セブンティーンアイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
自販機

セブンティーンアイスは、江崎グリコ1983年に販売を開始した自動販売機用のアイスクリーム

概要[編集]

1983年、「17種類の味」と「17歳の女子高生向け」としてブランドをスタート[1]。テスト販売では好調な売り上げを示し、同年4月に全国に販売を拡大した。

当初はショーケースで販売していたが、同年秋に売り上げが低調となったため、新たな販路を求め1985年に自動販売機での販売を開始する[1]。第一号機はボウリング場に設置され、そこからゲームセンター健康ランドなど販路を拡げている。アミューズメント施設での販売・消費を想定し、形状はスティックタイプ(アイスバー)、コーンタイプ(コーンアイス)、モナカタイプ(モナカアイス)、ブロータイプといった、スプーンを使わずに食べられるもので一貫している。

スティックタイプでは扁平な白い棒の先に、3つの穴が空いている。穴の間にもアイスがつながることで、食べている最中のアイス落下を防いでいる[2]

現在は期間限定商品も含め28種類をラインアップしている[1]

脚注[編集]

イメージキャラクター[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]