ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(Buena Vista Social Club)は、ギタリストであるライ・クーダーと、キューバの老ミュージシャンで結成されたバンド。同バンドのメンバーがソロアルバムを出すときなどの、ブランド名としても使われている。

名前の元となったのは、1940年代のキューバに実在した会員制音楽クラブである。

概要[編集]

ライ・クーダーがキューバに旅行した際、それまでキューバ国外にはほとんど知られていなかった老ミュージシャンとセッションを行ったことがきっかけとなり、まず1997年にアルバムが出され、1999年にはドキュメンタリー映画が制作された。それと前後して、このブランド名で、各ミュージシャンのソロアルバムも発売されている。

1997年にライ・クーダーが制作したキューバ音楽のアルバムで、作品に参加したミュージシャン達の大半が、実在した音楽クラブの会員だったため、タイトルも『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』となった。このアルバムは、欧米のラテン音楽ファンを中心に、世界中でヒットした。また、ワールドツアーが組まれた。

1999年には、クーダーの友、ヴィム・ヴェンダース監督により、同名の音楽ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が制作された。ワールドツアーの模様も映っており、映画の後半にも映ったカーネギー・ホールでのライヴ録音が2007年に『Live at Carnegie Hall』としてCD化された。

メンバー[編集]

(注意)生年月日は物故者と判明しているメンバーのみ記載した。

関連項目[編集]