ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
Buena Vista Social Club
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ヴィム・ヴェンダース
製作 ヴィム・ヴェンダース
ジェリー・ボーイズ
製作総指揮 ニック・ゴールド
出演者 ライ・クーダー
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
音楽 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
撮影 イェルク・ヴィトマー
ロビー・ミュラー
リザ・リンスラー
編集 モニカ・アンダーソン
ブライアン・ジョンソン
配給 日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年6月4日
日本の旗 2000年1月15日
上映時間 105分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
 キューバ
言語 英語
スペイン語
興行収入 $23,002,182[1]
テンプレートを表示

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(: Buena Vista Social Club)は、ライ・クーダーキューバの老ミュージシャン達(ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ)との演奏を中心に、彼らの来歴、キューバの日常を描いたキューバ音楽ドキュメンタリー映画。

1999年ドイツ、アメリカ合衆国、フランス、キューバ作品。上映時間105分。2000年アカデミー賞にノミネートされた。

概要[編集]

ライ・クーダーがプロデュースした同名のアルバム『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が制作の元となった。このアルバムは大ヒットすると同時に、キューバ国外にほとんど知られていなかった、隠れた老ミュージシャンに再びスポットライトを浴びさせた。ライ・クーダーの友人であり、『パリ、テキサス』・『ベルリン・天使の詩』で知られるヴィム・ヴェンダースが監督している。

それまで知られていなかったキューバの老ミュージシャン一人一人の来歴、演奏・収録シーン、キューバの光景を織り交ぜたドキュメンタリー映画となっている。ストーリー性はない。アムステルダム公演のシーンに始まり、カーネギーホール公演のシーンで終わるが、それ以外はほとんどキューバでの撮影・収録である。

スタッフ[編集]

  • 制作:ヴィム・ヴェンダース
  • 監督:ヴィム・ヴェンダース
  • A&Rコンサルタント…ファン・デ・マルコス・ゴンザレス

出演者[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Buena Vista Social Club (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]