櫛木理宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
櫛木 理宇くしき りう
誕生 (1972-07-29) 1972年7月29日(50歳)
日本の旗 新潟県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2012年 -
ジャンル ホラー
ミステリー
青春小説
代表作 ホーンテッド・キャンパスシリーズ
主な受賞歴 日本ホラー小説大賞読者賞(2012年)
小説すばる新人賞(2012年)
デビュー作ホーンテッド・キャンパス』(2012年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

(くしき りう、1972年7月29日[1] -)は、日本小説家。2012年、『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞し、小説家デビュー[2]

経歴・人物[編集]

新潟県生まれ[3]。大学卒業後、アパレルメーカー、建設会社などの勤務を経て、執筆活動を開始する[4]。2012年、『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞[2]。同年、『赤と白』で第25回小説すばる新人賞を受賞する[5][6](投稿時のペンネームは串木里有[7]。好きな作家として、ジョン・ソールルース・レンデルを挙げている[8]シャーリイ・ジャクスン『山荘綺談』、コリン・ウィルソン『現代殺人百科』などが、ホラー小説に熱中するきっかけとなったという[9]

2016年7月、『ホーンテッド・キャンパス』が、中山優馬主演で映画化。2022年5月、『死刑にいたる病』が、阿部サダヲ主演で映画化された。2022年8月、『鵜頭川村事件』がWOWOWでドラマ化された。

作品リスト[編集]

ホーンテッド・キャンパスシリーズ[編集]

  • ホーンテッド・キャンパス(2012年10月25日 角川ホラー文庫
  • ホーンテッド・キャンパス 幽霊たちとチョコレート(2013年1月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下(2013年4月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 死者の花嫁(2013年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 恋する終末論者(2014年2月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 雨のち雪月夜(2014年7月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス なくせない鍵(2015年2月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに(2015年10月24日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 春でおぼろで桜月(2016年3月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス きみと惑いと菜の花と(2016年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり(2017年3月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく(2017年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 墓守は笑わない(2018年3月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語(2018年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 秋の猫は緋の色(2019年3月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 夜を視る、星を撒く(2019年10月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 最後の七不思議(2020年7月25日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス 待ちにし主は来ませり(2021年4月23日 角川ホラー文庫)
  • ホーンテッド・キャンパス だんだんおうちが遠くなる(2021年12月21日 角川ホラー文庫)

夢見屋シリーズ[編集]

  • ドリームダスト・モンスターズ(2014年5月 幻冬舎文庫
  • ドリームダスト・モンスターズ 白い河、夜の船(2014年12月 幻冬舎文庫)
  • ドリームダスト・モンスターズ 眠り月は、ただ骨の冬(2015年5月 幻冬舎文庫)

その他[編集]

  • 赤と白(2013年3月 集英社 / 2015年12月 集英社文庫
  • 避雷針の夏(2014年4月 光文社 / 2017年7月 光文社文庫
  • 寄居虫女(ヤドカリオンナ)(2014年8月 KADOKAWA
    • 【改題】侵蝕 壊される家族の記録(2016年6月 角川ホラー文庫)
  • お城のもとの七凪町 骨董屋事件帖(2015年2月 朝日エアロ文庫)
  • チェインドッグ(2015年7月 ハヤカワ・ミステリワールド
  • 世界が赫に染まる日に(2016年1月 光文社 / 2019年9月 光文社文庫)
  • FEED(2016年5月 新潮社
  • 僕とモナミと、春に会う(2016年12月 幻冬舎文庫)
  • 209号室には知らない子供がいる(2016年12月 KADOKAWA)
    • 【改題】瑕死物件 209号室のアオイ(2018年11月 角川ホラー文庫)
  • アンハッピー・ウエディング 結婚の神様(2018年1月 PHP文庫
  • 鵜頭川村事件(2018年6月 文藝春秋 / 2020年11月 文春文庫
  • ぬるくゆるやかに流れる黒い川(2019年6月 双葉社 / 2021年9月 双葉文庫
  • 虎を追う(2019年9月 光文社 / 2022年6月 光文社文庫)
  • 死んでもいい(2020年4月 ハヤカワ文庫JA)
    • 収録作品:死んでもいい / ママがこわい / からたねおがたま / その一言を / 彼女は死んだ / タイトル未定
  • 虜囚の犬(2020年7月 KADOKAWA)
  • 殺人依存症(2020年10月 幻冬舎文庫)
  • 灰いろの鴉 捜査一課強行犯係・鳥越恭一郎(2021年8月 ハルキ文庫
  • 老い蜂(2021年9月 東京創元社
  • 残酷依存症(2022年4月 幻冬舎文庫)
  • 氷の致死量(2022年5月 早川書房

単行本未収録作品[編集]

短編[編集]

  • クライベイビー、シスター(集英社『小説すばる』2013年4月号)
  • SWEET DAYS(集英社『小説すばる』2013年12月号)
  • 女菩薩像(集英社『小説すばる』2014年12月号)
  • 住めば都(集英社『小説すばる』2015年12月号)
  • やどりこ(集英社『小説すばる』2016年9月号)
  • 夜に落ちる(集英社『小説すばる』2019年10月号)
  • 夕鶴の郷(光文社『ダーク・ロマンス 異形コレクション XLIX』収録)
  • 蜜のあわれ(光文社『秘密 異形コレクション LI』収録)
  • 天窓のある家(光文社『小説宝石』2021年8・9合併号)
  • 庵主の耳石(集英社『web集英社文庫』2022年4月)

長編[編集]

  • 少年籠城(集英社『小説すばる』2021年9月号 - )
  • 逃亡犯とゆびきり(小学館『STORY BOX』2022年5月号 - )

インタビュー[編集]

  • ファンタジーへの誘い-ストーリーテラーのことのは-(2016年6月 徳間書店

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ニュースリリース|角川書店”. KADOKAWA. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月1日閲覧。
  2. ^ a b 日本ホラー小説大賞 受賞作品リスト”. KADOKAWA. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月25日閲覧。
  3. ^ 「寄居虫女」 櫛木 理宇[文芸書] - KADOKAWA”. KADOKAWA. 2022年7月8日閲覧。
  4. ^ ホーンテッド・キャンパス / 櫛木 理宇【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア
  5. ^ 小説すばる新人賞”. 集英社. 2022年7月8日閲覧。
  6. ^ 小説すばる新人賞:櫛木理宇さん、行成薫さんに”. 毎日新聞. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月1日閲覧。
  7. ^ 『ファンタジーへの誘い ストーリーテラーのことのは』徳間書店、85頁。ISBN 978-4-19-864180-1 
  8. ^ 第19回日本ホラー小説大賞 読者賞『ホーンテッド・キャンパス』櫛木理宇インタビュー |ダ・ヴィンチニュース
  9. ^ プロに聞く!ホラー作家になるためのQ&A|JUMP j BOOKS”. 集英社. 2017年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月1日閲覧。
  10. ^ 注目映画紹介:「ホーンテッド・キャンパス」 中山優馬初主演&主題歌 怖いのに笑える青春ホラー”. 毎日キレイ. MANTAN (2016年7月1日). 2021年8月24日閲覧。
  11. ^ “岡田健史、W主演の阿部サダヲにおねだり「お家に行きたいです!」”. MOVIE WALKER PRESS (ムービーウォーカー). (2022年4月12日). https://moviewalker.jp/news/article/1079736/ 2022年7月8日閲覧。 
  12. ^ “松田龍平主演ドラマ「鵜頭川村事件」に蓮佛美沙子、伊武雅刀、工藤阿須加、山田杏奈ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年6月9日). https://natalie.mu/eiga/news/480873 2022年7月8日閲覧。 

外部リンク[編集]