山本幸久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 幸久(やまもと ゆきひさ、1966年[1] - )は、東京都八王子市出身[2]日本小説家である。

経歴[編集]

少年時代は漫画SFのファンで、中学2年生のときに星新一ショートショート・コンテストに応募して入賞した。中央大学文学部卒業後、内装会社勤務を経て編集プロダクションに勤務し、大手出版社の漫画編集部に出向した。当時はやまだないとなどの担当をしていた[1]

2002年、妻のすすめで書いた小説「アカコとヒトミと」が世田谷文学賞にて3席を受賞する[3]。その時の作品を原型にして書いた「アカコとヒトミと」(のちに『笑う招き猫』に改題)で、2003年に第16回小説すばる新人賞受賞し作家デビューした。2006年、『笑う招き猫』で第2回酒飲み書店員大賞受賞[4]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 笑う招き猫(2004年1月 集英社 / 2006年1月 集英社文庫
  • はなうた日和(2005年7月 集英社 / 2008年5月 集英社文庫)
  • 凸凹デイズ(2005年10月 文藝春秋 / 2009年2月 文春文庫
  • 幸福ロケット(2005年11月 ポプラ社 / 2010年2月 ポプラ文庫
  • 男は敵、女はもっと敵(2006年2月 マガジンハウス / 2009年4月 集英社文庫)
  • 美晴さんランナウェイ(2007年4月 集英社 / 2010年3月 集英社文庫)
  • 渋谷に里帰り(2007年10月 NHK出版 / 2011年7月 新潮文庫
  • カイシャデイズ(2008年7月 文藝春秋 / 2011年3月 文春文庫)
  • ある日、アヒルバス(2008年10月 実業之日本社 / 2010年10月 実業之日本社文庫
  • シングルベル(2009年6月 朝日新聞出版 / 2012年6月 朝日文庫
  • 床屋さんへちょっと(2009年8月 集英社 / 2012年8月 集英社文庫)
  • 愛は苦手(2010年1月 新潮社 / 2012年10月 新潮文庫)
  • 失恋延長戦(2010年3月 祥伝社 / 2013年7月 祥伝社文庫
  • ヤングアダルトパパ(2010年4月 角川書店 / 2013年3月 角川文庫
  • パパは今日、運動会(2011年7月 筑摩書房 / 2015年2月 ちくま文庫
  • 寿フォーエバー(2011年8月 河出書房新社 / 2014年9月 河出文庫
  • 一匹羊(2011年10月 光文社 / 2014年5月 光文社文庫
  • GO!GO!アリゲーターズ(2012年4月 集英社 / 2016年12月 集英社文庫)
  • 東京ローカルサイキック(2012年9月 徳間書店
  • 展覧会いまだ準備中(2012年12月 中央公論新社 / 2015年12月 中公文庫
  • 幸福トラベラー(2013年2月 ポプラ社 / 2015年9月 ポプラ文庫
  • ジンリキシャングリラ(2014年3月 PHP研究所 / 2017年3月 PHP文芸文庫)
    • 文庫化時に、書き下ろし「浅間くんのお父さん」を加えて再刊
  • 芸者でGO!(2014年7月 実業之日本社 / 2017年6月 実業之日本社文庫)
    • 文庫化時に、書き下ろし「お母さん」を加えて再刊
  • 店長がいっぱい(2014年11月 光文社 / 2017年10月 光文社文庫)
    • 文庫化時に、書下ろし「夜の海」を追加
  • 誰がために鐘を鳴らす(2016年2月 KADOKAWA
  • 天晴れアヒルバス(2016年9月 実業之日本社)
  • ウチのセンセーは、今日も失踪中(2018年3月 幻冬舎文庫
  • ふたりみち(2018年3月 KADOKAWA)

ノベライズ作品[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が山本幸久の作品

  • Love or like(2006年7月 祥伝社 / 2008年9月 祥伝社文庫)「ネコ・ノ・デコ」
  • 本当のうそ(2007年2月 講談社)「舌のさきで」
  • 短編ベストコレクション 現代の小説(2007年6月 徳間文庫)「野和田さん家のツグヲさん」
  • 忘れない。贈りものをめぐる十の話(2007年12月 メディアファクトリー)「雪が降る」
  • きみが見つける物語 十代のための新名作 切ない話編(2010年2月 角川文庫)「閣下のお出まし」
  • エール3(2013年10月 実業之日本社文庫) 「クール」
  • Happy Box(2012年3月 PHP研究所)「天使」
  • あの日、君と Boys (2012年5月 集英社文庫)「マニアの受難」
    • 短編学校(2017年6月 集英社文庫)「マニアの受難」*2012年刊《あの日、君と boys》及び《あの日、君と Girls》を再編集、改題。

雑誌掲載短編[編集]

  • 1999年のヒトミ(『小説すばる』2017年5月号 集英社)- 『笑う招き猫』特別読切

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 作歌の読書道 第50回”. WEB本の雑誌. 本の雑誌社 / 博報堂 (2016年1月27日). 2017年5月1日閲覧。
  2. ^ “八王子芸妓を描く小説「芸者でGO!」-地元出身の作家・山本幸久さんが出版”. 八王子経済新聞. (2014年7月31日). https://hachioji.keizai.biz/headline/1681/ 2017年5月1日閲覧。 
  3. ^ 山本幸久. 渋谷の街を舞台に、新しいものが生まれる過程を書きたい. (インタビュー). 渋谷文化プロジェクト.. https://shibuyabunka.com/special/20070126/yamamoto.html 2017年5月1日閲覧。 
  4. ^ 酒飲み書店員大賞 受賞作発表”. 集英社. 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ プレミアムドラマ「ある日、アヒルバス」”. NHKオンライン. NHK. 2017年2月25日閲覧。
  6. ^ a b “清水富美加&松井玲奈が漫才コンビ結成 映画『笑う招き猫』写真公開”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年1月30日). http://www.cinra.net/news/20170130-waraumanekineko 2017年2月25日閲覧。 

外部リンク[編集]