行成薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

行成 薫(ゆきなり かおる、1979年8月10日[1] - )は、日本小説家

宮城県仙台市出身[2]東北学院大学教養学部を卒業する[3]2012年に『名も無き世界のエンドロール』(応募時のタイトルは「マチルダ」)で第25回小説すばる新人賞を受賞[4][5]2013年に単行本として発表された。仕事をする傍ら小説を執筆する[3]。「執筆を始めた当初は、新人賞に応募することは考えていなかった。受賞の連絡を受けたときは、嬉しく思う反面、肩にのしかかるプレッシャーを感じた」との旨を述べている[3]。趣味は料理[3]。好きな作家として藤沢周平伊坂幸太郎を挙げている[3]

2021年には『名も無き世界のエンドロール』が映画化[6]。映画版のその後を描くWebドラマ『Re:名も無き世界のエンドロール 〜Half a year later〜』では、原案を書き下ろした[7]

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • 名も無き世界のエンドロール(2013年3月 集英社 / 2015年2月 集英社文庫
    • 収録作品:名も無き世界のエンドロール / ポケット(文庫本のみ)
  • バイバイ・バディ(2016年8月 講談社 / 2020年3月 講談社文庫
  • ヒーローの選択(2016年11月 講談社 / 2019年3月 講談社文庫)
  • 僕らだって扉くらい開けられる(2017年11月 集英社 / 2021年1月 集英社文庫)
    • 収録作品:テレキネシスの使い方 / パラライザー金田 / パイロキネシスはピッツァを焼けるか / ドキドキ・サイコメトリー / 目は口ほどにものを言う / 僕らだって扉くらい開けられる
  • 廃園日和(2018年4月 講談社)
  • ストロング・スタイル(2018年8月 文藝春秋
    • 収録作品:シュート・マッチ / マッチ・メイカー 1 / フィニッシュ・ホールド / マッチ・メイカー 2 / メイン・イベンター / マッチ・メイカー 3 / デス・マッチ / マッチ・メイカー 4 / チャピンオン・ベルト / マッチ・メイカー 5 / ストロング・スタイル / マッチ・メイカー 6
  • 怪盗インビジブル(2018年11月 講談社)
  • 本日のメニューは。(2019年10月 集英社文庫)
    • 収録作品:四分間出前大作戦 / おむすび狂詩曲 / 闘え!マンプク食堂 / 或る洋食屋の一日 / ロコ・モーション
  • KILLTASK(2020年7月 KADOKAWA
  • 彩無き世界のノスタルジア(2020年12月 集英社) - 『名も無き世界のエンドロール』の続編
  • 稲荷町グルメロード(2021年4月 ハルキ文庫)

ノベライズ[編集]

単著未収録短編[編集]

  • 真夏の雪(『小説すばる』2013年12月号 集英社)
  • 4M25(『小説すばる』2014年12月号 集英社)
  • ユリイカ(A)(『オール讀物』2015年7月号 文藝春秋)
  • 神様とスイッチ(『小説すばる』2015年12月号 集英社)

映像化作品[編集]

映画[編集]

Webドラマ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]