万景峰号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
万景峰号
各種表記
ハングル 만경봉호
漢字 萬景峰號
発音 マンギョンボンホ
日本語読み: まんけいほうごう
ばんけいほうごう
MR式
2000年式
アルファベット
Man'gyŏngbong ho
Man-gyeongbong ho
M/V MAN GYONG BONG
テンプレートを表示

万景峰号(マンギョンボンごう、まんけいほうごう、ばんけいほうごう(後述))は、名目の上では朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)江原道元山市(ウォンサン、げんざん)にある海運会社「朝鮮大進船舶」が所有する貨客船で、主に日本新潟と北朝鮮の元山を結ぶ。船名は平壌郊外にある万景峰から名付けられた。

概要[編集]

1971年5月に初代の万景峰が就役し、現在の万景峰92は二代目で、金日成の80歳の誕生日を記念して1992年咸鏡北道清津市で進水し、同年6月より現在の任務に就いている(船名の92は進水年を表す)。

2006年7月5日、北朝鮮によるミサイル発射実験が行われ、日本政府は万景峰号に対し半年間の日本入港禁止措置(特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法)を出した(制裁当日に新潟西港に入港予定であり、人道上の配慮から日本在住者のみ上陸を認めた)。また、2006年10月9日の北朝鮮の地下核実験の成功の発表を受けて、10月14日付けで入港禁止対象を北朝鮮の全ての船舶に拡大した。その後幾度に渡る期限延長により、万景峰号を含め北朝鮮の全船舶は現在も入港禁止となっている。今後、入港許可になる予定であったが合意内容から外れた。

万景峰92[編集]

万景峰92号
万景峰92
万景峰92
各種表記
ハングル 만경봉 92호
漢字 萬景峰 92號
発音 マンギョンボン クシビホ
日本語読み: まんけいほう きゅうじゅうにごう
ばんけいほう きゅうじゅうにごう
MR式
2000年式
Man'gyŏngbong kusibi ho
Man-gyeongbong gusibi ho
テンプレートを表示
  • 全長:162.1 m
  • 全幅:20.5 m
  • 総トン数:9,672 t
  • 機関:ディーゼルエンジン2基、2軸 15,600馬力
  • 最大速力:23ノット
  • 定員:350名

就航・主な輸送用途[編集]

主として元山・新潟間に就航(不定期)。旅客輸送では、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)が窓口となり、取り扱うのは、在日朝鮮人の祖国訪問(親族訪問等)や親戚への物資の輸送、朝鮮学校修学旅行等。他、一部ではあるが、日本の日朝友好団体等が北朝鮮訪問に使用することがあった。衆議院議員である辻元清美等が設立した「ピースボート」は、かつて万景峰号をチャーターし運航した事がある。

元山・新潟間の国際航路では、一般向けの乗船募集(商業運航)は行っていない。

2005年に平壌の金日成スタジアムで開催される予定であったサッカーワールドカップアジア地区最終予選の北朝鮮対日本戦を観戦する一般日本人向けに、乗船を受け入れる計画があったが、第三国開催・無観客試合となった為、実施されなかった。

2011年8月30日より羅津から金剛山までの外国人向け観光船として運航が行われている[1]

その他[編集]

船底塗料[編集]

万景峰号の喫水線下の船底塗料は、価格の安い、トリブチルスズ(TBT=有機スズ)を使用している。トリブチルスズは微量でも人体や環境に大きな影響をもたらす環境ホルモンとして問題視されるため、万景峰号の入港は環境面からも大きな問題があるとされる。現在は国際海事機関(International Maritime Organization)のTBT規制の条約が発効し、TBT船底塗料を用いた船舶の日本入港は禁止されている[2]

電子部品持ち出し疑惑・外為法違反疑惑[編集]

この船にまつわる疑惑としては、元北朝鮮工作員の証言から輸出規制品の密輸外為法違反の大量の現金持ち出し、日本で活動する北朝鮮工作員の連絡活動、北朝鮮工作船の支援などがある。

日本と国交の無い北朝鮮であるが、万景峰号を利用してコンピュータ部品やステンレス材などのミサイル部品、あるいはミサイルの加工機械など禁制品の違法の持ち出し、覚醒剤の持ち込み、偽造通貨の持ち込み、外為法に違反しての現金()の持ち出しなどがされてきたとされる。ソニープレイステーションなど、日本製の家庭用ゲーム機器の持ち出しも確認されている。

船内[編集]

船内の様子などは、ドキュメンタリー映画「ディア・ピョンヤン」などで見ることが出来る。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]