ARuFa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ARuFa
ペンネーム ARuFa
誕生 (1991-04-21) 1991年4月21日(31歳)
日本の旗 日本千葉県船橋市
職業 ライターブロガー音楽家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2005年 -
ジャンル ネット活動
代表作 『超 暇つぶし図鑑』(2017年)
所属 バーグハンバーグバーグ[1]
公式サイト ARuFaの日記
身長:164.8 cm(2012年12月時点[2]
体重:61 kg(2017年9月時点[3]
スリーサイズ:81 - 73 - 87 cm(2017年9月時点[3]
テンプレートを表示

ARuFa(アルファ、1991年[4]4月21日 - )は、日本のWebライターブロガー音楽家千葉県船橋市出身(出生地は東京都[5])。

経歴[編集]

2005年よりブログ「ARuFaの日記」を開設し、インターネット上で活動を開始した。「下敷きを多数連結してバリアをつくる」「老若男女が並べば『能力者』っぽい写真が撮れるんじゃない?」「部屋の中を森にして自宅で『森林浴』をしてみました」といった、思いつきを実現するスタイルの記事で人気を得ている。2017年5月には、それまでの人気記事を再構成した書籍『超 暇つぶし図鑑』を出版。版元の宝島社によると、刊行後1ヶ月で7万部を売り上げている[6][7]

元々は小学校の教師を志望しており、大学では教育学部に通っていたが、教育実習中、児童にARuFaであることがバレてしまったことから教師の道を断念する[8][注 1]。その後、ブロガーとしての経験を活かすため、大学卒業後はウェブコンテンツを制作・運営する株式会社バーグハンバーグバーグに入社した[1]

また、VOCALOIDなどを使ったインディーズ楽曲やパフォーマンスの動画をニコニコ動画に投稿するなどもしており、2011年にはコンピレーションアルバム『0002:a galaxy odyssey』に参加し商業デビューしている[9][10]ボーカロイドレーベル・GINGAに"a galaxy odyssey crew"として所属し[5]、GINGA主催のDJイベントに幾度か出演[11]。ARuFaがメインのDJイベントが催されたこともあった[12][13]。ほか、2019年8月・2021年7月にアーケード向けリズムゲームWACCA』とのコラボレーションが行われ、ARuFaが歌唱を担当している楽曲(作詞・作曲は他者に依頼)が同ゲームに収録されている[14][15][16]

株式会社バーグハンバーグバーグの運営するウェブメディア「オモコロ」での企画として、2016年6月よりダ・ヴィンチ・恐山とともにウェブラジオ「匿名ラジオ」を毎週木曜日に公開している。YouTubeにも専用チャンネルを開設し、動画投稿を行っている。自身の個人チャンネル以外にも「オモコロチャンネル」「株式会社バーグハンバーグバーグ」「オモコロ ブロス!(改名前:ヌートン)」などのチャンネルにも出演している。

ライター、音楽家以外の活動として、2017年4月から6月まで放送されたテレビ番組『上坂すみれのヤバい○○』(TOKYO MXBS11)では永野たかひろ加藤亮[注 2]とともに構成を担当した。

エピソード[編集]

  • 記事中に自身の写真を使う際には目線を入れる。YouTubeチャンネル「オモコロチャンネル」に参加出演する際、目線のようなサングラスをつける。なお、過去に発表したDVDでは編集があまりに面倒という理由で顔を露わにしている。
  • 好物はおからナスの揚げびたしとカニ。しかし、カニアレルギーであるので食べると顔がパンパンになる[3]パクチーが苦手[3]。特技は立ち幅跳び[3]
  • 墓地を散歩することが好きであり、夜に歩いていると撮影中のYouTuberと遭遇し、カメラを向けながら話しかけられたことに腹が立ち「下痢便」と言い放って帰ったことがある[3]。休日は主にお酒を飲んで墓を散歩している。
  • パルクールの失敗動画とタイヤがひたすら潰される動画を好んで見る。[17][18]
  • ベビーカーに轢かれて骨折した経験がある[19][20]
  • 3歳頃、母親を喜ばせようとシャンプーハットに尻をはめ、そのままくの字の状態で拘束され大泣きした経験があるため、それ以来シャンプーハットに形の似た向日葵が苦手になってしまった[21]
  • ブログ記事内で発表した『林で海パンでも、常に動いていれば蚊に刺されないのか[22]』という動画作品が2013年7月1日放送分のはなまるマーケットにて取り上げられた[23]
  • Webメディア「オモコロ」の記事内にて発表した『自分のケツにプロジェクションマッピングしてみた[24]』という動画作品が2015年7月18日放送分のスクール革命!にて取り上げられた。
  • 即興で「存在しない曲」を歌うことが好き。これが高じて、2018年5月にアニメ『けいおん!』にありそうな曲として「ちょうどあいす」を作詞・作曲・歌唱して動画投稿すると[25]、「本当にありそう感」が絶妙で話題を呼び、他にも同アニメにありそうな曲を制作していた[26]。あくまで勝手に制作したネタの一つであったが、2021年2月、『けいおん!』の主人公・平沢唯の担当声優である豊崎愛生が「ちょうどあいす」をカバーした動画をYouTubeに投稿した[27]
  • 週刊現代」2018年7月21日・28日合併号の特集「日本のインフルエンサー100人」にて、「これからの日本を変える若者のカリスマ20人」の1人に選出されている[28]
  • 「ARuFa」という名前は中学生の頃にチャットルームで使用していたもの。当初は「アルファ」という片仮名表記を使用していたが、単純な名前であるが故、チャットルームに同名ユーザーがいたため、かぶりの少ない「ARuFa」という表記を使用するようになった。大文字と小文字を混在していることから、他人から入力が面倒臭い・間違いやすいと指摘されており、現にエゴサーチをしていると「ARuFA」「AruFa」「AFuRa」のように間違えられていることが多いという。なお、ARuFa本人にとって、表記にこだわりはない[29]
  • 日常系アニメが好きで、家でアニメを視聴しながら延々とテキーラを呑む毎日を送っている。[30]

ARu子[編集]

ARuFaはARuFaとしての活動だけでなく、バーチャルYoutuberARu子 としての活動もしていて[31][32]、にじさんじの月ノ美兎などとのコラボ動画なども投稿されている[33]。見た目はピンクの髪の毛に制服を着た容姿となっていて、目元にはARuFa同様黒い目線が入っている。

著書[編集]

  • 『超 暇つぶし図鑑』宝島社、2017年5月10日。ISBN 978-4-8002-6887-7https://tkj.jp/book/?cd=02688701 

作品[編集]

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

  • 『0002:a galaxy odyssey』(GINGA、2011年8月31日発売)
  • 『PINOCCHIOP BEST ALBUM 2009-2020 寿』(SMM itaku (music)、2021年3月3日発売)
同人CD[編集]
  • 『Compilation Album 理科室 "アルカリ盤"』(理科委員会、2010年7月19日頒布)
    • 「THE VOC@LOID M@STER13」(東京都立産業貿易センター 浜松町館)で頒布されたコンピレーション・アルバム。「くうかんじっけん」を提供。

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2018年
5月21日 -[注 3] ARuFa(ARuFa 「こんにちは、ARuFaです。」 ブログ記事「一般人だけど『自分のキャラソン』が欲しかったのでプロに依頼した」[35]
作詞・作曲:ピノキオピー
のちにゲーム『WACCA』に収録[15]
2019年
8月1日 -[注 3] ARuFa(ARuFa 「ぼくの夢、メチャクソ無限湧き」 WEB記事「素人だけど自分の歌を『音ゲー』に入れてほしくてお願いした話」[36]
作詞:かめりあ、作編曲:t+pazolite & かめりあ
ゲーム『WACCA』収録曲[15]
のちにシングルアルバムとして配信
2021年
4月14日[注 4] さんさーら! ARuFa(ARuFa 「さんさーら!」 WEB記事「一般人だけど20代最後なのでプロにオリ曲を作ってもらった」[37]
作曲・編曲:田中秀和MONACA)、作詞:ピノキオピー
YouTube公開の一日後シングルアルバムとして配信
のちにゲーム『WACCA』に収録[16]

DVD[編集]

  • ARuFa 世界へ行く〜台湾編〜(2013年、GINGA)

出演[編集]

ラジオ[編集]

ウェブドラマ[編集]

ウェブラジオ[編集]

PV[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 「エルシャダイ演じてみた」(2010年、ニコニコ動画)- 敵キャラ役[43]
  • ピノキオピー2ndアルバム『しぼう』初回生産限定盤DVD オーディオコメンタリー(2014年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、2013年11月23日の「ARuFaの日記」では生徒ではなく教師にバレてしまったと述べられている。
  2. ^ ARuFaと同じくバーグハンバーグバーグ所属。
  3. ^ a b CD未収録。YouTubeにて公開。
  4. ^ オモコロストア限定でのCD版の発売開始日。配信版は2021年3月25日配信開始。

出典[編集]

  1. ^ a b ARuFaさんのプロフィール”. はてな. 2017年10月24日閲覧。
  2. ^ ARuFa (2012年12月5日). “質問企画! 『ARuFaにきいてみよう』 〜回答編〜”. ARuFaの日記. はてなブログ. 2017年10月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 匿名ラジオ/#64「自分のWikipediaを作ってもらうにはどうすればいいの!?」”. YouTube (2017年9月13日). 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ 【広報インタビュー】徳谷 柿次郎/ARuFa 氏 株式会社 バーグハンバーグバーグ WEBディレクター / 広報 (徳谷さん) エディター/ウェブ広報(ARuFaさん)”. ValuePress! (2014年8月26日). 2019年2月4日閲覧。
  5. ^ a b ARTIST&CREW”. GINGA.net. 2017年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月24日閲覧。
  6. ^ 能町みね子 (2017年8月20日). “(売れてる本)『超 暇つぶし図鑑』 ARuFa〈著〉”. 朝日新聞社. 2017年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月13日閲覧。
  7. ^ 本間英士 (2017年7月29日). “くだらなさと実行力のギャップが魅力 『超 暇つぶし図鑑』ARuFa作”. 産経ニュース. 2017年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月13日閲覧。
  8. ^ 日本一「ふざけた」会社の社長×新卒! シモダテツヤとARuFaが語るバーグハンバーグバーグ”. CINRA.JOB. 2018年4月18日閲覧。
  9. ^ 【お知らせ】 僕が参加しているCDが発売されます!”. ARuFaの日記. はてなブログ (2011年7月4日). 2017年10月20日閲覧。
  10. ^ GINGA”. 2017年10月20日閲覧。
  11. ^ お知らせ【DJやります!】”. ARuFaの日記. はてなブログ (2011年11月22日). 2018年4月24日閲覧。
  12. ^ 7/20(SAT) - ARuFaとてんやわんやお知らせ【DJやります!】”. phasma.jp. infomation. tumblr. 2018年4月24日閲覧。
  13. ^ ARuFaとええじゃないか~DVD発売わっしょい~ GINGA presents”. ライブ部. イベント情報 (2013年8月27日). 2018年4月24日閲覧。
  14. ^ “「WACCA」,人気Webライター「ARuFa」とのコラボがスタート”. 4Gamer.net. (2019年8月1日). https://www.4gamer.net/games/436/G043627/20190801099/ 2020年7月8日閲覧。 
  15. ^ a b c ARuFa×WACCAコラボが本日スタート!!”. WACCA公式Webサイト (2019年8月1日). 2019年9月10日閲覧。
  16. ^ a b “【復刻】「ARuFa × WACCA」イベント開催!!”. (2021年7月27日). https://info-wacca.marv.jp/article/11930 2021年9月13日閲覧。 
  17. ^ 匿名ラジオ/#71「結婚式の余興って何が正解なの!?」”. YouTube (2017年11月8日). 2021年8月9日閲覧。
  18. ^ 匿名ラジオ/#199「家にずっといて暇だからたまにはラジオっぽく世間話しようよ!」”. YouTube (2020年4月23日). 2021年8月8日閲覧。
  19. ^ ネタ帳の奥底で眠るネタを解放しよう!”. ARuFaの日記 (2012年11月14日). 2020年12月15日閲覧。
  20. ^ 【検証】一番可哀想なのは誰だ!? 不運王決定戦!”. オモコロ. バーグハンバーグバーグ (2014年5月23日). 2020年12月15日閲覧。
  21. ^ ボランティア日記”. ARuFaの日記 (2012年7月23日). 2020年12月15日閲覧。
  22. ^ ARuFa (2010年6月26日). “蚊に刺されないために” (日本語). ARuFaの日記. 2020年1月26日閲覧。
  23. ^ はなまるマーケット (2013年7月1日放送回)の番組概要ページ”. gooテレビ. 2017年10月20日閲覧。
  24. ^ 【革命】自分のケツにプロジェクションマッピングしてみた” (日本語). omocoro.jp (2014年9月4日). 2020年1月26日閲覧。
  25. ^ ARuFa [@ARuFa_FARu]. "僕は即興で『存在しない曲』を歌うのが好きなのですが、先日一緒にラーメンを食べた友達が「今ちょうどアイス食べたいわ~」と言ったときに、「なんか『ちょうどアイス』って、けいおん!の曲名っぽいな」と思ったので作ってみました(声は男です)" (ツイート). Twitterより2021年2月25日閲覧
  26. ^ 深戸進路 (2021年2月25日). “これもう本物じゃん! ARuFa作詞作曲の“「けいおん!」っぽい曲”を平沢唯役・豊崎愛生がカバー歌唱してしまう”. ねとらぼ. https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2102/25/news093.html 2021年2月25日閲覧。 
  27. ^ “ARuFaが勝手に作った「けいおん!」っぽい曲を平沢唯役の豊崎愛生がカバー”. 音楽ナタリー. (2021年2月24日). https://natalie.mu/music/news/417652 2021年2月25日閲覧。 
  28. ^ 発表!日本を変えるインフルエンサー20人~若者の「教祖」たち”. 週刊現代 (2018年8月23日). 2018年11月3日閲覧。
  29. ^ バーグハンバーグバーグ に瀧ヶ崎が入社しました”. バーグハンバーグバーグ (2019年4月26日). 2020年5月27日閲覧。
  30. ^ 自分で考えた「売れるアニメの設定」は、みんなに受け入れられるのか? | オモコロ” (日本語). omocoro.jp. 2022年3月5日閲覧。
  31. ^ ARu子 (@ARuKo_OKaRa) Twitter”. 2022年6月3日閲覧。
  32. ^ ARu子 - YouTube”. 2022年6月3日閲覧。
  33. ^ 月ノ美兎ちゃんと遊んだ”. 2022年6月3日閲覧。
  34. ^ “ピノキオピー初ベスト盤のリミキサーにDECO*27、鬱P、ササノマリイ、ARuFaら”. 音楽ナタリー. (2021年2月19日). https://natalie.mu/music/news/416972 2021年2月25日閲覧。 
  35. ^ Arufa (1526896800). “【動画あり】一般人だけど『自分のキャラソン』が欲しかったのでプロに依頼した” (日本語). ARuFaの日記. 2021年3月24日閲覧。
  36. ^ 【動画あり】素人だけど自分の歌を『音ゲー』に入れてほしくてお願いした話 | オモコロ” (日本語). omocoro.jp. 2019年9月9日閲覧。
  37. ^ 【動画あり】一般人だけど20代最後なのでプロにオリ曲を作ってもらった | オモコロブロス!” (日本語). omocoro.jp. 2021年3月24日閲覧。
  38. ^ 『阿澄佳奈のキミまち!』はradikoというアプリを使うと放送終了後、1週間は好きなときに番組を聴き直す事ができます!阿澄さんの初レポーター姿やARuFaさん、=LOVEのトークを聴き逃した!もう一度聴きたい!という方、ぜひご利用下さい!” (日本語). Twitter. 2021年12月15日閲覧。
  39. ^ #相坂優歌 と #前田玲奈 の #トガリズム 第17回配信開始!今回は、ARuFaさん(@ARuFa_FARu)ゲスト回です!色々な特別コーナーをやりましたが、注目すべき点はここ!恐らく声優業界初「トイレ用擬音装置」音声を収録しました。是非使ってみて下さい!(こはら)” (日本語). Twitter. 2021年12月15日閲覧。
  40. ^ 「イッシュのポケモン言えるのか!」に参加しました!”. ARuFaの日記. はてなブログ (2010年12月12日). 2020年5月31日閲覧。
  41. ^ BiSHが峯田和伸、高橋久美子、新垣里沙、阿部真央、ARuFaらに会う、新PV公開”. CINRA.NET (2018年2月2日). 2018年10月3日閲覧。
  42. ^ “城田優、ノブコブ吉村、ARuFaが「ジムビームコーラで俺のターン!!!」と叫びながら家飲みを楽しむジムビーム新CMが9月6日公開” (プレスリリース), 株式会社カヤック, (2021年9月6日), https://gourmetpress.net/684143/ 2021年9月6日閲覧。 
  43. ^ エルシャダイ演じてみた”. ARuFaの日記 (2010年10月4日). 2020年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]