの冒険 1”. 小学館. 2013年8月24日閲覧。
  6. ^ 【9月30日放送『マギ』特別番組】番組タイトル&出演者決定!”. 『マギ』公式サイト. 2012年9月18日閲覧。
  7. ^ 「マギ」TVアニメ続編、10月より放映!先行上映イベントも”. コミックナタリー (2013年7月17日). 2013年9月23日閲覧。
  8. ^ a b c テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  9. ^ ONAIR”. TVアニメ「シンドバッドの冒険」公式サイト. 2016年3月17日閲覧。

小学館:コミック

  1. ^ 『マギ 1』”. 2012年9月19日閲覧。
  2. ^ 『マギ 2』”. 2012年9月19日閲覧。
  3. ^ 『マギ 3』”. 2012年9月19日閲覧。
  4. ^ 『マギ 4』”. 2012年9月19日閲覧。
  5. ^ 『マギ 5』”. 2012年9月19日閲覧。
  6. ^ 『マギ 6』”. 2012年9月19日閲覧。
  7. ^ 『マギ 7』”. 2012年9月19日閲覧。
  8. ^ 『マギ 8』”. 2012年9月19日閲覧。
  9. ^ 『マギ 9』”. 2012年9月19日閲覧。
  10. ^ 『マギ 10』”. 2012年9月19日閲覧。
  11. ^ 『マギ 11』”. 2012年9月19日閲覧。
  12. ^ 『マギ 12』”. 2012年9月19日閲覧。
  13. ^ 『マギ 13』”. 2012年9月19日閲覧。
  14. ^ 『マギ 14』”. 2012年9月19日閲覧。
  15. ^ 『マギ 15』”. 2012年11月17日閲覧。
  16. ^ 『マギ 16』”. 2013年2月18日閲覧。
  17. ^ 『マギ 17』”. 2013年5月17日閲覧。
  18. ^ 『マギ 18』”. 2013年9月18日閲覧。
  19. ^ 『マギ 19』”. 2013年10月18日閲覧。
  20. ^ 『マギ 20』”. 2014年1月17日閲覧。
  21. ^ 『マギ 21』”. 2014年4月18日閲覧。
  22. ^ 『マギ 22』”. 2014年7月18日閲覧。
  23. ^ 『マギ 23』”. 2014年10月17日閲覧。
  24. ^ 『マギ 24』”. 2015年1月16日閲覧。
  25. ^ 『マギ 25』”. 2015年4月17日閲覧。
  26. ^ 『マギ 26』”. 2015年7月17日閲覧。
  27. ^ 『マギ 27』”. 2015年10月16日閲覧。
  28. ^ 『マギ 28』”. 2016年1月18日閲覧。
  29. ^ 『マギ 29』”. 2016年4月12日閲覧。
  30. ^ 『マギ 30』”. 2016年7月15日閲覧。
  31. ^ 『マギ 31』”. 2016年11月20日閲覧。
  32. ^ 『『アルフ・ワイラ・ワ・ライラ』〜マギ千夜一夜物語〜』”. 2012年11月17日閲覧。
  33. ^ 『マギ キャラクター大図鑑 〜サディーク〜』”. 2014年1月17日閲覧。
  34. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 1』”. 2013年9月18日閲覧。
  35. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 2』”. 2014年1月17日閲覧。
  36. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 3』”. 2014年5月16日閲覧。
  37. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 4』”. 2014年8月18日閲覧。
  38. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 5』”. 2014年12月19日閲覧。
  39. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 6』”. 2015年4月17日閲覧。
  40. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 7』”. 2015年7月17日閲覧。
  41. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 8』”. 2015年10月16日閲覧。
  42. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 9』”. 2016年4月12日閲覧。
  43. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 10』”. 2016年5月18日閲覧。
  44. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 11』”. 2016年11月20日閲覧。
  45. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 チームシンドリア今昔物語』”. 2016年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]

MBS製作・TBS系列 日5枠
前番組 番組名 次番組
機動戦士ガンダムAGE
(2011年10月9日 - 2012年9月23日)
マギ The labyrinth of magic
(2012年10月7日 - 2013年3月31日)
宇宙戦艦ヤマト2199
(2013年4月7日 - 9月29日)
宇宙戦艦ヤマト2199
(2013年4月7日 - 9月29日)
マギ The kingdom of magic
(2013年10月6日 - 2014年3月30日)
ハイキュー!!
(2014年4月6日 - 9月21日)
毎日放送 アニメイズム B2
マギ シンドバッドの冒険