ARuFa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ARuFa
ペンネーム ARuFa
誕生 (1991-04-21) 1991年4月21日(28歳)
日本の旗 日本千葉県船橋市
職業 ライターブロガー音楽家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2005年 -
ジャンル ネット活動
代表作 『超 暇つぶし図鑑』(2017年)
所属 バーグハンバーグバーグ[1]
公式サイト ARuFaの日記
身長:164.8 cm(2012年12月時点[2]
体重:61 kg(2017年9月時点[3]
スリーサイズ:81 - 73 - 87 cm(2017年9月時点[3]
テンプレートを表示

ARuFa(アルファ、1991年[4]4月21日 - )は、日本のWebライターブロガー道化師音楽家千葉県船橋市出身(出生地は東京都[5])。

経歴[編集]

2005年よりブログ「ARuFaの日記」を開設し、インターネット上で活動を開始した。「下敷きを多数連結してバリアをつくる」「老若男女が並べば『能力者』っぽい写真が撮れるんじゃない?」「部屋の中を森にして自宅で『森林浴』をしてみました」といった、くだらない思いつきを実現するスタイルの記事で人気を得ている。2017年5月には、それまでの人気記事を再構成した書籍『超 暇つぶし図鑑』を出版。版元の宝島社によると、刊行後1ヶ月で7万部を売り上げている[6][7]

元々は教師を志望しており、大学では教育学部に通っていたが、教育実習中、生徒にARuFaであることがバレてしまったことから教師の道を断念する[8]。その後、ブロガーとしての経験を活かすため、大学卒業後はウェブコンテンツを制作・運営する株式会社バーグハンバーグバーグに入社した[1]

また、VOCALOIDなどを使ったインディーズ楽曲やパフォーマンスの動画をニコニコ動画に投稿するなどもしており、2011年にはコンピレーションアルバム『0002:a galaxy odyssey』に参加し商業デビューしている[9][10]ボーカロイドレーベル・GINGAに"a galaxy odyssey crew"として所属し[5]、GINGA主催のDJイベントに幾度か出演[11]。ARuFaがメインのDJイベントが催されたこともあった[12][13]

株式会社バーグハンバーグバーグの運営するウェブメディア「オモコロ」での企画として、2016年6月よりダ・ヴィンチ・恐山とともにウェブラジオ「匿名ラジオ」を毎週木曜日に公開している。Youtubeにも専用チャンネルを開設し、動画投稿を行っている。自身の個人チャンネル以外にも「オモコロチャンネル」「株式会社バーグハンバーグバーグ」「ヌートン」などのチャンネルにも出演している。

ライター、音楽家以外の活動として、2017年4月から6月まで放送されたテレビ番組『上坂すみれのヤバい○○』(TOKYO MXBS11)では永野たかひろ加藤亮[注 1]とともに構成を担当した。

エピソード[編集]

  • 記事中に自身の写真を使う際には目線を入れる。
  • 好物はおからとカニ。しかし、カニアレルギーであるので食べると顔がパンパンになる。パクチーが苦手。特技は立ち幅跳び。
  • ブログ記事内で発表した『林で海パンでも、常に動いていれば蚊に刺されないのか[14]』という動画作品が2013年7月1日放送分のはなまるマーケットにて取り上げられた[15]
  • Webメディア「オモコロ」の記事内にて発表した『自分のケツにプロジェクションマッピングしてみた[16]』という動画作品が2015年7月18日放送分のスクール革命にて取り上げられた[17]
  • 週刊現代」2018年7月21日・28日合併号の特集「日本のインフルエンサー100人」にて、「これからの日本を変える若者のカリスマ20人」の1人に選出されている[18]

著書[編集]

  • 超 暇つぶし図鑑』宝島社、2017年5月10日。ISBN 978-4-8002-6887-7

作品[編集]

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

  • 『0002:a galaxy odyssey』(GINGA、2011年8月31日発売)
同人CD[編集]
  • 『Compilation Album 理科室 "アルカリ盤"』(理科委員会、2010年7月19日頒布)
    • 「THE VOC@LOID M@STER13」(東京都立産業貿易センター 浜松町館)で頒布されたコンピレーション・アルバム。「くうかんじっけん」を提供。

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2018年
5月21日 -[注 2] ARuFa(ARuFa 「こんにちは、ARuFaです。」 ブログ記事「一般人だけど『自分のキャラソン』が欲しかったのでプロに依頼した」
作詞・作曲:ピノキオピー
のちにゲーム『WACCA』に収録[19]
2019年
8月1日 -[注 2] ARuFa(ARuFa 「ぼくの夢、メチャクソ無限湧き」 WEB記事「素人だけど自分の歌を『音ゲー』に入れてほしくてお願いした話」[20]
作詞:かめりあ、作編曲:t+pazolite & かめりあ
ゲーム『WACCA』収録曲

DVD[編集]

  • ARuFa 世界へ行く〜台湾編〜(2013年、GINGA)

出演[編集]

ウェブドラマ[編集]

ウェブラジオ[編集]

  • ARuFa・恐山の匿名ラジオ(2016年6月22日 - 、オモコロ・YouTube

PV[編集]

その他[編集]

  • ピノキオピー2ndアルバム『しぼう』初回生産限定盤DVD オーディオコメンタリー(2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ARuFaと同じくバーグハンバーグバーグ所属。
  2. ^ a b CD未収録。YouTubeにて公開。

出典[編集]

  1. ^ a b ARuFaさんのプロフィール”. はてな. 2017年10月24日閲覧。
  2. ^ ARuFa (2012年12月5日). “質問企画! 『ARuFaにきいてみよう』 〜回答編〜”. ARuFaの日記. はてなブログ. 2017年10月24日閲覧。
  3. ^ a b 匿名ラジオ/#64「自分のWikipediaを作ってもらうにはどうすればいいの!?」”. YouTube (2017年9月13日). 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ 【広報インタビュー】徳谷 柿次郎/ARuFa 氏 株式会社 バーグハンバーグバーグ WEBディレクター / 広報 (徳谷さん) エディター/ウェブ広報(ARuFaさん)”. ValuePress! (2014年8月26日). 2019年2月4日閲覧。
  5. ^ a b ARTIST&CREW”. GINGA.net. 2017年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月24日閲覧。
  6. ^ 能町みね子 (2017年8月20日). “(売れてる本)『超 暇つぶし図鑑』 ARuFa〈著〉”. 朝日新聞社. 2017年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月13日閲覧。
  7. ^ 本間英士 (2017年7月29日). “くだらなさと実行力のギャップが魅力 『超 暇つぶし図鑑』ARuFa作”. 産経ニュース. 2017年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月13日閲覧。
  8. ^ 日本一「ふざけた」会社の社長×新卒! シモダテツヤとARuFaが語るバーグハンバーグバーグ”. CINRA.JOB. 2018年4月18日閲覧。
  9. ^ 【お知らせ】 僕が参加しているCDが発売されます!”. ARuFaの日記. はてなブログ (2011年7月4日). 2017年10月20日閲覧。
  10. ^ GINGA”. 2017年10月20日閲覧。
  11. ^ お知らせ【DJやります!】”. ARuFaの日記. はてなブログ (2011年11月22日). 2018年4月24日閲覧。
  12. ^ 7/20(SAT) - ARuFaとてんやわんやお知らせ【DJやります!】”. phasma.jp. infomation. tumblr. 2018年4月24日閲覧。
  13. ^ ARuFaとええじゃないか~DVD発売わっしょい~ GINGA presents”. ライブ部. イベント情報 (2013年8月27日). 2018年4月24日閲覧。
  14. ^ Arufa (2010年6月26日). “蚊に刺されないために” (日本語). ARuFaの日記. 2020年1月26日閲覧。
  15. ^ はなまるマーケット (2013年7月1日放送回)の番組概要ページ”. gooテレビ. 2017年10月20日閲覧。
  16. ^ 【革命】自分のケツにプロジェクションマッピングしてみた” (日本語). omocoro.jp (2014年9月4日). 2020年1月26日閲覧。
  17. ^ スクール革命[出典無効]
  18. ^ 発表!日本を変えるインフルエンサー20人~若者の「教祖」たち”. 週刊現代 (2018年8月23日). 2018年11月3日閲覧。
  19. ^ ARuFa×WACCAコラボが本日スタート!!”. WACCA公式Webサイト (2019年8月1日). 2019年9月10日閲覧。
  20. ^ 【動画あり】素人だけど自分の歌を『音ゲー』に入れてほしくてお願いした話 | オモコロ” (日本語). omocoro.jp. 2019年9月9日閲覧。
  21. ^ BiSHが峯田和伸、高橋久美子、新垣里沙、阿部真央、ARuFaらに会う、新PV公開”. CINRA.NET (2018年2月2日). 2018年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]