つぼみ (アンソロジー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

つぼみ』とは、芳文社発行の百合を題材としたアンソロジーコミック集(書籍扱いコミックス)。キャッチフレーズは「あまくてやさしい百合アンソロジー」

概要[編集]

2009年2月に年4回(2月・5月・8月・11月)刊行のアンソロジー集として創刊。コミックス扱いとされており、「まんがタイムKRコミックス GL series」として刊行されている。2010年10月発売のVol.8より偶数月刊行に変更。

2012年12月発売のvol.21をもって休刊となった。休刊後も一部の作品は『つぼみWebコミック』で継続されていた[1]

特徴[編集]

競合他誌(2009年当時は『コミック百合姫』『コミック百合姫S』などが刊行されていた)と比べると、性的描写は控えめ。同誌で『エビスさんホテイさんと』を連載していたきづきあきら・サトウナンキによると、連載する際編集からは「寸止め」「ほんのり」「友情と恋の間」などというレクチャーを受けたという[2]

ただし、作家陣には成人向け作品出身者を起用することもあり、連載経験者の中では大朋めがね[3]玄鉄絢東山翔森永みるくなどがいる。

Webコミック[編集]

2011年12月21日より「つぼみWebコミック」が公開。原則毎月第2・第4水曜日に更新。本誌掲載作品の番外編などの漫画やWeb限定のメッセージペーパーなどを公開されていた。またWeb限定で『銭湯ハワイ』(かずといずみ)が連載されていた。

2013年5月22日、Webの更新停止と閉鎖が発表された[4]

単行本[編集]

2010年8月より「まんがタイムKRコミックス tsubomi series」として刊行開始。原則2作品を『つぼみ』本誌と同時期に刊行。2012年8月以降は本誌の刊行がない月も発売している。同誌掲載作品が基本だが、2011年4月の袴田めら最後の制服』(上・下巻同時刊行)は、「まんがタイムKRコミックス」として2005年2006年にかけて刊行された作品の新装版である。

主な掲載作品[編集]

連載中(本誌休刊時点)[編集]

休載[編集]

  • 『prism』(東山翔)[5]

連載終了[編集]

その他主な執筆漫画家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “百合アンソロジーのつぼみ休刊、単行本は継続して刊行”. コミックナタリー. (2012年12月12日). http://natalie.mu/comic/news/81464 2012年12月22日閲覧。 
  2. ^ 『エビスさんとホテイさん』単行本あとがきより
  3. ^ 芳文社刊行のアンソロジー誌『らぶチュ』(一般向けだが男女の性的描写あり)にも定期的に作品を発表していた
  4. ^ “つぼみWebコミック、更新停止と閉鎖のおしらせ”. つぼみWeb (芳文社). (2013年5月22日). http://tsu-bo-mi.jp/?p=3923 2013年6月23日閲覧。 
  5. ^ 休載のおしらせ

関連項目[編集]

  • コミック百合姫 - 一迅社発行の百合コミック誌。『つぼみ』とほぼ同時期(2010年11月)に季刊誌から隔月刊誌(奇数月刊行)に変更された。

外部リンク[編集]