クール教信者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クール教信者
生誕 ????6月23日[1]
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 ? -
テンプレートを表示

クール教信者(クールきょうしんじゃ、6月23日 - )は、日本漫画家漫画原作者男性別名義に「来木 要[2]、「クールたん」。


来歴・人物[編集]

かつてはアンソロジーコミックスなどを手掛けていたが、2007年平成19年)ごろより漫画投稿サイト「新都社」への作品投稿を開始し、2011年(平成23年)には、自身の公式サイトで発表していた『旦那が何を言っているかわからない件』が一迅社より単行本化される。翌2012年(平成24年)からは『小森さんは断れない!』、2013年(平成25年)からは『小林さんちのメイドラゴン』の発表を皮切りに、商業誌での連載作品を複数持つようになる。また、上記で述べた3作品は全てTVアニメ化されている。

自身の作る作品は世界観が繋がっているところがあり、別の作品での登場人物が登場したりする。自画像は「チョビヒゲを生やしたウサギ(のような外見)」。

作風[編集]

主に中学生高校生主人公とした男女のラブコメを手掛けるが、一方で女の子同士の友情をテーマとした百合要素のある作品も多数執筆している。自身を「巨乳趣向の強い作家」と述べており、作品には必ずと言っていいほど巨乳の女の子がおり、100センチを超えるほどの爆乳であることもある。あとがきでは連載に至った経緯を紹介したりしている。

作品リスト[編集]

連載作品[編集]

連載終了作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]