荒ぶる季節の乙女どもよ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒ぶる季節の乙女どもよ。
ジャンル 学園群像劇
漫画
原作・原案など 岡田麿里
作画 絵本奈央
出版社 講談社
掲載誌 別冊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス マガジン
発表号 2017年1月号 - 2019年10月号
発表期間 2016年12月9日 - 2019年9月9日
巻数 全8巻
話数 全30話
アニメ
原作 岡田麿里、絵本奈央
監督 安藤真裕、塚田拓郎
脚本 岡田麿里
キャラクターデザイン 石井かおり
音楽 日向萌
アニメーション制作 Lay-duce
製作 荒乙製作委員会
放送局 毎日放送ほか
放送期間 2019年7月 - 9月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

荒ぶる季節の乙女どもよ。』(あらぶるきせつのおとめどもよ)は、原作:岡田麿里、漫画:絵本奈央による日本漫画。『別冊少年マガジン』(講談社)にて、2017年1月号(2016年12月9日発売)[1]から2019年10月号(同年9月9日発売)まで連載された[2]文芸部に所属する5人の女子高生が性に振り回され、悩む様子が描かれる。

あらすじ[編集]

モモハリー・ポッターなどを愛読する小野寺和紗は、高校で文芸部に入部する。題材として扱われるのは、日本の純文学ばかりで戸惑いながらも、男女交際潔癖症の部長・曾根崎り香、小説家志望の本郷ひと葉、奥手の和紗の友人・須藤百々子、舞台子役をしていた美少女・菅原新菜といった風変わりで個性的な部員たちに囲まれながら高校生活を謳歌していた。

ある日、文芸部の題材図書に性的な描写があったことをきっかけに、和紗や部員たちは性について意識し始める。

登場人物[編集]

小野寺和紗(おのでらかずさ)
声 - 河野ひより[3]
本作の主人公ヒロイン。身長156センチメートル、血液型はA型。特徴のないのが特徴と言われるほどで、周囲からは「地味子」と評される。
中学時代は泉との距離が近いことから、彼に好意を寄せる周囲の女子たちから妬まれ、暗い学校生活を送っていた。そのため高校入学後は泉とは極力距離を置くようにしていた。泉は家族のような存在でお互いに性的な目では見られない間柄だった。しかし、周囲の人間や出来事に助けられて自分の恋心に気づいていく。
菅原新菜(すがわらにいな)
声 - 安済知佳[3]
身長160センチメートル、血液型はB型。人目を引く美少女で、クラスの男子からは「掃き溜めに鶴」と言われる。
かつて地元の児童劇団「そよかぜ」に所属していた。それ以来、演出家の三枝から倒錯した愛情を捧げられている。
美貌から見知らぬ男性から付きまとわれがちで、そのあしらい方に詳しい。そういった経験から恋愛や性愛にもどこか達観した大人びたふるまいをするのだが、実は三枝とのデートを以外に恋愛経験があるわけでは無い。
曾根崎り香(そねざきりか)
声 - 上坂すみれ[3]
文芸部部長。身長170センチメートル、血液型はO型。普段は眼鏡をかけて長い髪を後ろで縛っているが、眼鏡を外して髪を下ろすとモデルの「えり香」似の容姿端麗となる。
潔癖かつ堅物な性格で、クラスで性に奔放な会話をする女子たちに苦言し対立する。一方、天城に容姿を褒められたことで、価値観が揺らいでいく。
須藤百々子(すどうももこ)
声 - 麻倉もも[3]
身長156センチメートル、血液型はAB型。髪型は二つ縛りのお下げ。和紗の親友で、「もーちん」と呼ばれている。
性的に奥手で今まで男性を好きになったことが一度もなかったという。高校生なって経験した初恋も一風変わったものだった。
本郷ひと葉(ほんごうひとは)
声 - 黒沢ともよ[3]
身長141センチメートル、血液型はB型。女子高生ながら、謎の作家オーラを醸し出している。
出版社に自著の小説の原稿を持ち込みをしているが、編集者からはリアリティが無いと評されている。そのために、リアルなセックスを知ろうと2ショットチャットに参加している。
典元泉(のりもといずみ)
声 - 土屋神葉[3]柴田芽衣(幼少期)
和紗の隣家に住む幼馴染の男子。親同士も仲がよく、家族ぐるみの付き合いで互いの家を行き来するような関係で育った。幼い頃からの鉄道ファン
幼少期は和紗よりも背が低く、弟のように面倒を見てもらっていたが、中学校入学後は和紗の背を抜き、容姿の良さから女子にモテるようになった。和紗が暗い中学校生活を送った原因が自分にあることに気づいており、今度は自分が彼女を守らなくてはと気にかけている。ただ、恋愛については鈍感で、新菜から「和紗が好きになるのも分かる」と言われるまで気がつかなかった。
天城駿(あまぎしゅん)
声 - 広瀬裕也[4]
り香のクラスメイトの男子。り香を「モデル系」と褒め、人懐こく接する。
山岸知明(やまぎしともあき)
声 - 福山潤[4]
国語教師。ハンドルネーム及び文芸部員からのあだ名は「ミロ」。
ミロはもともと2ショットチャットのハンドルネーム。お互いに正体を知らないままひと葉とエロチャットを楽しんでいた。オフで会おうというひと葉の誘いに応じたがために同じ高校の教師と生徒だったと発覚。これを奇貨としたひと葉に脅される形で文芸部の顧問を引き受けることとなる。
三枝久(さえぐさひさし)
声 - 咲野俊介
新菜が所属していた当時の劇団そよ風の演出家。行動の予想のつかない女児に惹かれるロリータコンプレックスの持ち主で、新菜に親愛を捧げていた。新菜曰く「刺激がないと生きられない人」。
杉本悟(すぎもとさとる)
声 - 花江夏樹
百々子の小学校時代の同級で、同じ予備校に通う他校生。
十条園絵(じゅうじょうそのえ)
声 - 戸松遥[4]
り香と同じクラスの女子。派手な外見で男性遍歴を吹聴し堅物な曾根崎をからかう。
文化祭後妊娠が発覚し退学処分となった。
浅田恵美(あさだ えみ)
声 - 大森日雅
泉と同じA組の女子。泉に告白するも振られる。
竹山祐子(たけやま ゆうこ)
声 - 原奈津子
浅田のクラスメイトの女子。
校長
声 - 藤吉浩二
顧問の不在を理由に文芸部の廃止を宣言する。
教頭
声 - 北田理道
富多笑美(とみた えみ)
声 - 青山吉能
3年の国語教師。独身女性で同じ独身の山岸によく話かけている。

キャンペーン[編集]

単行本1巻の発売を記念して、「セックスの代わりになる言葉」を考えてツイートすると、サイン入り複製原画をプレゼントするキャンペーンが実施された[5]

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2019年7月より9月まで毎日放送アニメイズム』B2枠ほかにて放送された[14]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 岡田麿里、絵本奈央[14]
  • 監督 - 安藤真裕、塚田拓郎[14]
  • 脚本 - 岡田麿里[14]
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 石井かおり[14]
  • プロップデザイン - 赤石沢貴士、森川さやか
  • 美術監督 - 中久木孝将、中尾陽子[14]
  • 美術設定 - 中尾陽子、小木斉之(第5話-)、妹脊百合子
  • 色彩設計 - 山崎朋子[14]
  • 撮影監督 - 長田雄一郎[14]
  • 編集 - 髙橋歩[14]
  • 音響監督 - 郷文裕貴[14]
  • 音楽 - 日向萌[14]
  • チーフプロデューサー - 古川慎、前田俊博
  • プロデューサー - 澤田愛理、北岡森生、青井宏之
  • プロデュース - 斎藤俊輔[4]
  • アニメーションプロデューサー - 米内則智[14]
  • アニメーション制作 - Lay-duce[14]
  • 製作 - 荒乙製作委員会(DMM pictures講談社MBS

主題歌[編集]

オープニングテーマ「乙女どもよ。」[15]
作詞・作曲・編曲 - HoneyWorks[16] / 歌 - CHiCO with HoneyWorks
エンディングテーマ「ユメシンデレラ」[17]
作詞・作曲・編曲 - HoneyWorks[16] / 歌 - 麻倉もも
挿入歌・劇中曲
TRAIN-TRAIN」(第1話)
作詞・作曲 - 真島昌利 / 歌 - THE BLUE HEARTS
「お前の股ぐら」(第4話)
作詞・作曲 - ZERRY・TOPPI / 歌 - ザ・タイマーズ
「恋人ツナギ」(第8話)
作詞・作曲・編曲 - HoneyWorks / 歌 - CHiCO with Honey Works
チェインギャング」(第10話)
作詞・作曲 - 真島昌利 / 歌 - THE BLUE HEARTS

各話リスト [編集]

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督原作話
第1話豚汁の味 塚田拓郎佐古宗一郎第1回、第2回
第2話えすいばつ 安藤真裕吉田徹中野友貴第3回、第4回
第3話バスガス爆発 熊膳貴志
  • 大庭小枝
  • 納武史
  • 佐古宗一郎
  • 福島陽子
第5回 - 第9回
第4話本という存在 三條なみみ
  • 塚田拓郎
  • 浜田将太
中野ゆうき第8回 - 第11回
第5話私を知らぬ間に変えたもの 安藤真裕深瀬重
  • 志賀道憲
  • 二宮奈那子
第11回、第12回
第6話乙女は森のなか 沖田宮奈黒瀬大輔
  • 小見山和也
  • 岡田由起子
第13回、第14回
第7話揺れ、の、その先 安藤真裕酒井原美樹
  • 納武史
  • 大庭小枝
  • 工藤糸織
  • 二宮奈那子
  • 福島陽子
第15回 - 第17回
第8話Legend of Love 塚田拓郎藏本穂高
  • 佐古宗一郎
  • 中野ゆうき
第17回 - 第19回
第9話キツネノカミソリ 安藤真裕堺隼人中野友貴第20回、第21回
第10話
  • 熊膳貴志
  • 安藤真裕
熊膳貴志
  • 大庭小枝
  • 佐古宗一郎
第22回 - 第24回
第11話男女交際禁止令 安藤真裕小林孝嗣
  • 岡田由起子
  • 二宮奈那子
  • 佐古宗一郎
  • 福島陽子
  • 藤田正幸
第24回 - 第27回
第12話乙女心のいろいろは
  • 安藤真裕
  • 塚田拓郎
  • 酒井原美樹
  • 小見山和也
  • 永作友克
  • 井上和俊
  • 石井かおり
  • 大庭小枝
  • 熊膳貴志
  • 藤田正幸
  • 納武史
  • 二宮奈那子
第28回 - 第31回+単行本8巻に収録されるエピローグ。

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[18]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [19] 備考
2019年7月6日 - 9月21日 土曜 2:25 - 2:55(金曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 製作局 / 字幕放送
TBSテレビ 関東広域圏 字幕放送
2019年7月7日 - 9月22日 日曜 1:30 - 2:00(土曜深夜)   BS-TBS 日本全域 BS/BS4K放送
2019年7月8日 - 9月23日 月曜 22:30 - 23:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[18]
配信期間 配信時間 配信サイト
2019年7月6日 - 9月21日 土曜 2:55 更新
2019年7月9日 - 9月24日 火曜 2:55 更新
火曜 3:00 更新 GYAO!
火曜 10:00 更新 DMM.com
火曜 12:00 更新

BD / DVD[編集]

発売日[20] 規格品番
BD DVD
1 2019年9月27日 DMPXA-036 DMPBA-058
2 2019年10月25日予定 DMPXA-037 DMPBA-059
3 2019年11月29日予定 DMPXA-038 DMPBA-060
4 2019年12月27日予定 DMPXA-039 DMPBA-061
毎日放送 アニメイズム B2
前番組 番組名 次番組
荒ぶる季節の乙女どもよ。

出典[編集]

  1. ^ “岡田麿里×絵本奈央による"性"に振り回される乙女たちの物語、別マガで開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年12月9日). https://natalie.mu/comic/news/212626 2017年12月8日閲覧。 
  2. ^ “”英雄伝説“を紐解くダークファンタジー「チャンドラハース」別マガで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年9月9日). https://natalie.mu/comic/news/346818 2019年9月9日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “『荒ぶる季節の乙女どもよ。』キャスト公開 河野ひより・安済知佳・麻倉もも・黒沢ともよ・上坂すみれら”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2130587/full/ 2019年3月1日閲覧。 
  4. ^ a b c d “『荒ぶる季節の乙女どもよ。』福山潤さん・戸松遥さんら追加声優5名解禁! 最速放送はMBS・TBSにて7月5日スタート”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年5月31日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1559282980 2019年5月31日閲覧。 
  5. ^ “「あの花」の岡田麿里が原作、性に悩む乙女を描く群像劇1巻発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年4月7日). https://natalie.mu/comic/news/227947 2017年4月17日閲覧。 
  6. ^ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。(1)』(絵本奈央,岡田麿里)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年12月8日閲覧。
  7. ^ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。(2)』(絵本奈央,岡田麿里)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年12月8日閲覧。
  8. ^ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。(3)』(絵本奈央,岡田麿里)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年12月8日閲覧。
  9. ^ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。(4)』(絵本奈央,岡田麿里)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年4月9日閲覧。
  10. ^ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。(5)』(絵本奈央,岡田麿里)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年8月9日閲覧。
  11. ^ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。(6)』(絵本奈央,岡田麿里)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2018年12月7日閲覧。
  12. ^ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。(7)』(絵本奈央,岡田麿里)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年7月8日閲覧。
  13. ^ 『荒ぶる季節の乙女どもよ。(8)』(絵本奈央,岡田麿里)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年10月9日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m “アニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」乙女たちが悩み、向き合う第1弾PV公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年3月23日). https://natalie.mu/comic/news/324970 2019年3月23日閲覧。 
  15. ^ CHiCO with HoneyWorks 11thシングル タイトル&発売日決定!!”. ソニーミュージック (2019年5月14日). 2019年5月15日閲覧。
  16. ^ a b “『荒ぶる季節の乙女どもよ。』OP主題歌・挿入歌に「CHiCO with HoneyWorks」、ED主題歌に声優・麻倉ももさん決定! しかもハニワが楽曲プロデュース”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年4月19日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1555661598 2019年4月19日閲覧。 
  17. ^ “麻倉もも、HoneyWorksプロデュースのシングル「ユメシンデレラ」リリース”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年6月20日). https://natalie.mu/music/news/336385 2019年6月20日閲覧。 
  18. ^ a b ONAIR”. TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』公式サイト. 2019年6月30日閲覧。
  19. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  20. ^ PACKAGE”. TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』公式サイト. 2019年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]