住吉 (福岡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

住吉(すみよし)は福岡県福岡市博多区の地名で、中洲の南側に位置する。現行行政地名は住吉一丁目から住吉五丁目。2017年(平成29年)現在の人口8,647人[1]郵便番号は812-0018。

概要[編集]

博多川那珂川の右岸にあり、北は国道202号国体道路)に僅かに接する。東側は祇園町・博多駅前である。地区内を東西に住吉通りが貫く。東はこくてつ通りに接している。

住吉のうち、一丁目は商業地でありキャナルシティ博多がある。それ以外の地域は商業地または住宅地であり集合住宅が多い。地区内のほぼ中央である三丁目には住吉神社がある。

住吉通りの南側には住吉小学校があった。住吉中学校は南区清水町に存在し、住吉校区とは最大2.4kmも離れ、生徒全員が清美大橋を渡って通学していた。これらは、2015年(平成27年)に合併し旧美野島小学校跡地に移転、住吉小中学校となったため、問題は解消した。しかし、同様の問題は今もなお春吉中学校に見られる。

また隣接する春吉などと合わせてゲイバーなどが多く集まるゲイ・タウンとしての顔もある。(春吉を参照。)

学校・施設等[編集]

歴史[編集]

かつては那珂郡住吉村の一部であった

1889年明治22年)に春吉村と合併して住吉村大字住吉となる。1922年大正11年)に住吉町が福岡市に編入され、住吉も福岡市の一部となる。戦後の1962年(昭和37年)以降の町名町界整理により一部が「渡辺通り」や「清川」等に分割され、1969年昭和44年)に残ったエリアは住吉・美野島となった。

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
住吉一丁目から住吉五丁目 1969年昭和44年) 大字住吉の一部
大字春吉の一部

交通[編集]

  • 西鉄バス
    • 住吉通り:住吉
    • こくてつ通り:TVQ前・住吉四丁目
    • キャナルシティ博多前

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 登録人口(住民基本台帳等)”. 2017年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]