藤井道人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふじい みちひと
藤井 道人
生年月日 (1986-08-14) 1986年8月14日(35歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
事務所 BABEL LABELヒラタオフィス
公式サイト

公式プロフィール

マネージメント公式プロフィール
主な作品
映画
新聞記者
ヤクザと家族 The Family
余命10年
テレビドラマ
アバランチ
ウェブドラマ
新聞記者
アニメ映画
攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀監督賞
2019年新聞記者
優秀脚本賞
2019年新聞記者
その他の賞
毎日映画コンクール
日本映画優秀賞
2019年『新聞記者
TAMA映画祭
特別賞(2019年)
テンプレートを表示

藤井 道人(ふじい みちひと、1986年8月14日 - )は、日本映画監督脚本家映像作家

来歴・人物[編集]

東京都出身。3歳から剣道を始め、小学5年生時には東京都で準優勝。道場の先生の母校だった立正高等学校を進学先に選び、高校時代も関東大会に出場するなど剣道に打ち込んだ[1]

その一方で映画を観始めたのも高校時代で、高校3年生の頃に映画監督になることを意識し始めた[1]。高校卒業後は日本大学芸術学部映画学科脚本コースへ進学。映画サークルに所属し、ひたすら映画を作った。

2009年、大学を卒業[2]。脚本家の青木研次に師事。大学在学中から脚本や監督をはじめ、様々な映像作品を演出。複数の短編映画を監督した後、伊坂幸太郎原作の映画『オー!ファーザー』で長編デビュー。

映像集団「BABEL LABEL」を大学の仲間で映像作家の志真健太郎らと共に設立[1]

マネージメントはヒラタオフィス

2020年、『新聞記者 (映画)』で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞[3]

作品[編集]

短編映画[編集]

  • 「埃」(第三回ダマー映画祭 審査特別賞 2011年公開)
  • 「カナタ、遠く」(2013年公開)
  • 「A LITTLE WORLD」(メトロポリタン映画祭準グランプリ(米国)、SSFF in ASIA2012 ネオジャパン部門入選、ジャイプル国際映画祭入選(インド)、EPS映画祭招待作品(韓国)、SSFF inメキシコ2012(メキシコ)、CP+特別上映、ビバリーヒルズ国際映画祭入選、第四回ダマー映画祭観客賞)
  • 「Return of the bad girl」主題歌:COMA-CHI 2013年10月全国公開。(SHORT MOVIE CRASH)
  • 「ある戦士たちの放課後」(茨城県製作作品、出演:時空戦士イバライガー
  • 「ほしふるよるに」主題歌:AIハピネス」(SSFF in ASIA MUSIC部門入選)
  • 「東京」(2014年9月公開)
  • 「アキラとポピーの七日間」(ちちぶ映画祭入選)
  • 「寄り添う」主題歌:新山詩織 2014年11月全国公開。(SHORT MOVIE CRASH)
  • 全員、片想い「嘘つきの恋」』(2016年7月2日公開)
  • DIVOC-12「名もなき一篇・アンナ」』(2021年10月1日公開)
  • MIRRORLIAR FILMS Season4『名もなき一篇(仮)』(2022年9月2日公開)[4][5]

長編映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメーション[編集]

MV[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「映画作りは剣道の団体戦に似ている」映画監督・藤井道人さんインタビュー” (日本語). BUSHIZO (2018年7月14日). 2022年2月20日閲覧。
  2. ^ 「劣等生だと自覚していた」BABEL LABEL 藤井道人・山田久人のコアを作った学生時代|ぼくたちはどこに旗を立てよう【#ぼく旗 Vol.4】” (日本語). シングメディア. 2022年2月20日閲覧。
  3. ^ 卒業生が快挙! 日本映画界に新風を吹かせる|CAMPUS NEWS/ART INFORMATION(NEWS)|日本大学藝術学部” (日本語). 日本大学芸術学部. 2022年2月20日閲覧。
  4. ^ "水川あさみ、監督デビュー作の主演は夫・窪田正孝 『MIRRORLIAR FILMS』S4の詳細発表". Real Sound. blueprint. 20 June 2022. 2022年6月20日閲覧
  5. ^ "「MIRRORLIAR FILMS」第4弾監督は、池田エライザ、齊藤工、藤井道人、水川あさみ、ムロツヨシら9名! 伊藤沙莉、窪田正孝らが出演". 映画.com. カカクコム. 20 June 2022. 2022年6月20日閲覧
  6. ^ 同作でロケ地を行った秋田県のみ同年1月19日先行公開
  7. ^ “シム・ウンギョン×松坂桃李「新聞記者」の特報到着、公開は6月”. 映画ナタリー. (2019年2月14日). https://natalie.mu/eiga/news/319837 2019年6月22日閲覧。 
  8. ^ "横浜流星、藤井道人監督と5度目のタッグ! ダークサイドに堕ちた青年役で新境地に挑む「ヴィレッジ」2023年公開". 映画.com. カカクコム. 19 May 2022. 2022年5月19日閲覧
  9. ^ NETFLIX ANNOUNCES PRODUCTION OF THE JOURNALIST STARRING RYOKO YONEKURA”. Netflix Media Center. 2020年9月14日閲覧。

注釈[編集]

外部リンク[編集]