青羽悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
青羽 悠
(あおば ゆう)
誕生 2000年(17–18歳)
日本の旗 愛知県岩倉市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2017年 -
主な受賞歴 小説すばる新人賞(2016年)
デビュー作 『星に願いを、そして手を。』(2017年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

青羽 悠(あおば ゆう[1]、、2000年[2] - )は、日本小説家

経歴・人物[編集]

愛知県岩倉市出身。名古屋市東海高等学校在学中の2016年、『星に願いを、そして手を。』で第29回小説すばる新人賞を受賞し、デビューした。なお、同賞の歴代最年少記録を更新した[3]

伊坂幸太郎の「重力ピエロ」(新潮文庫)に影響されたと明かした[4]。また、在学中はジャグリング部に所属していた[4]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『星に願いを、そして手を。』(集英社、2017年2月)

雑誌掲載[編集]

  • 「星に願いを、そして手を。抄録」(『小説すばる』2016年12月号、2016年11月発売)
  • 「僕らの距離の測り方 前編」(『小説すばる』2017年8月号、2017年7月発売)
  • 「僕らの距離の測り方 後編」(『小説すばる』2017年9月号、2017年8月発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]