きららファンタジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きららファンタジア
ジャンル 「まんがタイムきらら」オールスターRPG
ゲーム
対応機種 iOS(9.0以上)
Android(4.2.2以上)
開発・発売元 ドリコム
キャラクターデザイン 蒼樹うめ ほか
シナリオ 木緒なち&KOMEGAMES
音楽 ノイジークローク
メディア ダウンロード
プレイ人数 1人
発売日 2017年12月11日配信[1]
売上本数 100万ダウンロード[2]
テンプレート - ノート

きららファンタジア』は、芳文社の雑誌「まんがタイムきらら」シリーズのキャラクターが登場するスマートフォン専用RPGである。開発・運営はドリコム。公式略称は「きらファン」。

概要[編集]

芳文社の雑誌「まんがタイムきらら」シリーズの人気キャラクターたちと本作のオリジナルキャラクターが共演するクロスオーバー作品のRPG。ストーリーはオリジナルとなっている[3]。また、本作のオリジナルキャラクターも「まんがタイムきらら」シリーズの作家陣がキャラクターデザインを手がけている[4]

基本プレイは無料で、アイテム課金制となっている[5]

2017年6月25日に東京ドームシティホールで開催された「まんがタイムきららフェスタ」にて発表され[6]、同年12月11日に配信が開始された。サービス開始当日から数度にわたって緊急メンテナンスを行う[7]など、リリース当初はトラブルが相次いで発生した[8]

ゲームシステム[編集]

シナリオ[編集]

シナリオはメインストーリーとなる「メインシナリオ」とキャラクターごとの「キャラクターシナリオ」に分かれる。キャラクターシナリオは、そのキャラクターの「なかよし度」を上げることで見ることができる。一部キャラクターはなかよし度をさらに上げることで、他作品のキャラクターとの「クロスシナリオ」を見ることもできる。

バトル[編集]

キャラクターの能力や使用するスキルによって行動順が変化する「タイムラインバトル」となっている[3]。また、「とっておきゲージ」を満タンにすることで、そのキャラクターごとに設定された必殺技「とっておき」を発動させることができる。

クラス
以下の5種類のクラスに分かれており、それぞれバトルにおける役割が異なっている[9]
  • せんし:ATK(物理攻撃)、SPD(素早さ)のステータスが高く、主に敵単体に対して高威力の攻撃をする[9]
  • まほうつかい:MAT(魔法攻撃)が高く、敵全体を攻撃するスキルを持つ。防御力(DEF、MDF)は低い[9]
  • ナイト:防御力に長けているほか、自分の狙われやすさを上げるスキルを持つキャラクターも存在する。
  • そうりょ:味方のHPや状態異常の回復、ステータス上昇のスキルを持つ。
  • アルケミスト:相手のステータスやチャージカウントを下げたり、状態異常を付与するスキルを持つ。
属性
炎・風・土・水・陽・月の6つの属性に分かれ、炎は風に強く、風は土に強く、土は水に強く、水は炎に強く、陽と月は互いに強いという相性がある。有利な属性に対しては攻撃対象を選択するときに「ばつぐん」と表示され、逆に不利な属性に対しては「いまいち」と表示される。
スキル
個々のキャラクターが持つ技。技の威力・効果・範囲はそのキャラクターによって異なる。使い続けることでスキルレベルが上昇する。スキルにはリキャスト時間が設定されており、一度使用すると再び使用するまでに数ターンかかる[3]
一方、通常攻撃はすべてのキャラクターが持つ技であり、敵単体に小程度のダメージを与える。せんし・ナイトは物理攻撃、まほうつかい・そうりょ・アルケミストは魔法攻撃となる。スキルレベルは存在せず、バトル中に何度でも発動させることができる。
とっておき
とっておきゲージを貯めることで発動できる、個々のキャラクターが持つ必殺技。通常攻撃やスキルよりも高い効果を発揮する。スキル同様、使い続けることでスキルレベルが上昇する。同時に3人まで発動することができ、順番が後になるほど効果が上がる。
きららスキル
本作の主人公、きららがバトル中に1回のみ使えるスキル。各クラスごとのオーブがあり、最大3種類ずつのスキルが用意されている。スキルの数はバトルで得られる経験値を貯めることで増やすことができる。なお、一度発動させたらそのクエスト内では再び発動することはできない。

[編集]

エトワリアの人々や、召喚されたキャラクターたちが暮らす、冒険の拠点となる場所。
参戦作品にちなんだ施設やクラスごとの強化施設、武器の作成や強化に使えるアイテムやコインの生産所を建設することができ、きららルームに登録したキャラクターがそこに出かけることもある。施設については以下の通り。

召喚の館
キャラクターを召喚する、いわゆるガチャに相当。レア度は☆3(外枠の色は銅)、☆4(銀)、☆5(金)に分かれ、最高レアの封入率は2%であり、2018年2月16日のアップデートによってキャラクター別の個別排出率が記載されるようになった[10]。2018年3月19日のメンテナンス後より、召喚終了後は特別アイテム「星屑のかけら」を入手でき、商店街内「トレードショップ」でアイテムとの交換に使えるようになった。
きららルーム
召喚したキャラクターたちが住むことのできる家。入居者を設定すると、そのキャラクターが里の中で過ごす日常をみることができる。また、ルーム内には家具などのインテリアを設置でき、壁や床、背景をカスタマイズできる[3]。入居者に設定したキャラクターは現実時間に合わせて行動し、入居者が外出中の時は「おじゃまします」として入居者に設定していないキャラクターがランダムでルームに滞在する。お出かけしたキャラクターは、お土産としてコインやきららポイント、アイテムを持ち帰ることがあり、プレゼントBOXに届けられる。
商店街
  • 鍛冶屋
武器の作成や強化、売却を行う施設。武器を装備することで、キャラクターのステータスを上げたり、武器スキルを使用したりできるようになる。
  • トレードショップ
アイテムを交換する施設。通常交換と限定交換に分かれ、通常交換は主に交換メダルによるトレード、限定交換は期間限定イベントで得た交換素材によるトレードを行う。
  • 建築事務所
里に建設できる建物や、ルームに設置するインテリアを作る施設。
訓練所
キャラクターのレベルやなかよし度を上げたり、アイテムを入手したりできる「トレーニング」を行う。2018年3月19日のメンテナンス後より実装された[11]

キャラクター能力[編集]

ステータス
HP、ATK、DEF、MAT、MDF、SPDの6種類があり、キャラクターのレベルが上がると成長し、なかよし度の大きさや里での施設効果、持たせる武器などによっても変化する。
なかよし度
クエストやトレーニング、里でのお出かけアイコンのタップによって貯めることができ、なかよし度が大きいほどステータスも上昇するほか、前述の各種シナリオやプロフィールボイスの開放、さらに星彩石の獲得も可能。最大値は5。
レベル
クエストやトレーニング、強化によって上げることができる。最大レベルは☆3は30、☆4は40、☆5は50であるが、限界突破を行うことでさらにレベルを20上げることができ、☆4以上であれば進化を行うことで最大レベルがより上昇する。
限界突破
キャラクターのレベル最大値を5上げる。進化前と進化後で最大4回ずつ行うことができる。限界突破には、そのキャラクターのクラスに合った蕾(☆3)・果実(☆4)・星結晶(☆5)が必要である。
進化
☆4以上のキャラクターの限界突破とレベルがMAXとなった時に行うことができる。進化には専用の進化素材が必要であり、進化は一度だけ行うことができる。なお、進化後はキャラクターのイラストが変化する。
覚醒
2018年9月27日のメンテナンス後より実装された機能。2キャラクター目以降の同一キャラクターを入手した際に「覚醒経験値」が上昇する。覚醒経験値が一定の値に達すると自動的にキャラクターが「覚醒」し、「覚醒レベル」が上昇する。覚醒レベルに応じてキャラクターの各種ステータス及びとっておきレベル上限が上昇し、同時にとっておき経験値を入手できる。最大覚醒レベル(覚醒が可能な回数)及び最大覚醒までに必要なキャラクター数はレア度によって異なる。

ゲーム内アイテム[編集]

星彩石
キャラクターの召喚やクエスト失敗時のリトライ、アイテム交換などに使用する。ログインボーナスやミッションクリア、クエストの初回クリアでもらえるほか、課金アイテムとして購入することで手に入る。課金によって入手した有償の星彩石と、その他の手段で入手した星彩石は区別されており、一部の召喚など、有償の星彩石のみで行うことができるものがある。
コイン
強化、限界突破、進化の際にアイテムとともに使用するほか、ルーム内のインテリア購入、武器の獲得などで使用する。クエストのクリアや里の生産施設、お出かけしたルームキャラクターのお土産などで入手可能。
きららポイント
里の施設強化などで使われる。お出かけしたルームキャラクターのお土産、ミッションクリア、ログインボーナスで入手できる。
交換メダル
商店街内「トレードショップ」で、アイテムとの交換に使われる。ログインボーナスやミッションクリアなどで入手可能。

ストーリー[編集]

この節では本作の主流である「メインシナリオ」について述べる。2018年12月時点ではメインクエストという形で7章まで公開されている[12]。同年12月10日から、プロローグ、及び1章と2章はフルボイスとなった[13]。以下、この節において太字は『まんがタイムきらら』シリーズの漫画作品(以下、この節において「原作」という)の登場人物名を表す。

物語の舞台は「エトワリア」という自然豊かな世界である。中心には「言の葉の樹」という巨大な構造物がそびえ、その上空にはエトワリアの中枢である神殿が浮かぶ。女神ソラはエトワリアを統べる存在であり、原作の世界を観測し「聖典」に書き記している。国民は聖典を読むことで「クリエ」(エトワリアにおける力の源)を得ることができる。聖典に書かれたキャラクターたちは、エトワリアにおいて「クリエメイト」(クリエを与える者という意味)と呼ばれている。神殿に仕える少女ランプは特に聖典とクリエメイトが大好きであり、連日連夜、寝る間を惜しんで読みふけるほどである。また、アルシーヴを筆頭とする神官やアルシーヴに仕える七賢者は、ソラを補佐してともにエトワリアの統治に携わっている。

プロローグ はるかなる旅立ち[編集]

ある日突然、その日常は崩れ去ってしまった。アルシーヴがソラを封印し、禁断の魔法「オーダー」を使うと言い出したのである。ランプはソラが封印される瞬間を目撃したが、それを神殿の誰に言っても信用してもらえず、長いつきあいであるマッチが唯一、ランプの話を信じた。マッチはふわふわと宙に浮いている生き物であり、ランプにとっては保護者のような存在である。ランプとマッチはソラを助けるための方策を思い巡らせ、「アルシーヴに対抗しうる『召喚士』という者がいるらしい」という情報を元に、召喚士を探す旅に出た。

ある村の近郊でランプは空腹に陥ったところ、偶然に通りかかった村人きららに水と食べ物を分けてもらった。街道から外れた場所にいたランプたちをきららが発見できたのは、きららは「パス」(人と人との繋がり)を感じることができるからである。きららは自身の村を案内するが、そこでクロモンという魔物に襲撃された。ランプはクロモンの一撃を受けピンチに陥ったが、きららが助けを求めると、何者かが現れてクロモンを撃退した。ランプは一行を助けたのがクリエメイトと知り、きららは「コール」という魔法でクリエメイトを呼び出す召喚士であることが明らかとなった。ランプはクリエメイトの力でソラと世界を救えると説明し、きららとともに神殿を目指すこととなった。

1章 この世界でも、笑顔を[編集]

ある村で『ひだまりスケッチ』に登場する沙英乃莉を助けたきららたちは、「西の風車」でヒロなずなを発見した。沙英は空や風車がモノクロであることに気づき、クリエメイトを強制的に召喚するオーダーの影響が推察された。ゆのは七賢者の一人シュガーに捕らえられ「クリエケージ」という檻から逃げ出せなかった。アルシーヴはシュガーに全員を捕まえさせ、クリエを奪う計画でいた。

ヒロが空腹であったため村へ戻った一行は、酒場で食事中の宮子と再会した。ランプの動向を知ったシュガーは、ケージを施錠したものの、ゆのに騒がれたことにより一行に発見された。きららはシュガーを撃退し、ケージを破壊することでゆのを救出した。ケージの破壊により、ゆのたちは原作世界へ戻らなければならなくなった。原作世界へ帰るとエトワリアでの記憶は失われるとされているが、ゆのはオーダーではなくコールによって、もう一度エトワリアに来たいと言った。ゆのたちが帰ったことで空は色を取り戻し、きららたちは青空の下で神殿への旅を再開した。

2章 続きから▶港町[編集]

海を渡るために港町を目指していたきららたちは、その手前で『NEW GAME!』に登場する涼風青葉滝本ひふみ、そして迷子の少女と出会った。町に着くと住民が道端に座り込むなどだらけていた。ランプはオーダーで召喚されたクリエメイトの原作世界から影響を受けていると推測した。仕事のモチベーションをなくしていた少女の父親を正気に戻し、きららたちは隣の町で飯島ゆん篠田はじめを見つけた。遠山りん八神コウは七賢者セサミに捕らえられていたが、コウはオーダーの影響で逃げようともせず、りんはコウに従っていた。

川を渡ろうとしたが橋が壊れており、だらけている職人を説得して直してもらった。翌日になると、セサミ自身もオーダーの影響を受け始めていた。セサミを倒し、別れの時を迎えた青葉は、原作世界へ帰っても記憶が残っていれば、エトワリアでの経験を元にゲームを作ると言った。きららは青葉から、一緒に頑張る仲間の大切さを学んだ。青葉たちが帰ると住民からオーダーの影響が消え、きららたちは海を渡り神殿への道のりを進んだ。

3章 さばくぐらし?[編集]

海の向こうの砂漠を進むきららたちは、人の形をした「やつら」に襲撃され、『がっこうぐらし!』に登場する恵飛須沢胡桃に助けられた。案内された洞窟で丈槍由紀若狭悠里と会い、「やつら」はオーダーの影響でエトワリアに出現したと推測した。由紀はきららを原作世界で所属する学園生活部に誘ったが、きららは直樹美紀の不在を理由に保留した。美紀は七賢者カルダモンに捕らえられ、原作世界を捨ててエトワリアに留まるように説得されていた。

洞窟内の見つけ損ねていた竪穴を上ると、強敵のカルダモンがいたが、狭い洞窟内で彼女は本気を出せなかった。彼女の去った後、きららたちは美紀を迎えに行った。美紀はカルダモンに、学園生活部のメンバーと生きたいと述べ、提案を正式に断っていた。きららは再びカルダモンと対峙し、狭い場所に追い込んで戦いに勝った。きららたちは外部協力者として、学園生活部に仮入部することとなった。オーダーが街なかで行われなかったことに安心しつつ、きららたちは砂漠を通過した。一方、信頼するカルダモンが敗れたことで、アルシーヴは自ら出向くことを決めた。

4章 Aのはざまにて[編集]

砂漠を抜けて渓谷の町に着いたきららたちは、人々に逃げられながらクリエメイトの情報を得た。その町で『Aチャンネル』に登場するユー子を発見し、次の町では子どもたちに翻弄されているトオルを加えた。オーダーの影響により、一帯では町の人々がその町にいるクリエメイトの特徴を帯びていた。七賢者ソルトはるんを確保したが、マイペースなるんと会話が噛み合わない。計算高いソルトは他にナギを見つけたが、自らの作戦のためにしばらく泳がせておいた。

次の町ではきららの感じるパスを頼りに、温かい洞窟内のナギを見つけた。程なくしてるんも現れたが偽者であり、実際には変身したソルトであった。次の町ではるんが水車小屋にいると聞いたが、入口できららが落とし穴にはまり、小屋から多数のるんが出てきた。きららは落とし穴から、それらのるんはすべて偽者と伝え、小屋の裏にいる本物のるんが救出された。ユー子は、再び召喚された時はきららたちのために戦うと誓った。

ソルトを倒したものの、きららが「クリエメイトを見抜く力」を持つことはソルトの知るところとなった。きららは今までにないパスを感じ、目の前にアルシーヴが現れた。アルシーヴはきららに力を見せつけ、これ以上歯向かわなくすることを意図していた。ランプは、きららを危険に晒さないために旅を終えると言い出したが、きららの説得により続行が決まった。ランプは、自身を信じてくれるきららのために、それまで隠していた自身の正体について語り始めた。

5章 きんいろパニック[編集]

ランプは女神候補生であることを打ち明けた。女神候補生とは、神殿に使えながら女神の後継者となるべく学ぶ生徒であり、その教育係は筆頭神官、すなわちアルシーヴである。かつての師と対立していることできららを混乱させないよう、マッチがこれまで打ち明けるのを止めていたのであった。

言の葉の樹の根元にあるエトワリア最大の都市にやって来たきららたちは、東の市場で市民に拝まれている『きんいろモザイク』のアリス・カータレット九条カレンを救出した。都市では「金髪に生まれた者を崇めよ」というお触れが発されていた。七賢者ジンジャーは大宮忍松原穂乃花を捕らえたが、二人はジンジャーの屋敷から見える風景と部屋の金髪メイドに惚れ込み、逃げるつもりが毛頭なかった。

屋敷ではジンジャーが待ち構えていたが、アリスとカレンが注意を引きつけて撤退に成功する。北の市場で小路綾猪熊陽子を見つけた。再び屋敷に到着したきららたちは、金髪に酔う見張りを容易に突破し、パスを頼りに忍と穂乃花の部屋を探し当てた。ケージを探すことに難航したが、カレンの光る推理により見つかった。外出から戻って来たジンジャーと戦い、隙を作ってケージを破壊した。忍はジンジャーと、次に会う時は「金髪同盟」の仲間になることを約束した。その頃神殿では、アルシーヴがきららのパスを感じる能力を見抜き、その力を利用することを考え始めていた。

6章 進め!デバッグ探検隊![編集]

言の葉の樹を登り始めたきららたちは、同じ場所を何度も通っていることに気づいた。『ステラのまほう』に登場する本田珠輝と会い、しばらく進んで村上椎奈をクロモンから救った。七賢者フェンネルが現れ、きららたちとの協力を申し出た。敵ではあるものの、警戒を怠らないまま、ひとまずフェンネルと手を組むこととした。きららはパスで関あやめの居場所を特定し、フェンネルに悟られないように発見した。クリエメイト同士の情報も活かしながら、クロモンの音源を収録する藤川歌夜も加えた。

町では布田裕美音がオーダーされたことによりボーイズラブについて論争が起こっていたが、「ヒコ攻め派」からの情報により裕美音の居場所を割り出した。ケージを発見したところでフェンネルが本性を現し、きららに石化魔法をかけて動きを封じた。きららはケージを破壊することだけはできた。ランプのものと推測される力で、きららは石化魔法を解除された。再びアルシーヴが現れたが、オーダーの反動によりやや弱体化しており、撃退に成功した。きららは珠輝たちの帰る瞬間を見られなかったが、もう近い神殿へ向けて頂上を目指した。

7章 エトワリア学園情報処理部[編集]

きららとランプは「エトワリア学園高等部」で楽しい学園生活を送っていた。そこには『ゆゆ式』に登場する野々原ゆずこ櫟井唯日向縁相川千穂と担任の松本頼子、そしてハッカがいた。きららは敷地に侵入するクロモンを追い払う風紀委員である。5日後に行き先の伏せられたサプライズ遠足があり、準備を始めていた。しかしランプは、遠足に行っている場合ではない、もっと大事なことがあるような気がして、思い出せないでいた。一方のハッカは、誰よりも遠足の日を楽しみにしていた。

遠足前日、きららとランプは心の中の違和感を払拭するため、学校に残って話していた。きららが石になった話題から、これまでのことがフラッシュバックされた。二人は原作世界に似た「夢の世界」におり、それを創り出したのは七賢者ハッカであった。エトワリアに残っていたマッチ曰く、きららがケージを破壊しようとした時、ハッカの夢幻魔法により全員眠ってしまっていたのである。ゆずこたちの帰った後、魔法使用により弱体化していたハッカは、去り際にきららに自身の記憶の一部を見せ、アルシーヴに連れられて行った。その頃ジンジャーの屋敷では、カルダモンとジンジャーが神殿へ向かう準備をしていた。

ゲーム内イベント[編集]

稼働直後より、作品新規参戦や季節の年中行事などの節目に、期間限定のイベントが開催されている。一部を除き、イベント限定のシナリオが楽しめると同時に、イベントバトルの結果に応じたアイテムを獲得できる内容となっている。また、通常の召喚には登場せず、イベント報酬でのみ入手可能なキャラクターも存在する。

エトワリアのサンタクロース
2017年12月18日~2017年12月27日開催。本作初めてのゲーム内イベント。
きんいろNEW YEAR!
2017年12月30日~2018年1月9日開催。
スティーレ2号店オープン!
2018年1月10日~2018年1月18日開催。『ブレンド・S』参戦記念イベント。
マッシュルームベイベー
2018年1月22日~2018年1月31日開催。『キルミーベイベー』参戦記念イベント。
チョコレートクエスト
2018年2月6日~2018年2月16日開催。
鍛冶師の夢を喰らう者
2018年2月19日~2018年2月26日開催。『夢喰いメリー』参戦記念イベント。
風雲!ヒナ祭り
2018年3月2日~2018年3月12日開催。
ねねっちクエスト
2018年3月12日~2018年3月19日開催。
Fairies Trick
2018年3月28日~2018年4月9日開催。『桜Trick』参戦記念イベント。
友達の友達は友達大作戦
2018年4月11日~2018年4月23日開催。『スロウスタート』参戦記念イベント。
野クルと北の山と初キャンプ△
2018年4月25日~2018年5月7日開催。『ゆるキャン△』参戦記念イベント。宝箱システムが初採用された。
エトワリアの歌姫
2018年5月9日~2018年5月21日開催。
リメンバーよさこい
2018年5月30日~2018年6月11日開催。『ハナヤマタ』参戦記念イベント。
創刊!コミックエトワリア
2018年6月13日~2018年6月25日開催。『こみっくがーるず』参戦記念イベント。
くるみインワンダーランド
2018年6月28日~2018年7月9日開催。
けいおん! エトワリアライブ!!
2018年7月23日~2018年8月3日開催。『けいおん!』参戦記念イベント。全員協力システムが初採用された。
エトワリア夏の一幕
2018年8月1日~2018年8月30日開催。「海の家オブザイヤー」並びに「海の底の玉手箱」と同時開催された。
このイベントにはバトルは無く、1日1回更新される特別シナリオが楽しめた。
海の家オブザイヤー
2018年8月3日~2018年8月30日開催。「エトワリア夏の一幕」並びに「海の底の玉手箱」と同時開催された。
海の底の玉手箱
2018年8月15日~2018年8月30日開催。「エトワリア夏の一幕」並びに「海の家オブザイヤー」と同時開催された。
謎の島と絆の試練
2018年8月30日~2018年9月11日開催。『はるかなレシーブ』参戦記念イベント。
名探偵コロネット ユーの悲劇
2018年9月12日~2018年9月26日開催。
宮子とねこのうた
2018年9月27日~2018年10月9日開催。
復刻・スティーレ2号店オープン!
2018年10月17日~2018年10月24日開催。
本作初となる「スティーレ2号店オープン!」の復刻イベント。本イベントより追加参戦となったキャラクターがいるほか、それに合わせて一部のシナリオ追加が行われた。
ヒバリとりーさんと幸福の花
2018年10月25日~2018年11月6日開催。
異世界でもうさぎですか?
2018年11月6日~2018年11月21日開催。『ご注文はうさぎですか?』参戦記念イベント。
Yell for All
2018年11月21日~2018年12月4日開催。『アニマエール!』参戦記念イベント。
エトワリアのブラック・クリスマス
2018年12月11日~2018年12月26日開催。

登場人物[編集]

主人公と旅のお供[編集]

きらら
声 - 楠木ともり / イラスト - 蒼樹うめ
本作の主人公。伝説の召喚魔法「コール」を使う能力に目覚める。真面目な性格故にランプや個性が強いクリエメイト達に振り回されることが多い一方で、イベントではノリの良い一面を見せることもある。
ランプ
声 - 高野麻里佳 / イラスト - 黒田bb
仕えていた神殿を抜け出して旅に出た少女。
聖典の中身(きららシリーズの作品)を熟読しており、クリエメイト(登場人物)達を誰よりも敬愛している。そのためメインストーリーでは、ヒロがダイエットしている事、青葉達が開発した「フェアリーズストーリー」について、がっこうぐらしの世界の現状なども詳細に理解している表現があり、さらにカレンとアリスが崇められた際も息を荒げながら共に崇拝するほど。
マッチ
声 - 三森すずこ / イラスト - 黒田bb
ランプとともに神殿に住んでいた生物でクリエメイト達から変な生き物として見られている。自称「ランプの保護者」。主にクリエメイト絡みで暴走しがちなランプを諌めることが多い。

村娘[編集]

クレア
声 - 和氣あず未 / イラスト - 原悠衣
『里』で召喚を手伝う少女。召喚に必要な鍵の手入れをしている。イベント「友達の友達は友達大作戦」ではスロウスタートの花名との交流が描かれている。
ポルカ
声 - 松井恵理子 / イラスト - 牛木義隆
『里』で鍛冶屋をしている男勝りな口調の少女。武器を作ったり、鍛えたりしてくれる。イベント「鍛冶師の夢を喰らう者」ではメインキャラクターとして登場している。
コルク
声 - 桑原由気 / イラスト - ウロ
『里』に拠点を構える旅商人。クールな性格だが異世界の物に興味津々で食材にも詳しい。ポルカとは幼馴染み。
カンナ
声 - 日笠陽子 / イラスト - 得能正太郎
『里』に住む建築家でクリエメイト達から教えて貰った異世界の道具を作っている。
ライネ
声 - 茅野愛衣 / イラスト - 川井マコト
『里』の住人。みんなのお姉さん的存在で異世界に戸惑うクリエメイト達の面倒を見ている。ほんわかしているが一方で里の中ではかなりの実力者でもある。

敵キャラクター[編集]

アルシーヴ
声 - 沢城みゆき / イラスト - きゆづきさとこ
神殿の筆頭神官でありソラの側近。
女神ソラを封印した張本人であり、世界の平和を乱すことから禁呪とされてきた「オーダー」の力でクリエメイトを呼び寄せ、彼女達からクリエを奪おうとしているが、その目的は不明。
メインクエスト4章では、カルダモンを退けたきららの能力を危険と感じ、自ら手を下すためきらら達の前に現れ、自分の邪魔をするきらら達の心を折るべく、圧倒的な力できららを退け、その場を去った。
メインクエスト5章では、かつてはランプの教官であったことが語られる。
メインクエスト6章では、クリエメイトを集めるためにきららの能力が有益であると判断し、フェンネルにきららがパスを感じる力を持っているかどうかを探らせ捕獲するよう命じた。
その後、回収のためきらら達の前に現れるも、フェンネルが捕獲に失敗したことで、再びきららと対峙することになるが、オーダーの反動からか弱体化しており、きららに敗北してしまう。
クロモン
イラスト - きゆづきさとこ
アルシーヴなどに使役される下っ端モンスター。鳴き声は「くー」。
クリエに対する反応が強い魔物ではあるが、普通は誰かを傷つけるようなことはしないため、マッチは何か異変が起こったか操られている可能性を示唆しており、アルシーヴなら魔法で操ることが可能であるとも言っている。
しかし、メインクエスト6章では七賢者のフェンネルに敵意を剥き出しにして襲いかかることもあり、全てのクロモンがアルシーヴや七賢者の管理下にあるわけではないと思われる。
話中では偵察や護衛のクロモンと遭遇して戦う展開が多く、ランプはクロモンがいるところにはクリエメイトがいると、クリエメイトを探す際の判断材料の1つとして考えている。
セリフは常に鳴き声の「くー」のみであるが、アルシーヴや七賢者とは意思疎通が取れている。
イベント「エトワリアのサンタクロース」では、クロまるクロのしんクロりんという個体が登場しており、個体間での具体的な会話が描かれている他、彼らの意思でクリスマスの秘密を探ろうと行動している。
メインクエスト5章以降では、体がひと回り大きく武装をしたクロモンソルジャーも登場する。
シュガー
声 - 井口裕香 / イラスト - はんざわかおり
七賢者のうちの一人でアルシーヴの側近。狐の耳と尻尾をもつソルトの双子の妹で子供っぽく名前の通り、詰めが甘いところがある。メインクエスト第1章に登場し、ゆのと交流を深め、イベント「創刊!コミックエトワリア」ではかおすと交流を深めている。
セサミ
声 - 赤崎千夏 / イラスト - ねこうめ
七賢者のうちの一人。アルシーヴの秘書を兼任。
メインクエスト第2章に登場。物語開始時点でコウとりんを捕獲していた。
カルダモン
声 - 田村睦心 / イラスト - あfろ
七賢者のうちの一人。元々は、各地を周り、問題を解決する調停官。メインクエスト第3章に登場し、美紀と交流を深め、イベント「野クルと北の山と初キャンプ△」では旅先でリンと交流を深めた。
ソルト
声 - 田中真奈美 / イラスト - はんざわかおり
七賢者のうちの一人、狸の耳と尻尾を持つシュガーの双子の姉。頭脳派で慎重に行動するタイプで変身する能力を持つ。
メインクエスト第4章に登場。物語開始時点ですでにるんを捕獲していたが、囚われの身でありながら、緊張感に欠けマイペースなるんの思考を全く理解できず、終始困惑しつつも世話をしていた。
一方で、きらら達が七賢者より先にクリエメイトを保護している事実から、クリエメイトを的確に見つけられる何らかの秘密があると考え、その秘密を探るべく様々な手できらら達を試し、能力を分析した。
イベント「創刊!コミックエトワリア」ではかおすと交流を深めた。
ジンジャー
声 - 渕上舞 / イラスト - カヅホ
七賢者のうちの一人で豪快な性格でエトワリアの最大都市の統治者でもあり、そこの街の平和と住人たちの安全を最優先に考えている。メインクエスト第5章に登場し、忍や穂乃花の金髪同盟と交流を深めた。
フェンネル
声 - 五十嵐裕美 / イラスト - 中山幸
七賢者のうちの一人。アルシーヴの「盾」を自称する、筆頭神官の近衛兵。クリエメイトが絡んでいる時のランプのように七賢者の誰よりもアルシーヴを溺愛し、彼女のことになると暴走する。
ハッカ
声 - 茅原実里 / イラスト - 篤見唯子
七賢者のうちの一人。アルシーヴの秘蔵っ子にあたり、その存在は限られた者しか知らされていない。「夢幻魔法」と呼ばれる能力を宿しており、その能力を使って「エトワリア学園」という偽りの世界を創った。

女神[編集]

ソラ
イラスト - 得能正太郎
本作の舞台となる世界『エトワリア』を統治する女神。異世界の出来事を聖書として書き記しており、ランプから尊敬されている。

まんがタイムきららシリーズのキャラクター[編集]

全キャラクターに5つのクラス(せんし・まほうつかい・ナイト・そうりょ・アルケミスト)と6つの属性(炎・水・風・土・月・陽)が1つずつ割り当てられる。

また、キャラクターによっては複数の異なる職業バージョンや属性を持っている者も存在する。

名前 読み 声優 イラスト 出典作品
ゆの 阿澄佳奈 蒼樹うめ ひだまりスケッチ
宮子 みやこ 水橋かおり
ヒロ 後藤邑子
沙英 さえ 新谷良子
乃莉 のり 原田ひとみ
なずな 小見川千明
涼風 青葉 すずかぜ あおば 高田憂希 得能正太郎 NEW GAME!
滝本 ひふみ たきもと ひふみ 山口愛
篠田 はじめ しのだ はじめ 戸田めぐみ
飯島 ゆん いいじま ゆん 竹尾歩美
八神 コウ やがみ コウ 日笠陽子
遠山 りん とおやま りん 茅野愛衣
望月 紅葉 もちづき もみじ 鈴木亜理沙
鳴海 ツバメ なるみ ツバメ 大和田仁美
桜 ねね さくら ねね 朝日奈丸佳
阿波根 うみこ あはごん うみこ 森永千才
星川 ほたる ほしかわ ほたる 石見舞菜香
トオル[注 1] 悠木碧 黒田bb Aチャンネル
るん 福原香織
ユー子 ユーこ 寿美菜子
ナギ 内山夕実
ミホ 斎藤桃子
野々原 ゆずこ ののはら ゆずこ 大久保瑠美 三上小又 ゆゆ式
櫟井 唯 いちい ゆい 津田美波
日向 縁 ひなた ゆかり 種田梨沙
松本 頼子 まつもと よりこ 堀江由衣
相川 千穂 あいかわ ちほ 茅野愛衣
長谷川 ふみ はせがわ ふみ 清水茉菜
岡野 佳 おかの けい 潘めぐみ
九条 カレン[注 1] くじょう カレン 東山奈央 原悠衣 きんいろモザイク
アリス・カータレット 田中真奈美
大宮 忍 おおみや しのぶ 西明日香
小路 綾 こみち あや 種田梨沙
猪熊 陽子 いのくま ようこ 内山夕実
松原 穂乃花 まつばら ほのか 諏訪彩花
大宮 勇 おおみや いさみ 田村ゆかり
烏丸 さくら からすま さくら 佐藤聡美
久世橋 朱里 くぜはし あかり 大西沙織
本田 珠輝 ほんだ たまき 長縄まりあ くろば・U ステラのまほう
藤川 歌夜 ふじかわ かよ 悠木碧
村上 椎奈 むらかみ しいな 村川梨衣
関 あやめ せき あやめ 小澤亜李
布田 裕美音 ふだ ゆみね 前川涼子
百武 照 ひゃくたけ てる 赤﨑千夏
丈槍 由紀 たけや ゆき 水瀬いのり 千葉サドル がっこうぐらし!
恵飛須沢 胡桃 えびすざわ くるみ 小澤亜李
若狭 悠里 わかさ ゆうり M・A・O
直樹 美紀 なおき みき 高橋李依
佐倉 慈 さくら めぐみ 茅野愛衣
千矢 ちや 原田彩楓 はりかも うらら迷路帖
巽 紺 たつみ こん 本渡楓
雪見 小梅 ゆきみ こうめ 久保ユリカ
棗 ノノ なつめ ノノ 佳村はるか
棗 ニナ なつめ ニナ 茅野愛衣
色井 佐久 いろい さく 諏訪彩花
二条 臣 にじょう おみ 市ノ瀬加那[注 2]
ソーニャ 田村睦心 カヅホ キルミーベイベー
折部 やすな おりべ やすな 赤﨑千夏
呉織 あぎり ごしき あぎり 篠田みなみ[注 3]
高山 春香 たかやま はるか 戸松遥 タチ 桜Trick[注 4]
園田 優 そのだ ゆう 井口裕香
野田 コトネ のだ コトネ 相坂優歌
南 しずく みなみ しずく 五十嵐裕美
池野 楓 いけの かえで 渕上舞
飯塚 ゆず いいづか ゆず 戸田めぐみ
乙川 澄 おとかわ すみ 麻倉もも
桜ノ宮 苺香 さくらのみや まいか 和氣あず未 中山幸 ブレンド・S
日向 夏帆 ひなた かほ 鬼頭明里
星川 麻冬 ほしかわ まふゆ 春野杏
天野 美雨 あまの みう 種﨑敦美
神崎 ひでり かんざき ひでり 徳井青空
桜ノ宮 愛香 さくらのみや あいか 松嵜麗
メリー・ナイトメア 佐倉綾音 牛木義隆 夢喰いメリー
橘 勇魚 たちばな いさな 茅野愛衣
一之瀬 花名 いちのせ はな 近藤玲奈 篤見唯子 スロウスタート
千石 冠 せんごく かむり 長縄まりあ
十倉 栄依子 とくら えいこ 嶺内ともみ
百地 たまて ももち たまて 伊藤彩沙
各務原 なでしこ かがみはら なでしこ 花守ゆみり あfろ ゆるキャン△
志摩 リン しま リン 東山奈央
犬山 あおい いぬやま あおい 豊崎愛生
斉藤 恵那[注 5] さいとう えな 高橋李依
大垣 千明 おおがき ちあき 原紗友里
関谷 なる せきや なる 上田麗奈 浜弓場双 ハナヤマタ
ハナ・N・フォンテーンスタンド 田中美海
笹目 ヤヤ ささめ ヤヤ 奥野香耶
萌田 薫子 もえた かおるこ 赤尾ひかる はんざわかおり こみっくがーるず
恋塚 小夢 こいづか こゆめ 本渡楓
色川 琉姫 いろかわ るき 大西沙織
勝木 翼 かつき つばさ 高橋李依
花小泉 杏 はなこいずみ あん 花守ゆみり 琴慈 あんハピ♪[注 4]
雲雀丘 瑠璃 ひばりがおか るり 白石晴香
久米川 牡丹 くめがわ ぼたん 安野希世乃
平沢 唯 ひらさわ ゆい 豊崎愛生 かきふらい けいおん!
秋山 澪 あきやま みお 日笠陽子
田井中 律 たいなか りつ 佐藤聡美
琴吹 紬 ことぶき つむぎ 寿美菜子
中野 梓 なかの あずさ 竹達彩奈
平沢 憂 ひらさわ うい 米澤円
大空 遥 おおぞら はるか 優木かな 如意自在 はるかなレシーブ
比嘉 かなた ひが かなた 宮下早紀
トーマス・紅愛 トーマス・クレア 種崎敦美
トーマス・恵美理 トーマス・エミリ 末柄里恵
ココア 佐倉綾音 Koi ご注文はうさぎですか?
チノ 水瀬いのり
鳩谷 こはね はとや こはね 尾崎由香 卯花つかさ アニマエール!
猿渡 宇希 さわたり うき 井澤美香子
有馬 ひづめ ありま ひづめ 山田唯菜
舘島 虎徹 たてじま こてつ 楠木ともり
牛久 花和 うしく かな 白石晴香

イベントキャラクター[編集]

名前 イラスト 登場イベント
リシュカ 牛木義隆 鍛冶師の夢を喰らう者
左大臣 大沖 風雲!ヒナ祭り
右大臣
オルバ とめきち Fairies Trick
アモル
アイビス キキ エトワリアの歌姫
ファル けいおん!エトワリアライブ!!
エア
ロール
オトヒメ 伊藤いづも 海の底の玉手箱
ウミ
暗黒冬将軍 永山ゆうのん エトワリアのブラック・クリスマス

用語[編集]

聖典
女神ソラがさまざまな異世界の様子を観測し、登場人物の言動を記述した書物。読んだ人々に元気の源であるクリエを授けている。聖典の登場人物はクリエを生み出す者として「クリエメイト」と呼ばれる。
コール
きららが使うことができる召喚魔法。遠くにいる誰かに助けを求めて、合意の下で力を貸してもらう。クレアが持っている鍵の力で異世界とのゲートを開くことにより、クリエメイトを召喚することができる。
オーダー
アルシーヴが使う禁じられた召喚魔法。コールとは異なり、クリエメイト本人を相手の意志に関係なく強制的に召喚してしまうため、相手がいた元の世界を壊してしまう危険性がある。また、行使された場所の周辺一帯に、呼び出した相手に関連した異変を引き起こす恐れがある。

オープニングテーマ[編集]

主題歌[編集]

「Torchlight〜夢の灯り〜」
歌 - KiraraQuintet[メンバー 1]
作詞・作曲・編曲 - 園田智也

アニメーション制作[編集]

監督・絵コンテ・演出 - 小野学
キャラクターデザイン - 小野田将人
アニメーション制作 - A-1 Pictures

Webラジオ[編集]

楠木ともりのきららファンタジアラジオ
インターネットラジオ
配信期間 2018年4月13日 -
配信サイト AbemaTV
(AbemaRADIOチャンネル)
配信形式 ストリーミング配信
パーソナリティ 楠木ともり
テンプレート - ノート

AbemaRADIOチャンネルにて、きらら役の楠木ともりがパーソナリティを務める『楠木ともりのきららファンタジアラジオ』が2018年4月13日より[14]、毎週金曜日の20時30分から21時まで放送。なお、見逃し放送の対象とはなっていない。

リスナーから"直筆"ハガキを募集し、それを基にトークを展開する。第25回よりメールでの受け付けを始めたが、リスナープレゼントのステッカーは直筆はがきのみ対象となる。

コーナー[編集]

コールしてみました!
著名人やアニメキャラクターなどをコールし、その結果何が起きたかを妄想するコーナー。
仲良し度アップ
家族、友人、恋人、ペットなど、誰かと仲良くなるためにやったことなどを紹介するコーナー。
とっておき
毎週、テーマに沿った内容でリスナーが考えるとっておきの物や行動などを紹介するコーナー。
きららのコール占い
楠木とゲストがそれぞれゲーム内の召喚を1回づつ実施。出てきたキャラクターを紹介し、そのキャラクターを使うと何が起きるかを占うコーナー。
きららファンタジア最新情報
きららファンタジアやきららアニメの最新情報を告知するコーナー。このコーナーのみ、毎週指定されたキャラやシチュエーションに沿った演技をしながら行う。

その他、ゲストの演じるキャラや作品に合わせた単発コーナーを随時実施している。

ゲスト[編集]

特別番組[編集]

AbemaTVのウルトラゲームスチャンネルで、不定期に放送されている特別番組。すべての回で、メインMCの楠木ともり(きらら 役)、高野麻里佳(ランプ 役)のほか、数名のゲストが登場する。2回目以降の放送は、架空の「きらファン学園」という学校の授業という構成になっている。なお、こちらは上記「きららファンタジアラジオ」と異なり、全ての回が見逃し放送の対象となっている。

  • みんなで声優を脱出させよう! 放課後!謎解きららファンタジア(2018年4月20日放送)

ゲスト:内山夕実(猪熊陽子 役)、田村睦心(ソーニャ 役)、山口愛(滝本ひふみ 役)、和氣あず未(桜ノ宮苺香 役)

  • 明日も!きららファンタジア〜きらファン学園開校SP〜(2018年5月30日放送)

ゲスト:三森すずこ(マッチ 役)、前川涼子(布田裕美音 役)

  • 明日も!きららファンタジア〜イベント直前SP〜(2018年7月11日放送)

ゲスト:日笠陽子(八神コウ 役)、長縄まりあ(本田珠輝 役)、和氣あず未(クレア 役)

  • 明日も!きららファンタジア~参戦発表SP~(2018年10月31日放送)

ゲスト:松井恵理子(ポルカ 役)、和氣あず未(クレア 役)、井澤美香子(猿渡宇希 役)
参戦発表スペシャルという構成上、井澤はサプライズゲスト扱いとなった。

コラボレーション[編集]

叡山電鉄
2018年8月4日から、本作のラッピングを施したデオ720形電車の運行と、コラボきっぷ(1日乗車券および特別入場券のセット)の発売、出町柳駅修学院駅へのキャラクタースタンディPOPの設置、コラボポスターの掲出を開始(コラボきっぷは10月31日[注 6]、それ以外は2019年1月14日まで(予定))[15]。初日にはイベント「えいでん×きららファンタジア ラッピング電車お披露目フェスタ」が八瀬比叡山口駅にて開催された[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 原作では別に主人公がいるのだが、本作ではメインキャラクターとして扱われている。
  2. ^ アニメ版では台詞がなく、本作への登場に際してキャストが決定された。
  3. ^ テレビアニメ版で声を担当していた高部あいが芸能活動を引退していたことによるキャスト変更。
  4. ^ a b 他の作品と異なり、事前告知なしのサプライズ参戦。
  5. ^ 事前の告知CMではキャラビジュアルが公開されていたものの、2018年4月25日のゆるキャン△参戦時のイベント「野クルと北の山と初キャンプ」には登場していなかった。半年後の同年10月25日開催のイベント「ヒバリとりーさんと幸福の花」にて実装。
  6. ^ イベントでの発売は2019年3月31日開催分まで。

ユニットメンバー

  1. ^ きらら(楠木ともり)、ランプ(高野麻里佳)、クレア(和氣あず未)、ポルカ(松井恵理子)、コルク(桑原由気

出典[編集]

  1. ^ NEWS 「きららファンタジア」サービス開始&事前登録報酬について”. きららファンタジア公式サイト (2017年12月11日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ 100万DL突破! お礼に記念プレゼントを配布いたします”. きららファンタジア公式サイト (2018年1月15日). 2018年2月11日閲覧。
  3. ^ a b c d “【新作】まんがタイムきららの人気キャラ達が大集合! 本格バトルも楽しめる『きららファンタジア』がサービス開始 [ファミ通App”] (日本語). ファミ通App. (2017年12月16日). https://app.famitsu.com/20171216_1194580/ 2018年9月18日閲覧。 
  4. ^ Inc., Aetas (2017年8月10日). “「まんがタイムきらら」の作家陣がキャラデザインを手がけるスマホ向けRPG「きららファンタジア」が事前登録受付をスタート” (日本語). https://www.4gamer.net/games/385/G038590/20170810128/ 2018年9月18日閲覧。 
  5. ^ “『きららファンタジア』メンテ終了か、11時頃よりプレイ可能に | インサイド” (日本語). インサイド. (2017年12月14日). https://www.inside-games.jp/article/2017/12/14/111634.html 2018年9月28日閲覧。 
  6. ^ 「まんがタイムきらら」の人気キャラクターたちがRPGの世界に大集合! スマホゲーム『きららファンタジア』2017年に配信決定! アニメイトタイムズ 2017年6月26日、2018年1月25日閲覧。
  7. ^ 「きららファンタジア」が12月11日にサービスを開始。ただし,緊急メンテでプレイ不可,お詫びと補填に関する告知が公式サイトに掲載 4Gamer.net 2017年12月12日、2018年1月25日閲覧。
  8. ^ 【速報4】『きららファンタジア』は「しっかりと伸びている」(内藤社長) 4月をボトムに上昇に転じる 運用改善と人気作品の参戦、積極プロモーションが奏功 | Social Game Info” (日本語). Social Game Info (2018年7月31日). 2018年9月18日閲覧。
  9. ^ a b c Inc., Aetas (2017年12月1日). “ファンタジー世界でも“きらら”の日常感は健在。「きららファンタジア」プレイレポート。バトルシーン動画も公開” (日本語). https://www.4gamer.net/games/385/G038590/20171124128/ 2018年9月28日閲覧。 
  10. ^ Ver 1.2.1での改修予定箇所について”. きららファンタジア公式サイト (2018年2月15日). 2018年2月15日閲覧。
  11. ^ “【実施】新機能「トレーニング」追加のおしらせ|NEWS|きららファンタジア 公式サイト” (日本語). きららファンタジア 公式サイト. https://kirarafantasia.com/news/2284/ 2018年7月24日閲覧。 
  12. ^ 『きららファンタジア』- メインクエスト7章「エトワリア学園情報処理部」が追加。「ゆゆ式 期間限定特別セレクション召喚」も開催中!” (日本語). Boom App Games. Seesaa (2018年10月10日). 2018年12月5日閲覧。
  13. ^ 「きららファンタジア」,毎日1回10連無料などの「1周年大感謝キャンペーン」を開催” (日本語). 4Gamers.net. Aetas (2018年12月3日). 2018年12月5日閲覧。
  14. ^ AbemaTVにて3チャンネル横断『きららファンタジア』WEEKを開催!!”. きららファンタジア公式サイト (2018年4月6日). 2018年4月7日閲覧。
  15. ^ “2018年8月4日(土)より、スマートフォン向けゲーム『きららファンタジア』 とのコラボレーション企画が始まります” (PDF) (プレスリリース), 叡山電鉄, (2018年7月23日), http://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2018/07/news_20180723-2.pdf 2018年8月10日閲覧。 
  16. ^ 『えいでん×きららファンタジア ラッピング電車お披露目フェスタ』開催”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年8月7日). 2018年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]