伊藤いづも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 いづも
生誕 日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
代表作まちカドまぞく
テンプレートを表示

伊藤 いづも (いとう いづも、? - ) は、日本漫画家イラストレーターである。長野県在住[1]

略歴[編集]

オカルト好きであり、小学生の頃から、2ちゃんねるオカルト板に入り浸り、「死ぬほどシャレにならない怖い話を集めてみない?」というスレッドで自作の怪談話を投稿していたという[2]

大学では国文学科に在籍し、中世文学を専攻[2]

ラグナロクオンライン (RO) の最古参プレイヤーであり、ROの同人誌を多く発表するなかでガンホー・オンライン・エンターテイメントからイラストの仕事を依頼されるようになったことが、漫画家としての道を志す契機となった。当時発表された同人誌の中でも『あこらいとうたじ』は人気が高く、後に動画化もされることになる。その後様々なジャンルでの同人活動の傍ら、読み切りを載せたりアンソロジーに参加し、2014年平成26年)「まんがタイムきららキャラット」にて『まちカドまぞく』、「月刊コミック アース・スター」にて『エミル・クロニクル・オンライン』を連載するに至る。

『まちカドまぞく』はアニメ化され、エンディングテーマ「よいまちカンターレ」の作詞も手掛けた。

人物・作風[編集]

ペンネームは、古事記に収録されている和歌「八雲(やくも)立つ 出雲(いづも)八重垣 妻篭みに 八重垣作る その八重垣を」から取ったものであり、読み方は「やくも」か「いづも」で迷ったが、出雲大社にあやかり、「いづも」としたという[2]

長野県諏訪地域高原に住んでいる[2][3]。長野県に引っ越したのは結婚してからで、それまでは東京都に住んでいた[4]。子どものころは多摩市に住んでいた[4]

作品[編集]

連載漫画[編集]

読切漫画[編集]

  • 魔法少女はバレてはいけない (『電撃マオウ』2011年12月号)

アンソロジー[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ izumo_itoのツイート(978849969326129152) (日本語)
  2. ^ a b c d 『まちカドまぞく』伊藤いづもワールドの神話観と神々、そしてオカルト愛”. ムーPLUS. ワン・パブリッシング (2021年2月25日). 2021年2月23日閲覧。
  3. ^ izumo_itoのツイート(692155364788273152) (日本語)
  4. ^ a b ましろ (2019年6月27日). “【インタビュー】『まちカドまぞく』伊藤いづも「子どものころの自分を満足させられるマンガ家になりたい」”. コミスペ!. 2021年1月13日閲覧。 (日本語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]