出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夕の空(夕焼け)
夕の海
夕の空

(ゆう)は、1日のうち太陽が沈んで暗くなる時間帯を指す。

概要[編集]

日没のころであり、明るいから徐々に暗くなって完全に暗いとなる前の境界の時間帯である。その点で、夜が明けて昼間になるまでのの反対に位置する。言葉としては朝夕など対にして用いることもある。

夕方、次第に深くなる暗闇は1日の活動の終了を示すとともに人間にとって恐ろしい夜の到来を示す。活動可能な明るさではあるがあちこちに潜む闇が不安をかき立てる。逢魔時(おうまがとき)の言葉もある。

夕方の時間は季節ごとに時間が異なるが、だいだい2時間~3時間の間である。

言葉[編集]

「夕」と同じ意味の言葉は夕方(ゆうがた)・(くれ)・黄昏(たそがれ)・(ばん)などである。 また、漢語の夕(セキ)・暮(ボ)・昏(コン)・晩(バン)はほぼ同義語である。ただし、夕や晩は夜までを含めて言うことがある。これらは明け方を表す語とともに、朝夕・旦暮・晨昏・早晩などと併用された。

逢魔時は、逢う魔が時(おうまがとき)・逢う魔時(おうまどき)・大禍時(おおまがとき)ともいい、黄昏時(たそがれどき)のことで、古くは「暮れ六つ」や「酉の刻」ともいい、現在の18時頃のこと 。黄昏時は黄が太陽を表し、昏が暗いを意味する言葉であるが「おうこん」や「きこん」とは読まないのは、誰彼時とも表記し、「誰そ、彼」のことであり、「そこにいる彼は誰だろう。よく判らない」といった薄暗い夕暮れの事象を、そのまま言葉にしたものと、本来の夕暮れを表す漢字の黄昏を合わせたものである。

天文学的に見た夕[編集]

太陽が地平線に近づくと夕焼けが起こり、西は地平線に近い方からといった色合いをなしている。太陽が地平線の下に沈んだ後でも大気による太陽光の散乱により、しばらくは明るい状態が続く。これを薄明といい、太陽が地平線の下に沈んだ直後の薄明をマジックアワーという。

最初に見える星を一番星という。このとき地平線上に金星が見えることがあり、宵の明星と呼ばれる。金星が見える場合、これが一番星となる。やがて徐々に暗くなり、明るいから見え始める。

生物と夕[編集]

生物の側からは、昼間の生物と夜の生物の入れ替わりがある。

例えば、カラスムクドリなどのはねぐらに帰り、コウモリが出てくる。セミが鳴きやみ、コオロギが鳴き出す。ネムノキの葉は閉じ、カラスウリの花が開く。

また、セミのヒグラシの名の由来は、夕(日暮)が由来とも言われる。

関連項目[編集]