原悠衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原 悠衣
生誕 1984年????
日本の旗 日本 北海道
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
代表作 きんいろモザイク
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

原 悠衣(はら ゆい、1984年-[1])は日本漫画家。女性[1]北海道札幌市出身・在住[2]

経歴[編集]

現在の札幌マンガ・アニメ学院マンガデザイン学科の前身となる札幌デザイナー学院アニメ・マンガ学科に入学[1][3]。し、在籍中の同期生にフラジャイル 病理医岸京一郎の所見の作画担当の恵三郎[1]が居る。

専門学校在籍中の2004年にはマッグガーデン発行の『月刊コミックブレイド』にてデビューし、『ウソツキ勇者』(2004年7月)、『GEMINI』(2004年9月)、『運命の王様』(2005年1月)を同誌に発表。2005年3月[1]に同校を卒業し、同誌において『堕天使カナン』を連載し、その後も同誌を中心に活躍をしたものの、2010年より芳文社発行の『まんがタイムきららMAX』にて『きんいろモザイク』を連載。同作はアニメ化され原の代表作となり現在に至る。

書籍[編集]

連載中[編集]

連載終了[編集]

アンソロジー[編集]

画集[編集]

その他[編集]

いずれもTVアニメのエンドカードもしくはバックイラスト。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 北海道新聞 2005年6月22日(16版) 32頁
  2. ^ 北海道新聞2014年7月25日夕刊。
  3. ^ “BIGニュース! 卒業生マンガ家連載作品「きんいろモザイク」がアニメ化!”. 札幌マンガ・アニメ学院:. (2012年12月19日). http://www.smg.ac.jp/2012/12/big.html 2012年12月28日閲覧。 

外部リンク[編集]