バ美肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バ美肉(バびにく)とは、バーチャル美少女受肉(バーチャルびしょうじょじゅにく)またはバーチャル美少女セルフ受肉(バーチャルびしょうじょセルフじゅにく)の略語[1][2]美少女アバターを纏うこと[3]、あるいは、纏ったうえでサイバースペースバーチャル空間)の美少女として、VRChat等のサイバースペースで活動したり[2][4]バーチャルYouTuberバーチャルアイドルなどとして活動することを指す[5]ボイスチェンジャーを使うか自身の発声方法を工夫するなどして発声を美少女に変えるか[6][7]、または地声のままで、美少女の3Dモデル・イラスト等を使い[8][9]、バーチャルな美少女になること。この場合の「受肉」は「肉体(アバター)を手に入れる」という意味合いであり、キリスト教における教理の「受肉」とは別義である[10][11]

例えば成年男性が受肉すれば「バ美肉おじさん」と呼ばれる[8][7]。本来は「バ美肉」という言葉は、男性に限らず、企業などによるプロデュースではなく自分でキャラクターを作り、それに声を当ててサイバースペースで活動することを指していたが[12][13]、現在では自分でキャラクターを制作したか否かに拘らず、男性がボイスチェンジャーなどを使用し、女性として立ち振る舞うこと、または、その人(バ美肉おじさん)を指すことも多い[14][15][16][17]

由来[編集]

バーチャルYouTuber業界では演者のことを「魂」[2][14]、キャラクターの絵や3Dモデルのことを「肉体」[18]、絵や3Dモデルを手に入れることを「受肉」と呼ぶ。「受肉」は月ノ美兎が自身の3Dモデルを手に入れた時の発言に由来する用法である[11]

バーチャルYouTuber業界では魂と肉体が同じ性別というのが主流である。その一方で2017年(平成29年)末、肉体は女性、魂と声は男性のバーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんが人気を博した[14]。彼女は魂が男性(おじさん)であると明かし、見た目は美少女キャラクターで発声は男性のまま、男性でも美少女になれることを示した。彼女の動画を見て、活動し始めたバーチャルYouTuberやバ美肉おじさんも多い[19][9][11]。彼女により、キャラクターがかわいいなら中身がおじさんでもどうでもいい、という価値観が生まれたのである[5]

一歩進んでバ美肉では可愛さだけでなく、魂(演者)の存在と性別の不一致をオープンにして、このギャップをもコンテンツの一つとして楽しむことが殆どである[9]。魂の存在を認める者が多いことは、バーチャルYouTuberとバ美肉との相違点である[9]。性別の不一致を認める者が多いことは、ネカマとバ美肉との相違点である[4]

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんの登場以後、ARu子などの一部の動きを除き美少女受肉の流行は沈静化したが、2018年(平成30年)5月末、漫画家のリムコロとイラストレーターの巻羊が、FaceRigおよびLive2Dというソフトウエアを用いて、生配信でイラストを動かす方法を紹介、それがイラストレーターの間で急速に普及した[8][20][21]。バーチャルYouTuberにはイラストレーターを本業とする人が元々多かったことも手伝って、やがて「魂が男性である」と公言するバーチャルYouTuberが寄り集まり、コミュニティを作り始めた[11]。2018年6月、「バーチャル美少女セルフ受肉おじさん女子会ワンナイト人狼[22]」という生配信が行われ、この配信のタイトルがバ美肉の語源となった[11][8]。この生配信に参加していた魔王マグロナは、チャンネル登録者数の多さやその可愛さからバ美肉おじさんの中でも有力視され、第一人者と呼ばれることもある[6][14]。さらに、初めてボイスチェンジャーを利用し美少女ボディを用いて配信を行ったことから、彼女がバ美肉おじさんのはしりであるとされる[23]

地獄[編集]

おじさんが自分で絵を書いて自分で動かしたLive2Dの体に受肉して、更に自分でボイスチェンジャーを使って声帯を弄って、自分で声を当てた地獄のようなコンテンツです。
マグロナ 自らの動画内にて[5]

「地獄のような」という概念はバ美肉を端的に表す言葉としてよく用いられている[11]。実際にリムコロ、巻羊、マグロナ、名取さならは、Vティークの取材にて「バ美肉とは?」と聞かれ、性癖を歪めてしまう、闇が深い、などを理由に全員「地獄である」と回答している[24]

マグロナによると、元々は「自分自身で絵を描いて自分自身を美少女に変えたおじさんが、寄り集まってワイワイしている地獄のような」コンテンツである、という意味でバーチャル美少女セルフ受肉おじさん女子会という生配信タイトルにしたのが、いつの間にかセルフが抜け落ち、「男性が美少女の肉体を手に入れて演じている」という意味も追って生まれてしまったという[14][11]。なお、マグロナの魂に女性化願望はない[5]

利点[編集]

歌舞伎女形や、宝塚歌劇団男役との共通点、すなわち同性だからこそ同性の心がより理解できていることが強みではないかと言われている[14]。また、魂の存在を認めているので、演者の存在が表沙汰になってもスキャンダルにならない[25]、さらに普通のバーチャルYouTuberと違い演者が男性なので、ファンとの異性関係のトラブルがほぼ起こり得ないことも強みの一つである[14]

マグロナによるとバ美肉とは、自分の考えた美少女キャラクターを自らプロデュースしたい、と思っている人間に道を開くものだという。初音ミクボーカロイド)の登場により、コンポーザーはボーカルを雇う必要がなくなり、自分だけで曲の発表まで漕ぎつけることができるようになった。ちょうど同じことが、バーチャルYouTuberとその技術、さらにボイスチェンジャーの普及によりキャラクター業界にも起きている、と述べている[5]

いちから株式会社COOの岩永太貴や、SHOWROOM株式会社社長の前田裕二など、バーチャルYouTuber関連企業の上層部がバーチャル美少女受肉し、各種イベントに出ることもある[26][27]

発声[編集]

普通の男性の発声を、機器的な操作だけで女性の発声に変換するのは困難である[28][29]。声を裏声、もしくはそれに近いミックスボイスで出すことで女性の発声に寄せておくことが肝要で[29][30][6]、ボイスチェンジャーでのピッチフォルマントの変化量は、小さいほどより自然な女性の発声になるという[6][18]。さらに竹花ノートらなど、ボイスチェンジャーを一切使わずに女性の声を発するバ美肉おじさんもおり、彼女らは「両声類」とも呼ばれる[6][31]。そして声そのものだけでなく、喋り方や抑揚も、声の女性らしさに非常に大きくかかわる[6][18][29]

メディア[編集]

NHK Eテレねほりんぱほりん』の2020年(令和2年)1月8日放送回では、「バ美肉」をテーマとし、ゲストとしてバ美肉おじさん3人[注 1]が登場した[32][16](※関連動画:[33])。

イベント[編集]

バーチャルのコンテンツではあるが、今までに何度かバ美肉を主題としたリアルイベントが開催されている。

バ美肉ナイトクラブ in 渋谷 [34][35][36]
2018年(平成30年)10月31日ハロウィン)にPANORAが主催した、渋谷にて開催されたイベントである[37][35]。バ美肉VTuberの竹花ノート魔王マグロナおよび兎鞠まりが共演した[34][35][36]Twitterのトレンドでは日本4位、東京2位となった[36]。また、共催のSHOWROOMでの公式配信においても来場者2,000人以上となった[36]。1時間のトークライブが行われ、終了後は、会場でグッズを買ったファンが本人と話せるお話会も行われた[36]。また、DJ SHARPNELが生出演し、オープニングアクトを務めた[36][38]
VTuberトークセッション~次のバ美肉はキミだ~ [39][40]
2018年11月4日東洋大学情報連携学部(東洋大学赤羽台キャンパス)の大学祭「INIAD-FES」にて開催された[39]。バ美肉VTuberの魔王マグロナ、兎鞠まり、竹花ノートに加え、名取さなが出演した[39]
愛☆バ美肉ナイトクラブ [37][41][38]
2019年(平成31年)3月14日ホワイトデー)に、秋葉原TwinBoxにて行われた、上記の「バ美肉ナイトクラブ in 渋谷」の第2弾イベントである[37]。第1回も共演した魔王マグロナと兎鞠まりに加え、オニャンコポンおよびだてんちゆあもトークイベントに参加した[37]。前回出演していたDJ SHARPNELがホール開場時に動画で出演した[38][42]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 実際の姿での出演ではなく、人形に置き換えるのが当番組のスタイル。

出典[編集]

  1. ^ 株式会社ZIG (2018年9月7日). “【株式会社ZIG】個性が集まるVTuberグループ「ミライサーカス」にて“おっさん歓迎”な「バ美肉オーディション」を開催!”. PR TIMES. 2019年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c ヤマダユウス型 (2018年12月31日). “あゝ、狂騒のコンテンツ時代よ。バーチャルYouTuberの勃興は2018年に何をもたらしたか”. ギズモード・ジャパン. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ バーチャル世界で美少女の姿に! 現実と虚構を行き来する“バ美肉おじさん”の悩みとは? 『ねほりんぱほりん』”. music.jpニュース (2020年1月8日). 2020年1月14日閲覧。
  4. ^ a b コンタケ (2019年3月4日). “やっぱりリアルよりネットの世界だな! 新しい自分になれるかもしれない「バ美肉」とは”. ねとらぼ. 2019年3月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e トシ(ゲームキャスト) (2018年8月20日). “「バ美肉」はDTMにおける初音ミク 魔王マグロナちゃんがかわいすぎたVTuberワークショップレポート”. PANORA. 2019年2月12日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 黒嵜 想 (2018年10月26日). “ボイス・トランスレーションーー“バ美肉”は何を受肉するのか?:前編”. Real Sound. 2019年2月12日閲覧。
  7. ^ a b 小寺 信良 (2019年1月23日). “小寺信良の週刊 Electric Zooma! 第884回 オジサンも美少女声になれる? VTuberから注目Roland「VT-4」の魔力”. AV Watch. 2019年2月12日閲覧。
  8. ^ a b c d 聖☆あべさん (2018年7月17日). “かわいくなりたいおじさんたちが急増中 なぜ“バ美肉おじさん”は女の子への夢を見る?”. Real Sound. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ a b c d 『コンプティーク12月号増刊 Vティーク Vol.2』 (2018), pp. 38-39.
  10. ^ 「とんでもないやつがでてきやがったぜ……」期待の新人バ美肉VTuber「大狼うる」が動画投稿開始!”. Mogura VR (2018年12月15日). 2019年2月12日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g じーえふ (2018年11月30日). “誰でも“可愛い声”のVTuberに? ボイストランスフォーマー「VT-4」実機レビュー”. Real Sound. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ ぽちまる/ぽち小屋。ちゃんねる (2019年4月10日). “ちょっとだけ大事なおはなし【Vtuber】”. YouTube. 2020年5月28日閲覧。
  13. ^ まぐろなちゃんねる (2019年5月17日). “敗者に一体何が……? 仁義なき雀魂コラボ!【伊東ライフ/ぽちまる/兎鞠まり/魔王マグロナ】”. YouTube. 2020年5月28日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g トシ(ゲームキャスト) (2018年11月3日). “魔王マグロナ・兎鞠まり・竹花ノート、全員可愛すぎか! ハロウィン渋谷を突き抜けた「バ美肉ナイトクラブ」レポ”. PANORA. 2019年2月12日閲覧。
  15. ^ 井上輝一 (2020年4月1日). “「ケモ耳生やした議員系VTuber」誕生 おぎの稔大田区議が“バ美肉””. ITmedia NEWS. ITmedia. 2020年5月28日閲覧。
  16. ^ a b KAI-YOU (2019年12月26日). “NHK「ねほりんぱほりん」で「バ美肉」特集 バーチャル隆盛の現代ゆえの存在に迫る”. Yahoo! Japan NEWS. 2020年5月28日閲覧。
  17. ^ 五十嵐アキト (2019年3月31日). “「バ美肉」したい人必見!無償・有償の定番ボイスチェンジャー5選”. MoruLive. MoguraVR. 2020年5月28日閲覧。
  18. ^ a b c カナヲ (2018年11月4日). “私はいかにして“美少女VTuber”になったか――あるゲーム作家の「バ美肉」録”. Mogura VR. 2019年2月12日閲覧。
  19. ^ たば (2018年8月24日). “【無料公開】『バーチャルYouTuber名鑑』四天王と呼ばれる理由は?”. KAI-YOU. 2019年2月12日閲覧。
  20. ^ りむとまき (日本語), 【りむとまき】バーチャル受肉布教! 白紙からFaceRigで動かす! ~キャラデザイン編~, https://www.youtube.com/watch?v=t22l4MciseI 2019年12月7日閲覧。 
  21. ^ りむとまき (日本語), 【りむとまき】バーチャル受肉布教!白紙からFaceRigで動かす!~LIve2D・FaceRig編~, https://www.youtube.com/watch?v=jOLxRMYHI_8 2019年12月7日閲覧。 
  22. ^ U.M.E.Project. “バーチャル美少女セルフ受肉おじさん女子会ワンナイト人狼”. ニコニコ生放送. 2019年12月7日閲覧。
  23. ^ ゆりいか (2019年6月29日). “バ美肉おじさん界の雄! 魔王マグロナの“かわいさ”の理由”. MoruLive. MoguraVR. 2020年5月28日閲覧。
  24. ^ 『コンプティーク12月号増刊 Vティーク Vol.2』 (2018), p. 47.
  25. ^ 『コンプティーク12月号増刊 Vティーク Vol.2』 (2018), p. 46.
  26. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2018年9月13日). “にじさんじ勢「静凛」「叶」も参戦! 「PUBG企業対抗戦」参加40チーム発表”. PANORA. 2019年2月13日閲覧。
  27. ^ 高橋佑司 (2018年12月28日). “SHOWROOM社長 前田裕二氏が「バ美肉」配信!? 話題の著書「メモの魔力」の紹介も”. PANORA. 2019年2月13日閲覧。
  28. ^ みたらし (2018年7月21日). “VTuber必見!「ボイスチャンジャーの使い方」徹底解説動画”. Mogura VR. 2019年2月12日閲覧。
  29. ^ a b c オニャンコポン/珠野うみか (2018年12月2日). “オニャンコポンが行く! 応募者多数から8人が選ばれた「美少女ボイス講習会」レポート”. Mogura VR. 2019年2月12日閲覧。
  30. ^ みたらし (2018年7月21日). “VTuber必見!「ボイスチャンジャ―の使い方」徹底解説動画”. Mogura VR. 2019年2月12日閲覧。
  31. ^ 『コンプティーク12月号増刊 Vティーク Vol.2』 (2018), p. 40.
  32. ^ 日本放送協会. “ねほりんぱほりん - NHK”. ねほりんぱほりん - NHK. 2020年1月9日閲覧。
  33. ^ 岡田斗司夫ゼミ#318 2020.
  34. ^ a b 宮久保仁貴 (2019年2月18日). “兎鞠まり インタビュー”. TOPPA!!. Toppa!!. p. 2. 2020年4月25日閲覧。
  35. ^ a b c バ美肉ナイトクラブ in 渋谷【PANORA × SHOWROOM】”. Peatix (2018年10月23日). 2020年4月26日閲覧。
  36. ^ a b c d e f GameCast・トシ / 広田稔 (2018年11月3日). “魔王マグロナ・兎鞠まり・竹花ノート、全員可愛すぎか! ハロウィン渋谷を突き抜けた「バ美肉ナイトクラブ」レポ”. PANORA. PANORA. 2020年4月26日閲覧。
  37. ^ a b c d 愛☆バ美肉ナイトクラブ”. Livepocket ticket. 2020年4月24日閲覧。
  38. ^ a b c バ美肉DJも参加!「たすかる」シールも販売! 3/14「愛☆バ美肉ナイトクラブ」追加情報その2”. PANORA (2019年3月13日). 2020年4月26日閲覧。
  39. ^ a b c 東洋大学INIAD-FES「VTuberトークセッション」に魔王マグロナ・兎鞠まり・竹花ノート・名取さなが出演”. v-tuber zero (2018年10月31日). 2020年4月26日閲覧。
  40. ^ Mogura VR編集部 (2018年11月1日). “バ美肉VTuber、大学に登場。マグロナ氏ら出演イベント「次のバ美肉はキミだ」”. MoguLive. Mogura VR. 2020年4月26日閲覧。
  41. ^ あの2人がゲスト出演! VTuberをイメージした香料の物販も! 3/14「愛☆バ美肉ナイトクラブ」追加発表”. PANORA (2019年3月8日). 2020年4月26日閲覧。
  42. ^ DJ SHARPNEL (2019年3月13日). “マグロナさん・兎鞠まりさん・オニャンコポンさん・だてんちゆあさん出演「愛・バ美肉ナイトクラブ」にバ美肉DJとして再びDJ SHARPNEL出演”. SHARPNELSOUND Official web. 2020年4月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]