H△G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
H△G
出身地 日本の旗 日本愛知県岡崎市
ジャンル J-POP
ロック
ポップ・ロック
レーベル Wish Records(2013-2016)
USMジャパン(2017)
徳間ジャパンコミュニケーションズ(2017-)
公式サイト http://hag-official.jp/
メンバー Chiho(ボーカル
Yuta(ギター
行人(ベース
榎本健志(ドラムス
Shoko(DJ
Masataka(ドラムス)

H△G(ハグ)は、日本音楽グループ2012年愛知県岡崎市で結成された。

概要[編集]

「青春期の"葛藤"や"胸の痛み"そしてその"蒼さ"を言葉やサウンド、デザインで表現すること」をコンセプトとしたクリエイター集団である。[1]

ボーカルのChihoを中心に、サウンドコンポーザーチーム、 ミュージシャンチーム、レコーディングエンジニアチーム、 デザイナーチームによって構成されている。[1]

2017年7月26日徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャーデビュー。[2]

メンバー[3][編集]

ジャズ・ピアニストの父とクラシック・ピアニストの母のもとに生まれる。

声楽ミュージカルの経験がある。

幼少期をイギリスで過ごし、ヴァイオリンピアノを学んでいた。

日本へ帰国後、独学でギターを始める。

すべての楽曲を作曲している。

MiliSandy Beach Surf Coaster、A Continental Shelfなどにも参加している。

Sandy Beach Surf Coasterなどにも参加している。

音楽、アイドル、アニメをこよなく愛する。

メンバーのスケジュール管理やSNSでの外交を担当している。

ライブでは同期音源の操作の他、コーラスや、ボーカルのChihoとともにMCをしている。

  • Masataka(ドラム)

2017年3月より第2のドラマーとして加入。[4]

ドラムだけでなく、吹奏楽指揮などジャンルを問わず広い分野で活動している。

  • 以上6人に加え、Wish CREWと呼ばれる、編曲やトラック制作などを行なっている覆面コンポーザー集団が存在し、H△Gのメンバーに位置づけられている。

作品[5][編集]

メジャー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 備考
1 2017年7月26日 夏の在りか TKCA-74521(初回限定盤A)

TKCA-74522(初回限定盤B)

TKCA-74523(通常版)

メジャーデビューシングル
2 2017年11月22日 イタズラなKiss と ラブソング。 TKCA-74611(初回盤)

TKCA-74612(通常盤)

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 備考
1 2018年2月14日 青色フィルム TKCA-74626(初回限定盤A)

TKCA-74627(初回限定盤B)

TKCA-74628(通常版)

インディーズ[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル トラックリスト 規格品番 レーベル
2014年5月14日 f分の1ゆらぎ WWHC-1002 Wish Records

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル トラックリスト 規格品番 レーベル
2014年1月22日 少女たちの終わらない夜 e.p. WWHC-1001 Wish Records

配信限定ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル トラックリスト レーベル
2015年12月24日 Everlasting Night of Teenage Girls Wish Records
2016年10月28日 A Place in the Sun Wish Records

カバーアルバム[編集]

発売日 タイトル トラックリスト 規格品番 レーベル
2017年5月10日 声 ~VOCALOID Cover Album~ UICZ-4395(CD)

PROT-5010(ボーナスCD)

USM ジャパン

アプリケーション[編集]

  • f分の1ゆらぎ

オリジナル・アルバム『f分の1ゆらぎ』のiOSアプリケーション版である。2016年9月12日リリース。ボーナストラックとして『星見る頃を過ぎても』のRE-MIX版が収録されている。

参加作品[編集]

発売日 タイトル トラックリスト 規格品番 備考
2012年7月15日 Rockin' on Girl's Door Vol.2[6] WSVA-1002 STRAWBERRY FIELDによる、ガールズロック限定コンピレーション・アルバム
2013年9月18日 H△G × Mili[7] WWSP-1001 Miliとのコラボレーション・アルバム
2015年2月28日 H△G × Mili vol.2[8] WWSP-1002 (初回限定盤)

WWSP-1003 (通常盤)

Miliとのコラボレーション・アルバム
2016年4月27日 H△G × 谷本早也歌[9] WWHT-1001 谷本早也歌とのコラボレーション・アルバム
2016年12月21日 H△G × ORESAMA[10] YMPCD-31 ORESAMAとのコラボレーション・アルバム
2019年1月23日 エガオノカナタ[11] XNST-10001 Chihoがボーカルで参加する他、H△G名義で作詞を担当。

アプリケーション[編集]

  • f分の1ゆらぎ

オリジナル・アルバム『f分の1ゆらぎ』のiOSアプリケーション版である。2016年9月12日リリース。ボーナストラックとして『星見る頃を過ぎても』のRE-MIX版が収録されている。

タイアップ[編集]

起用年 楽曲 タイアップ
2016年 あの夏、僕らは。 演劇集団キャラメルボックス『彼は波の音がする』『彼女は波の音がする』劇中歌[12]テレビCMソング[13]
2017年 セブンティーン 株式会社FUN PLACE 採用ムービー[14]
スーベニールの花束 静岡PARCO テレビCMソング[15]
六月の秘密基地 TSUTAYA テレビCMソング[16]
星見る頃を過ぎても BSフジ『Esprit Japon』5月度主題歌[17]
夏の在りか メ~テレ 高校野球テーマ曲[18]
KBS京都テレビ 第99回全国高校野球選手権大会 京都大会 試合中継テーマソング(オープニングテーマ)
ナズナ KBS京都テレビ 第99回全国高校野球選手権大会 京都大会 試合中継テーマソング(エンディングテーマ)
イタズラなKiss と ラブソング。 映画「イタズラなKiss THE MOVIE3~プロポーズ編~」主題歌
2018年 さよならガール 映画「ラーメン食いてぇ!」挿入歌
2019年 エガオノカナタ アニメ「エガオノダイカ」オープニングテーマ

出演[編集]

ラジオ[編集]

コラボレーション[編集]

H△G ワンマンライブ「銀河鉄道の夜を越えて」× 声劇『月とライカと吸血姫/星町編』(2019年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連リンク[編集]