野中ともそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野中 ともそ
(のなか ともそ)
ペンネーム 野中 ともそ
誕生 日本の旗 日本東京都
職業 小説家随筆家翻訳家イラストレーター
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 明治大学文学部
ジャンル 小説随筆イラストレーション
主な受賞歴 小説すばる新人賞(1998年)
デビュー作 『パンの鳴る海、緋の舞う空』
公式サイト 野中ともそ公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

野中 ともそ(のなか ともそ、生年不詳2月11日 - )は、日本小説家児童文学作家翻訳家エッセイストイラストレーター

東京都生まれ。明治大学文学部文学科演劇学卒。音楽雑誌編集、音楽ライター、ファッション誌編集者等を経て、1998年、『パンの鳴る海、緋の舞う空』で小説すばる新人賞を受賞[1]。1992年よりニューヨークに在住。

小説作品に加え、児童文学、自身のイラストによる絵ものがたりやイラストエッセイ集など、多分野にわたる創作活動を続けている。

来歴・人物[編集]

東京都生まれ[1]

明治大学文学部・文学科・演劇学専攻卒。大学時代は音楽サークルに所属し、バンド活動に明けくれる。

卒業後は音楽出版社に入社し、主にキーボード雑誌編集に携わる。後、フリーランスの音楽ライターとして活躍、数多くの音楽雑誌に寄稿する。ちなみにペンネームの「ともそ」は、出版社勤務時代にふざけてつけられたあだ名を、そのまま使用したものである。

取材した主なアーティストは、ブエナビスタ・ソシアル・クラブ、ランディ・ニューマン、JAPAN、オノ・ヨーコ、B'z、RCサクセション、久保田利伸、プリンセス・プリンセス、渡辺美里、BUCK-TICK、矢野顕子、ムーンライダーズなど多岐に渡る。

1992年、当時ミュージシャンの取材でたびたび訪れていたのがきっかけで、ニューヨークに移住。理由としては、「帰国を気にせずにライブを観たかったから」と語っている。

1994年、ニューヨークの水彩画スケッチをもとにしたイラストエッセイ集『ニューヨーク街角スケッチ』を出版。つづいて、ニューヨークのアンティークやカリブ海の島々を題材にしたイラストエッセイ集を出版。

1998年、『カリブ海おひるねスケッチ』の取材で訪れたトリニダード・トバゴとニューヨークを舞台にした長編恋愛小説、『パンの鳴る海、緋の舞う空』で第11回小説すばる新人賞を受賞し、小説家デビュー[1]

第2作となる『フラグラーの海上鉄道』は、旅行先のキー・ウエストとブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの取材のために訪れたキューバがきっかけとなり、執筆された作品である。

『カチューシャ』『チェリー』がそれぞれ、小学館児童出版文化賞坪田譲治文学賞候補となる。

2020年秋、『宇宙でいちばんあかるい屋根』が藤井道人監督、清原果耶主演で映画化予定。

過去、ニューヨークと石川県で自身の水彩画による作品展をおこなうほか、現在はニューヨークで時折、詩の朗読会や講演会に参加している。

作品[編集]

小説[編集]

イラストエッセイ集[編集]

翻訳[編集]

  • 『もぐらのバイオリン』デイビッド・マクフェイル(2006年2月 ポプラ社 ポプラせかいの絵本 ISBN 9784591090992

共著・選集 小説[編集]

  • 「メゾン・ブランシェ」『いたずら天使―Little Rascal』(1990年10月 CBS・ソニー出版 ISBN 9784789705691
    関陽子、石井研二、三宅久美子、岡村尚正、岡部泰明、日向敏文
  • 「ハバナとピアノ、光の尾」『Teen Age』(2004年11月 双葉社 / 2007年11月 双葉文庫 ISBN 9784575511680) 
    角田光代、川上弘美、島本理生、藤野千夜、瀬尾まいこ、椰月美智子
  • 「宇宙でいちばんあかるい屋根」『14歳の本棚 家族兄弟編』(2007年4月 新潮文庫 ISBN 9784101309538
    北上次郎・編纂による青春小説傑作選。梨木香歩、五木寛之、内田春菊、志賀直哉、多島斗志之、川端康成、三浦綾子、宮本輝、森絵都、井上ひさし

共著・選集 ノンフィクション[編集]

  • 『ニューヨーク遭遇読本』(1996年12月 宝島社 ISBN 9784796611572
  • 『愛がなければ、人生はない 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のミュージシャン達が語る、キューバ式“愛の生き方”』

(2000年2月 スイッチ・パブリッシング ISBN 9784916017758

文庫解説[編集]

  • 『サンカクカンケイ』小手鞠るい(2010年5月 新潮文庫 ISBN 9784101309736

外国語訳[編集]

  • 『Niu Yue Jie Tou De Gu Dian Mei Li』(2002年7月 皇冠文化出版 ISBN 9573318970
    『ニューヨーク・アンティーク物語』中国語訳
  • 『Niu Yue.Jie Dao.Feng Qing Hua』(2004年9月 Marco Polo Press ISBN 9867890841
    『ニューヨーク街角スケッチ』中国語訳
  • 층계참 금붕어』(2008年1月 Mayabook ISBN 9788959741670) 『おどりば金魚』韓国語訳

イラストレーターとしての作品[編集]

書籍(自著)[編集]

  • 『パンの鳴る海、緋の舞う空』(単行本、文庫装画)
  • 『フラグラーの海上鉄道』(単行本、カバー写真)
  • 『世界のはてのレゲエ・バー』(単行本、文庫装画)
  • 『ぴしゃんちゃん』(単行本装画、挿絵)

書籍[編集]

  • 『リズムの法則』 ミッキー・アーンショウ(1995年 リットーミュージック、単行本装画)
  • 『ポピュラー・ミュージックのためのブラス&ストリングス・アレンジ』 松浦あゆみ(1996年 リットーミュージック、単行本装画)
  • 『西の魔女が死んだ』 梨木香歩 (1996年 小学館、単行本装画)
  • 『ことばが育てるいのちと心』 桜井美紀(2002年 一声社、単行本装画)

広告[編集]

  • 『四季のNYスケッチ』(1998年 NTTデータ 、カレンダー作品集)
  • 『Gentle Colors』(1999年 NTTデータ、カレンダー作品集)
  • 『6 Little Stories』(2000年 NTTデータ、カレンダー絵本)
  • 『NY発 美味しい生活通信』(2003年 住友生命、カレンダー作品集)
  • 『ハミングタイム』(2004~2006年 タカシマヤ友の会ローズサークル会報誌、表紙)
  • 『時のメッセージ』(2009年 資生堂、カレンダー作品集) ほか多数

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 小説すばる』2017年6月号. 集英社. pp. 57. 

外部リンク[編集]