Leet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

leet(リート、1337l33t)は、主に英語圏においてインターネット上で使われるアルファベットの表記法である。leetspeakリートスピークとも呼ばれる。

leet は、英語eliteエリート)が eleet に変化し、さらに語頭の e がとれてできた俗語である。日本ではハッカー語と呼ばれることもある。

概要[編集]

たとえば、「Warez」という語を leet で表記すると、「W@rez」や「W4r3z」などとなるように、一部のアルファベットを形の似た数字記号などに変化させる。

表記法は、「for」や「to」をそれぞれ似た発音の「4」や「2」で代用したり、同様に「you」を「u」と置き換えたり、複数形の「s」を「z」に変えたり、「cks」または「ks」で終わる単語を「x」に差し替えたり、故意に綴りを誤って表記したり、大文字と小文字を混在させたりするなど、多様である。

leet は遊び心で行われる他に、警察や著作権関連機関または初心者(ニュービー)などの検索を回避する目的で使われることもある(むしろそちらのほうが由来、とするほうがあたっているかもしれない)。

日本では、一部でメールアドレスオンラインゲームキャラクター名などに leet が用いられる場合がある程度であり、広く認知されているとはいえない。これは、一般的に英語で文書を記す機会が少ないからである。

ネットコミュニティ上だけでなく、「P2P」(Peer to Peer) や「B2B」(BtoB企業間取引)のように、実社会で広く使われる語もある。ただし、これらは音声的類似による表記であり、文字的類似による表記である leet とは異なるとすることもある[1]。これらに限らず、略称で前置詞「to」や「for」を「2」や「4」に置き換えている例は多い。

leet 符号表[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(特定のフォントに依存した字形による表現)が含まれています詳細

leet による表現の例を示す。

文字leet 表現
A4/\@/-\^aye(LД
BI3813|3ßP>|:!3(3/3)3|-]j3
C[¢<(©
D)|)(||o[)I>|>T)I7cl|}|]
E3&£ë[-|=-
F|=ƒ|#ph/=v
G6&(_+9C-gee(?,[,{,<-(.
H#/-/[-]]-[)-((-):-:|~||-|]~[}{!-!1-1\-/I+I}-{
I1!¡|eye3y3][]/me
J_|_/¿</_](/
KX|<|{]{|X
L1£71_||_el[]_[_
M|v|[V]{V}/V\emAA|\/|/\/\(u)(V)(\/)/|\^^/|/|//\|\|\]\/[
N^/|\|/\/[\]<\>\[]\//[]/V1VИ^
O0()oh[]p<>Ø
P|*|o|^(o)|>|"9[]D|7
Q(_,)()_0_<|&
RI2|`|~|?/2|^lz|9212®[zЯ.-|2|-
S5$z§ehses2
T7+-|-']['"|"
U(_)|_|vL|µ
V\/|/\|
W\/\/vv\N'//\\'\^/dubya(n)\V/\X/\|/\_|_/\_:_/Шuu2u\\//\\//ω
X><Ж}{ecks×?)(][}{
Yj`/Ч7\|/¥
Z27_-/_%>_s~/_-\_-|_

使用例[編集]

  • NOW IS THE TIME」→「|\|0\/\/ 15 7|-|3 71|\/|3

脚注[編集]

  1. ^ ジャーゴンファイルでは、これらの言語現象は hakspek[1]と呼んで区別している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]