エディンバラ国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エディンバラ国際映画祭
会場の一つ、エディンバラ・フィルムハウス
イベントの種類 映画祭
初回開催 1932年
会場 エディンバラ
公式サイト
備考
ノミネート作品の選出は選考委員によって行われている。

エディンバラ国際映画祭Edinburgh International Film Festival)は、イギリススコットランドの首都エディンバラで毎年6月(2007年までは8月)に開催される世界最古の国際映画祭のひとつである。1947年の創設以来、一度の中断もなく毎年連続で行われている映画祭としては世界で最も長い伝統を誇る。エジンバラ国際映画祭エヂンバラ国際映画祭とも表記されるが、本項では外務省の表記にならいエディンバラの表記を用いる。

概要[編集]

  • イギリス特有の独立精神からFIAPF(国際映画製作者連盟)には加盟せず、独立不羈を貫く「伝統と格式の国際映画祭」である。
  • 2007年までは8月のエディンバラ・フェスティバル期間中に行われていたが、2008年からは6月開催に変更した。
  • 当初はドキュメンタリーに主軸を置く映画祭であったが、現在は全てのジャンル長編短編映画ともに扱う総合映画祭である。
  • かつて、ロバート・フラハティ監督『ルイジアナ物語』、ロベルト・ロッセリーニ監督『ドイツ零年』、溝口健二監督『雨月物語』などの名作が、この映画祭でワールドプレミアを行った。
  • ノミネート作品の選出は、映画祭アーティスティック・ディレクターのハナ・マッギル(Hannah McGill)を中心に、Aida Lipera、Antonia Carver、David Drummond、Diane Henderson、Jenny Leask、Matt Lloyd、Niall Greig Fulton、Nicola Kettlewood、Robert Hope、Rod White、Sarah Sandison、Scott Ward、Shona Thompsonで構成される選考委員によって行われている。

部門[編集]

ジョン・ウォーターズ(2007年EIFFにて)

エディンバラ国際映画祭は、以下の13部門から構成されている。

  • ガラ部門
  • ブリティッシュ・ガラ部門
  • 短編映画(ショートフィルム)部門
  • アニメーション部門
  • ドキュメント部門
  • ディレクターズ・ショーケース部門
  • ローズバッド部門
  • ナイト・ムービーズ部門
  • ミラーボール部門
  • レトロスペクティブ部門
  • 人物特集部門
  • スペシャル・イベンツ部門

[編集]

ガラ部門及びイギリス作品を対象とした観客賞が最高賞とされている。他に、審査員によりイギリス作品を対象として選出されるマイケル・パウエル賞などがある。

観客賞受賞作品(第51回以降)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]