東京レインボープライド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京レインボープライド、2016年5月8日

東京レインボープライド(とうきょうレインボープライド)は、「LGBT、いわゆる性的少数者が、差別偏見にさらされず、前向きに生活できる社会の実現」を目指した団体、およびイベントの総称。東京都渋谷区代々木公園周辺で開催される。

「東京レズビアン&ゲイパレード」「東京プライドパレード」などを前身とする。

沿革[編集]

1994年8月28日、日本初のゲイ・パレードである「第1回レズビアン&ゲイパレード」が開催される[1]

1996年、第3回のパレードが開催。しかし閉会時に、実行委員の南定四郎の方針に異議を申し立てる人々が閉会式の会場であった代々木公園の屋外ステージを占拠する事件が発生。これをきっかけとして翌年から大きなパレードはしばらく中断する[2]

2000年8月27日、「東京レズビアン&ゲイパレード2000」として復活。2003年、2004年は実行委員長を引き受ける人がおらず再び中断。

2005年、毎年安定してパレードが実施していくための運営母体として「東京プライド」が設立され、この団体が委嘱するする形で2005年、2006年と開催される。

2007年、パレードの名称が「東京プライドパレード」に変更される。2008年は中止。2009年5月23日、パレードのない形で「東京プライドフェスティバル」が代々木公園で開催された。2010年8月14日、パレードが復活し「東京プライドパレード2010」が開催された。

2011年は同年3月11日発生の東日本大震災東北地方太平洋沖地震)の影響などにより中止。2011年5月、運営母体「東京プライド」が分かれ「東京レインボープライド」が新たに設立される。

翌2012年から毎年「東京レインボープライド」は、団体名を冠したパレードを開催している。

団体の趣旨[編集]

「特定非営利活動法人 東京レインボープライド」は、「らしく、たのしく、ほこらしく」をモットーに、性的指向および性自認(SOGI=Sexual Orientation, Gender Identity)のいかんにかかわらず、すべての人が、より自分らしく誇りをもって、前向きに楽しく生きていくことができる社会の実現をめざしています。

— 公式ウェブサイトより[3]

各年の実施[編集]

2012年[編集]

パレードの先頭は上川あや世田谷区議会議員)、石坂わたる中野区議会議員)、石川大我豊島区議会議員)らが務めた[4]

2013年[編集]

  • 開催日:2013年4月28日
  • 参加者:12,000人(パレード 2,100人)
  • フロート車:9
  • 内容
4月27日から5月6日にかけて、東京レインボープライドを含めた7団体の主催によるレインボーウィークが開催[5]。東京国際レズビアン&ゲイ映画祭や作家の石田衣良らを迎えた公開授業などのイベントが行われた[6][7]
野宮真貴&BIBA、中村中らが特別出演した。

2014年[編集]

  • 開催日:2014年4月27日
  • 参加者:15,000人(パレード 3,000人)[8][9]
  • フロート車:15
  • 内容
4月26日から5月6日にかけて行われたレインボーウィークでは、安倍昭恵首相夫人らがパレードに参加した[10]
アメリカ合衆国イギリスオランダなどの各国大使館日本IBM東京インターバンク・フォーラムGoogleマイクロソフトフィリップスギャップなどの大手企業がブースを出展したことが注目を浴びた[10]
司会の一部を東小雪が務め、夏木マリが特別出演した。

2015年[編集]

  • 開催日:2015年4月25日、26日
  • 参加者:60,000人(パレード 3,000人)[11]
  • フロート車:12
  • 内容
4月25日から5月6日にかけてレインボーウィークが行われた。イベントには渋谷区長の桑原敏武やミュージシャンの清貴も出席したほか、同性カップルによる結婚式も行われた[12][13]
清水ミチコIMALUが特別出演した。

2016年[編集]

  • 開催日:2016年5月7日・8日
  • 参加者:70,500人(パレード 4,500人)
  • フロート車:18
  • 内容:
4月29日から5月8日にかけてレインボーウィークが行われた。キャロライン・ケネディ駐日米国大使、アン・バリントン駐日アイルランド大使、ティム・ヒッチンズ駐日英国大使らがパレード帰着後のステージでスピーチをした[14]
Charaが特別出演した。

2017年[編集]

  • 開催日:2017年5月6日、7日
  • 参加者:105,000人(パレード 5,000人)[15]
  • フロート車:23
  • 内容
4月29日から5月7日にかけてレインボーウィークが行われた。阿部知代が司会の一部を務めた。
中島美嘉が特別出演した。

2018年[編集]

  • 開催日:2018年5月5日、6日
  • 参加者:140,000人(パレード 7,000人)
  • フロート車:37
  • 内容
4月28日から5月6日にかけてレインボーウィークが行われた。前年同様、阿部知代が司会の一部を務めた。公式前夜祭「PARTY OF LIFE」には大黒摩季らが出演した[16]
浜崎あゆみが特別出演し、自身初のフリーライブを行った[17]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PRIDE PARADEとは | 東京レインボープライド
  2. ^ 「東京レズビアン・ゲイ・パレードの創始者」南定四郎さん(86)「LGBT運動の過去と未来そして老後の生活」レポート | 日仏共同テレビ局フランス10
  3. ^ 東京レインボープライド”. 2018年1月19日閲覧。
  4. ^ レポート:東京レインボープライド2012 | ゲイのための総合情報サイト g-lad xx(グラァド)
  5. ^ >2013年、東京のゴールデンウィークは「レインボーウィーク」になります | ゲイのための総合情報サイト g-lad xx(グラァド)
  6. ^ 代々木公園などでLGBTイベント「東京レインボーウィーク」-「性の多様性」考えるきっかけに”. シブヤ経済新聞 (2013年4月26日). 2015年11月5日閲覧。
  7. ^ "東京が虹色に染まる?LGBTの祭典、GWに開催!前編後編".エキサイトニュース (2013年4月25日, 26日). 2015年11月5日閲覧。
  8. ^ 東京レインボープライド2014〜パレードで性の多様性アピール〜 写真特集”. 時事ドットコム (2014年4月27日). 2015年11月5日閲覧。
  9. ^ 安倍首相夫人、都内のLGBTパレードに参加”. AFP BB News (2014年4月28日). 2015年11月5日閲覧。
  10. ^ a b 首相夫人も参加、LGBTパレードin原宿 GAP原宿店はレインボーカラーのロゴを設置”. 東洋経済ONLINE (2014年5月14日). 2015年11月5日閲覧。
  11. ^ 性的少数者:虹色の旗で理解呼びかけ…東京でパレード”. 毎日新聞 (2015年4月26日). 2015年5月1日閲覧。
  12. ^ 「東京レインボープライド2015」開幕 同性カップルの公開結婚式が行われる”. ハフィントンポスト (2015年4月26日). 2015年5月1日閲覧。
  13. ^ 「カミングアウト、自然にできた」Ki-Yoさん、LGBT明かす【東京レインボープライド2015】”. ハフィントンポスト (2015年4月26日). 2015年5月1日閲覧。
  14. ^ About TOKYO RAINBOW PRIDE 2016”. TOKYO RAINBOW PRIDE. 2018年1月19日閲覧。
  15. ^ 『東京レインボープライド2017』無事に終了いたしました!”. TOKYO RAINBOW PRIDE (2017年5月8日). 2018年1月19日閲覧。
  16. ^ 浜崎あゆみさんも出演した東京レインボープライド2018が、過去最高の約15万人の参加者で盛り上がり、大成功を収めました | ゲイのための総合情報サイト g-lad xx(グラァド)
  17. ^ あゆ、LGBT想う 「東京レインボープライド2018」で初フリーライブ”. 中日スポーツ (2018年5月7日). 2018年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]