桃山ビート・トライブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桃山ビート・トライブ』(ももやまビート・ドライブ)は、天野純希の時代小説。第20回小説すばる新人賞集英社主催)受賞作。

あらすじ[編集]

為政者が次々と入れ替わる安土桃山時代。偶然三味線を手に入れた悪童の藤次郎、笛役者になるため家を飛び出した小平太、太鼓叩きを趣味とする元奴隷の弥介、天性の踊り子ちほの4人が、型破りな演奏で、権力や身分によって押さえつけられた世の人々を惹きつけていく戦国ストーリー。

登場人物[編集]