夢の涯てまでも (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
夢の涯てまでも
Until the End of the World / Bis ans Ende der Welt
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ヴィム・ヴェンダース
製作 ジョナサン・タプリン
アナトール・ドーマン
出演者 ウィリアム・ハート
ソルヴェーグ・ドマルタン
サム・ニール
ジャンヌ・モロー
リュディガー・フォーグラー
マックス・フォン・シドー
笠智衆
藤谷美和子
竹中直人
音楽 グレーム・レヴェル
主題歌 U2
「夢の涯てまでも」
撮影 ロビー・ミューラー
製作会社 トランスパシフィック・フィルムズ=
アルゴス・フィルム=
ヴィレッジ・ロードショー=
ロードムーヴィーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年9月12日
日本の旗 1992年3月28日
上映時間 158分
179分(ヨーロッパ版)
288分(ディレクターズカット版)
製作国 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
ドイツ語
日本語
製作費 $23,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $829,625[2]
テンプレートを表示

夢の涯てまでも』(ゆめのはてまでも、原題:Until the End of the World / Bis ans Ende der Welt)は、1991年制作のドイツアメリカ日本フランスオーストラリア合作のSF映画ヴィム・ヴェンダース監督。

主題歌はU2の「夢の涯てまでも」(Until the End of the World)(アルバム『アクトン・ベイビー』収録)。

NHKの全面協力によるハイビジョンの導入なども話題となった。

あらすじ[編集]

1999年、製御不能になった核衛星の墜落が予測され、世界中が不安に怯えていた。

その頃、クレアはヴェネツィアの友人宅からあてもなく車で出発する。途中、何者かに追われるトレヴァーという謎の男を拾ってパリで降ろす。

その後、元恋人の作家ユージーンの許に身を寄せたクレアだったが、何故かトレヴァーのことが気になり、彼を追ってベルリンへと向かう。私立探偵のウィンターからトレヴァーがお尋ね者であることを聞いたクレアは、ウィンター、ユージーンと共に奇妙な追跡劇を開始する。

東京で遂にクレアはトレヴァーに追い付いた。実はトレヴァーは、科学者の父ヘンリーが発明したカメラで盲目の母エディスに見せる映像を集めるために世界中を旅しており、その新発明を狙う各国のエージェントに追われていたのだ。

様々な映像を収め、両親の待つオーストラリアへと向かうトレヴァー達だったが、その途中、核衛星がついに爆発する…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]