坪田譲治文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

坪田譲治文学賞(つぼたじょうじぶんがくしょう)は、1984年12月に岡山市が制定した文学賞である[1]。岡山市名誉市民の坪田譲治の業績を称えるとともに、創作活動の奨励と市民文化の向上とを目的としている。 9月1日を基準日として、前1年間に刊行された文学作品の中から、大人も子どもも共有できる優れた作品を1点選考。受賞者には正賞としてメダル(鳥の少年蛭田二郎作)、副賞として100万円が授与される。

現在の選考委員は、阿川佐和子五木寛之川村湊高井有一西本鶏介森詠

受賞作一覧[編集]

注:毎年1月頃に前年度の受賞作が発表される(表示受賞年度に対し、受賞年は次年)

第1回から第10回[編集]

回(年度) 受賞作 著者 初刊
第1回(1985年) 『心映えの記』 太田治子 1985年2月 中央公論社
第2回(1986年) 『ふたつの家のちえ子』 今村葦子 1986年5月 評論社
第3回(1987年) 『ぼくのお姉さん』 丘修三 1986年12月 偕成社
第4回(1988年) 四万十川 あつよしの夏 笹山久三 1988年1月 河出書房新社
第5回(1989年) 『身がわり 母・有吉佐和子との日日』 有吉玉青 1989年3月 新潮社
第6回(1990年) 『おどる牛』 川重茂子 1989年9月 文研出版
第7回(1991年) 『こうばしい日々』 江國香織 1990年9月 あかね書房
第8回(1992年) 『卵洗い』 立松和平 1992年5月 講談社
第9回(1993年) 『半分のふるさと 私が日本にいたときのこと』 李相琴 1993年5月 福音館書店
第10回(1994年) 『オサムの朝』 森詠 1994年3月 集英社

第11回から第20回[編集]

回(年度) 受賞作 著者 初刊
第11回(1995年) 『泣けない魚たち』 阿部夏丸 1995年5月 ブロンズ新社
第12回(1996年) 『ぼくたちの〈日露〉戦争』 渡辺毅 1996年2月 邑書林
第13回(1997年) 『ぼくはきみのおにいさん』 角田光代 1996年10月 河出書房新社
第14回(1998年) ナイフ 重松清 1997年11月 新潮社
第15回(1999年) 『ウメ子』 阿川佐和子 1999年1月 小学館
第16回(2000年) 『ニライカナイの空で』 上野哲也 2000年6月 講談社
第17回(2001年) 『翼はいつまでも』 川上健一 2001年7月 集英社
第18回(2002年) 『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ 2002年6月 理論社
第19回(2003年) 『人形の旅立ち』 長谷川摂子 2003年6月 福音館書店
第20回(2004年) 『ペーターという名のオオカミ』 那須田淳 2003年12月 小峰書店

第21回から第30回[編集]

回(年度) 受賞作 著者 初刊
第21回(2005年) 『ぎぶそん』 伊藤たかみ 2005年5月 ポプラ社
第22回(2006年) 『空をつかむまで』 関口尚 2006年4月 集英社
第23回(2007年) 『しずかな日々』 椰月美智子 2006年10月 講談社
第24回(2008年) 『戸村飯店 青春100連発』 瀬尾まいこ 2008年3月 理論社
第25回(2009年) 『トーキョー・クロスロード』 濱野京子 2008年11月 ポプラ社
第26回(2010年) 『おれのおばさん』 佐川光晴 2010年6月 集英社
第27回(2011年) 『鉄のしぶきがはねる』 まはら三桃 2011年2月 講談社
第28回(2012年) きみはいい子 中脇初枝 2012年5月 ポプラ社
第29回(2013年) 『世界地図の下書き』 朝井リョウ 2013年7月 集英社
第30回(2014年) 『クリオネのしっぽ』 長崎夏海 2014年4月 講談社

第31回から第40回[編集]

回(年度) 受賞作 著者 初刊
第31回(2015年) いとの森の家 東直子 2014年10月 ポプラ社
第32回(2016年) 『Masato』 岩城けい 2015年9月 集英社
第33回(2017年) 『キジムナーkids』 上原正三 2017年6月 現代書館

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 岡山市文学賞 | 坪田譲治文学賞とは

関連項目[編集]

外部リンク[編集]