冠羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

冠羽(かんう)は、一部の恐竜種の頭部、頸部などに見られる特徴的な長く伸びた羽根。冠羽によって形成される冠状・房状・扇状などの毛束を羽冠という[1]

オウムなどの羽冠は、自由に上げたり下げたりして仲間とコミュニケーションするほか、敵に対して体を大きく見せかける防御手段に使われる[2]

羽冠の種類[編集]

recumbentとrecursiveに分類できる[3]。またモモイロインコのように両方の特徴を持つ種もある[2]

recumbent crest

伏せた状態に出来る冠羽[3]

recursive crest

羽を広げてない状態でも目立っており、色も鮮やかな冠羽[2]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典:羽冠(うかん、crest)コトバンク
  2. ^ a b c Highfill, Carol. “Those Magnificent Cockatoo Crests”. Cockatoo Heaven. 2013年5月2日閲覧。
  3. ^ a b Moustaki, Nikki (2005). Parrots for Dummies (1st ed.). Indianapolis, IN: Wiley Pub. ISBN 978-0764583537

関連項目[編集]