小山愛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小山 愛子
生誕 ????12月28日
日本の旗 日本 青森県
職業 漫画家
活動期間 2001年 -
ジャンル 少年漫画
代表作PING PONG RUSH
テンプレートを表示

小山 愛子(こやま あいこ、12月28日[1] - )は、日本漫画家青森県出身、横浜市育ち[2]。主に小学館で活動している。

略歴、人物[編集]

漫画家である西条真二雷句誠アシスタントを経て、2001年まんがカレッジ努力賞受賞。同年、少年サンデー超増刊に『日常戦線』でデビュー[1]

レトロ趣味があり、古い薬棚や時計を収集している。普段着も着物が多い。「スポーツは苦手」とのことで、『PING PONG RUSH』連載時は大変苦労したとのこと[2]

作品[編集]

連載[編集]

読切[編集]

  • 日常戦線(『週刊少年サンデー超』2001年10月25日号)
  • 杏仁遊戯(『少年サンデー特別増刊R』2002年4月15日号)
  • Go!Go!ライダー(『週刊少年サンデー超』2002年5月25日号)
  • ニポリの空(『週刊少年サンデー』2002年33号)
  • ヘブンズ★スター(『週刊少年サンデー超』2003年4月25日号)
  • タマ!!!!〜真夏のグランドスラム〜(『週刊少年サンデー』2004年29号)
  • ハルが来た!(『週刊少年サンデー』2005年27号)
  • 岡田武史 サッカー日本代表監督物語(原作:横田直幸、協力:日本サッカー協会、『GAKUMANplus』2010年7月号)
  • 十和田'83(『ゲッサン』2014年11月号)
  • 始発電車(『週刊少年サンデー』2016年45号)

脚注[編集]

  1. ^ a b ゲッサンWEB 作品紹介 ちろり
  2. ^ a b 『ゲッサン』2011年7月号の横山裕二「仕事場見たいし!」より。

外部リンク[編集]