シマツナソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シマツナソ
W taiwantunaso5101.jpg
シマツナソの果実
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : アオイ類 malvids
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
亜科 : Grewioideae
: ツナソ属 CorchorusL.
: シマツナソ C. olitorius
学名
Corchorus olitorius L. (1753)[1]
和名
シマツナソ、ナガミツナソ、タイワンツナソ、モロヘイヤ
英名
nalta jute,
Jew's mallow[2]

シマツナソ(縞綱麻[2]; 学名: Corchorus olitorius)は、アオイ科[注釈 1]ツナソ属(コルコスル属)の一年生草本。別名をナガミツナソ[1]タイワンツナソ[3]、ジュート。 近年は食材(葉菜)としても流通するようになり、モロヘイヤアラビア語: ملوخية‎ ; mulūkhīya[注釈 2]、「モロヘイヤ」の発音はエジプト方言による)の名でよく知られるところとなっている。

リンネの『植物の種』(1753年)で記載された植物の一つである[4]

名称[編集]

種小名 olitorius (オルトリウス)はラテン語で「野菜畑の」の意味。果実は円筒形でナガミツナソ(長実綱麻)の別名はここからくる。同属の植物は30種類以上あるといわれるが、栽培されているのは主に食用になるオルトリウス種と、繊維(ジュート)の原料になるカプラリス種の2種で、オルトリウス種は別名タイワンツナソ(台湾綱麻)、またはモロヘイヤとよばれている[3]。一方、近縁のカプラリス種は和名でツナソ(綱麻)といい、別名でコウマ(黄麻)ともよばれている[3]

モロヘイヤの名前の由来は、一説によるとエジプトの故事の中に王様が重い病気を治した野菜として記述が残っており、この野菜をアラビア語で王様を表わす「マリク」、その複数形「ムルク」から、さらに形容詞の「モロヘイヤ」になって「王様の野菜」を意味するとされている[3]

特徴[編集]

中近東原産[5]、熱帯アジア原産[6]、あるいはインド西部やアフリカエジプト原産といわれる[3][2]。現在は、エジプトを中心にキプロスリビアスーダンなどの比較的乾燥した熱帯地域に分布している[3]。自家受粉により種子で繁殖する、一年生の作物である[3]

は直立し、分枝が多いものと、比較的少ないものがある[7]互生し、葉縁にギザギザした鋸歯があり[7]、青しそに似た形をしている。短日性で、日照時間が13時間より短くなると花芽を形成して、開花結実する[8]。花芽が形成され始めると、新芽の発生は止まる[9]。花は黄色で、葉の付け根に通常1つの5弁花をつける[7]果実莢果で、長さ5 - 10センチメートル (cm) の細長い円筒形をしている[10]

毒性[編集]

種子に強心作用のあるステロイド類のストロファンチジンオリトリシドという強心配糖体、さらにをサポニン含むことが知られており[7][11]、種子を摂食したウシブタの死亡例が日本及びオーストラリアで報告されているが[12][13]、これまでヒトにおける死亡事例の報告はない。この強心配糖体は収穫期の葉、茎、根の各部位と未熟種子には含まれず[7]、また野菜として流通するモロヘイヤ、モロヘイヤ健康食品、モロヘイヤ茶などからも検出されなかったことから、通常の流通品については安全であることが確認されている[14]。この強心配糖体は成熟中のかたい種子[7]、成熟種子のさや、発芽からしばらくまでの若葉にも含まれるため、家庭菜園などで栽培する場合は注意が必要である[15]。また、子供が種子を誤飲することもありうるため管理に気をつけるよう厚生省が注意喚起している[16]

薬理作用[編集]

ACE阻害活性のある物質を含有しているため、高血圧の抑制に効果があるとする研究がある[17]

栽培[編集]

日本で食用にする、若芽

高温多湿に強く水分を好む性質で、発芽適温は25 - 30度[18]、栽培適温は20 - 30度とされる[10]。温度は最低気温を15 - 20度以上にしないと安定した露地栽培は難しく[19]、10度以下になると枯死してしまう[10]。土壌酸度はpH 6.0 - 6.5が栽培に適している[8]。日本での栽培期間は4月 - 9月で、4月に育苗を行い、初夏(5月下旬 - 6月上旬)に苗を定植して、収穫期は7月から10月、家庭菜園でも容易に栽培が可能である[18]

畑は植え付けの2 - 3週間前に、元肥として堆肥を施しておき、高さ5 - 10センチメートル (cm) のを作る[18]。育苗ポットで苗を育てたほうが作りやすいが、畑に直播きする場合は気温が十分に暖かくなった5 - 6月ごろが良いとされる[18]。育苗期間は35 - 30日、本葉が5 - 6枚になったころの苗が定植する時期で、畑の畝に株間35 - 50 cmほどの間隔で定植する[20][21]。雑草が生えるのを防止するためマルチングで対策するのもよいとされる[21]。生長期に入り草丈が40 - 50 cmほどになったところで主枝の先端を摘芯して高さ30 cmにし、以後伸びてくる新枝を1 - 2芽残して収穫する[9][21]。摘芯後は株間を耕して、ぼかし肥などで追肥を行い、その後も2週間に1回程度の追肥するとよいとされる[21]。草丈は1メートルまでにも生長し、夏の間はわき芽の先端のやわらかい茎葉の部分が10 - 15 cmほど手で切り取られて収穫される[21]。草丈が大きくなると新芽の勢いがなくなるので、120 - 150 cmになったら切り戻すとよいとされる[9]。黄色い花が咲いてサヤができるが、熟した実には毒性があるので食べてはいけない[21]。このサヤを乾燥させることで、種を取ることができる[21]

生産地ではさまざまな作型が行われており、温暖地では5月に播種する露地栽培(普通栽培)、それより早く播種する作型を促成栽培といいビニールハウスなどの施設を利用する[19]。遅出しを目的とする秋期の施設栽培では、温度の確保と電照による長日条件で開花を抑制する必要がある[19]。モロヘイヤは短日性のため夏の終わりごろから開花が始まるが、短日に向かう秋の施設栽培では、電照による長日条件にすることによって開花を抑制することができる[8]

農家が圃場で大量に栽培する場合、うどんこ病[22]、灰色かび病、葉ぶくれ病、黒星病を発生することがある[9]。主な害虫は、コガネムシアザミウマにより食害を受けたり、ハダニがつくと葉色が薄くなりクモの巣が張ったようになる[9]

利用[編集]

モロヘイヤ 茎葉 生[23]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 159 kJ (38 kcal)
6.3 g
デンプン 正確性注意 0.1 g
食物繊維 5.9 g
0.5 g
飽和脂肪酸 (0.07) g
一価不飽和 (0.03) g
多価不飽和 (0.24) g
4.8 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(105%)
840 µg
(93%)
10000 µg
チアミン (B1)
(16%)
0.18 mg
リボフラビン (B2)
(35%)
0.42 mg
ナイアシン (B3)
(7%)
1.1 mg
パントテン酸 (B5)
(37%)
1.83 mg
ビタミンB6
(27%)
0.35 mg
葉酸 (B9)
(63%)
250 µg
ビタミンC
(78%)
65 mg
ビタミンE
(43%)
6.5 mg
ビタミンK
(610%)
640 µg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
1 mg
カリウム
(11%)
530 mg
カルシウム
(26%)
260 mg
マグネシウム
(13%)
46 mg
リン
(16%)
110 mg
鉄分
(8%)
1.0 mg
亜鉛
(6%)
0.6 mg
(17%)
0.33 mg
セレン
(1%)
1 µg
他の成分
水分 86.1 g
水溶性食物繊維 1.3 g
不溶性食物繊維 4.6 g
ビオチン(B7 13.6 µg
硝酸イオン 0.2 g

ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[24]。廃棄率: 木質茎つきの場合25%
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

繊維原料(ジュート)として[編集]

近縁のコウマ(黄麻)とともに「ジュート」(英語: jute)と通称され、一部が繊維原料として利用される[3]バングラデシュにおけるジュート生産の4分の1はシマツナソの作付けである。春に播種し、2-3mに生長したところを刈り、茎を水で醗酵させて繊維を採取する。

食材(モロヘイヤ)として[編集]

若葉をモロヘイヤ英名: Jew's mallow)と称して食用とし、やわらかい若い葉を摘んで茹でてから利用するのが一般的である[2]。生葉を食べることもできるが、結石を生じる原因になるシュウ酸を多く含んでいるので、茹でてから水にさらしてシュウ酸を減らす処理をする[6]。刻んだりゆでたりするとツルムラサキオクラ同様、ムチレージムシレージ)による特有の粘りが出るのが特徴である[5]。葉野菜としての主なは6 - 9月ごろで、葉が鮮やかな緑色で先端まで張りがあり、茎が張ってやわらかいものが良品である[5][2]。味や匂いはほとんどクセがなく、たくさん食べることもできる[5][6]

モロヘイヤのスープ

インド古代エジプトでは古くから栽培されて食べられていたことが知られている[2]クレオパトラが愛した野菜といわれ、重病を患った古代エジプトの王がモロヘイヤのスープを飲んで病気を治したという故事からアラビア語で「王様の野菜」の名がついたといわれている[5][2]。現在もエジプトなどでは栽培が盛んで、刻んでとろりとしたスープにして食べるのが一般的である[18]中東ではスープの材料[25]北アフリカでは、刻んで肉(羊肉鶏肉牛肉など)と煮込むことが多い。インドではホウレンソウ代わりの茹で野菜、カリブ海沿岸ではサラダの材料として用いられている[25]

日本に入ってきたのは1980年代後半で、エジプトに留学していた大学教授の飯森嘉助らが、モロヘイヤスープの味を懐かしんで、種子を取り寄せて栽培したのが最初と言われており[3]、のちに「全国モロヘイヤ普及協会」を設立し普及に努めた。1990年代の健康食ブームになる中で、非常に栄養価が高く、活性酸素を抑えるクロロゲン酸ポリフェノールが豊富なことで脚光を浴びて、全国で栽培・産地化が始まった[3][5]。現在は日本各地で広く栽培されおり、三重県群馬県岐阜県静岡県秋田県などが主な産地で[3]宮城県大郷町[26]などが産地として有名。醤油などの日本の調味料にも良くなじみ[5]お浸し[5]スープ[2]天ぷらなどにするほか[18]、乾燥粉末をパンクッキー中華麺の生地に練り込んだりして用いることもある[6]。生の葉は鮮度落ちが早いため、保存するときは茹でてから冷凍保存すると良いとされる[2]

栄養素[編集]

生葉の可食部100グラム (g) あたりの熱量は38キロカロリー (kcal) ほどで[5]、水分86.1 g、炭水化物6.3 g、タンパク質4.8 g、灰分2.1 g、脂質0.5 gが含まれる[6]カルシウムβ-カロテンビタミンB群ビタミンCビタミンE食物繊維などに富む緑黄色野菜の代表格で[5][2]抗酸化作用のあるクエルセチンも多く含む。ビタミンAの元となるβ-カロテンはあらゆる野菜の中で最も多く含まれており(可食部100グラム中、10,000マイクログラム[6])、β-カロテンと食物繊維はホウレンソウの2倍、カルシウムは5倍多く含まれている[5]。一方ビタミンCはコマツナの0.9倍、ホウレンソウとほぼ同じである[25]。全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持つ[6]。これらの栄養から免疫の活性化、がんや老化、骨粗鬆症の予防、疲労回復、夏バテ防止、高血圧を抑える効果が期待されている[2]。また刻むと出てくるムチレージは、胃などの粘膜を保護し、便秘の改善、血糖値コレステロール値の上昇を抑制する効果が期待されている[5][2]

立ち性、開張性の異なる草型でビタミン類、ポリフェノール類の含有量にほとんど違いはなく、栽培条件によって変化する可能性がある[25]。β-カロテンとビタミンCは葉身の部分に多く含まれており、葉柄や茎にはほとんど含まれていない[25]。長時間茹でることによりビタミンCは壊れて減少していくが、β-カロテンについては熱の影響をほとんど受けないという特徴を持っている[25]。モロヘイヤが持つ抗酸化作用はポリフェノール類によるもので、葉の部分にクロロゲン酸3.5-ジカフェオイルキナ酸ケルセチン3-ガラクトシドケルセチン3-グリコシドケルセチン3-(6-マロニルグルコシド)などが含まれており、中でもクロロゲン酸は含有量が多く主要な抗酸化成分となっている[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 最新のAPG体系ではアオイ科であるが、従来の古いクロンキスト体系新エングラー体系ではシナノキ科に分類されていた[1]
  2. ^ エジプトでは民間語源的に mulūkīya 「諸王のもの」という言葉( < mulūk 「諸王」 < malik 「王」)に結びつけられることが多いという。 モロヘイヤ事始

出典[編集]

  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Corchorus olitorius L.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 53.
  3. ^ a b c d e f g h i j k 農文協編 2004, p. 337.
  4. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 529. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358548 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 主婦の友社編 2011, p. 230.
  6. ^ a b c d e f g 講談社編 2013, p. 25.
  7. ^ a b c d e f g 農文協編 2004, p. 339.
  8. ^ a b c 農文協編 2004, p. 341.
  9. ^ a b c d e 農文協編 2004, p. 345.
  10. ^ a b c 農文協編 2004, p. 340.
  11. ^ 合田 幸広, 酒井 信夫, 中村 高敏, 穐山 浩, 豊田 正武、モロヘイヤ種子中の主強心配糖体の同定、分析及び、マウスに対する経口毒性について 食品衛生学雑誌 1998年 39巻 4号 p.256-265, doi:10.3358/shokueishi.39.4_2567
  12. ^ 濱口芳浩, 平井良夫, 谷山敦 ほか、牛のモロヘイヤ (Corchorus olitorius L.) 種子中毒 『日本獣医師会雑誌』 1998年 51巻 8号 p.407-410, doi:10.12935/jvma1951.51.407
  13. ^ 身近な食品中の植物性自然毒(モロヘイヤ) 東京都福祉保健局
  14. ^ 近藤 一成, 穐山 浩, 合田 幸広 ほか、HPLCによるモロヘイヤ及びその加工品中の強心作用成分の分析 『食品衛生学雑誌』 1997年 38巻 6号 p.412-417_1, doi:10.3358/shokueishi.38.6_412
  15. ^ [https://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/2004/01.html 家庭菜園でモロヘイヤを栽培していますが、モロヘイヤの種に毒があると知りました。詳しい内容を教えてください。:農林水産省
  16. ^ モロヘイヤの毒性について 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 安全性研究チーム
  17. ^ 木元幸一、食品中の高血圧抑制物質について 日本食生活学会誌 1999年 10巻 3号 p.20-25, doi:10.2740/jisdh.10.3_20
  18. ^ a b c d e f 金子美登・野口勲監修 成美堂出版編集部編 2011, p. 162.
  19. ^ a b c 農文協編 2004, p. 343.
  20. ^ 農文協編 2004, p. 344.
  21. ^ a b c d e f g 金子美登・野口勲監修 成美堂出版編集部編 2011, p. 163.
  22. ^ 我孫子和雄, 萩原廣、モロヘイヤに発生したうどんこ病菌 『日本植物病理学会報』 1999年 65巻 2号 p.204-206, doi:10.3186/jjphytopath.65.204
  23. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  24. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  25. ^ a b c d e f 農文協編 2004, p. 338.
  26. ^ 特産品 大郷町

参考文献[編集]

  • 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 『かしこく選ぶ・おいしく食べる 野菜まるごと事典』成美堂出版、2012年7月10日、53頁。ISBN 978-4-415-30997-2 
  • 金子美登・野口勲監修 成美堂出版編集部編 『有機・無農薬 家庭菜園 ご当地ふるさと野菜の育て方』成美堂出版、2011年4月1日、162 - 163頁。ISBN 978-4-415-30991-0 
  • 講談社編 『からだにやさしい旬の食材 野菜の本』講談社、2013年5月13日、25頁。ISBN 978-4-06-218342-0 
  • 主婦の友社編 『野菜まるごと大図鑑』主婦の友社、2011年2月20日、230頁。ISBN 978-4-07-273608-1 
  • 農文協編 『野菜園芸大百科 第2版 20:特産野菜70種』農山漁村文化協会、2004年3月31日、337 - 346頁。ISBN 4-540-04123-1 

外部リンク[編集]