ネクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ネクソン
NEXON Co., Ltd.
Nexon Logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3659
2011年12月14日上場
本社所在地 東京都港区六本木1丁目4番5号
設立 2002年12月18日
業種 情報・通信業
法人番号 6010001081280
事業内容 PCオンラインゲームの開発及びサービスの提供
モバイルゲームの開発及びサービスの提供
ポータルサイトの企画及び運営
代表者

代表取締役社長 オーウェン・マホニー(Owen Mahoney)

代表取締役最高財務責任者(CFO) 植村 士朗
資本金 14,199百万円(単体)
売上高 連結2,537億円
(2018年12月期)
営業利益 連結983億円
(2018年12月期)
純利益 連結1,077億円
(2018年12月期)*親会社の所有者に帰属
純資産 連結5,655億円
(2018年12月)
総資産 連結6,500億円
(2018年12月)
従業員数 連結6,441名/単体322名
決算期 12月31日
主要株主 大韓民国の旗 韓国 NXC Corporation
主要子会社 NEXON Korea Corporation 100%
株式会社 gloops 100%
外部リンク http://company.nexon.co.jp/
https://ir.nexon.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ネクソン: NEXON Co., Ltd.)は、PCやモバイル向けのオンラインゲームの開発及び配信をしている日本の会社[1]韓国エヌエックスシー・コーポレーションの子会社で、NEXON Korea Corporationの親会社[2]。2009年3月31日までの旧社名は株式会社ネクソンジャパン: NEXON Japan Co., Ltd.)。

主にNEXON Koreaで作られたMMORPG(多人数参加型ネットワークRPG)を日本語化・運営している。日本のオンラインゲーム市場における“老舗”である[3]

2019年現在、売上の約半分を中国版のアラド戦記に依存している[4]

略史[編集]

2000年9月、NEXON Corporationソリッドネットワークス(旧株式会社ネクソンジャパン)が資本提携の上、「株式会社ネクソンジャパン」としてオンラインゲームの配信サービスを開始した。

2002年12月18日、NEXON Corporationの100%子会社株式会社ネクソンジャパンとして設立。それまで日本での事業をおこなっていた合弁企業ソリッドネットワークス(旧株式会社ネクソンジャパン)とNEXON Corporationが資本提携を解消したのと入れ替わりに、日本での事業を開始した。

2003年11月、所在地を東京都中央区新川二丁目3番1号に移転。

2004年ごろから、無料でプレイ可能な大富豪五目並べなどができるウェブゲームや、アバターを作ったり、ラウンジという特定のユーザーが集まり、会話や画像の投稿などができるスペースを作っている。2006年1月には全ての有料タイトルをアイテム課金制に移行し、月額料金は無料で遊べるようになった。

2005年9月、子会社として米国にNXゲームズ・インク(現NEXON America Inc.)を設立した。

2005年10月、NEXON Corporationから親会社を異動し、ネクソングループも本社となった。

2009年4月、社名を「株式会社ネクソンジャパン」から「株式会社ネクソン」に変更した。

2010年から2016年まで千葉ロッテマリーンズのユニフォームスポンサーとなり、ユニフォーム上着の右胸部分に同社のロゴマークを掲出していた。

2010年11月、子会社としてルクセンブルク大公国にNEXON Europe S.à r.l.を設立した。

2011年3月に起こった東北地方太平洋沖地震、並びに発生した福島第一原子力発電所事故による計画停電のため一時期サービスを停止していたが、同年7月に全サービスを再開する。

2011年12月14日、東京証券取引所1部に上場。

2012年10月1日、ソーシャルゲーム提供事業者の株式会社 gloopsを365億円で買収し、完全子会社化。

2015年3月、ドイツにNEXON Europe GmbHを設立。

2015年12月、台湾にNEXON TAIWAN LIMITEDを設立。

2016年3月、『ドミネーションズ -文明創造-』の開発を手がける、ビッグ・ヒュージ・ゲームズを100%子会社化。

2016年7月、筆頭株主で取締役の創業者・金正宙が韓国検察当局に起訴されたため、取締役を辞任[5][6]

2017年11月、米国のPixelberry Studiosを100%子会社化。

2018年6月、韓国のナットゲームスカンパニー・リミテッドを連結子会社化。

2018年3月、本社を東京都港区六本木一丁目に移転。

開発部門[編集]

主なゲームタイトル[編集]

サービス終了日は基本的に日本語版のもの。

運営中[編集]

PC
モバイル
  • ドミネーションズ -文明創造- ※Big Huge Games英語版開発 (後に子会社化)
  • 三國志曹操伝 ONLINE ※孫会社のThingsoft英語版が開発
  • Lode Runner 1
  • Ring Toss & World Tour
  • OVERHIT ※NAT Games開発 (後に子会社化)
  • エビルファクトリー ※子会社のNeopleが開発、子会社のNexon Mが配信
  • アフター・ジ・エンド ※子会社のNeopleが開発、子会社のNexon Mが配信
  • 真・三國無双 斬 ※台湾SO-CAYENNE MOBILE ENTERTAINMENT開発
  • MARVEL Battle Lines
  • SpecialSoldier(日本未配信)※wellgames (現NEXON RED) 開発・配信 (後に子会社化[8])
  • メイプルストーリーM
  • FIFA ONLINE 4 M by EA SPORTS(日本未配信)※Electronic Arts Seoul Studio (現Spearhead) 開発
  • Darkness Rises(日本未配信)※子会社のBOOLEAN GAMESが開発
  • FAITH-フェイス (原題:AxE) ※NEXON RED (旧wellgames) 開発[9]
  • Dark Avenger X
  • ゴジラディフェンスフォース ※子会社のNeopleが開発
  • Traha(日本未配信)
  • Point Blank: Strike (日本未配信) ※NEXON RED (旧wellgames) 開発
  • 野生の地:Durango (日本未配信) ※What! Studio開発

開発中[編集]

PC
  • Project BBQ ※子会社のNeopleが開発
  • Dragonhound ※子会社のdevCAT Studio開発
モバイル
  • Dave The Diver ※子会社のNeopleが開発
  • テイルズウィーバーM
  • マビノギM
  • ArkResona
  • revisions next stage
  • 真・三國無双8モバイル
  • V4 ※子会社のNAT GAMES開発

運営終了予定[編集]

PC


モバイル

開発・運営中止[編集]

PC
  • ZerA(クローズドβテスト終了後、公式サイトが一時停止、1年後の2008年1月にサービス中止が発表された)
  • マビノギ2: アリーナ朝鮮語版 ※devCAT Studio開発
  • マビノギ XBOX 360版 ※devCAT Studio開発[10]
  • ハスキーエクスプレス (2009年8月11日韓国でオープンベータ開始、2011年4月18日韓国でサービス終了[11]) ※devCAT Studio開発[10]
  • スラップショット・アンダーグラウンド ※Numix Entertainment開発[10]
  • Trash Buster (2008年11月13日韓国でオープンベータ開始、2008年12月31日韓国でサービス終了) ※LODUMANI studio開発[10]
  • カバティーナストーリー ※Wizet studio開発
  • Titanfall Online(2015年7月計画発表、2018年7月開発中止が報じられる[12])※ネクソンGT開発
  • Need for Speed: Edge (2017年12月韓国でベータテスト開始[13]、2019年5月30日韓国でサービス終了[14]) ※Spearhead (旧Electronic Arts Seoul Studio) 開発
  • Project G (2019年8月開発中止が報じられる[15]) ※NEXON RED (旧wellgames) 開発
  • PERIA CHRONICLES (2019年5月韓国でパイオニアテスト、2019年8月開発中止が報じられる[16]) ※孫会社のThingsoft英語版が開発


他社移管[編集]

PC

運営終了[編集]

PC
PC (日本未配信)
  • SilentPlot1 (未来啓示錄Online、2012年8月20日に台湾でサービス終了) ※シルバーポーション開発[10]
  • サドンアタック2朝鮮語版(2016年7月6日韓国でサービス開始、2016年9月29日韓国でサービス終了[22]、日本でのサービスは中止)※ネクソンGT開発
  • Battlerite (2019年7月4日韓国でサービス終了[23]) ※典Stunlock Studios開発
  • ASCENDANT ONE (2019年8月14日韓国でサービス終了[24]) ※devCAT Studio開発
モバイル
  • 萌え騎士ぐんぐにる(2015年7月3日にサービス終了)
  • Fantasy×Runners2(2015年9月17日にサービス終了)
  • マギ Dungeon&Magic(2015年9月17日にサービス終了)
  • クレヨンしんちゃん夢みる!カスカベ大合戦(2015年9月28日にサービス終了。他社移管)
  • クレヨンしんちゃんUFOパニック!走れカスカベ防衛隊(2015年11月11日にサービス終了)
  • Soul Slash SAGA(2015年12月22日にサービス終了)
  • けものフレンズ(2016年12月14日にサービス終了)
  • メイプルストーリーポケット(2017年3月21日にサービス終了)
  • メダルマスターズ(2017年8月23日にサービス終了)
  • ダンジョンストライカーG(2017年9月19日にサービス終了)
  • クロスレギオン(2017年9月19日にサービス終了)
  • GUNPIE ADVENTURE(2017年9月20日にサービス終了)
  • カオスクロニクル (2017年12月19日サービス終了[25])
  • ARENA MASTERS (2018年2月6日サービス終了[26])
  • LEGO クエスト&コレクト (2018年2月13日サービス終了[27])
  • ファンタジーウォータクティクスR (2018年3月15日サービス終了[28]) ※ネクソンGT開発
  • ディズニー タッチタッチ (2018年7月10日サービス終了[29])
  • マビノギデュエル (2018年8月23日サービス終了[30])
  • ドラゴン騎士団 (2018年10月1日サービス終了[31]) ※子会社のgloopsが開発
  • GIGANT SHOCK (2018年12月17日サービス終了[32]) ※Carbon Eyed開発
  • StraStella (2019年1月22日サービス終了[33])
  • HIT (2019年5月30日サービス終了[34]) ※NAT Games開発 (後に子会社化)
  • HIDE AND FIRE (2019年6月25日サービス終了[35]) ※テンセント開発
モバイル (日本未配信)

提供番組[編集]

日本テレビ系列

テレビ朝日系列

TBS系列

テレビ東京系列

フジテレビ系列

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 筆頭株主は韓国人創業者の金正宙である。
  2. ^ 韓国NXC、ビットコイン取引所を買収 日本経済新聞 2017年9月28日
  3. ^ 4gamer2006/11/30の記事
  4. ^ Nexon shelves $15bn auction after struggle to find buyer Financial Times 2019年
  5. ^ 【人事】ネクソン、韓国検察当局に起訴されたことを受けて金正宙氏が取締役を辞任 Social Game Info 2016年07月29日
  6. ^ 金正宙会長、ネクソンジャパン上場なら国内2位の富豪に 中央日報 2010年12月07日
  7. ^ 韓国Nexon,「アラド戦記」の開発元Neopleを買収し子会社化 4Gamer.net 2018年7月10日
  8. ^ ネクソングループがFPS「SPECIAL SOLDIER」の開発会社wellgamesを100%子会社化 4Gamer.net 2016年5月12日
  9. ^ 超大型モバイルMMORPG「AxE(アックス)」が韓国にて配信開始 4Gamer.net
  10. ^ a b c d e f 넥슨, '지스타'에서 최대 규모 부스 열고 신작 공개 (朝鮮語) ゲーム東亜 2007年10月31日
  11. ^ 韓国NEXON,オンラインRPG「ハスキーエクスプレス」とSNS「Nexon Star」のサービス終了を発表。ハスキーエクスプレスは再開発の可能性も 4Gamer.net 2011年3月29日
  12. ^ NexonのPCオンラインゲーム「Titanfall Online」が開発中止に 4Gamer.net 2018年7月10日
  13. ^ 넥슨, 레이싱 대전 게임 ‘니드포스피드엣지’ OBT 시작 (朝鮮語) ITDaily 2017年12月8日
  14. ^ Need for Speed Edge 서비스 종료 안내 (朝鮮語) Nexon Korea 2019年4月4日
  15. ^ 넥슨레드 '프로젝트G' 드랍, 80여 명 개발인원은 어디로? (朝鮮語) INVEN 2019年8月20日
  16. ^ PC用MMORPG,「PERIA CHRONICLES」開発がキャンセル 4Gamer.net 2019年8月28日
  17. ^ NEXON公式発表。実際は「契約」という形で 日本からの課金窓口を行っていた。
  18. ^ 「マビノギ英雄伝」が2018年8月29日にサービス終了 4Gamer.net 2018年5月30日
  19. ^ 「カウンターストライクオンライン」のサービスが2019年3月6日に終了 4Gamer.net 2018年12月13日
  20. ^ ネクソン、PCオンラインFPS『サドンアタック』のサービスを2019年9月25日をもって終了…サービス開始から約8年11ヶ月で Social Game Info 2019年6月12日
  21. ^ ネクソン、韓国ゲームハイの株式を追加取得・・・比率は52%に GameBusiness.jp 2010年8月15日
  22. ^ 서든어택2 2016년 09월 29일(목) 서비스 종료 안내 (朝鮮語) Nexon 2016年7月29日
  23. ^ Battlerite – Nexon shutting down Korean server of unique MOBA MMO Culture 2019年5月6日
  24. ^ ASCENDANT ONE Nexon Korea
  25. ^ ネクソン、『カオスクロニクル』のサービスを2017年12月19日をもって終了 Social Game Info 2017年12月19日
  26. ^ ネクソン、『Arena Masters(アリーナマスターズ)』のサービスを2018年2月6日をもって終了 Social Game Info 2018年2月5日
  27. ^ ネクソン、『LEGO クエスト&コレクト』のサービスを2018年2月13日をもって終了 Social Game Info 2018年1月6日
  28. ^ ネクソン、『ファンタジーウォータクティクスR』のサービスを2018年3月15日をもって終了 Social Game Info 2018年3月10日
  29. ^ ネクソン、『ディズニー タッチタッチ』のサービスを2018年7月10日をもって終了 Social Game Info 2018年5月3日
  30. ^ ネクソン、『マビノギデュエル』のサービスを2018年8月23日をもって終了 Social Game Info 2018年6月21日
  31. ^ ネクソン、『ドラゴン騎士団』のサービスを2018年10月1日に終了…サービス開始から約5ヶ月で Social Game Info 2018年8月2日
  32. ^ ネクソン、『GIGANT SHOCK(ギガントショック)』のサービスを2018年12月17日をもって終了…サービス開始から約5ヶ月で Social Game Info 2018年10月17日
  33. ^ ネクソン、『StraStella(ストラステラ)』のサービスを2019年1月22日をもって終了 Social Game Info 2018年11月8日
  34. ^ ネクソン、『HIT』のサービスを2019年5月30日をもって終了 Social Game Info 2019年3月26日
  35. ^ ネクソン、『HIDE AND FIRE』のサービスを2019年6月25日をもって終了 Social Game Info 2019年4月25日
  36. ^ An important message to the Titanfall: Assault community. Twitter 2018年6月29日
  37. ^ 넥슨, 마스터 오브 이터니티(M.O.E) 4월 30일 서비스 종료 (朝鮮語) BEI News 2019年4月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]