関口尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関口 尚(せきぐち ひさし、1972年9月19日 - )は、日本の小説家

栃木県下都賀郡岩舟町(現・栃木市)生まれ[1]岩手大学人文社会科学部卒業、茨城大学大学院人文科学研究科修了。

2002年、『プリズムの夏』で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。

作品リスト[編集]

受賞歴[編集]

  • 2002年、第15回小説すばる新人賞(プリズムの夏)
  • 2007年、第22回坪田譲治文学賞(空をつかむまで)

脚注[編集]

  1. ^ 広報いわふね 2008年10月号 (PDF)”. 岩舟町. p. 13 (2008年9月). 2019年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]