鋼の錬金術師 (実写映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鋼の錬金術師 > 鋼の錬金術師 (実写映画)
鋼の錬金術師
FULLMETAL ALCHEMIST
監督 曽利文彦
原作 荒川弘鋼の錬金術師
出演者 山田涼介
本田翼
ディーン・フジオカ
蓮佛美沙子
本郷奏多
國村隼
石丸謙二郎
原田夏希
内山信二
夏菜
大泉洋(特別出演)
佐藤隆太
小日向文世
松雪泰子
制作会社 OXYBOT
製作会社 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗2017年12月1日公開予定
製作国 日本の旗日本
言語 日本語
テンプレートを表示

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(はがねのれんきんじゅつし フルメタルアルケミスト)は、2017年12月1日に公開予定の日本の実写映画[1]。監督は曽利文彦、主演は山田涼介。本作は初の実写映画化作品となる[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

2016年6月上旬にイタリアでクランクイン。CGと実写の融合に定評を持ち、初めてデジタル技術を前面に押し出した映像を手がけるという監督の曽利は、「なるべく原作に沿った形で描きたい」とヨーロッパを文化背景にしながらも、「人種や国籍を特定する形では表現しない」との思いを胸に製作に取り組んでおり、エド役の山田をはじめとする俳優陣も各々なりの意気込みを見せている[2]

評価[編集]

メディアシンク株式会社のニュースサイト「デイリーニュースオンライン」によれば、前述のように外国人設定のキャラクターを日本人俳優で揃えたため、第一報の発表直後からインターネット上では非難が続出しており、「マスタングは及川光博が演じるべきだった」などと「夢と化した理想のキャスティング」が話題を呼んでいるという。しかし、各俳優のファンからはエールを送る声もあるほか、グラトニー役の内山とエンヴィー役の本郷については「唯一の救い」とする見方も出ているという[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]