カンムリワシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンムリワシ
Spilornis cheela (Bandipur, 2008).jpg
カンムリワシ Spilornis cheela
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: カンムリワシ属 Spilornis
: カンムリワシ S. cheela
学名
Spilornis cheela (Latham1790)
和名
カンムリワシ
英名
Crested serpent eagle
頭部
飛翔の様子
カンムリワシ幼鳥
西表島・浦内マングローブ群落(2008年12月)

カンムリワシ(冠鷲、Spilornis cheela)は、鳥綱タカ目タカ科カンムリワシ属に分類される鳥。

分布[編集]

インドインドネシアスリランカタイ、中国南部(福建広東雲南など)、日本八重山列島石垣島西表島与那国島[注 1])、ベトナム

形態[編集]

全長55cm。全身の羽毛は褐色で、翼や腹面には白い斑点が入る。尾羽は白く、先端部の羽毛は黒い。後頭部に白い羽毛の混じる冠羽が生えることが和名や英名の由来。

幼鳥では、胸から腹にかけての羽毛、肩羽、雨覆羽が白から黄褐色で、生後第 2暦年頃から成羽への換羽が行われる[2]

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
鳥綱 Aves
コウノトリ目 Ciconiiformes
ハヤブサ下目 Falconides
タカ小目 Accipitrida
タカ科 Accipitridae
タカ亜科 Accipitrinae

生態[編集]

湿地水田マングローブ林等に生息する。

食性は動物食で、両生類爬虫類甲殻類昆虫類等を捕食する。特にヘビを好み、英名のCrested Serpent Eagle(カンムリヘビワシ、ただしヘビクイワシ科は別科)はこの食性に因む命名。南西諸島にはトビが生息しないため、トビと同じような生態的地位を占め、時には自動車に轢かれた小動物の死骸を食べることもある。樹上や電柱から獲物が通りかかるのを待ち、獲物を見つけると襲いかかる。通常のタカ類は空中から獲物に直接爪を立てる事が多いが、本種は一度獲物の傍に降り立って地上で攻撃することが多く、そのため狩りに失敗することも多い。

3-4月に樹上に木の枝を組み合わせた皿状の巣を作り、1個の卵を産む。抱卵日数は35日で、雌雄ともに抱卵する。雛は孵化してから60数日で巣立ちを終え、翌年の春に独立する。 従来、日本では繁殖が確認されていなかったが、1981年に写真家宮崎学によって3巣の営巣が西表島で見つかり、八重山諸島での繁殖が確定された。

保全状態評価[編集]

日本における人間との関係[編集]

第14循環(2002年2月-2009年3月)の時期には石垣島が大きく開発されたため、環境の変化がどのような影響を及ぼすか懸念されている。さらに人為的に持ちこまれた外来種である、オオヒキガエルインドクジャクの増加による影響も同様に懸念されている。また、車の増加により、交通事故も多発している[3][4]

環境省では、1988年以来、数年に一度、特定の期日に石垣島及び西表島に生息しているカンムリワシの数をカウントする「カンムリワシ一斉カウント調査」を行っている。この調査では、2006年には石垣島で78羽、西表島で58羽、2012年には石垣島で110羽、西表島で78羽が確認されているが、確認個体数は天候等の条件によって異なるため、環境省那覇自然環境事務所は過去の調査結果と比べても生息個体数に大きな変化はないと推測している[5][6]。ただし、石垣島・西表島ともに網羅的な生息数調査が行われたことがなく、生息数が減少しているのかも含めて、正確な実態は不明であるため、総数を把握するための生息数調査を望む声がある[7]

沖縄県石垣市の石垣やいま村沖縄市沖縄こどもの国では、保護され野生復帰が困難と判断されたカンムリワシが一般公開されている[8]

その他[編集]

  • 八重山民謡の「鷲ぬ鳥節」で歌われている。
  • 八重山方言ではカンムリワシ(特に幼鳥)の美しい羽を「あやぱに」(綾羽)と呼び[9]、カンムリワシ(特に幼鳥)のことも「あやぱに」と呼ぶ。「鷲ぬ鳥節」の歌詞で歌われるほか、「あやぱに」に因んで名付けられた事物に以下のものがある。
    • あやぱに - 石垣島で高校生が発見した小惑星[9]
    • 株式会社あやぱに - 沖縄県石垣市にある石垣やいま村を運営する企業。
    • あやぱに - 八重山観光フェリーが運航する双胴の高速旅客船。
    • あやぱにモール - 沖縄県石垣市中心部にあるユーグレナモールの旧称。
    • 石垣あやぱにボウル - 沖縄県石垣市にあるボウリング場。
  • 石垣市大浜で行われる豊年祭の旗頭に書かれている。
  • 沖縄県石垣島出身の元プロボクサー具志堅用高の異名でもある。
  • 1977年にプロ野球選手王貞治国民栄誉賞第1号を受賞した際、副賞として、カンムリワシの剥製が贈呈された[10][11]

参考文献[編集]

  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館、2002年、41頁。
  • 日高敏隆監修 樋口広芳、森岡弘之、山岸哲編 『日本動物大百科 第3巻 鳥類Ⅰ』 平凡社、1996年、163-164、166頁。
  • 宮崎学著『鷲鷹ひとり旅』平凡社、1987年、93-100頁。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 八重山列島での主な生息地は石垣島及び西表島であり、与那国島での記録は数例にとどまる[1]

出典[編集]

  1. ^ 佐野清貴「石垣島におけるカンムリワシの繁殖生態 (PDF) 」 、『Strix』第21巻、2003年、 141-150頁。
  2. ^ 菊地正太郎、佐野清貴「竹富島におけるカンムリワシの観察記録」、『Bird Research』第3巻、2007年、 S7-S10、 doi:10.11211/birdresearch.3.S7NAID 130000060987
  3. ^ “カンムリワシ:交通事故で犠牲、増加”. 毎日新聞. (2012年5月11日). オリジナル2012年5月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120510175925/http://mainichi.jp/select/news/20120511k0000m040125000c.html 
  4. ^ “カンムリワシ受難 交通事故か、今年3羽死ぬ”. 八重山毎日新聞. (2017年3月21日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/31354/ 
  5. ^ カンムリワシ一斉カウント調査について (PDF) 環境省 那覇自然環境事務所、2012年1月23日
  6. ^ カンムリワシ一斉調査 過去最多の110羽確認、生息個体数に変化なし 八重山毎日新聞、2012年1月23日
  7. ^ カンムリワシ生息数(総数)調査の要望 日本野鳥の会西表支部、2012年4月5日
  8. ^ “カンムリワシ一般公開 環境省“飼育個体”は八重山初”. 八重山毎日新聞. (2008年5月10日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/11027/ 
  9. ^ a b 高校生が見つけた小惑星に「あやぱに」が命名される”. 石垣島天文台 (2015年6月5日). 2018年9月14日閲覧。
  10. ^ 衆議院公害対策並びに環境保全特別委員会議事録 第84回国会議事録 1978年5月18日付参照
  11. ^ 華僑華人與奧林匹克:日本“棒球之神”王貞治 - 華僑華人 人民網

関連項目[編集]

外部リンク[編集]