スロウスタート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スロウスタート
ジャンル 4コマ漫画学園
漫画
作者 篤見唯子
出版社 芳文社
掲載誌 まんがタイムきらら
レーベル まんがタイムKRコミックス
発表号 2013年7月号 -
巻数 既刊5巻(2018年1月現在)
アニメ
原作 篤見唯子
監督 橋本裕之
シリーズ構成 井上美緒
脚本 井上美緒、山下憲一
キャラクターデザイン 安野将人
音楽 藤澤慶昌
アニメーション制作 CloverWorks(A-1 Pictures)
製作 スロウスタート製作委員会
放送局 TOKYO MX関西テレビほか
放送期間 2018年1月 - 3月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

スロウスタート』は、篤見唯子による日本4コマ漫画作品。芳文社の『まんがタイムきらら』にて2013年7月号より連載中。2017年5月9日発売の『まんがタイムきらら』2017年6月号にてテレビアニメ化が発表された[1]

あらすじ[編集]

中学3年生の一之瀬花名は高校入試の前日におたふく風邪に罹患して受験できなかったことから進学できず、中学浪人[注 1]になってしまう。中学卒業から1年後、花名は自分を知る者が誰もいない「長乃県爽井沢」の星尾女子高校に進学し、浪人していたことを秘密にしたまま1年生から入学し高校生活をスタートさせるのだった。

キャラクター[編集]

キャラクターに記された出席番号はテレビアニメ版に準ずる[注 2]

メインキャラクター[編集]

一之瀬 花名(いちのせ はな)
- 近藤玲奈[2]
年齢 - 17歳 / 学年 - 高校1年生 / 誕生日 - 4月6日 / 星座 - おひつじ座 / 血液型 - A型 / 身長 - 154cm / 体重 - 45Kg / 出席番号 - 1番 / 得意科目 - 数学 / 好きな丼物・甘味・寿司ネタ・果物 - 親子丼オペラ・たまご・
本作の主人公で、星尾女子高等学校の生徒。
高校入試の前日におたふく風邪に罹患して公立・私立ともに受験できず[注 3]、中学浪人となってしまった後に1年間の浪人生活を経て高校生となった。浪人決定後、実家から離れたアパート「てまりハイツ」で一人暮らし(実質的には、管理人を務める従姉の志温と二人暮らし)を始めており、高校へもそこから通っている。
中学の卒業式にも出席できないまま卒業し、家で泣き続けて引きこもる宣言をするほどであったが、母の葉月の計らいによる新たな環境での一人暮らしと浪人生活を経た1年後、星尾女子高校に1年次から入学する。クラスは2組。入学式当日に誕生日を迎えて17歳となった。
高校では浪人していたことを秘密にしている(浪人を知っているのは個人情報を知る榎並ら教諭のみ)が、たま達と仲良くなるにつれ後ろめたさを感じるようになり、彼女達に話さなければならないという思いが強くなっている。しかし、関係が変わってしまうのを懼れ、中々打ち明けることが出来ない。自分に都合のよい浪人ネタの夢を見る度に、自己嫌悪に陥ったり、皆に申し訳なく思っている。
気遣いのできる優しい性格だが、不器用で泣き虫なため、人付き合いはあまり得意ではなく、家族や友人からはめんどくさい性格と言われることもある。真面目で物事を(悪い方に)考えすぎる嫌いがあり、必要以上に慌ててしまう。その純粋さや素直さから冗談を真に受けがちで、たまてや冠に時々からかわれている。極度の恐がりで、栄依子とたまての怪談とはとても呼べない怪談話にすら怯えてしまった。
浪人中は殆ど外出しなかったこともあって体力が衰えて運動が苦手になり、入学直後のスポーツテストでは、ボール投げで真上に投げて自分の頭にボールが当たる、冠に支えてもらうも転倒して校庭の崖から落ちる、走り幅跳びで尻もちをつく、足をつるなどの醜態を晒している。ただし、握力だけは普通であった。
あまりの体力の無さを危惧した志温により、ゴールデンウィーク中も強制的に運動をさせられたが、その後はさぼりがちになる。たま達と買いものに行った際、その体力のなさで皆に迷惑をかけてしまい一念発起する。体力の低下は一年間ひきこもっていたからだと開き直るも、同じく引きこもりの大会との差に愕然となる。1年の夏休み明け時点でスクワットは一回も出来ない。
球技も水泳も苦手。バレーボールではボールがどのように当たっても前と上にだけは決して飛ばない。
筋力もなく、志温から一眼カメラを借りた時は、手振れ修正機能を打ち消すほど腕が震えてしまい、たまてが三脚の代わりになった(冠と栄依子はたまてを左右から支えた)
中学卒業し浪人生活が始まった後に、志温とともに美容店に行き、ヘアースタイルを中学までのロングから心機一転し現在のショートヘアーにしている。
浪人中は殆ど外出せず勉強に専念していたため、学力はとても高く、教え方も上手い。
食事の支度を志温に任せているため、たまて達が勉強会で初めて花名の部屋に来た時には、炊飯器などの調理器具や皿がなかった。
百地 たまて(ももち たまて)
声 - 伊藤彩沙[2]
年齢 - 16歳 / 学年 - 高校1年生 / 誕生日 - 5月23日 / 星座 - ふたご座 / 血液型 - B型 / 身長 - 153cm / 体重 - 47Kg / 出席番号 - 25番 / 好きな食べ物 - なめたけ / 好きな丼物・甘味・寿司ネタ・果物 - 牛丼エクレアウニマンゴー
花名のクラスメイト。髪型はツインテール。素直で明るくマイペースな性格でフランクな敬語で話す。愛称は「たま(ちゃん)」。
名前の由来は昔話浦島太郎玉手箱からだが、本来「玉」は宝石など奇麗なものをさし、「手箱」は化粧品などを入れる化粧箱であるので、宝石を入れる化粧箱という意味で「玉・手箱」と区切るべきところを、両親が深く考えずに区切りを「玉手・箱」としてたまてと名付けてしまったことを気にしており、たまてではなくたまちゃんと呼んでもらいたいと思っている。
冠に肉団子から付けようとして肉団になったという、あまりにストレートな突っ込みをされている。
人懐こく、物おじしない。困っている人(見ず知らずの相手でも)に対して、気負いも衒い(てらい)もなく手を貸すことができる。
入学式後のクラス内での自己紹介で、出席番号1番の花名の挨拶があまりにも短かった為、榎並が花名の誕生日が今日だと明かし、生徒達に拍手をするよう促した。しかし初日ということもあって大多数の者が戸惑い困惑する中、率先して祝いの言葉とともに大きな拍手を花名へ贈った。解散後、目立つ事が苦手で誰にも話しかけることが出来ない花名に、「お誕生日の人さん」と声をかけたのもたまてである。
花名の名前が「かな」と読み間違われることから、一緒に『「かな」え「たま」え』というアイドルユニットを組もうと思ったが、「はな」なので『「はな」れ「たま」え』になるというボケネタを栄依子とともに行って花名に絡み、次第に花名に近づいていく。
栄依子曰く、花名が相手だと世話焼きになる。
風紀検査の時、教師の目をごまかす様々な方法をクラスメイトに伝授している(その後、榎並からダミー辞書は何度か落として使用感を出した方が良いとのアドバイスを受けた)。
オタクで、10年以上前からギャルゲーをしていた。ゴールデンウィークには東京ビッグサイトで開催される同人誌即売会に参加しており、オタク活動を行っている。「イベントスチル」や「フラグ」といったギャルゲー用語を日常会話の中で用いたり、自宅の居間でギャルゲーをプレイするなど堂々とオタク趣味を楽しむ様子を見せる一方で、オタク趣味はひっそりと嗜みたいと公言し、オタ気のない友人からその手の話題が出ることはいたたまれなく感じるらしい。
栄依子と同じ中学校出身で、当時の調理実習で栄依子が憧れたほど料理が得意。家で料理を担当しており、預かったひと月分の食費から色々やりくりし、残った金額が小遣いとなる。が、新しい料理に挑戦したり美味しそうな食材を祖母たちに食べて欲しいと、つい出費が多くなりピンチになることがある。
家では着物を普段着としている。まっすぐ仰向けになって両手を胸の前で交差させる寝相を取るため、寝巻である浴衣を全く着崩さずに寝ることが可能で「ツタンカーメンより寝相が良い」と自称する。
愛称やオタク趣味(特にギャルゲー)、和服と敬語や髪型など、作者が以前デザインした『マジキュー』のマスコットキャラクターで『瓶詰妖精』にも登場した「たまちゃん」と共通点が多いキャラクター。
多佳子と史生という2人の祖母がおり、家は和風で表札は百地のみであるが、両親とも百地姓なのかなどは劇中では触れられていない。
十倉 栄依子(とくら えいこ)
声 - 嶺内ともみ[2]
年齢 - 16歳 / 学年 - 高校1年生 / 誕生日 - 6月20日 / 星座 - ふたご座 / 血液型 - B型 / 身長 - 163cm / 体重 - 48Kg / 出席番号 - 19番 / 趣味特技 - 樹脂細工 / 好きな丼物・甘味・寿司ネタ・果物 - 天丼・チェリーパイ・甘エビ・さくらんぼ
花名のクラスメイト。コミュニケーション能力が非常に高く、初対面の相手とも積極的に話せるタイプ。入学から4日でクラス全員の名前を呼び捨てにしていた。入学二ヶ月後の誕生日には冠を除く全員からトレードマークのヘアピンを贈られている(冠は皆と被るのを避け、あえて指輪を選んだ)。
気が利き背が高く容姿も大人っぽいので、メインキャラクター4人の中ではお姉さん的存在である(実年齢は花名が浪人で1歳上)。
花名たち以外にも友人が多く、休日にはよく友人たちと会って遊んでいる様子が描かれる。大人びた雰囲気と、思わせぶりな言動の多さからか男女問わず好意を寄せられることが多い。
担任である榎並には教師への信頼以上の感情を持っている様な節が見られ、ことあるごとにちょっかいを出すが大人の余裕であしらわれて逆に反撃を受け、慌てふためいたり赤面したりする。
スカートをめくられて下着を見られた際は、羞恥のあまり動揺してしまい冠に慰められた。
夜、榎並が友人の西村(声 - 内山夕実)と飲酒して千鳥足になっているところに居合わせて成り行きで介抱し、榎並宅で一泊して翌朝に登校している(この時の外泊アリバイはたまてに頼んだ。
稀助(まれすけ)という名前の小型犬を飼っている。栄依子と妹・光希の入学祝いで迎えた雄犬だが、光希の受験は翌年なので前倒しである。万が一不合格だった場合、光希は苺の帽子等で飾られたファンシーな格好の稀助と毎日散歩することになる(母・紗枝子による冗談のような罰だが、栄依子も光希もその姿の稀助を可愛いと思っているので罰にはならない)。
妹の光希が作ってくれたパンのおかずとなる特製スープを水筒で持参しており「妹汁」と名付けた。
小学6年生の時に出会って二日間遊んだだけの冠ととても仲良くなっており、冠にも非常に懐かれている。冠から栄依子への好意が描かれることが多いが、栄依子も(高校生になったのに小学生の頃と変わらない姿の冠を初めて見た時に)「焦がれるあまりに幻が現れたのかと思った」と冠を想い続けていたことを明かした。
「大きな学校を探検したくて」こっそり忍び込んだのが、見学週間中の冠の学校であった。
図書館にいた綺麗なお姫様のような女の子(冠)を見かけ、「声が聞きたい・お話ししたい」と思うが、声をかける勇気が出ず毎日窓から見つめ続けた事や、どんな本を読んでいるのかとこっそり覗いた事、4日目に勇気を出して話しかけたという事は冠には内緒にしている。
冠を大切に思っており、彼女のどんなに小さな声でも栄依子には届く。無意識に色々世話をやいてしまう。聞かせたくない話(エロい話等)の時は冠の耳をふさぐ。
樹脂細工でアクセサリーを作る趣味があり、母・紗枝子の雑貨店のスペースを借りて売っている。このことは家族以外には秘密にしており、家族以外では花名に初めて打ち明けた。
手先が器用でレース編みも得意。従姉妹の結婚式で父・耀司が着けられるように、ブートニエールを手作りしている(色は父の好きな色を光希が選んだ)。
千石 冠(せんごく かむり)
声 - 長縄まりあ[2]
年齢 - 16歳 / 学年 - 高校1年生 / 誕生日 - 10月30日 / 星座 - さそり座 / 血液型 - AB型 / 身長 - 136cm / 体重 - 30Kg / 出席番号 - 16番 / 靴のサイズ - 19cm / 好きな丼物・甘味・寿司ネタ・果物 - カツ丼ババロア・ヒラメ・メロン
花名のクラスメイト。とても小柄で髪は少しウェーブがかったロングヘアー。栄依子からの愛称は「冠(「かむ」と発音)」、のちにたまてからも「かむちゃん」と呼ばれるようになる。
食べることが好きで大食漢だが食べるペースは遅い。重箱のお弁当が時間内に完食出来ない。ゆっくり自分のペースで起床し食事をすると、朝食をとった時点で日が暮れてしまう。親に「最近の女子高生はおやつにケーキを最低5個は食べる」という嘘をついている。
花名達の頭などを撫でて慰めることがよくあるが、花名がたまてと栄依子の会話の内容が分からず淋しい想いをしている時は「あずき練乳フランス」を、トマトを上手に食べられなく落ち込んだ時はきゅうりを渡した。
足が速く、陸上部に勧誘されるほど。
普段は無表情気味で人見知り。また、栄依子が傍にいない時は少しオドオドした感じになる。人に慣れるのに花名よりも時間がかかる。
小学生のころから身長の成長が極めて遅く、栄依子が入学直後に見つけた際は、冠に似ているだけで別人だと思ったほどであったが、実は本人であまりにも身長が伸びておらず、栄依子を驚かせた。頭のリボンを名前の由来である冠鷲の冠羽に見立て、身体の一部だと主張している。
夏休みの間に身長が2センチ伸び、ひと月2センチ×月数で卒業までに2メートルを超える計画をたてている。
小学6年生の時に出会い二日間遊んだだけの栄依子と再会したいと、ずっと願っていた。
中学までは星尾女子とは別の私立学校系列の幼稚舎からのエスカレーターだったが、中3の春頃、商店街で栄依子を見かけ声を掛けるも、あまりにも小声で彼女には気づいてもらえなかった。その際に栄依子が口にした「星尾女子」という学校名だけを頼りに、栄依子が受験と入学する確証もなく外部受験で星尾女子に合格し入学して見事に栄依子と再会した。なお、この時見かけたのは実は栄依子ではなく妹の光希で、髪の長かった小学生時代の栄依子を知る冠が栄依子と見間違えたことが後に判明する。
家族ぐるみで栄依子を大事に思っている。たまてが所持していた中学時代の栄依子の生写真を譲られた冠曰く、「両親に見せたら喜ぶ。額に入れて飾ると思う」とのことである。また、「栄依子がいるかもしれない」という理由で冠が外部受験するのを快諾・応援したという。
父の錦(にしき)が「御礼」として高級アイスクリームを栄依子へ贈ったことが、栄依子が冠の家へ再訪する切っ掛けとなる(冠を思っての行動だったが、子供が生意気を言ってしまったことや錦の威圧感に負け逃げ出してしまったことで気後れし、どうしても再訪出来なかった栄依子が「お届け物のお礼」という名目に後押しされた形)。
栄依子は錦が自分に怒っていると思っていたがそれは誤解で、錦は栄依子に感謝しており、彼女をもてなすためにケーキ屋を2軒まわって全種類を買ってきている(この時に冠の「女子高生のおやつはケーキ5個以上」の嘘がばれてしまった)。
ピアノやマリンバなどの楽器の習い事をしており、ゴールデンウィークには習い事(アニメではピアノ)の発表会を行っている。
スカートをはき忘れて登校するなど、おっちょこちょいな面もある。暑い時にはベストではなくスカートを脱いでしまう。
クラスメイトからはマスコットキャラのように可愛がられている。
貯金箱の中の硬貨の鳴る音で、硬貨の種類と枚数を当てるという特技を持っている。
「なごみ」と「すごみ」という2匹の飼い猫は、栄依子と一緒に遊んだ仔猫たちである(栄依子が冠の学校の校舎裏でみつけた)。

1年2組[編集]

榎並 清瀬(えなみ きよせ)
声 - 沼倉愛美[3]
誕生日 - 3月10日 / 血液型 - AB型 / 身長 - 173cm / 体重 - 56Kg / 好きな丼物・甘味・寿司ネタ・果物 - 海鮮丼モンブラン・コハダ・バナナ
星尾女子高等学校の教師で、花名たちのクラス1年2組の担任。
ボーイッシュで見かけが暗く、棒読みのテンションが低い物言いで教壇に立つ。酒好きだが、外見とは裏腹に酒にはあまり強くなく、友人の西村と飲んだ際は少量で千鳥足になっている。
入学直後のスポーツテスト終了後、花名達が自販機のアイスを購入して食べているところを通りがかり、自身もバナナチョコミントハワイアンアイス(花名は「まずい」と言い捨てた)を食べる。
ゴールデンウィーク中に、自宅で途中放置していたジグゾーパズルを酔っ払いながら完成させるも、専用のりが見つからず木工用ボンドで固め、そのまま寝てしまったために髪とパズルが離れなくなり、ロングだった髪をショートにして生徒たちを驚かせた(アニメでは最初からショート)。
教師として最低限のことをやった後は生徒に自主的に決めさせる主義。しかし放任主義という訳でもなく、相談などにはきちんと乗っており、生徒からの信頼は厚い。
学年主任の教員(目つきの悪い白髪の高齢女性)とは相性が悪いらしく、服装で気合を入れてラップスカートを着用して来て注意を受け、下半身をジャージに着替えさせられるなど、時折説教や小言を食らっている様子。
栄依子との絡みが多く、風紀検査の下着の話で、栄依子のスカートをめくって下着を見る。夏休みに入ってすぐの学習強化合宿で栄依子の発熱に気づき、朝まで側についている。
教師であるため、生徒である花名の生年月日や入試の経緯、両親との面談などで、花名がおたふく風邪で浪人して入学していることを知っており、花名がクラスメートに浪人を打ち明けるか相談に乗っている。
腹筋が割れている。花名たちが二人掛かりでも運ぶのが大変だった荷物を、一人で軽々と運べる。
甘いもの好き。夏休み最終日の甘味処巡りで全ての店で冠と遭遇し、意気投合する。それまでは怯えられており、クラスで集めたノートを職員室に届けにきた冠の姿(怯えとノートの重さにびくつき震えていた)に良心が咎め、大きなペロペロキャンディをご褒美で渡したことがある。
今井 千尋(いまい ちひろ)
声 - 巽悠衣子[3]
出席番号 - 2番 / 部活動 - 演劇部
岩崎 敬(いわさき けい)
声 - 小原好美[3]
出席番号 - 3番 / 部活動 - 茶道部
クラスメイトをあだ名で呼んでいる。幸と仲が良く「つばきち」と呼んでよく行動を共にしている。
内田 麻理絵(うちだ まりえ)
出席番号 - 4番 / 部活動 - テニス部
遠藤 悠里(えんどう ゆうり)
声 - 加隈亜衣[3]
出席番号 - 5番 / 部活動 - バレー部
大谷 周(おおたに あまね)
声 - 芳野由奈[3]
出席番号 - 6番 / 部活動 - 陸上部(マネージャー)
ショートヘアでボーイッシュな外見が特徴。
小さい子が一生懸命に走っている姿を見るのが好きで、冠がスポーツテストで速く走る姿を見て陸上部にスカウトする。自身は運動が苦手で(記録順に並ぶ時は、花名の隣になる)マネージャー業に専念している。新人戦で成績が振るわなかった真秀を「会場で一番小さくて可愛いかった」と力強く励まし、真秀に怒られた。
隙あらば冠に絡んでいるため、栄依子からロリコン呼ばわりされるほか、作者自ら幸と並んで「やばい人」と称される。
小鹿野 真秀(おがの まほ)
声 - 貫井柚佳[3]
出席番号 - 7番 / 部活動 - 陸上部
冠ほどではないが小柄。1学期末の陸上大会の結果が散々であったことをクラスの仲間に話している。
加藤 比呂(かとう ひろ)
出席番号 - 8番 / 部活動 - 写真部
菊池 淡雪(きくち あわゆき)
出席番号 - 9番 / 部活動 - 手芸部
久保田 あや華(くぼた あやか)
出席番号 - 10番 / 部活動 - バスケ部
佐々木 陽菜(ささき ひな)
声 - 田中あいみ[3]
出席番号 - 11番 / 部活動 - ESS部
栄依子とショッピングモールに買い物に行き、同じジュースを恋人のように2本のストローで飲んで、デートまがいのことをしている。
佐藤 理香乃(さとう りかの)
声 - 石上静香[3]
出席番号 - 12番 / 部活動 - 新聞部
島田 美弥子(しまだ みやこ)
声 - 金子彩花[3]
出席番号 - 13番 / 部活動 - 料理部
清水 翠(しみず みどり)
出席番号 - 14番 / 部活動 - 料理部
関根 ももか(せきね ももか)
声 - 篠田みなみ[3]
出席番号 - 15番 / 部活動 - 華道部
リボンのヘアバンドにサイドポニーテールが特徴。
たまてのお陰で、風紀検査でピアスを没収されずにすんだ。
高橋 菜々恵(たかはし ななえ)
声 - 水瀬いのり[3]
出席番号 - 17番 / 部活動 - 園芸部
紺色のロングヘアーが特徴。
ある日の日直で一緒になり、花名が人見知りを克服しようと頑張るきっかけを作る。後日、榎並の助言を受けた花名に挨拶され仲良くなった。
花壇のヒメヒマワリなどの世話をしており、日直ではない時でも朝早く登校してクラスの仕事をしている。
椿森 幸(つばきもり さち)
声 - 高野麻里佳[3]
出席番号 - 18番 / 部活動 - 茶道部
クラス委員も務めている。栄依子に好意を持っており、エイコサペンタエン酸(「栄依子」サペンタエン酸)が含まれるシャケのおにぎりを食べる、栄依子が榎並と会話している様子を物陰から度々見つめている(この時彼女の存在に気付くのはたまてのみ)、コーヒーに睡眠薬を盛り栄依子を眠らせたうえで拘束する、香りを嗅ぐと昏睡する「アロマ」をお土産として栄依子に渡す(自宅に招いて使用しようとしたが、栄依子が教室で開けてしまい計画は失敗)などストーカーじみた行為に及ぶ描写が多い。
中村 千奈美(なかむら ちなみ)
声 - 木村珠莉[3]
出席番号 - 20番 / 部活動 - 文芸部
藤井 ばんび(ふじい ばんび)
声 - 木野日菜[3]
出席番号 - 21番 / 部活動 - バスケ部
テレビアニメ版では、たまての親友であることが明かされる。
堀口 素直(ほりぐち すなお)
出席番号 - 22番 / 部活動 - テニス部
増田 青(ますだ あお)
声 - 白石晴香[3]
出席番号 - 23番 / 部活動 - バレー部
松本 リオ(まつもと りお)
出席番号 - 24番 / 部活動 - 文芸部
名前はテレビアニメ版公式サイトでも片仮名表記だが、外国ルーツなのかは不明。

取り巻く人々[編集]

京塚 志温(きょうづか しおん)
声 - M・A・O[3]
誕生日 - 11月6日 / 星座 - さそり座 / 血液型 - O型 / 身長 - 162cm / 体重 - 56Kg / 好きなスポーツ - バドミントン / 好きな丼物・甘味・寿司ネタ・果物 - 鰻丼あんみつ中トロライチ
花名より5歳年上の従姉。穏やかな性格。大学を卒業後、祖父のアパートの管理人をしている。花名が受験不可で浪人決定した昨年の3月に大学を卒業した時点で既に管理人を始めており、花名が星尾女子高校に4月入学時点でも継続している。
実は就職浪人中で管理人は一時的な仕事の予定。自らの叔母である花名の母の葉月を慕っており、頻繁に葉月に会っているにもかかわらず、葉月に会うのを楽しみにしている。
食事やお弁当作りを始め、家事など様々な花名の面倒を見ている。
調理用便利グッズが好き。
アパートの仕事は掃除や庭の手入れなど。
花名の星尾女子高校の制服が出来た際に自身も高校時代(現在の星尾女子とは制服が違うので、星尾女子とは別の高校か、志温の時代から花名の時代に制服が変更されている)の制服を着て高一に見えるかと尋ねてはしゃぐなどの一面もある。
無邪気で天然。花名の弁当のおかずにハートマークを入れて愛妻弁当のようにし、その弁当を栄依子とたまてに恋人みたいだと突っ込まれた花名から誤解されないようにして欲しいと要請されると、ハートマークにひびを入れて破局の演出をした。
アニメでは、ホテルのプールに行った時に、花名たちが下着を忘れたかもしれないと気を利かせて下着のパンツを用意するが、可愛いからと選んだのは尻部分に穴が開いている恥ずかしいデザインであった。また、花名のてまりハイツ入居が決まった時には、布団の他にサメの着ぐるみパジャマ、風呂のおもちゃを花名のために用意している。
スタイルが良く、巨乳で身長も高い。体力があり、花名の体力が浪人中に低下したのを回復させるため、ゴールデンウィークは一緒に運動を毎日行う。ランニングでは長距離をとても速く走っている。
管理人としてゴミ出しの日などの知識は身についていると豪語している。
一眼カメラを持っており上手く扱えるが、自撮りは苦手で手振れが酷い。
夏休み明けのクラスでお土産の遣り取りがあることを覚えており、内気な花名が参加できるようお菓子を持たせた。
万年 大会(はんねん ひろえ)
声 - 内田真礼[3]
誕生日 - 1月9日 / 星座 - やぎ座 / 血液型 - A型 / 身長 - 167cm / 体重 - 52Kg / 祖母の名前 - 万年亀代 / 好きな丼物・甘味・寿司ネタ・果物 - ロコモコドーナツ・アナゴ・みかん
花名と同じアパートの住人。大学浪人で二浪中(昨年シーズンは受験していない)。花名以上に人付き合いが苦手で押しに弱く、栄依子のような積極的に話す相手だと戸惑ってしまうほど。
高校時代(星尾女子とは別の高校で名前すら登場しない高校)は成績優秀で生徒会長も務めていたが、大学受験の際の大雪によるアクシデント(自宅の目の前で転倒し雪に埋もれて発見されるまで2時間を要した)で風邪を引いてしまい、本命どころか滑り止めの大学すら受験できず、浪人となってしまう。その後地元にいるのが気まずくなり、高校から遠く離れたてまりハイツに引っ越してきたが、自らを慕う後輩への後ろめたさが尾を引いて外出や人と接することに次第に臆病になり、花名よりも重度の引きこもり状態だった。
外出する服を持っていないため、コンビニにも行くことができず、生活用品はネット通販に頼っている。部屋に引きこもる生活を送っているにもかかわらず、タイミングが悪く受けないことがあり、代わりに荷物を預かった志温に届けてもらっている。服は一応、可愛い動物の絵がプリントされたスウェットを持っており、本人も好みではあるが、花名からの評価はあまり良くない。
花名とは受験ができずに浪人したという同じ境遇を持っていることから、彼女が中学浪人であることを知ってからはお互いにそのことを共感しあえる仲となった。
志温には負けるが、スタイルは良くバストは大きい。
服を着替えるだけで別人と言えるほど容姿や雰囲気が変わる。
花名たちとの交流で、徐々にではあるが行動半径を広げて、コンビニまでは行けるようになった。さらに、そのコンビニも遠くの店まで行けるようになった。さらに夏からは予備校に入学しようと書類をもらいに行く外出まで試みている。
高校時代は学年主席だったこともあり、花名たちが期末試験に向けての勉強会を開いた際には講師役を買って出て学力の高さや教える上手さなどを感心されている。
また花名の体力回復の運動に参加した際には、引きこもり生活で体力が落ちたと言いながらも公園を10周以上してなお余裕を見せるなど非常に高い体力や運動能力も披露している。
初対面の人は大会(ひろえ)と読むことができず、何かしらのイベントを行う大会(たいかい)組織法人と誤解されることも多く、花名も最初はフリガナを振っていない宅配便の荷物の名義で誤解し、大会本人の説明でひろえだと知った。
姓の万年(はんねん)も、フリガナを振っていないと万年(まんねん)で常にという意味で、常にイベント大会を行う組織と解釈されてしまうことも多く、次回予告などはそれをネタにしている。
高校で生徒会長を務めた年の文化祭は、自分の名前にちなんで文化大会という名称で開催された。
優柔不断な性格で、ファッションで悩むことも多いが、着実に大学進学に向けて歩んでおり、花名と相乗効果でアクシデントの浪人から立ち直って進んでおり予備校に通っている。
十倉 光希(とくら みき)
声 - 楠木ともり[3]
栄依子の妹で中学3年生。姉の栄依子からは「ミッキ」と呼ばれている。あまり表情豊かではなく、少し天然。
容姿は姉の栄依子にそっくりで、髪の毛の長さが違うぐらい、髪の毛の長さも栄依子と光希で入れ替わる時代もあった。
容姿が姉の栄依子にそっくりなので、花名とたまてに会う前にドッペルゲンガー疑惑が出たほどであった。
現在通っている中学校も、志望する高校(星尾女子高校)も姉と同じ。
昼はパン食が多い姉の栄養を考え、スープ[注 4]を前晩に作って翌朝に持たせている。
姉の栄依子が昼食時にスープの話や光希が受験生で栄依子が無理して作らなくてよいと言っても聞かずに作ってくれる優しいところがあるという旨の話をした際に、花名は昨年シーズン受験をおたふく風邪で全ての受験日を棒に振ってしまい浪人したつらい経験があるので、受験生である栄依子の妹に対して絶対に自分の二の舞になって欲しくないという強い願いから、栄依子に強硬なまでに受験期の体調管理や体力維持の重要性を力説している。栄依子は(花名の昨年のおたふく風邪での浪人経験を知る由もなく、発言の背景を知らないので)光希に伝えておくと言うだけであった。
花名たちと会った際には、花名に浪人の呪いをかけてはならないとして同じ空気を吸わないように息を止めるなど、余計な気遣いまでされている。
昨年、光希が中学2年生の時に商店街での携帯電話の会話で、栄依子の志望校が星尾女子と発言したのを偶然通りかかった冠が聞いて、冠が星尾女子を志願して栄依子と星尾女子で出会うことになったので、栄依子と冠の再会を結び付けた存在でもある。
姉の栄依子たちが会話しているのを見て場の空気や新たな突っ込みのやり取りを見て楽しみながら学んでいる。
あだ名のミッキと呼ばれるとみきですと訂正する。
受験生らしく本屋に参考書を買いに行くなどしているが、時折は姉の栄依子とショッピングモールに出かけてクレープを食べたり、同じ中学に通う友達と制服で夏祭りに出かけている。
一之瀬 葉月(いちのせ はづき)
声 - 日笠陽子[3]
花名の母親。
花名が受験前日におたふく風邪となり、医師に感染症なので暫くは自宅謹慎との診察を受けた時、花名は翌日受験なので受験させて欲しい旨を懇願するが、「あきらめるしかない」と即断する(数週間で治るだろうとの診断を受け、翌日の本命校を受験出来ないのは残念だが私立受験に向け養生するよう花名を慰めている)
浪人が決定し、毎日俯いて泣き続ける花名を前向きに励ます。
花名が引きこもりになると言い出した際、親戚の志温が管理するアパートのてまりハイツでの一人暮らしを提案する。
ひきこもりは家に置いておけないのかと花名はショックを受けるが、花名のことを知る人がいない場所でなら新しいスタートをきることが出来るだろうという優しさからのものであった。
花名にメールを多数送る。花名が家を出てからも食事を3人分作る癖が抜けず、健を太らせてしまった(味付けも甘口を卒業らしい)
旧姓は京塚で、健と婚姻して一之瀬姓となった。
高校生になって自分の好きな服が着たいだろうと現金書留で服代を仕送りし、花名自身に衣服を選択させる。
花名が高校生になったら料理を少しずつ教えていくつもりだったが、それが出来なくなり残念に思っている。花名の様子を見に来た時に、花名の好物の「角煮の芋ソースかけ」の作り方を教えた。
一之瀬 健(いちのせ たける)
声 - 小山力也[3]
花名の父親。
娘思いで、てまりハイツで1人暮らしをしている花名にメールを送るが、直後に葉月がメールを多数送って上書きされて消されてしまうほど存在感が薄い父親である。
花名に友達ができたことを喜ぶ。
葉月とともに、ゴールデンウィークにてまりハイツに泊まりに行った際に、遅めの誕生日プレゼントで桜のスノードームを花名にプレゼントしたが、そのお祝いのカードにも大きな字の葉月に比べ、小さめな字でメッセージを書いている。
葉月を「はーちゃん」と呼ぶが、葉月より2歳年下で、葉月の尻に敷かれている。
花名入学後の星尾女子高校に春~夏ごろに両親揃って訪問して榎並先生と会って面談をしている。
葉月が花名自身に服を選ばせようとした時に、ギャルみたいにならないかと心配する。
花名と志温の祖父
声 - 佐々健太
京塚姓で下の名前は不明。葉月の父。
てまりハイツの所有者。管理の仕事は孫の志温に任せているが、自分でも管理を行っている。
超がつくほど過保護な性格であり、孫の志温と花名に対して箱入り娘扱いしている。女の子の孫は志温と花名だけである。
新しいアパートが独身寮として借り上げされる事を知った、当時小学生の志温(志温10歳・花名5歳)が「じゃあ、このアパートのお名前はかりあげハイツね」と発言したのを、そのままアパートの名称にしてしまう。
アニメでは、志温がせっかく就職の内定をもらった会社に対して、アパート管理人としての職業病とも言える不動産の専門知識や気遣いから、会社の設備などにまで電話で問い合わせして余計な口出しをし、会社との関係を悪化させて志温の就職を妨害してしまった、過保護なモンスターペアレント(怪物や化け物の親)の祖父である。
電話は黒電話を使用している。
多桂子(たかこ)
声 - 宮沢きよこ
たまての祖母。母方。
史生(ふみ)
声 - 槇原千夏
たまての祖母。父方。
兆野 綴(ちょうの つづり)
2年生で生徒会副会長。
栄依子とたまてのおふざけをいじめと勘違いして咎めてきたことで出会う。その際に隣に立てば同い年に見えると考えた花名が近づいてきた事を自分が頼られていると勘違いし、以後、親しくなる。なお、同じクラスに友達はいないらしく生徒会室に入り浸っている。生徒会長の創とは、つづ、つっくんの仲。
花名にとっては同じ年であるためか、名前を呼ぶ時に「兆野さん」と言いかけて「兆野先輩」と言い直している。
溝端 創(みぞはた つくる)
3年生で生徒会長。
ボーイッシュな女子で、副会長の綴とは、つづ、つっくんの仲。大会と同じ予備校に通っている。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2018年1月から3月までTOKYO MXBS11関西テレビほかにて放送された[4]。アニメ放送に先駆け、2018年1月4日にはユナイテッド・シネマ豊洲にて第1話の先行上映イベントが開催された[5]。また、放送開始の前週にはTOKYO MX・とちぎテレビ群馬テレビ・BS11にて事前特別番組が放送された[6]。ネット体制、映像フォーマット、製作委員会の一部組み合わせなどは、前クールに放送された『ブレンド・S』より引き継ぐかたちとなる。

キャッチコピーは「しあわせは、ゆっくりはじまる。」。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 篤見唯子
  • 監督 - 橋本裕之[4]
  • シリーズ構成 - 井上美緒[4]
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 安野将人[4]
  • プロップデザイン - 伊藤雅子
  • メインアニメーター - 吉田亘良
  • 美術監督 - 針生勝文
  • 美術設定 - 丸山智宏、袈裟丸絵美(第5話)
  • 色彩設計 - ホカリカナコ
  • CGディレクター - 那須信司
  • 撮影監督 - 黒岩悟
  • 編集 - 高橋歩
  • 音響監督 - 明田川仁
  • 音響効果 - 和田俊也
  • 音楽 - 藤澤慶昌
  • 音楽制作 - アニプレックス
  • 音楽プロデューサー - 山内真治
  • チーフプロデューサー - 鳥羽洋典
  • プロデューサー - 橋本渉、小林宏之、小助川典子、土倉康平、尾上太基、鶴田紀章
  • 制作プロデューサー - 福島祐一
  • アニメーションプロデューサー - 瀬戸敬太
  • 制作 - CloverWorks(旧A-1 Pictures高円寺スタジオ)[7]
  • 製作 - スロウスタート製作委員会(アニプレックス、芳文社木下グループドリコム関西テレビ放送ローソン

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ne! ne! ne!」
作詞 - 岩里祐穂 / 作曲・編曲 - 藤澤慶昌 / 歌 - STARTails☆(近藤玲奈伊藤彩沙嶺内ともみ長縄まりあ
エンディングテーマ
「風の声を聴きながら」(第1話 - 第11話)
作詞・作曲・編曲 - 40mP / 歌 - 三月のパンタシア
エンディングアニメーションのラストカットには、その回の本編でメインを務めたキャラクターが登場する。
「夕焼けといっしょに」(第12話)
作詞 - 岩里祐穂 / 作曲 - 前山田健一 / 編曲 - 三好啓太 / 歌 - STARTails☆(近藤玲奈、伊藤彩沙、嶺内ともみ、長縄まりあ)

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
STEP.01はじまりのどきどき 井上美緒橋本裕之安野将人
STEP.02うんどうのはぁはぁ 原英和竹本未希、野中正幸、倉谷亮多
STEP.03なみだのぽろぽろ 篠原正寛石井かおり、牧田昌也
STEP.042階のプレミア大会 金崎貴臣丸山裕介石田一将、中島裕里
STEP.05かむりのふわふわ 山下憲一鈴木健太郎山中祥平伊藤雅子、井戸田あかね
STEP.06うなぎのぬるぬる 井上美緒大畑清隆
橋本裕之
相浦和也山村俊了、佐々木貴宏、三木俊明
倉谷亮多、細田沙織
STEP.07ぐるぐるのてくび 舛成孝二篠原正寛河合拓也
STEP.08はなのともだち 山下憲一原田征爾中島裕里、伊藤雅子、細田沙織
竹本未希、井戸田あかね、井上香織
STEP.09ゴリラのみずぎ 井上美緒金崎貴臣山中祥平山村俊了、佐々木貴宏
STEP.10サメのいとこ イムガヒ清水祐美、石井かおり、小澤円
STEP.11トマトのまつり 篠原正寛中島裕里、竹本未希、山村俊了
細田沙織、井戸田あかね、日高真由美
佐々木貴宏、後藤麻梨子、伊藤雅子
STEP.12スロウのスタート 橋本裕之石井かおり、佐々木貴宏、伊藤雅子
三浦龍、竹本未希、井戸田あかね
山村俊了、細田沙織

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[8]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2018年1月7日 - 3月25日 日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜) TOKYO MX 東京都
とちぎテレビ 栃木県
群馬テレビ 群馬県
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2018年1月8日 - 3月26日 月曜 20:00 - 20:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2018年1月10日 - 3月28日 水曜 2:05 - 2:35(火曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2018年1月12日 - 3月30日 金曜 2:25 - 2:55(木曜深夜) 関西テレビ 近畿広域圏 製作参加
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[8]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年1月9日 - 3月27日 火曜 12:00 更新
火曜 23:00 - 23:30 ニコニコ生放送
火曜 23:30 - 翌0:00 AbemaTV
不明 不明

BD / DVD[編集]

発売日[10] 収録話 規格品番
BD限定版 DVD限定版
1 2018年3月28日 第1話 - 第2話 ANZX-12121/2 ANZB-12121/2
2 2018年4月25日 第3話 - 第4話 ANZX-12123/4 ANZB-12123/4
3 2018年5月30日 第5話 - 第6話 ANZX-12125/6 ANZB-12125/6
4 2018年6月27日 第7話 - 第8話 ANZX-12127/8 ANZB-12127/8
5 2018年7月25日 第9話 - 第10話 ANZX-12129/30 ANZB-12129/30
6 2018年8月29日予定 第11話 - 第12話 ANZX-12131/2 ANZB-12131/2

Webラジオ[編集]

STARTails☆による動画ラジオ『スロウスタート STARTailsちゃん!ね!ね!ねる!☆』が、2018年1月7日から7月1日まで超!A&G+にて毎週日曜14時に配信された[11][12]。全26回。メインパーソナリティは一之瀬花名役の近藤玲奈

関西テレビ 金曜2:25 - 2:55(木曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
スロウスタート

モバイルアプリ[編集]

きららファンタジア
ドリコムによるスマートフォン向けアプリゲーム。2018年4月11日のイベントから追加参戦した。
まんがタイムきららシリーズ」のキャラクターが多数登場し、テレビアニメ第1話内のCMにて本作も参戦することや、複数名のキャラクターが登場する予定であることが告知されていた。
スロウスタート~たまてアラーム~
ゲームゲートによるスマートフォン向けアラームアプリ。録り下ろしボイスで時間を知らせる。2018年3月28日から配信発売された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般的に高校受験浪人と称されるもの。
  2. ^ 原作に登場したキャラクター9名(神田 美津貴(かんだ みつき)栗原 彩(くりはら あや)近藤 薫(こんどう かおる)坂本 由香里(さかもと ゆかり)早田 美優里(そうだ みゆり)田口 康代(たぐち やすよ)野口 麻弥(のぐち まや)橋本 観月(はしもと みづき)町田 有起(まちだ ゆき))がテレビアニメ版に登場していないため。
  3. ^ おたふく風邪は学校感染症であるため。例年冬に流行し完治も1週間程度で済むインフルエンザやノロウィルス感染などは救済措置を行われることが多いが、おたふく風邪は完治に2週間程度もかかり冬に特別流行するわけではないのでインフルエンザ等の救済措置では救済不可である。詳細はリンク先を参照。
  4. ^ たまて曰く「妹汁」。

出典[編集]

  1. ^ スロウスタート:「まんがタイムきらら」の人気マンガがテレビアニメ化”. MANTANWEB (2017年5月9日). 2017年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 「スロウスタート」キャストに近藤玲奈、伊藤彩沙、嶺内ともみ、長縄まりあ”. コミックナタリー (2017年9月26日). 2017年9月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Character”. TVアニメ「スロウスタート」公式サイト. 2018年3月10日閲覧。
  4. ^ a b c d アニメ「スロウスタート」橋本裕之監督、A-1 Pictures制作で2018年1月開始”. コミックナタリー (2017年7月31日). 2017年7月31日閲覧。
  5. ^ TVアニメ『スロウスタート』第1話先行上映イベントに近藤玲奈・嶺内ともみ・長縄まりあ・橋本裕之監督らが登壇”. Moca (2018年1月5日). 2018年7月24日閲覧。
  6. ^ 放送局&放送日時決定!12月30日(土)放送直前特番放送決定!”. TVアニメ「スロウスタート」公式サイト (2017年11月24日). 2018年1月14日閲覧。
  7. ^ スロウスタート”. A-1 Pictures. 2018年4月3日閲覧。
  8. ^ a b 放送情報”. TVアニメ「スロウスタート」公式サイト. 2017年12月11日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  10. ^ Blu-ray & DVD”. TVアニメ「スロウスタート」公式サイト. 2018年1月7日閲覧。
  11. ^ 1月7日スタート!『スロウスタート STARTailsちゃん!ね!ね!ねる!☆』”. 超!A&G+. 文化放送 (2017年12月26日). 2017年12月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月27日閲覧。
  12. ^ ラジオ”. TVアニメ「スロウスタート」公式サイト. 2017年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]