あfろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あfろ
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
代表作 ゆるキャン△
テンプレートを表示

あfろ(あふろ)は、日本漫画家。性別非公開。静岡県浜松市出身、山梨県甲府市在住[1]

人物・作風[編集]

主に『まんがタイムきらら』やその姉妹誌などで執筆している。高瀬司から「このマンガがすごい!Web」にてその独特な世界観を「あfろワールド」と表現されている[2]

ペンネームは、デビュー前にある掲示板でいつもアフロヘアーのキャラを描いていて、「アフロの人」と呼ばれていたことに由来している[1]

取材の際の写真撮影には全天球カメラを使用している[3]

水曜どうでしょう』(北海道テレビ)のファンであることを公言しており、2019年には藤村忠寿嬉野雅道の両ディレクターと、アニメ『ゆるキャン△』プロデューサーの堀田将市(DeNA)の4人で飲んだこともあるという[4]

作品リスト[編集]

アンソロジー・イラストなど[編集]

ゲーム[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 山梨日日新聞』2018年7月9日号
  2. ^ 『シロクマと不明局』第2巻 あfろ【日刊マンガガイド】”. このマンガがすごい!web (2015年5月28日). 2015年11月17日閲覧。
  3. ^ まんがタイムきららMAX』2017年12月号「かおす先生のアトリエ探訪〜きらら漫画の作り方〜」
  4. ^ 『水曜どうでしょう』と『ゆるキャン△』で学ぶ、人間関係で一番大切なこと。藤村D・嬉野Dに聞く”. Business Insider Japan (2021年2月5日). 2021年2月21日閲覧。
  5. ^ 「けいおん!」大学編&後輩たち描く高校編のアンソロ発売”. コミックナタリー (2011年11月27日). 2015年12月4日閲覧。
  6. ^ 「ひだまりスケッチ」ストーリーマンガ集めたアンソロ発売”. コミックナタリー (2012年11月27日). 2015年12月7日閲覧。
  7. ^ 黒田bb、ハノカゲら55名参加の「まど☆マギ」イラスト集”. コミックナタリー (2013年1月2日). 2017年12月30日閲覧。
  8. ^ タチ、平尾アウリら参加の百合アンソロ「SAKURA」1巻”. コミックナタリー (2014年1月27日). 2017年12月30日閲覧。
  9. ^ 「ごちうさ」アンソロジーにハノカゲら、書泉でフェアも”. コミックナタリー (2014年4月27日). 2017年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]