木緒なち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木緒 なち(きお なち)は、大阪府出身のシナリオライター小説家及びデザイナーKOMEWORKS所属。大阪芸術大学卒。

略歴[編集]

大学卒業後、デザイナーとして活動。主に戯画にてデザイナーとしてゲーム制作に関わってきたが、『ぱすてるキッチン』にておまけのアナザーストーリー部分(飛べる翼、飛べない翼)をヘルプとして執筆しライターデビューする。その後『らずべりー』にて約半分のシナリオを担当し、シナリオライターとしても売り出していくことになる。ちなみに『らずべりー』は、木緒なちwith企画屋と表記されているが、企画屋には所属したことは無い。

『らずべりー』を出した後は、ねこねこソフトで『ラムネ』、『麻雀』のデザインを担当、その後ねこねこソフトに誘われ、本格的に参加する事になる。正式な社員採用となったのは2005年1月9日からである。ディレクターデザイナーシナリオライターと多種多様な業務を行い、ねこねこソフトの活動休止後は、ねこねこ旧スタッフの有志と共同でコットンソフトを立ち上げた。

また、丸戸史明の作品に対し、リスペクトしている旨を以前から自サイトで公表しており、『フォセット』にてシナリオを提供する事になった理由もそれ故だと(以前の日記には担当ディレクターに世話になった旨も)説明している。

デザイナーとして[編集]

ねこねこソフトのウェブ4コマ『諸葛瑾』担当作家蒼樹うめの初単行本である『ひだまりスケッチ』で、装丁やロゴデザインを担当したのをきっかけに、芳文社一迅社等で広く活動をする事となる。デザイン業務については新規にデザインユニット「KOMEWORKS」を設立し、複数メンバーで本格的に再開した。

アニメ『神様はじめました』やアニメ『ご注文はうさぎですか?[1]では、ロゴデザインを担当した。また、アニメ『グリザイアの果実[2]ではタイトルデザイン担当としてクレジットしている。

同人活動[編集]

元々は大学のメンバーと共同で『半端マニア』という批評同人誌を出しており、その有志にて結成した同人ソフトのブランド「半端マニアソフト」でディレクター兼雑務を行っている。こちらでは現在、シナリオライターとしての活動は見受けられない[3]

主な作品[編集]

ゲームシナリオ[編集]

※カッコ内は担当部分

小説[編集]

※装丁も自身が担当している

テレビアニメ[編集]

  • 蒼の彼方のフォーリズム(脚本)

注釈[編集]

  1. ^ EDスタッフロールにクレジットされている。
  2. ^ PCゲーム版ではシナリオ担当であるが、アニメではEDスタッフロール・クレジットにある。
  3. ^ サニーガール 「半端マニアソフトインタビュー」、2006年1月21日
  4. ^ 『グリザイアの果実』:フロントウイング。2014年12月24日閲覧。
  5. ^ ねこねこソフト Official HomePage”. 2012年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]