山本幸久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
笑う招き猫から転送)
移動先: 案内検索

山本 幸久(やまもと ゆきひさ、1966年5月31日 - )は、東京都八王子市出身の日本小説家である。

中央大学文学部史学科卒業後、内装会社勤務を経て漫画雑誌編集プロダクション勤務。 現在は、世田谷区に居を構える。

2003年、「アカコとヒトミと」(のちに『笑う招き猫』に改題)で、第16回小説すばる新人賞受賞し作家デビューした。2006年、『笑う招き猫』で第2回酒飲み書店員大賞受賞。 作品はおしなべて高く評価され、直木賞にも近いといわれている[要出典]

作品リスト[ソースを編集]

単行本[ソースを編集]

アンソロジー[ソースを編集]

「」内が山本幸久の作品

  • Happy Box(2012年3月 PHP研究所)「天使」

映像化作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

  • 笑う招き猫(2017年4月29日公開予定、DLE、主演:清水富美加・松井玲奈)[2]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ プレミアムドラマ「ある日、アヒルバス」”. NHKオンライン. NHK. 2017年2月25日閲覧。
  2. ^ a b “清水富美加&松井玲奈が漫才コンビ結成 映画『笑う招き猫』写真公開”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年1月30日). http://www.cinra.net/news/20170130-waraumanekineko 2017年2月25日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]