まんがタイムきららミラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まんがタイムきららミラク
Manga Time KIRARA Miracle!
ジャンル 4コマ漫画誌
読者対象 青年向け
刊行頻度 隔月刊(奇数月16日発売、vol.5まで)
月刊(毎月16日発売、2012年3月号より)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 芳文社
編集部名 まんがタイムきららミラク編集部
発行人 東敬彰
編集人 小林宏之
雑誌名コード 18377
刊行期間 2011年3月16日(2011年5月号) - 2017年10月16日(2017年12月号)
姉妹誌 まんがタイムきらら
まんがタイムきららキャラット
まんがタイムきららMAX
まんがタイムきららフォワード
ウェブサイト まんがタイムきららミラク
特記事項 vol.5までまんがタイムきらら増刊扱い

まんがタイムきららミラク』(まんがタイムきららMiracle!)は、2011年3月から2017年10月まで発刊されていた芳文社発行の4コマ漫画専門雑誌である。vol.5まで『まんがタイムきらら』増刊扱いとして原則として奇数月16日に発売され、2012年3月号(同年1月16日発売)より独立創刊して毎月16日に発売されていた。B5判、平綴じである。

概要[編集]

まんがタイムきらら』、『まんがタイムきららキャラット』、『まんがタイムきららMAX』、『まんがタイムきららフォワード』に続く5番目、4コマ漫画誌としては4番目の『きらら』系雑誌として2011年3月に創刊された。創刊時のキャッチフレーズは「もっと自由に4コマを」など[1]。また、vol.1からvol.3までは表紙に「ドキドキ☆ビジュアル進化型」との表記もあった。

他のきらら系雑誌では女子学生の日常を描いた作品が主流だが、本誌ではそれに限らず、多様な世界観に基づいた作品を集めている。また、「女の子の可愛さ」にこだわり、ビジュアル性の高い誌面を目指していくという[2]

創刊に当たって、他のきらら系雑誌の時と違い、起用された作家のほぼ全員が漫画初挑戦の新人で占められており[2]、作品も1話あたり10ページから12ページが中心と、ストーリー漫画を主体とした『フォワード』を除く他の姉妹誌(6ページから8ページが中心)よりもボリュームを持たせている。なお、漫画に使用されている活字は『まんがタイム』系列の他誌に先駆けすべてDTP化されており、使用されるフォントは異なっている。

他の姉妹誌と異なり専門のWebサイトを持っており、そこでは連載作品の第1話が試し読みができたりアンケートページがあるなど、オリジナリティを持たせている。

2017年10月16日発売の12月号をもって休刊することが発表された[3][4]。一部の作品は姉妹誌に移籍し連載が継続される。

歴史[編集]

他誌増刊時代[編集]

通巻号数はvol.1 - 5まで刊行。

独立創刊以降[編集]

  • 2012年1月16日 - 『まんがタイムきららミラク』2012年3月号で独立創刊。通巻号数もNo,001となる。
  • 2017年10月16日 - 2017年12月号をもって休刊。通巻70号。

掲載作品のアニメ化タイトル[編集]

掲載作品のゲーム化タイトル[編集]

休刊まで、本誌掲載作品の単独でのゲーム化作品はなかった。

この他、きらら系作品のスマートフォン向けクロスオーバーゲーム作品として、『きららファンタジア』が2017年配信予定となっており、本誌からは『うらら迷路帖』が参加する。

休刊時点の主な連載作品[編集]

(連載期間の長い順 / タイトル五十音順<増刊誌時代含む>)

休載中の作品[編集]

(連載開始号の古い順 / タイトル五十音順)

連載が終了した主な作品[編集]

(連載開始号の古い順)

表紙の変遷[編集]

表紙イラストを担当していた作家・作品と、その担当していた期間を記す。

  1. 小波ちま - 『リリィ』(vol.1 - vol.3、2012年3月号・7月号)
  2. 柊ゆたか - 『Good night! Angel』(vol.4、2012年4月号・9月号、2013年4月号・6月号)
  3. はりかも - 『夜森の国のソラニ』(vol.5、2012年6月号・10月号・2013年2月号・7月号)
  4. 眉毛 - 『純粋欲求系リビどる』(2012年5月号・8月号)
  5. CUTEG - 『スイート マジック シンドローム』(2012年11月号 - 12月号、2013年5月号)
  6. 川井マコト - 『幸腹グラフィティ』(2013年1月号・3月号、2014年8月号 - 12月号、2015年2月号 - 5月号、2016年2月号、11月号)
  7. タチ - 『桜Trick』(2013年8月号 - 2014年7月号、2015年12月号、2016年1月号、4月号、12月号、2017年10月号)
  8. 春日歩 - 『城下町のダンデライオン』(2015年1月号、6月号 - 11月号、2016年3月号)
  9. はりかも - 『うらら迷路帖』(2016年5月号 - 10月号、2017年1月号 - 9月号、11月号、12月号)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本誌の題字の下に「FreeStyle 4komagazine」の記載あり
  2. ^ a b “高ビジュアルな新増刊「まんがタイムきららミラク」誕生”. コミックナタリー. (2011年2月19日). http://natalie.mu/comic/news/45205 2011年10月11日閲覧。 
  3. ^ 休刊のご案内
  4. ^ まんがタイムきららミラク休刊「ダンデライオン」「うらら」など7作品は移籍”. コミックナタリー (2017年10月16日). 2017年10月16日閲覧。
  5. ^ 専門サイトあり。「きしとおひめさま」公式サイト
  6. ^ a b c “「幸腹グラフィティ」完、アニメ化された女子中学生のぽかぽかお食事4コマ”. コミックナタリー. (2016年9月16日). http://natalie.mu/comic/news/202143 2016年9月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]