冨士本由紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
冨士本 由紀
(ふじもと ゆき)
誕生 1955年5月15日-
日本の旗 島根県松江市
職業 小説家
コピーライター
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1995年 -
ジャンル 青春小説
推理小説
代表作 『包帯をまいたイブ』(1995年)
主な受賞歴 小説すばる新人賞(1994年)
デビュー作 『包帯をまいたイブ』(1995年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

冨士本 由紀(ふじもと ゆき、1955年[1]5月15日[2]-)は、日本小説家コピーライター[3]。『包帯をまいたイブ』で第7回小説すばる新人賞を受賞[4]

経歴・人物[編集]

島根県松江市生まれ[5]。小学校を卒業するまでは宍道湖のそばに住み、中学・高校時代は、小泉八雲記念館のそばに住んでいたという[6]関西女子美術短期大学(現宝塚大学)卒業[7]。広告製作プロダクション、広告代理店勤務を経て、フリーのコピーライターとなる[6]1994年、『包帯をまいたイブ』(受賞時に「アルテミスたちの事情」から改題[8])で第7回小説すばる新人賞を受賞する(同時受賞は上野歩『恋人といっしょになるでしょう』)[9]1995年、同作が刊行、小説家デビューを果たす。

作品リスト[編集]

  • 『包帯をまいたイブ』(1995年1月 集英社 / 2000年1月 集英社文庫
  • 『つめたい彼女のつめたい悩み』(1995年8月 集英社)
  • 『けだるい無性』(1997年7月 集英社)
  • 『氷砂糖』(2000年6月 集英社)『ひとさらいの夏』(2010年 双葉文庫)
  • 『圏外同士』(2006年4月 集英社)
  • 『しあわせと勘違いしそうに青い空』(2009年7月 双葉社
    • 【改題】勘違いしそうに青い空(2012年7月 双葉文庫

アンソロジー[編集]

「」内が収録されている冨士本由紀の作品

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ しあわせと勘違いしそうに青い空/冨士本 由紀 - 小説:hontoネットストア
  2. ^ 『文藝年鑑』2013年
  3. ^ しあわせと勘違いしそうに青い空/富士本由紀/著 本・コミック : オンライン書店e-hon
  4. ^ 包帯をまいたイブ/富士本由紀/著 本・コミック : オンライン書店e-hon
  5. ^ ひとさらいの夏/冨士本由紀/著 本・コミック : オンライン書店e-hon
  6. ^ a b 私と島根 | 島根県
  7. ^ 包帯をまいたイブ/富士本 由紀 - 小説:hontoネットストア
  8. ^ 小説すばる新人賞受賞作・候補作一覧1-28回|文学賞の世界
  9. ^ 小説すばる新人賞 | 集英社

外部リンク[編集]