竹田靑滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たけだ せいじ
竹田 靑滋
生年月日 (1960-04-16) 1960年4月16日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 奈良県
血液型 O型
職業 ジャーナリスト
テレビプロデューサー
ジャンル テレビアニメ
活動期間 1984年 -
主な作品
テンプレートを表示

竹田 靑滋(たけだ せいじ、1960年昭和35年〉4月16日[1][2] - )は、日本ジャーナリストテレビプロデューサー株式会社GAORA代表取締役社長[3]奈良県出身。血液型O型[2]

視聴者からの通称は「竹P」(たけぴー)[要出典]

経歴[編集]

番組制作に携わるまで[編集]

東京大学文学部卒業後、1984年毎日放送入社。当時は音楽映画に興味があり、ドラマ制作を志望していたが報道局に配属され[4]、警察担当記者として豊田商事事件グリコ・森永事件などを取材していた[5]。報道局時代は、自分で編集したり、原稿を書いたり、テロップを入れたり、取材で歩き回って足が腫れて、朝、靴が履けなかったことがあったという[4]。また、ドキュメンタリーの制作にも関わったことがあり、5年間ほど脳死医療のドキュメンタリーを制作していた[4]

1996年からは、当時の土曜18時枠にて放送されていた平成ウルトラマンシリーズゾイドシリーズに携わった。ただし、本人はアニメ雑誌『アニメージュ』のインタビューにおいて「担当当時は営業局に所属しており、制作としては直接携わってはいない」と述べている[要ページ番号]

プロデューサーとして[編集]

2002年7月に東京支社テレビ編成部に異動し、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』のプロデューサーを担当する。以降、MBS製作アニメを統括する立場となった。

なお、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では竹田に似た「キングT@KED@」(キング タケダ)という関西弁を話す登場人物の声優も担当した。『鋼の錬金術師』の第13話にも、竹田に似たモブキャラクターが登場している。

アニメ以外では、子供向け情報番組の『ブリンぶりん家』、『フューチャービーンズ〜みらい豆』や、大阪城ホールで開催される『サントリー1万人の第九』を要約した音楽番組『1万人の第九』などのプロデューサーを担当した。

その後、2013年に東京制作室エグゼクティブに就任し[6]、アニメ制作から離れる。2015年に編成局局長に就任[7]2017年にコンテンツビジネス局局長に就任。2018年にコンテンツビジネス局エグゼクティブに就任。2019年GAORA出向し、常務取締役に就任[8]2021年にGAORA代表取締役社長に就任した[9]

人物[編集]

作品に対する姿勢[編集]

竹田が関わっている作品の多くに大胆でエロチックなシーンやグロテスクな描写が含まれているが、これに関しては「リアリティのある作品にするため、妥協はしない」「私はこの演出が必要かどうかだと思う。(アニメを全て見終えて)必要だって思えばいいでしょう」などと発言している(『鋼の錬金術師』など原作にそのシーンがあるものも含む)[10]。こうした姿勢は、過去に毎日放送社長を務めた時代に自らの高潔な性格と、準教育局(1967年まで)としての立場から[注釈 1]エロ・グロを一部の例外を(東京12チャンネルと相互ネットしていた一部の22時台以降のバラエティ番組ドラマなど)除き排除していた高橋信三とは対極にあった。

ただ、2012年1月30日デジタルハリウッド大学での講演では、『STAR DRIVER 輝きのタクト』のエロチックなシーン描写に関して『夕方と言う放送時間を考えたら、映像ソフト版とで表現を変えるべきだったかな、と言う反省点があった』と発言している[11]

彼の思想的側面を示す一端としては、月刊『アニメージュ』(2005年10月号)の取材では「自分は朝鮮総連と親密で、在日問題をやっていたことがある。万景峰号に3回乗ったことがある」という主旨の発言をしており、朝日新聞のインタビュー(2005年10月14日付・夕刊)に対して「(「BLOOD+では家族の絆を描きたい」と述べた後)世界中で戦争を起こし、殺人を行っているアメリカとは何かを問いたい」という回答を行っている。また、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』公式サイト(2004年12月10日付)においては「『機動戦士ガンダムSEED』から引き続き、非戦を訴えたい」「(イラク戦争について)自分が作成したアニメを通して、視聴者に身近な問題として考えて欲しい」との主旨の発言を行っている。

諏訪道彦との関係[編集]

過去に雑誌『ニュータイプ』の企画で在阪ライバル局である読売テレビチーフプロデューサー諏訪道彦と2時間ほど対談した経緯がある。

作品一覧[編集]

テレビアニメ[編集]

2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
  • マクロスF(エグゼクティブプロデューサー)
  • コードギアス 反逆のルルーシュR2(企画)
  • 黒執事(企画)
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年

OVA[編集]

2004年
2006年
2008年
2009年
2013年

アニメ映画[編集]

2005年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2017年
2018年
  • ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション(企画)

テレビドラマ[編集]

1996年
1997年
1998年
1999年
2001年
2011年

実写映画[編集]

2016年
2017年
2018年

音楽番組[編集]

2002年

バラエティ番組[編集]

2004年
2012年
2013年
2014年

ドキュメンタリー番組[編集]

2013年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1975年3月30日までネットを組んでいたNETテレビ(現:テレビ朝日)と東京12チャンネル(現:テレビ東京)は元々教育局だった。

出典[編集]

  1. ^ 「BLOOD+ ON THE TRACKS」『CONTINUE』Vol.24、太田出版、2005年10月23日、 135頁、 ISBN 9784872339871
  2. ^ a b 大野修一編「この人に話を聞きたい 第八十一回 竹田青滋」『アニメージュ』2005年11月号、徳間書店、2005年11月10日、 125頁。
  3. ^ 会社概要”. 株式会社GAORA. 2022年7月17日閲覧。
  4. ^ a b c セミナーB「緊急会議 テレビ・番組 どうなっちゃうの?」”. eAT'09. イート金沢実行委員会 (2009年1月31日). 2012年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月7日閲覧。
  5. ^ 竹田靑滋. 竹田靑滋氏インタビュー. インタビュアー:映画専門大学院大学設立準備委員会. 特定非営利活動法人映像産業振興機構. https://www.vipo.or.jp/interview/archives/interview-05/ 2022年7月17日閲覧。 
  6. ^ “人事、毎日放送”. 日本経済新聞. (2013年5月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXNMSJD41302_T20C13A5000000/ 2013年9月20日閲覧。 
  7. ^ “人事、毎日放送”. 日本経済新聞. (2015年6月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLMSJD31601_S5A610C1000000/ 2015年7月15日閲覧。 
  8. ^ “役員人事の内定について” (PDF) (プレスリリース), 株式会社GAORA, (2019年5月23日), https://www.gaora.co.jp/_files/infos/pdf/pdf_1_1873.pdf 2019年8月16日閲覧。 
  9. ^ “役員人事に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社GAORA, (2021年6月24日), https://www.gaora.co.jp/upload/info/pdf/info_20210624.pdf 2022年7月17日閲覧。 
  10. ^ 機動戦士ガンダム00のイベントにおける発言を記載したブログ
  11. ^ “厳しい環境でこそ作品作りが面白い、竹田靑滋プロデューサーのアニメ戦略”. GIGAZINE (OSA). (2012年1月31日). https://gigazine.net/news/20120131-seiji-takeda-anime-business-forum-2012/ 2012年2月5日閲覧。 

外部リンク[編集]

ビジネス
先代
東龍一郎
GAORA社長
2021年 -
次代
(現職)