オペラ (菓子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本のダロワイヨのオペラ

オペラフランス語: Opéra)は、フランス発祥のケーキである。

グラン・マルニエまたはコアントローのシロップをしみ込ませたビスキュイ・ジョコンド(fr:biscuit Joconde)という生地に、ガナッシュコーヒーバタークリームfr:crème au beurre)、もしくはモカシロップで層を作り、チョコレートで覆った物を言う。生地とクリーム、ガナッシュが成す層は7層であることが多く、後述の菓子店ダロワイヨでは2cmの薄さを特徴としている。絢爛豪華な威容で知られるオペラ座をモデルとして作られ、ケーキの表面にはオペラ座の屋根に立つ黄金のアポローン神像にちなみ、金箔を施されている[1]

1955年にパリの洋菓子店ダロワイヨのオーナー、シリアック・ガビヨンが発案した。

出典[ソースを編集]

  1. ^ 大森由紀子『フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来』33p 世界文化社

外部リンク[ソースを編集]