瓶詰妖精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
瓶詰妖精
ジャンル 日常ファンタジー
漫画
作者 篤見唯子
出版社 エンターブレイン
掲載誌 マジキュー・プレミアム
マジキュー
発表号 マジキュー・プレミアム
2002年第3号 -
発表期間 マジキュー・プレミアム
2002年 - 2003年
マジキュー
2004年 - 2005年5月
巻数 全1巻
アニメ
原作 篤見唯子
監督 岩崎良明
シリーズ構成 白根秀樹
キャラクターデザイン 柳沢まさひで
音楽 イズミカワソラ、山崎燿
アニメーション制作 XEBEC
製作 「瓶詰妖精」製作委員会
放送局 放送局参照
放送期間 2003年10月 - 12月
話数 全13話
ゲーム
ゲームジャンル 恋愛アドベンチャーゲーム
対応機種 Windows98 / 2000 / Me / XP
開発元 キングレコード
発売元 キングレコード
メディア DVD-ROM
発売日 2005年9月9日
レイティング 未審査
キャラクター名設定 不可
キャラクターボイス フルボイス
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメゲーム
ポータル 漫画アニメゲーム

瓶詰妖精』(びんづめようせい、Bottle Fairy)は、「マジキュー」(エンターブレイン刊)で連載されていた読者参加企画[1]。キャラクターデザイン・作画は篤見唯子

概要[編集]

タイトルの由来は、妖精たちが人間の世界へやって来る時にボトルメールを真似て瓶の中に入って来た、という設定から来ている。2002年、「マジキュー・プレミアム」(当時)第3号から連載を開始。連載当初はくるる・さらら・ちりりの3人だけだったが、後にほろろ・れれの2人が追加されている。2005年5月発売の「マジキュー」Vol.15で連載終了。

ストーリーは、立派な人間さんになるべく、妖精たちががんばるお話。「マジキュー」誌上では、妖精たちの行動を読者が投稿することによって、妖精の"成長度"に反映するようになっている。

なお、連載終了後、本作品の妖精たちは同じ作者による「本気求道」(まじきゅうどう)に登場している。

2003年10月UHFアニメ化(「動画大陸」内で放送)された。


登場人物・キャスト[編集]

くるる
- 水樹奈々
プリンが大好きな、元気いっぱいで好奇心旺盛な妖精さん。
ちりり
声 - 名塚佳織
辛いモノが大好きな、とても頭の保護を大事にしており礼儀正しい性格の妖精さん。
さらら
声 - 堀江由衣
イモヨーカンが大好きな、武士道を重んじる妖精さん。
ほろろ
声 - 野中藍
たまごドーフが大好きな、何を考えているか分からない妖精さん。
れれ
声 - 広橋涼
CDドラマのみ登場した、しっかりものの妖精さん。ぴっちりした四角いものが好き。ふにゃふにゃしてるけどシュークリームも好き。
たまちゃん
声 - 桃井はるこ
元々は「マジキュー」のマスコットキャラクター(同じく篤見のデザイン・作画)だが、アニメでは隣に住むスーパーお助け小学1年生として登場。何故かオタク関係に詳しく、劇中で美少女ゲーム(ヒロインは宇宙のステルヴィアの主人公・片瀬志麻(声:野中藍)に酷似)をプレイして「萌えー」と言うなど、声の出演をしている桃井の人物像が色濃く反映されている。
せんせいさん
声 - 谷山紀章
妖精さんたちが居候している家に住む大学生。本名不明。
おねえさんせんせいさん
アニメ・CDドラマには登場しないせんせいさんの双子の姉。妖精さん達の変な顔の写真撮影が趣味。怒ると恐いらしい。
オボロちゃん
せんせいさんが当てた景品のフィギュア。その生い立ちに感銘を受けた妖精さん達の魔法で動くようになる。さららの尊敬する人物(?)の一人。
くさちほ (仮名)
声 - 水樹奈々名塚佳織堀江由衣野中藍
アニメ第13話で4人の妖精さんが合体して念願のにんげんさんになった姿。4人の人格が同居している。表に出て言動の主導権を握る人格は任意に切り替えが可能で、その都度瞳の色と声色が出ている人格に準じたものに変化する。4人まとめて出ることも可能なようで、その時は黒い瞳になる。

ゲーム版(後述)のみに登場するキャラ[編集]

あれれ
はてな

書籍[編集]

  • 瓶詰妖精ファンブック Tokumi Yuiko Illustrations
エンターブレイン(日本語版、2007年1月5日初版発行、A4判/144ページ、ISBN 4-7577-3099-3
台湾角川(中国語版、2007年11月10日初版第1刷発行、A4判/144ページ、ISBN 978-986-174-510-7

「マジキュー」での連載「瓶詰妖精」と「本気求道」からのイラスト選集。瓶詰妖精関連の唯一のムックとなっている。「マジキュー」に連載されたイラストとストーリーを中心に構成されている。ただし掲載された全イラスト・漫画が載っている訳ではない。特に「マジキュー・プレミアム」掲載の読者参加企画時代からの載録は少ない。また、「瓶詰妖精」の漫画部分はかなりの数が収録されているものの、「本気求道」の漫画部分に関しては全く収録されていない。

Bottle fairy[編集]

Bottle fairy
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
アニメソング
キャラクターソング
活動期間 2003年
レーベル スターチャイルド
キングレコード
メンバー
水樹奈々
名塚佳織
堀江由衣
野中藍

Bottle fairy(ボトル・フェアリー)は、テレビアニメ『瓶詰妖精』の出演声優4人による声優ユニット。同アニメのオープニング・エンディングテーマなどを歌っている。

メンバー[編集]

声優 キャラクター
水樹奈々 くるる
名塚佳織 ちりり
堀江由衣 さらら
野中藍 ほろろ

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2003年12月28日 four seasons KICA-617
2nd 2004年7月22日 「あさ・ひる・よる」 KICA-648

テレビアニメ[編集]

2003年10月 - 12月、「動画大陸」枠の前半で放送(2004年1月 - 2月に同枠で再放送)。DVD化されている(全4巻およびDVD-BOX)。名古屋テレビほかUHF局で放送された。独立UHF局以外ではテレビ新広島のみが放送した。

全13話。ただし第13話は再放送時には放送されず、DVDもBOX版のみの収録となった。

スタッフ[編集]

  • 原作(本編のキャラクターデザイン) - 篤見唯子
  • 監督 - 岩崎良明
  • シリーズ構成 - 白根秀樹
  • 文芸監修 - 黒田洋介
  • キャラクターデザイン - 柳沢まさひで
  • プロップデザイン - 戸部隆一
  • 美術監督 - 小山俊久
  • 色彩設計 - 関本美津子
  • 撮影監督 - 広瀬勝利
  • 編集 - 伊藤潤一
  • 音響監督 - 菊田浩巳
  • 音楽 - イズミカワソラ、山崎燿
  • プロデューサー - 森山敦、下地志直、大澤信博
  • アニメーションプロデューサー - 平松巨規
  • アニメーション制作 - XEBEC
  • 製作 - 「瓶詰妖精」製作委員会

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「教えてせんせいさん」
作詞 - 黒田洋介 / 作曲 - イズミカワソラ / 編曲 - 山崎燿 / 歌 - Bottle fairy(水樹奈々・名塚佳織・堀江由衣・野中藍)
エンディングテーマ
「春唄〜くるる〜」(第1話 - 第3話)
作詞 - 黒田洋介 / 作曲 - 高橋ひろ / 編曲 - 山崎燿 / 歌 - くるる(水樹奈々)
「夏唄〜ちりり〜」(第4話 - 第6話)
作詞 - 黒田洋介 / 作曲 - 高橋ひろ / 編曲 - 山崎燿 / 歌 - ちりり(名塚佳織)
「秋唄〜さらら〜」(第7話 - 第9話)
作詞 - 黒田洋介 / 作曲 - 高橋ひろ / 編曲 - 山崎燿 / 歌 - さらら(堀江由衣)
「冬唄〜ほろろ〜」(第10話 - 第12話)
作詞 - 黒田洋介 / 作曲 - 高橋ひろ / 編曲 - 山崎燿 / 歌 - ほろろ(野中藍)
「四季唄〜瓶詰妖精〜」(第13話)
作詞 - 黒田洋介 / 作曲 - 高橋ひろ / 編曲 - 山崎燿 / 歌 - Bottle fairy(水樹奈々・名塚佳織・堀江由衣・野中藍)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 4月 〜April〜 白根秀樹 岩崎良明 岩崎良明 柳沢まさひで
2 5月 〜May〜 木村暢 鈴木吉男 鈴木幸江
3 6月 〜June〜 上江洲誠 林有紀 小森篤
4 7月 〜July〜 白根秀樹 林有紀 緒方厚
5 8月 〜August〜 河合貴史 岩崎良明 鈴木吉男 柳沢まさひで
6 9月 〜September〜 木村暢 大槻敦史 川平はじめ
7 10月 〜October〜 上江洲誠 榎本明広 鈴木幸江
8 11月 〜November〜 河合貴史 岩崎良明 鈴木吉男 石川健朝
9 12月 〜December〜 白根秀樹 榎本明広 植田実
10 1月 〜January〜 木村暢 鈴木幸江
11 2月 〜February〜 上江洲誠 林有紀 小森篤
12 3月 〜March〜 木村暢 岩崎良明 鈴木吉男 山岡信一
13 それから 〜And Then〜 白根秀樹 岩崎良明 柳沢まさひで

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送区分 放送期間 放送日時
中京広域圏 メ〜テレ ANN系 2003年10月 - 12月 金曜 26時22分 -
広島県 テレビ新広島 FNS系 金曜 25時45分 -
神奈川県 TVK UHF系 土曜 23時45分 -
埼玉県 テレビ埼玉 日曜 24時50分 -
京都府 KBS京都 月曜 25時25分 -

ゲーム[編集]

瓶詰妖精 〜はる・なつ・あき・ふゆ せんせいさんと一緒〜
2005年9月9日にキングレコードから発売された育成シミュレーションゲーム。
プレイヤーはせんせいさんを操作し、3人の妖精さん(※れれは登場しない、ほろろは主人公の友達のもとで育てられる)を時には街へ連れ出したりしながら様々なことを教え、立派なにんげんさんに成れるように育てるという内容。開発に2年近くかかって発売が大幅に延期された。動作要求スペックは発売された2005年当初としても3Dゲーム並みの動作要求スペックと非常に高い。非常に難易度が高いゲームとしても知られている。

その他[編集]

「マジキュー」での瓶詰妖精連載終了後も篤見唯子の手によって商業出版物に度々「妖精さん」が描かれている。

  • アクエリアンエイジ:トレーディングカードゲームアクエリアンエイジの1枚として「ボトルフェアリー」と冠した妖精の新キャラクターがある。(Saga3逆襲の巨蟹宮カードホルダー封入特典:2005年6月発売)
  • Frontier(開拓動漫畫情報誌):台湾のアニメ雑誌Frontier、2008年3月号では妖精の新キャラクター2人が表紙イラストになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 後半はイラストストーリーや4コマ漫画中心の展開へシフトした。

外部リンク[編集]